アイポット。 iPod touchを購入

iPod touchを購入

アイポット

iPodの音質は高音質? それとも音質は悪い?• iPodとソニー・ウォークマンなど、他のMP3プレーヤーと音質や使い方の比較に関する話題は多い。 高級オーディオの高音質に慣れている一部オーディオマニアの間では、iPodの音質は良くないという意見が多く出されてはいますが、平均的な一般レベルであり悪くはありません。 (良いとは言っていない)• 音質に関する一番のポイントは 『 イヤホンの違い』 です。 iPod付属の白いイヤホンの性能はお世辞にも良いとは言えないため、音質の向上を望む方は、別途イヤホンを購入することをおすすめします。 ちなみに、iPodの機種による音質の違いはありません。 参考: 【 iPodの使い方の前に、使うために必要なもの 】• iPod を使うにはパソコンが必要です。 デスクトップでもノートパソコンでも構いません。 そして、そのパソコンに「 iTunes 」がダウンロードされていなければなりません。 もし iTunes がパソコンに入っていなければ、当サイトのトップページより無料でダウンロードすることができます。 つまり、パソコンを持っていない方、パソコンが全く扱えない方は、基本的にiPod を使うための準備ができません。 (中古を含む)• (中古) ちなみに、インターネットカフェのパソコンを利用してiPod を扱うことは可能ですが、おすすめできる使い方ではありません。 詳しくはをご参照ください。 iTunes がパソコンに入っていれば、インターネットにつながっている必要は無く、インターネットが使えなくてもiPod に曲を出し入れ(同期)したり、充電することが出来ます。 (ただし、インターネットが繋がっていないと、CDをiTunesに取り込む際に自動で曲名が反映されないので手入力する必要があります) 【iPodの使い方は簡単? それとも難しい? 】• 普通に音楽を聴くだけなら、iPod の使い方はとっても簡単です。 携帯電話でも音楽プレーヤーの機能を持つ機種がありますが、使い方は携帯電話で音楽を聴くよりもiPod の方が操作が簡単! 小学生からご年配の方まで扱えます。 また、音楽をiPod に入れる作業も、iPod をパソコンに接続するだけでiTunesが自動転送してくれるので、初心者に分かりやすく使い方は簡単。 ただし、音楽をiTunes に(パソコンに)取り込む作業は、最低限のパソコン操作が出来る方でなければ難しいですが、普段から普通にパソコンでインターネットをされている方なら、特に難しいということはありません。 iPod は音楽を聴く使い方だけではなく、動画を見たり、写真が見れたり、ゲームが出来たりと、様々な機能・使い方がありますが、それらを全て使いこなすとなると、多少のパソコン知識が必要になります。 【 iTunesとは? iTunes の使い方 】• iTunes(アイチューンズ)とは、Apple社が無料で提供している音楽管理・再生ソフトです。 「 iTunes Store 」から音楽や映画のダウンロード購入やCDからの読み込み、再生、WMAやMP3形式からAACへ、WMAをAACやMP3へ変換、CDへのコピーやiPodへの転送まで、一つのソフトで統合的に管理でき、様々な使い方が可能です。 プレイリストで音楽を管理・再生できるので、iPodがなくてもパソコンで気軽に音楽を楽しむことが出来る便利で高機能な音楽再生ソフトです。 iPod側では音楽の削除やプレイリストの編集など、一切の操作ができないため、このiTunes で音楽や動画・画像などの編集・管理をし、iTunes からiPodへ曲・ポッドキャスト・動画・画像・その他ファイルを転送する仕組みです。 【 何曲音楽が入るのか? 】• iPodの機種と音楽ファイルの形式、音楽のデータ量によって変わりますが、一般的にiPodで利用されるAAC形式の音楽ファイル (1曲5分)で、1GB=240曲ほど入ります。 ですから、普段聞かない音楽もCD数枚を全部まとめて入れておけば、「そういえば、あんな曲もあったな!」と思い出したときに気軽に聞く使い方が出来ます。 【 MP3音楽プレーヤー以外の用途・使い方は? 】• これもiPodの機種によりますが、デジカメや携帯で撮った写真をiPodに入れて友達に見せ合ったり、You Tubeの動画を入れて見たり、「 iTunes Store 」でiPod用ゲームや映画をダウンロードして楽しんだり、使い方は様々です。 また、一般的にあまり知られていない便利な使い方として、iPodを外部ストレージ(外付けHDD)として利用することも可能です。 つまりiPodをUSBメモリーと同じような使い方が出来ます。 パソコンユーザーには便利な使い方ですので、別ページでその利用法をご案内しておきます。 誤ってiTunesから曲を消してしまった場合、パソコンが壊れてしまった場合など、iPod内の音楽を パソコンに移したい場合の方法です。 パソコンを再インストールする場合や、パソコンを買い換える際、iTunes をそっくりそのまま復元したい 場合に必ず必要となる作業です。 iPodを数年使っているとバッテリーが弱まります。 その対処と節電のアドバイスです。 iPodで動画が見たい! けど、どうやればいいの? その方法とおすすめソフトを紹介。 こんなトラブル、経験している人も多いのでは? そんな時の対処法です。 パソコンを持っていない方でもiPodで音楽を聴くための方法をご紹介。 iPodで音楽をもっと楽しく、便利に使いこなすためのアイデア・ヒントが満載! よく問い合わせがあるiPod に関する質問と使い方、それに対する回答が記載されています。

次の

iPhoneとiPod touchの違いを比較してみました

アイポット

バリエーション [ ] アップルは2017年7月までは3種類のiPodを販売しており、モデルによって容量やデザインが異なっていたが、同年7月27日にiPod shuffleとiPod nanoのアップルストアでの取り扱いを終了した。 2020年4月現在アップルストアで販売されているのはiPod touchのみである。 iPod touch(32GB・128GB・256GB、スペースグレイ/ゴールド/シルバー/ピンク/ブルー) は初代iPodからの流れを汲むシリーズであったが、にアップルストアでの取り扱いを終了した。 iPod miniは iPod nanoの登場に伴い生産中止された。 「 iPod U2 Special Edition ( アイポッド・ユーツー・スペシャル・エディション )は第5世代 iPodの登場に伴って一旦生産中止されたが、2006年6月6日、第5世代 iPodの30GBモデルをベースに、背面のステンレススチールまで黒いオールブラックの筐体で再登場した。 初代iPodを発売した時期に他のメーカーは数十MBのSDカード等を音楽ファイルのストレージにしており、突然5GBの音楽プレイヤーを発売したことは大きな衝撃であった。 iPodはその時期に応じて投入される新しい世代の存在が牽引力になり、2001年にオリジナルモデル(第1世代)が登場して以来、市場の中で高い地位を確保し続けている。 なお、多くのハードディスク型と同様に、現在のドライブ容量は音楽、画像向けに利用されていて、データストレージといった用途ではほとんど宣伝されていない。 iPod(オリジナルからの流れをくむ iPod) [ ] iPodのホイール部分。 一部の機種を除きこれでほぼ全ての操作を行う iPodは光沢のある白または黒、金属的な銀を基調としたシンプルなデザインで、 iPodおよび第1、第3世代の iPod nanoの裏面は鏡面加工されたを用いて高級感を演出している。 最初の iPodは「四角と丸で表す事ができる」デザインで、後の世代や mini、 nanoもそれを踏襲している。 大きな液晶画面を備え、その下には iPodの象徴とも言うべきホイールがある。 このホイールを用いて選曲、音量調整、早送り、巻き戻し、画像・動画閲覧などすべての操作を直感的に行える。 このデザインは、液晶のない shuffleですらホイールとよく似た形のコントロールパッドを備えるほどに一貫していた。 ただし、2014年9月の iPod classic販売終了以降、このデザインを採用しているモデルはない。 touchは従来の iPodとは異なり、表面全体を液晶画面とし、それに触れることで直観的な操作を実現している。 iPodには1G、2G、3Gというように明確な世代が存在する。 なお、これらの数字の後ろにある「G」は、「世代」を意味する英単語である「ジェネレーション」 の略である。 日本語においては第1世代などと称されることもある。 iPodへ音楽・動画やそのプレイリスト、写真などを転送するには、 もしくは XPlayなどのアプリケーションを使用する。 開発元のアップルでは iTunesを使用することを推奨している。 ユーザインタフェース [ ] 「アーティスト」「アルバム」「ジャンル」等で管理される階層的なシステムを持つ。 これは の持つ、「 ZEN特許」とも呼ばれている ユーザインターフェース関連の特許に該当し、他社製プレイヤーにも同様のユーザーインターフェースを持つ物がある。 なお、はクリエイティブテクノロジー訴訟に対し1億ドルの和解金を支払い、和解した。 iPod(のちの iPod classic)、第5世代までの iPod nano、 iPod miniのは、中央のを使って操作し、階層構造をたどって選曲するタイプのものである。 この方法により、何千曲ものライブラリがあったとしても、ユーザは容易に選曲をすることが可能である。 また、再生中の曲の頭出しや早送り、音量調整、収録されているゲームの操作や写真・動画の閲覧も、全てスクロールホイールによって行うことができる。 このデザインは第1世代から踏襲されており、スクロールホイール(その後、に改良されている)は iPodの象徴ともなっている。 iPod touchや iPhone、 iPad、 iPod nano(第6世代以降)などは、タッチパネルでの入力となっており、こちらも直感的な操作ができるように工夫されている。 また、の言語は 同様、21言語を切り替えて使用できる。 モノクロディスプレイの液晶表示のは、英数字フォントに「 Chicago ( シカゴ )」、日本語フォントに「 ( おおさか )」を採用している。 これは9. X以前の において表示用全般として使われていたフォントである。 第4世代以降のカラー iPodは、書体として英数字に「 ( ヘルベチカ )」、日本語にはゴシック体の「」を採用している。 「 Osaka」以外はいずれも処理がなされている。 ただし、第4世代以降の iPodでもディスクモードにしたときのフォントは Chicagoになる。 USBストレージ [ ] iPod Touchを除く現行モデルの iPodはUSB大容量記憶装置としても利用できる。 過去のモデルでは FireWire接続の外付けディスクとして利用できるものもあったが、2005年9月発表の iPod nano以降のモデルでは FireWire接続には対応していない。 マッキントッシュは FireWire接続の外付けディスクを起動ディスクとすることも可能だが、アップル社は iPodの起動ディスクとしての利用を推奨していない。 ソフトウェア [ ] iPodにはさまざまなソフトウェアが搭載されていて、またパソコン側の iTunesを通して、バックアップもとれる。 ただし、 iPod shuffleは Apple Losslessには対応していない。 また、第5世代の iPodではこれに加えて 、 の再生にも対応する。 for Windowsでは、が無いWMAファイルをAAC、MP3、WAVの各形式に変換し、 iPodに取り込めるようにもできる。 アップルは iTunesメディア・ライブラリー・ソフトウェアと連携して利用することを前提として iPodを設計した。 iTunesはコンピュータおよび iPod上の音楽ライブラリを扱うためのソフトウェアである。 iTunesは特定のプレイリストまたは音楽ライブラリ全体の内容を、ホスト・コンピュータと iPodを接続するたびに自動同期することができる。 もちろん、 iTunes上で作成した スマートプレイリスト を、そのまま iPodに転送することや、 iPod上で自動的に更新させることも可能である。 また、自動同期を行わず、全ての曲とプレイリスト、あるいは一部のプレイリストのみを手動管理することもできる。 ユーザーは iPodないし iTunes上で音楽のレーティングをつけることもでき、0〜5つ星まで指定可能である。 VoiceOver ( ボイスオーバー ) 再生している楽曲を合成音声で読み上げる機能。 iPod shuffleと iPod nanoに搭載。 液晶を持たない iPod shuffleを除く iPodは、音楽再生機能に加えて簡易な的な機能を備えていて、PDAの初心者には便利である。 最新の iPod touch 64GBを例にとって見ると、 メモ、連絡先 「メモ」では簡単なメモを入力して、各メモの最初の行をリスト名として、あとで見ることができる。 ただし、リストは作成日時の逆順に表示されるだけで、アルファベット・五十音順、または分類項目順などにはできない。 なお、「連絡先」もすべてアルファベット・五十音順になり、分類項目順(親類、知人、同僚など)にはできない。 写真アルバム 「写真」では、 iTunesで指定したパソコン側のフォルダーまたは (は Photoshop 2. 1までを出荷して、その後販売を中止)のコレクションから同期の時に iPodへダウンロードして、写真アルバムを見ることができる。 リストはフォルダー名またはコレクション名の五十音順・アルファベット順になる。 多言語処理 「設定」の「一般」から「言語環境」で、世界の30に渡る言語環境から自分の好きな言語を選ぶことができる。 また同様に「キーボード」から「各国のキーボード」で、43の各国語のキーボードから日本語、英語(米国)、ロシア語、簡体字中国語など複数を自由に選ぶことができ、これらは入力の際にはキーボードのシフトキーの横の地球マークを押すたびに入れ変わり、外国語ができる人には大変便利である。 ただし、英語にはプレディクター機能 (例えば「 sch」までを入れた段階で「 schedule」、「 school」などを選択できる機能)はなく、またロシア語を英語キーボード方式で入れるような機能もない。 iTunesでの同期(パソコン側) 詳細は「」を参照 パソコン側の iTunesソフトは音楽データを iPodに送るだけでなく、機能であるカレンダー、連絡先、メモ機能などを iPodまたはパソコン上の最新情報をお互いに同期させる機能がある。 これはあらかじめパソコンに iPodを接続したときに自動的に同期するように指定しておくか、同期させたいときにそのつど「ファイル」から「iPodを同期する」を選んでできる。 マッキントッシュの利用者は、 ()での連絡先データ・ アプリケーションでのスケジュールデータの同期を行える。 パソコンの利用者は、 にある予定表、連絡先、メモと同期できるが、 iPodには初歩的なPDA機能しかなく、 Outlookのカレンダーはすでにある項目の更新は同期されず、またなどのデータも同期はなくて、連絡先は分類項目別(家族、友人など)には iPod側では表示されず、メモもやはり分類項目別に表示されるわけではない。 ゲーム [ ] iPodではちょっとした待ち時間等をつぶす、という目的で使えるゲームも搭載されている。 第1世代および第2世代の iPodにはの「 Brick」が収録されている。 第3世代および第4世代の iPod、 iPod mini、 iPod nano(第1世代および第2世代)にはBrickの他に3つのゲームが含まれる。 Parachute ( パラシュート ) ユーザーが砲塔を操作し、降下兵やヘリコプターを撃墜するゲーム。 このゲームはマーク・アレンによる ゲーム『 Sabotage ( サボタージュ )』を移植したもの。 最高は1,000点であり、それを越すと降下兵やヘリコプターは出てこなくなる。 稀に降下兵がパラシュートを付けずに落ちてくることがある。 手足をじたばたさせながら急降下するが、1秒以内にパラシュートを開く。 パラシュートを狙って撃つと降下兵のみが地面に降りてくる。 地面にすでに降下兵がいた場合、その降下兵もセットで消える。 降下兵が降りると同時にヘリを破壊すると、ヘリの残骸が飛んできて前述のような事が起こることがある。 降下兵が下に降りてきた状態で終了すると、爆弾を投げられ、砲塔が爆発する。 だが砲塔から飛んでくる残骸で残りの兵士も死ぬ。 Solitaire ( ソリテア ) トランプのソリティアのような簡単なカードゲーム。 Music Quiz ( ミュージック・クイズ ) ユーザー自身の音楽の一部を使用する対話形式の音楽クイズ。 最初は選択肢が5つで、時間経過と共に選択肢が減っていく。 もちろん選択肢が多いうちに答えるとより高い得点が得られる。 100問出題されるとループする仕組みになっている。 曲を途中停止する事も可能だが、現在のソフトウェアでは曲を途中停止して答えるとペナルティとしてポイントが与えられない仕組みとなっている。 ただし途中停止を解除して答えるとペナルティにならず通常の正解扱い。 なお100万点以上ポイントを獲得した場合、途中停止してもタイムゲージが進んでしまう機能があるため、100万点以上の点のときに曲の再生を停止してもあまり意味は無い。 またメモ機能を利用して、簡単な games ( ゲームズ ) を iPod上で楽しんだり、 restaurant information ( リストラント・インフォメーション ) を入れておいたりといった使い方がされていた。 第5世代は当初第3世代および第4世代同様の4つのゲームが添付されているのみだったが、2006年9月12日に公開された iPodソフトウェア1. 2から、 iTunes Store ( アイチューンズ・ストア )からダウンロード購入したゲームを追加できるようになった。 ゲームは1タイトル600円である。 具体的にはを参照のこと。 iPod classicおよび iPod nano(第3世代)には以下の3つのゲームが含まれるほか、 iTunes Storeからダウンロード購入したゲームも追加できたが、2011年10月に取り扱いを終了している。 Vortexと は第5世代 iPod向けに iTunes Storeからダウンロード販売されているものである。 クリックホイールを使って行う。 ( クロンダイク ) カードゲーム。 上記「Solitaire」の強化版。 iPod Quiz ( アイポッド・クイズ ) クイズゲーム。 上記「 Music Quiz ( ミュージック・クイズ )」の強化版の他、海外芸能・音楽理論についてのカルトクイズ等含まれる。 ただし「 Music Quiz2 ( ミュージック・クイズ・ツー )」以外は英語版のみ。 iPod touchはファームウエア2. 0以降で iTunes storeの App store ( アップ・ストア )からゲームやそのほかのアプリケーションを入れることが可能である。 ハードウェア [ ] iPodのデータ転送は、現在販売されている全てのモデルにおいて高速 2. 0、そして転送速度は遅いがUSB 1. 1に対応している。 第2世代 iPodまでは ( ファイアーワイアー )のみに対応、第3・第4世代の iPodと iPod miniはUSBおよび FireWireに対応をしていたが、第5世代の iPodおよび iPod nanoでは FireWireは充電専用となり、データの転送を行うことは出来なくなった。 なお FireWireでパソコン等と接続すると転送できない旨が表示される。 あまり意味の無い裏技として、 FireWire端子を持つ iPodと接続しても表示される。 iPodの内蔵バッテリへの充電は、コンピュータや iPodの FireWire端子( shuffle以外の全モデル)またはUSB端子(第4世代およびそれ以降のモデル)に接続することで行う。 アップル社純正のACアダプタは、USB接続に対応するものと FireWire接続に対応するものの2種類のアダプタがある。 iPod mini、 iPod nanoおよび第3世代以降の iPodは、コンピュータの FireWireまたはUSBポートにケーブルを介して接続する際に30ピン を使用する。 なお Dockコネクタ自体はのDD1を用いている。 なお、第1世代の iPod shuffleの充電及びデータ転送はコンピュータやUSBハブのUSB端子を介して行うことができ、接続にはUSB端子に直接差し込むほかに、や iPod shuffle向けに用意された iPod shuffle Dock ( アイポッド・シャッフル・ドック )を用いることもできる。 第2世代では iPod shuffle専用の Dockを介し USB 端子へ接続して行う。 また、第5世代以降のiPod touch、第7世代のiPod nanoでは、外部接続端子としてコネクタを使用している。 iPodの第1世代から第3世代には、心臓部であるCPUとして2つの 7TDMI(動作周波数90MHz)が使われた。 それに対して、後期モデルは同じバッテリー容量でより長時間駆動させるために、CPU使用率に応じて周波数が動的に変化するスピード・チップ(最高周波数80MHz)が使われた。 最新の第5世代 iPodで使用されているCPUは、ポータルプレイヤー社製のPP5021というデジタルプレイヤー向けのチップである。 このチップには FireWireインターフェイス機能が内蔵されていないが、次期チップであるPP5022では FireWireインターフェイス機能が内蔵されている。 また、PP5022はPP5020に比べて低電圧低電流で稼働するので、バッテリーでの駆動時間を延ばす事にも寄与することが期待される。 iPodはの1. 8インチATAハードディスクドライブが使われ、IDE規格でないコネクターによって接続されている。 iPod miniではの1インチ・ハードドライブが、 iPod shuffleでは IM Flashのフラッシュメモリが、 iPod nanoでは8GBモデルが、4GBモデルが、2GBモデルがハイニックス社のフラッシュメモリがそれぞれ記憶媒体として使われている。 iPodにはケースの中のからオペレーティングシステムを読み込む装置に命じるプログラム、を含む32フラッシュチップが内蔵されている。 全てのiPodには、32MiB (第5世代iPodの60GBモデルに限り64MiB RAM)を内蔵している。 このRAMの主な用途は、から読み込まれた iPod用のオペレーティングシステムを動作させ、同時に音楽データをキャッシュしてHDDやメモリーからの読み込み回数を軽減し、電池の持続時間を延ばすことである。 第4世代までの iPodは曲の間隔無しに音楽を再生するギャップレス再生機能を搭載していなかったが、第5世代以降のモデルではほぼギャップレス再生に対応した。 既に、携帯型音楽プレーヤー市場では、外部マイクや入力からの本格的ながで行えるなど、 iPodとの差別化を図った製品が発売されており、そうした製品は、音楽演奏などの収録に活用されている。 iPodの光沢のあるステンレス部分はの(いわゆる磨き屋シンジケートを含む)や台湾のブランドを持つ社などが製造を担当している。 ホン・ハイは iPod nanoの製造を行っているが、検査以外は鏡面仕上げを含め全自動であるという。 イヤフォン [ ] すべての iPodには iPodのデザイン色に合わせた、白いコードのインナーイヤーイヤフォンが付属しており、この白いイヤフォンは iPodブランドのシンボルとなっている。 この影響を受け、白いコードのインナーイヤーヘッドフォンが各社から多数発売されるといった状況になっている。 他社の音質を追求したモデル(ライバルののウォークマン、東芝のギガビートなど)を除く、比較的廉価な携帯型音楽プレーヤーと似て、 iPodに付属するイヤフォンは決して良い音質を実現しているわけではない。 iPodは全モデルで一般的にステレオミニジャックと呼ばれる3. 5mmイヤホンジャックを採用しているため、プラグ部分が3. 5mm規格もしくはそれに変換できるたいていのイヤフォン・ヘッドフォンを使用することができる。 一部のサードパーティからは、 iPod向けの代替イヤフォンとして白色のイヤフォン、例えば、ソニー社製EX71の白色モデルや社製ER-6i、シューレ社のE4c、クリプシュ社の Image S4i White等が販売されている。 なお、 iPod付属のイヤフォンは左右のコードの長さが同じY型であり、イヤーパッド部分も左右のチャンネルの頭文字の「L」「R」の文字は入っているものの色分けはされていないため、慣れるまで扱いづらいことがある。 また iPodなどの人気の恩恵を受けて、社、社、社、社などが販売している、1万円を超えるような高価なイヤフォンの売り上げが好調となっている。 新第5世代 iPod、第2世代 iPod nano、第2世代 iPod shuffleのカラーバリエーション増加後からは、全体が丸みを帯び、音質を向上させた新しいイヤフォンが付属している。 白いイヤフォンを装着している人がすなわち iPodの利用者である、という認識が広まる一方で、米国では白いイヤフォンで音楽を聴いているユーザーから iPodを強奪するという事件が近年しばしば発生 しており、死者が出た例もある。 このイヤフォンは日本のが単独供給している。 互換性 [ ] 第1世代 iPodは または Mac OS Xが動作するマッキントッシュでのみ使用できたが、2002年7月17日にアップルはオリジナルのフォーマットの代わりにでフォーマットされた内蔵型HDDを持つ Windows互換 iPodの販売を開始した。 アップル社は2003年10月16日に iTunesの Windows版をリリースした。 それ以前は、 Windowsユーザーが iPodを使うには、、 ()または ()といったサードパーティ製ソフトウェアが必要だった。 iTunesの Windows版が公開されるまで Windows向け iPodには、 Musicmatch Jukeboxが同梱されていた。 初代 iPodはマッキントッシュでしか使えなかった。 なお、 FAT32フォーマットの iPodをマッキントッシュに接続して使うこともできる。 マッキントッシュは、 FAT32でフォーマットされた記憶装置を認識し、互換性を保ったまま使用できるからである。 現在では、旧世代のマッキントッシュのみに対応している iPodも、 iPod Updaterで復元することで両オペレーティングシステムに対応させる事ができるが、アップル社の保証外動作のため保証は受けられなくなる。 2004年1月8日に、社は iPodをベースとしたHPブランド・デジタル音楽プレイヤーの製作のためアップル社から iPodのライセンスを受けたと発表した。 次の日、当時のヒューレット・パッカード社のチェアマン兼CEOの ()は2004年にで iPodベースの青色の装置を披露した。 この「青色 iPod」はアップル社の製品ではないが、アップル社製の iPodと全く同等の機能を有しているOEMである。 実際に販売されたヒューレット・パッカード社版 iPodは青色ではなかったが、本体金属面にアップル社のロゴとヒューレット・パッカード社のロゴの刻印がある。 2005年8月、「デジタルエンターテインメント戦略に合致しない」ことを理由に販売打ち切りを表明。 同年9月末頃に販売を終了したものと見られる。 iPodLinuxプロジェクトは iPodで動作する のバージョンの移植に成功している。 これは uCLinuxという仮想メモリの扱えない機器類への組み込み用に設計された Linuxをベースとしており、現在第1世代(スクロールホイール) iPodから第3世代 iPodまでをサポートし、公式にはサポートされていないが、第4および第5世代 iPod、第1および第2世代の iPod mini、第1世代 iPod nano上でも利用できる。 macOS及び Windows上からインストールするためのインストーラが利用できる。 iPodをマウントできれば他のオペレーティングシステムからでもインストールできる。 内にこのプロジェクトのウェブページ が存在し、多くの関連文書がオンライン上に存在する。 また、同じようなものでは プロジェクトというオープンソース・ファームウェアも存在し、音質向上、多機能化を実現する。 現時点でiPod 1世代から5. 5世代、 iPod mini、 iPod nano1世代、2世代まで互換性をサポートしている。 また、 iPod Classicは開発中である。 これら Linuxや Rockboxは設定次第ではマルチブートして併用可能である。 そのほかにはおよびに対応したエミュレーターやを動かす技術などが開発されている。 市販されたゲームではやなどが既に公式のゲームとして販売されている。 デザイン [ ] 本体デザインは同社のマッキントッシュ・シリーズと同様、が中心のデザインチームが担当している。 マッキントッシュ・シリーズと同じく、光沢のあるプラスチックやカラーアルマイト、磨き上げられたステンレスなどの質感を重視した素材を使用し、可能な限りシンプルな形状にデザインされているのがシリーズ共通の特徴と言える。 iPod mini公開までの全ての iPodのには、マッキントッシュで使用されていた Chicagoと言うフォントが使用されていた。 自動車用FMトランスミッター iPodはアクセサリー産業の二次市場を大きく成長させる発端となり、2005年のマックワールド基調演説でアップル社CEOスティーブ・ジョブズはそれを「 iPod経済」と呼んだ。 一般的には、になぞらえてエコシステムと呼ばれることもある。 iPodのアクセサリーにはメモリーカードリーダー、FMトランスミッター、及びボイスレコーダモジュールなどが存在する。 それらのコネクターは音の信号を通し電源を iPodまたはアクセサリーに送ると同時に制御及び情報を提供する。 これらのアクセサリー(ケース類などは除く)について2005年10月にアップル社がロイヤリティ料を徴収する旨の記事が出たが、現在ロイヤリティ料を徴収する決定はアップル社で出されていない。 また、(吉田カバン)や、、、、、など各種ファッションブランドの専用ケース等も存在し、アップル社でも iPod nano tube、をモチーフにした iPod靴下を販売している。 iPodをサポートする非純正ツール 名前 概要 iPod manager プラグインをオプションとしてインストールして iPodを管理できる、 Windows向け音楽プレイヤー。 完全に iPodをサポートしている向け音楽プレイヤー。 上で動作する iTunesクローン。 gtkpod iPodを目標とした GTK上のGTKツールキットを使用したシステム向け iPod管理プログラム。 ml ipod iPodをサポートするために加えられた 向け・プラグイン。 EphPod 多くの iTunesの特徴を備えた Windowsアプリケーション。 EphPodは iPodからコンピューターへ音楽のコピーもできる。 プロジェクト iPod上で Linuxを利用できる。 現在は1G、2G、および3G iPodのサポートを提供。 これは miniも含めて、他の世代の iPodでも利用できるが、 iPodLinuxプロジェクトでは、導入方法等に関しての言及はあるが、公式なサポートは行わない、としている。 Rockbox iPod上でや などの音楽ファイルを再生したり、などのギャップレス再生を可能にするのファームウェア。 2007年11月15日現在、 iPod(第5. 5世代以前)、 iPod mini、 iPod nano(第1世代のみ)に対応。 iPodのファームウェア内の画像を入れ替える Windows用ソフトウェア。 グリフィン・テクノロジー社 は ()、 ()、 iTalk、 PowerPodおよび EarJamを含む、いくつかの iPodアクセサリーを作成している。 テン・テクノロジー社による naviPod はアップル iPod向け5ボタン赤外線リモート・コントローラーである。 やは、 iPodシリーズと競合するデジタルオーディオプレーヤーを製造しているが、同時に、 iPod専用のハードウェアも生産している。 iPodシリーズの歴史 [ ] iPod mini(左)、初代 iPod(右) 最初の iPodはマッキントッシュ専用のとして2001年10月23日に発表され、2002年発売の第2世代で Windowsにも対応した。 「 iTunesのライブラリに収めた音楽を外へ持ち出す」というコンセプトで開発されており「まず iTunesありき」である点が、先行していた他のデジタル音楽プレイヤーとははっきり異なる。 これは iPod発表時の惹句「iTunes to go」によく現れている。 この惹句は iBook ( アイブック )発表時の「iMac to go」にかけたもの。 日本では「Goodbye MD」という惹句で市場からの占有率獲得を目指した。 iPodは iTunesとの同期機能を備えることにより、自宅での環境をそのまま外へ持ち出すというコンセプトをより鮮明にした。 発売された初期の頃は電池の消耗・劣化が激しく、更に電池の交換費用が高額だった(購入後、僅か90日間の製品保証だった )ために、米国では購入者から電池交換費用を安くするよう運動やデモを起こされ、集団訴訟にまで発展した。 この訴訟でアップル社が応じた和解の条件は以下の通りである。 2004年5月31日までに第3世代までの iPodを米国で購入した米国の居住者に対して、バッテリの無償交換もしくは50ドルの商品券を渡すこと、あるいはその期間までに iPodの電池交換を有償で受けた購入者には最大で50パーセントの有償交換金額の返金に応じる、の2点である。 また、イギリスの国会でも iPodの電池劣化問題が話題となったが、2004年6月以降からは電池も改良され、更にサポートとしてAppleCare Protection Planが発売されて解決している。 2005年10月14日には、電池交換サービスの料金が従来の15,750円から半額以下の6800円に改訂された。 iPodの新製品は発表直後に発売開始されるため、初期出荷数と需要のバランスが悪く、人気が集中する発売から数か月は購入が難しくなる状況に陥る場合が多かった。 iPod miniや iPod shuffleの場合がそれに該当し、店舗で入手困難な状況が数ヶ月間は続いた。 iPodが普及する要因になったのは、使いやすいUIとシンプルなデザインもあるが、多くのユーザによるネット上でのの多さが、 iPodをデジタル音楽プレイヤーのスタンダードの地位に押し上げ、今なお iPodユーザを増やしている。 そのため、2007年現在日本の総売上の約5割が iPodシリーズである。 米国では8割近い。 日本では iPodが2003年に、 iPod miniが2004年に、更に iPod shuffleが2005年に揃ってを受賞した。 ちなみに iPod miniが金賞を、 iPod shuffleはグッドデザイン賞ベスト15に選ばれた。 更に社が出した iPod用のワイヤレスヘッドホンも同様に2005年グッドデザイン賞に選出された。 2005年10月12日、動画の再生に対応した第5世代の iPodが発表され、同時に動画転送のためのツールである iTunes 6を発表した。 また、2006年1月11日に「iPod Radio Remote」という名でサードパーティからは既に発売され、以降も公式な対応が求められていたチューナー機能付きのワイヤードリモコンが発表され、第5世代以降発表の shuffleを除くモデルでのラジオ受信が可能となった。 また、ファームウェア上ではRadio Data Systemを標準に準拠したデータが送られ、ラジオ局の情報や聞いている曲、ミュージシャンの名前などの情報が表示される仕様となっている。 北米などを中心にRDSは既に開始されているものの、日本のFMラジオ放送ではこのRDSを送信しておらず、現在は特に何も表示されない。 また、日本の見えるラジオなどのFMには対応していない。 第5世代発表から11か月後の2006年9月12日にはマイナーチェンジが行われ、新たに80GBモデルが投入された。 同時に映画コンテンツ(2006年9月現在日本では開始されていない)・5G iPod向けゲームのダウンロードに対応した iTunes 7が発表された。 なお、この際第1世代 iPodからリクエストされてきた機能をサポート。 2007年2月8日、アメリカ合衆国のカール・クルーガー上院議員が iPodなどの電子機器を操作しながら横断歩道を渡ることを禁じる法案を同州議会に提出した。 同州では iPodなどの電子機器を操作しながら横断歩道を歩いていた住民が車に轢かれ死亡する事件が3件発生し、そのうち1件は「危ない」と叫んでいたのにもかかわらず気付かずに轢かれて死亡した。 に開かれたAppleスペシャルイベントの終了後、公式サイトのでのiPod classicの取り扱いがなくなり、各メディアにおいて販売が終了したことが報道された。 これにより2001年から続いた特徴的なスクロールホイールを搭載した全てのiPodがラインナップから姿を消したこととなる。 広告 [ ] 広告方法も斬新なもので、ビビッドカラーの背景に人物のシルエットが踊りまくる広告を大量に投入し、そのCMに採用された曲がヒットすることも多い。 2004年10月に放送が開始されたバージョンの広告 ではBGMにの『』が採用され、メンバーたちが微妙に顔が判別できる程度のシルエットの形で出演した。 ちなみにはそれまで広告等のタイアップに決して応じることが無いと言われていたが、今回は無料で出演している。 これ以降、楽曲と共に本人達によるシルエット出演が行われたのは、、、等である。 U2と同様に広告等のタイアップに今まで応じたことが無かったの起用にあたっては、当初、米国で放送された広告において自身の楽曲『』の無断使用が発覚したため、エミネムのレーベル会社である「エイト・マイル・スタイル」がアップル社と広告を制作した広告代理店に対する著作権侵害を訴える裁判沙汰に発展した。 2004年2月に始まった訴訟は翌年5月に和解が成立したため、晴れて同10月からのiPodの広告としてエミネム本人のシルエット出演と共にタイアップされることになった。 また一方で、(CSS)の『Music Is My Hot, Hot Sex』をタイアップしたバージョンが10月に放映されたが、これは元々、イギリスの大学生が、アップル社サイトからとってきたビデオ・クリップを組み合わせた映像にCSSの楽曲を乗せて編集した、云わば iPod風の自作コマーシャルであった。 作成した大学生がこのクリップをに投稿していたところ、アップル社の目に留まり、本物のコマーシャルとして採用されて放映されることになったという。 広告リスト 作曲者 曲名 備考 Take California ( テイク・キャリフォーニア ) Hey Mama ( ヘイ・ママ ) ( アー・ユー・ゴナ・ビー・マイ・ガール ) Rock Star ( ロック・スター ) Channel Surfing ( チャネル・サーフィング ) Ride ( ライド ) Walkie Talkie Man ( ウォーキー・トーキー・マン ) Saturday Night ( サタデイ・ナイト ) ( ヴァーティゴ ) Jerk It Out ( ジャーク・イット・アウト ) ( フィール・グッド・インク ) Technologic ( テクノロジック ) 、 Gimme That ( ギミー・ザット ) Who's Gonna Sing? の広告でもある。 ( アイ・ファウト・ザ・ロウ ) との合作。 保証での交換・修理を減らす技術 [ ] 2008年4月、アップル社は iPodに関し、液体の侵入や極端な温度、過度の衝撃、不正改造したなどの場合、それをメモリーに記録する技術を開発し特許を取得した。 一見しただけでは故障原因がわからないような故障の原因を特定することにより、元来であれば無償でしていたような修理交換を有償でできるようにすることに狙いがある。 著作権料に関する論争 [ ]• ではiPodから著作権料を課金する行為が違法であるとした司法判決が2005年7月に最高裁で下った。 ではiPodなどの価格に「著作権者への補償金」が含まれている。 2005年には、iPod nanoなどのフラッシュメモリプレイヤーに対する料率が引き下げられる見込みである。 日本における状況 [ ] 2005年4月28日に行われた文化審議会分科会法制問題小委員会の第3回審議において、の見直しについての意見書がなどの権利団体から提出され、「ハードディスク内蔵型レコーダーと録画機器およびディスクを私的録音補償金制度の対象に含めるべき」と課金対象を具体的に示した。 これはまず間違いなくiPodを始めとするハードディスク内蔵型音楽プレイヤーに対してのものである。 しかし、音楽CDなどのデータソースに対する著作権使用料に加えてプレイヤーに対する著作権使用料も徴収される事になってしまうために、「これは著作権料の二重取りになるものだ」といった非難の声が、消費者からはもちろんの事、審議参加議員らからも上がった。 そのため、審議は一般人の声にも対応する為に2005年9月以降までに延期されることになり、この課金制度適用については2年先送りすることで決定した。 その期間中に寄せられた意見は、iPodなどのハードディスク内蔵型音楽プレイヤーに対して著作権使用料を取得することに対する反対意見が、賛成意見の4倍以上となる結果となった。 また、2007 の策定に際して行われた「知的財産推進計画2006」の見直しに関する意見募集 では、日本法人であるアップルジャパン株式会社名で「私的使用複製について結論を得る」に関する意見として、著作物の私的複製による権利侵害には科学的且つ客観的証拠は存在せず、仮に私的複製により権利侵害を被ったと主張するなら、原因は複製防止技術を備えていない著作物パッケージを製造販売しているレーベルに有り、ハードウェア会社に対して責任転嫁するのは無責任且つ自己中心的な姿勢であるとし、「科学的且つ客観的証拠に基づかない理由に依る私的録音録画補償金制度は即時撤廃すべきである」と主張する意見が掲載されたが、後に提出者からの要請で撤回された。 アップルジャパンは、この意見が同社が提出したものかどうかについてコメントを避けている。 難聴論争 [ ] ではiPodが()を引き起こす原因になるという論争が持ち上がり、訴訟に発展している。 件の訴訟はの男性によって2006年1月31日に起こされた。 訴状によれば、 iPodは115以上の音量を再生することが可能であり、この音量で1日28秒以上聴き続けると、難聴を引き起こすおそれがあるとのこと。 iPodには「115デシベル以上を再生できるという、設計上の致命的欠陥」があり、これにより正常な聴覚を失う可能性に関してアップルは適切な警告と対策、補償を十分に行なっていないとされている。 この訴訟はと認定されることが請求されており、被害に対する賠償と、iPodを安全なものにする改善を要求している。 但し、件の男性は2005年に iPodを購入したとされているが、実際に iPodで難聴になったかどうかはでは明らかにされていない。 男性のによると、実際に iPodで難聴になったかは重要ではなく、 iPodが取り返しのつかない難聴を引き起こす可能性が問題なのだという。 ただ、 iPodの騒音性難聴を引き起こす「性能」が他のプレーヤーと比較して高いかに関しては疑問の余地が残る。 同様の問題点はなど携帯音楽プレーヤーが普及し始めた1980年代より言われていた問題で、他の携帯音楽プレーヤー全てに対して言えることでもあり、危険性はユーザー次第、ユーザーが用いる音量次第であり、自己責任との声もある。 現在 iPodには、「イヤホンやヘッドホンを大音量で使用すると、を損なうおそれがあります」という警告文が添えられ、アップルからは最高音量の半分以下で使用することが推奨されている。 なお、他プレーヤーでもこのような警告文が添えられている。 また、最新版のでは、第5世代 iPod、 iPod nano、 iPod shuffle向けに、ある一定以上の音量が出ないように設定する機能が提供されている。 但し、この機能は旧世代機(第4世代以前の iPod、 iPod mini)には提供されていない。 ちなみに、米国のとある大学で行われた調査によると音量を80パーセント以上で1日90分以上イヤホンやヘッドホンで音楽を聴くと難聴になりやすくなり、音量を100パーセントで1日5分以上聞くと難聴になる危険性が高いとの結論となった。 逆に、音量を10パーセントから50パーセントで1日90分以上聞く場合は難聴になる問題は無いとされている。 ただし、個々のイヤホンのインピーダンスや感度の違いにより、同じ音量設定でも耳に入る音の大きさは違う。 競合製品 [ ] メーカー 製品名 MP3プレイヤー ( メディア・ケグ ) ( ノーマッド ) クリエイティブ・テクノロジー ( ゼン ) ( ウォークマン ) () ( デジタル・ジュークボックス ) ( ギガビート ) MP3プレーヤー ( ディー・スナップ ) ( ズューン ) 脚注 [ ] []• : generation• [ ]• - アップル サポート情報記事(Knowledge Base)• predictor function• [ ]• - 在ニューヨーク日本国総領事館• [ ]• [ ]• web. archive. org 2001年11月9日. 2020年3月14日閲覧。 [ ] [ ]• インターネットWatch• [ ]• 関連項目 [ ]• - iPod生みの親• - iPod開発と設立のキーマン• - ニックネームが、 Iouri Podladtchikovというスペルから IPodとなっているの選手。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

ゼロからわかるiPod/iPodの種類

アイポット

基本的に iTunesから iPodに曲を入れるのが普通ですが、誤ってiTunesから曲を消してしまった場合、iPodからiTunesに曲を移したいというケースが出てきます。 しかし、曲の著作権の問題もあり iPodから iTunesへの曲の移動は、iTunesからiPodへのコピーのように簡単にはいきません。 ドラッグ&ドロップもできません。 ) (1)iPodをiTunesに接続します。 2 「ファイル」メニューから「フォルダをライブラリに追加」を選択します。 (少なくともウチのPCでは・・) (4)OKボタンを押してインポート (5)インポートした曲のプロパティを見てください。 プロパティを見ると曲のリンク先が「E¥」になっています。 (つまりiTunesの認識ではEドライブ=リムーバブルディスク=iPodに入っている曲をiPodが接続している時だけ再生可能ということを意味しています。 iTunesは音楽を管理・変換・再生するソフトです。 この場合、iTunesは追加された曲がEドライブ(iPodの本体の中)にあるということを管理します。 ですから このようにiPodとPCの接続を解除されてしまうと、iTunesが曲の保存場所として認識しているEドライブ(iPodの本体の中)が見つかりません=音楽が移動しているので再生できません・・という状態になるわけです。 やり直し! (6)「編集」メニューの「設定」を選択し、「詳細」タブの「一般」を選択してください。 7 [ライブラリの追加時にファイルを「iTunes music」フォルダにコピーする]をチェックしてください。 (8)で、先程の 2 以降の「ファイル」メニューから「フォルダをライブラリに追加」を選択から作業をしなおしてください。 (9)インポートしたファイルをプロパティで確認してください。 これでPCのハードディスクにコピーされたのでiPodを接続解除しても曲が聞けるようになりました。 し・か・し! よく見るとファイル名が「CJNQ. mp3」になっているじゃありませんか! 一応、「iTunes」以下のフォルダを確認してファイル名を見ると やっぱりなっていました・・・ 性格が細かい自分は他のiTunesにインポートした曲同様、ファイル名=曲名にしたい! と考えてしまいます。 そういう人は別の方法がよいかもしれません。 このやり方は曲を単純にiPodからコピーするだけですのでプレイリストなどでキチント曲が整理されていた場合もその情報が生かされません。 ご注意! ところがを使えば曲のバックアップだけでなく、マイレート・プレイリストまでの完全なバックアップが可能になります。 iPodを修理に出す場合、PCやハードディスクのクラッシュ、複数のパソコンでiPodを利用したり、単に他のドライブ(PC)へのバックアップにも利用できます。 「 プレイリストをバックアップ」、「 マイレートをバックアップ」、「 再生回数をバックアップ」、「前回再生時刻をバックアップ」、「アルバム」、等々すべてのデータの保存が可能。 CopyTransがあなたの iPodと完璧に同じ順序で iTunesのプレイリストを作成します。 新しいパソコンにiPodの音楽データをCD-R、DVD-R、LANを利用して転送したとしても、お好みに仕上がったプレイリストや、再生回数は転送できません。 こんなときに、CopyTransをご利用下さい。 「タイトル別」、「アーティスト別」、「マイレート」、「プレイリスト」、「サイズ」、「リスト追加日」、「データ更新日」、「再生回数」、「前回再生日時」等自由にデータを並べ変えることができます。 CopyTransは「第1,2,3,4,5世代」のiPodはもちろん、iPodフォト、 iPod MINIや iPodシャッフル、もちろんU2エディション、 ipod Nanoにも完全対応しています。

次の