チアダン 映画 福原 遥。 映画『チア☆ダン』注目は若手俳優の共演 『3A』福原遥×富田望生に“ブレイク寸前”伊藤健太郎も|Real Sound|リアルサウンド 映画部

福原遥のかわいいチアダン画像と2つの秘話、君の夢が叶うチアダンス!

チアダン 映画 福原 遥

解説 ごく普通の女子高生たちによるチアリーダー部が、全米チアダンス選手権大会で優勝を果たした福井県立福井商業高校の実話を、広瀬すず、中条あやみ、天海祐希らの出演で映画化。 高校に入学した友永ひかりは、中学からの同級生の孝介を応援したいという軽い気持ちでチアダンス部に入部する。 そんなひかりを待ち受けていたのは、顧問の早乙女薫子によるスパルタ指導。 おでこ出しは絶対必須、恋愛は禁止という厳しく部員たちを指導する早乙女は全米大会制覇を目標に掲げていた。 早乙女の指導に周りの部員たちが次々と退部していく中、チームメイトである彩乃とともに、チアダンスを続けていく決意をしたひかりは、仲間たち、そして早乙女とともに大きな目標に向かってまい進する。 主人公ひかり役を広瀬、彩乃役に中条がそれぞれ演じ、山崎紘菜、富田望生、福原遥らフレッシュな若手女優たちが共演。 顧問の女性教師・早乙女役を天海が演じる。 監督は「鈴木先生」「俺物語!! 」の河合勇人。 2017年製作/121分/G/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト 2015年公開「海街diary」のサッカーの試合の場面で、広瀬すずがドリブルする姿に感銘を受け、彼女の優れた運動神経を活かしたスポーツ青春映画の主演作を心待ちにしていた。 それから2年、1998年生まれで実年齢もぎりぎり高校生の時期にこの主演映画が作られたことを喜ばしく思う。 チアダンスをスポーツとダンス、どちらの範疇に入れるべきかは置いておくとして。 広瀬をはじめ、中条あやみ、山崎紘菜、福原遥、柳ゆり菜ら魅力あふれる若手女優たちの懸命の努力が伝わってくる。 個々がパフォーマンスを限界まで高めたのはもちろん、メンバーで振付を合わせるため、個人の演技とは比べものにならない数のリハーサルと本番のテイクを重ねたことは想像に難くない。 絵作りに映画らしい興趣が足りないとか、脚本の練り込みが足りないとか、若干気になる部分はあるが、女優たちの全身全霊の演技がそれを補って余りある。 楽しかった! 友永ひかり(広瀬すず)は、同級生を応援したいためだけにチアダンス部へ入部する。 しかし顧問の女教師・早乙女薫子(天海祐希)「目標は全米大会制覇!」によるスパルタ指導が待ち受けていた。 普通の女子高生が全米優勝するまでの実話に基づいたストーリー。 ストーリーは何年かに一本ある、青春スポ根グループ映画(「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」など)にありがちなベタ要素が詰まっており、良くも悪くも見たことある感じ。 広瀬すずはこういう、元気で周りを引っ張る、一直線な学生をやらせたらピカイチ。 珍しく恋愛要素を早々にカットしたのは良かったと思う。 残念なのは、元の話があるだけにそれに合わせて展開が早すぎ急すぎで入り込めない部分。 だから、全米優勝という顧問の目標と彼女たちのモチベーションが噛み合ってない、と感じてしまう。 最後のダンスも頑張りは見えるが、これで全米優勝と言い張るのは厳しい。 全員を描こうとしてグダグダになってしまった感。 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved.

次の

福原遥

チアダン 映画 福原 遥

県立高校に入学した広瀬すず演じる主人公の友永ひかりは、中学時代の同級生でサッカー部の男子を応援するためにチアダンス部に入部。 顧問のスパルタコーチ早乙女薫子(天海祐希)が掲げる「全米制覇」と「恋愛禁止」を前に続々と部員が辞めていってしまう中、ひかりたち残されたメンバーは失敗を重ねながらも目標へと突き進んでいくという典型的なサクセスストーリーだ。 参考: 本作といえば、映画公開の翌年に土屋太鳳主演で連続ドラマ版も制作された。 そちらでは映画から数年後を舞台に、ひかりたちの活躍に影響を受けた主人公が近所の別の高校でチアダンス部を作り奔走していく物語が展開し、映画と同じ役柄で広瀬も特別出演。 ズブの素人たちがひとつの高い目標に向かってスタートを切り、悪戦苦闘を繰り返したり仲間同士でぶつかり合いながらも絆を深めていく姿でドラマ性と笑いを生み出す。 円陣を組んで表に出た彼女たちの演目をまるっとカットして、裏に戻ってくるところまでをひと繋ぎで映し出す。 その際の出入りの足取りの軽さが同じということだけで、彼女たちの自信の高まりと、パフォーマンスが成功したか否かを表していく。 それがあるからこそ、彼女たちのパフォーマンスを見たいという気持ちがいやがうえにも高まり、クライマックスの高揚感が増すということだ。 そうした娯楽映画らしい見せ方の上手さは、本広克行監督や堤幸彦監督ら娯楽映画を多数手がけてきた監督のもとで経験を積んできた河合勇人監督ならではといえるだろう。 ところで広瀬を筆頭に、本作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した中条あやみら現在も活躍著しい若手俳優たちの共演を楽しむというのも一興である。 本作で(伊藤)健太郎が演じているのは中条演じる彩乃に想いを寄せる矢代役。 登場シーン数的には端役ではあるが、物語の要所要所で登場し、彩乃に告白をして撃沈することを繰り返し、チアダンス部の中心メンバーである彩乃の葛藤を引き立てていく。 そして同時に、広瀬演じるひかりから真剣佑演じる孝介に向いた「恋愛禁止」の掟による苦悩が、男女を逆にして中条と健太郎のシークエンスにも投影されているのである。 本作と同じ年に公開された広瀬主演の『先生! 、、、好きになってもいいですか?』をはじめ、なんだかチャラい雰囲気の役柄が板についた(伊藤)健太郎ではあるが、本作のような冴えない雰囲気もなかなか似合い、どことなくこの演技が『惡の華』へと通じたのではないかと思ってしまうほどだ。 (文=久保田和馬).

次の

福原遥のかわいいチアダン画像と2つの秘話、君の夢が叶うチアダンス!

チアダン 映画 福原 遥

県立高校に入学した広瀬すず演じる主人公の友永ひかりは、中学時代の同級生でサッカー部の男子を応援するためにチアダンス部に入部。 顧問のスパルタコーチ早乙女薫子(天海祐希)が掲げる「全米制覇」と「恋愛禁止」を前に続々と部員が辞めていってしまう中、ひかりたち残されたメンバーは失敗を重ねながらも目標へと突き進んでいくという典型的なサクセスストーリーだ。 参考: 本作といえば、映画公開の翌年に土屋太鳳主演で連続ドラマ版も制作された。 そちらでは映画から数年後を舞台に、ひかりたちの活躍に影響を受けた主人公が近所の別の高校でチアダンス部を作り奔走していく物語が展開し、映画と同じ役柄で広瀬も特別出演。 ズブの素人たちがひとつの高い目標に向かってスタートを切り、悪戦苦闘を繰り返したり仲間同士でぶつかり合いながらも絆を深めていく姿でドラマ性と笑いを生み出す。 円陣を組んで表に出た彼女たちの演目をまるっとカットして、裏に戻ってくるところまでをひと繋ぎで映し出す。 その際の出入りの足取りの軽さが同じということだけで、彼女たちの自信の高まりと、パフォーマンスが成功したか否かを表していく。 それがあるからこそ、彼女たちのパフォーマンスを見たいという気持ちがいやがうえにも高まり、クライマックスの高揚感が増すということだ。 そうした娯楽映画らしい見せ方の上手さは、本広克行監督や堤幸彦監督ら娯楽映画を多数手がけてきた監督のもとで経験を積んできた河合勇人監督ならではといえるだろう。 ところで広瀬を筆頭に、本作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した中条あやみら現在も活躍著しい若手俳優たちの共演を楽しむというのも一興である。 本作で(伊藤)健太郎が演じているのは中条演じる彩乃に想いを寄せる矢代役。 登場シーン数的には端役ではあるが、物語の要所要所で登場し、彩乃に告白をして撃沈することを繰り返し、チアダンス部の中心メンバーである彩乃の葛藤を引き立てていく。 そして同時に、広瀬演じるひかりから真剣佑演じる孝介に向いた「恋愛禁止」の掟による苦悩が、男女を逆にして中条と健太郎のシークエンスにも投影されているのである。 本作と同じ年に公開された広瀬主演の『先生! 、、、好きになってもいいですか?』をはじめ、なんだかチャラい雰囲気の役柄が板についた(伊藤)健太郎ではあるが、本作のような冴えない雰囲気もなかなか似合い、どことなくこの演技が『惡の華』へと通じたのではないかと思ってしまうほどだ。 (文=久保田和馬).

次の