一生ものの鍋。 高級土鍋6選!料理が圧倒的に美味しくなる一生モノ

国産のステンレス鍋のおすすめを教えて下さい

一生ものの鍋

寒い時期だからこそ味わえる美味しいものは、いろいろありますよね。 そのなかでも鍋料理は、日本人にとって欠かすことのできないグルメです。 定番の水炊きに寄せ鍋、近年は豆乳鍋やトマト鍋も大人気! 野菜をたくさん食べられることに加え、肉や魚介などのたんぱく質も同時にとれます。 それらの鍋料理を作るときに欠かせないのは、そう土鍋! ぐつぐつ煮えた土鍋のふたを開けたときの、ほっこり幸せ気分は何物にも代えがたいものです。 でもいざ土鍋を買おうと思ったら気になるのが、その価格と品質。 ピンからキリまで価格にも幅があり、どれを選んだらいいか迷ってしまいそう…。 せっかくなら、丈夫で一生使える「一生モノ」がほしいと思いますのよね。 ここではそのような方に向けて、料理が格段においしくなるワンランク上の高級土鍋をご紹介! 目次• 土鍋のいろは 土鍋を購入したら最初にやるべきことや、普段のお手入れ方法を知っておきましょう。 使いはじめる前にまず「目止め」を 新しい土鍋を買ったらすぐにでも鍋料理を作りたくなりますが、それはNG! 使いはじめる前にまずやらなければいけないことは、「目止め」です。 目止めとは、土鍋の水漏れや割れを防ぐために必要不可欠な処理。 土でできた土鍋にはこまかい穴がたくさんあるため、最初にその穴をふさがなければなりません。 目止めをせずに使いはじめると漏れやひび割れだけでなく、ニオイがしみつきとれなくなってしまうことも! 長く使い続けるためにも目止めは必ず行いましょう。 目止めの方法 目止めのやり方としては、おかゆを作る方法がよく知られています。 土鍋でおかゆを作りそのまま1時間以上置いておけばOK。 他にも小麦粉や片栗粉を使う方法もあります。 どれもでんぷん質が小さな穴をふさぐ役割を果たしてくれるので、購入後の目止めはお忘れなく! 日ごろのお手入れ 土鍋は使ったらできるだけすぐに洗い、そしてしっかりと乾燥させるのが大事! 底面が濡れたまま火にかけると、亀裂が入ってしまうことも。 また水気が残ったまま棚の中などにしまうと、カビが生えてしまう可能性もあるのです。 洗った後は水滴をしっかりふきとり、自然乾燥させましょう。 理想は天日干しです。 乾いたら新聞紙で軽く包み、風通しの良いところに保管するのがベスト。 湿気がたまりがちなシンク下は避けた方が無難です。 また土鍋は急激な温度変化でもダメージを受けるもの。 このようにデリケートな素材ではありますが、大切に扱うことで美味しい料理をいただけるものと心得ましょう。 熱伝導率の高さや本体の軽さ、耐久性などさまざまな面で抜群の使いやすさです。 また遠赤外線効果で、炭火ならではの美味しさを味わうこともできます。 パッケージも伝統工芸品の桐箱や和紙を使い、贈答品としても最適! 「一生モノ」の土鍋になること間違いなしの逸品です。 重厚な色とすっきりしたフォルムが印象的。 食卓に置いても様になるので、普段使いはもちろん来客時にももってこいですね。 付属のすのこで蒸し料理も楽しめます。 蒸し料理は肉の余分な脂を落としたり、素材のうまみを閉じ込めたりできるのでヘルシー志向の方にはうれしいですよね。 こちらは6号から10号までのサイズ展開があり、好みや家族の人数によって選ぶことができます。 黒マット寄せ鍋9寸 花田 うつわ専門店の「花田」が販売するこちらの土鍋。 黒くマットな質感が、スタイリッシュな雰囲気を醸し出しています。 かたちそのものはクセがなくシンプルで、浅すぎず深すぎずといった印象。 そのため和洋問わずどんな料理にも使うことができるでしょう。 その名の通り「煮る・焼く・蒸す」と、さまざまな使い方ができます。 さらにふたを裏返すと、お皿としても使える優れもの。 蒸し皿も付いているので、健康的で美味しい蒸し料理にも気軽にチャレンジ! これ一つで色々な使い方ができる点が、この土鍋の大きな魅力といえます。 価格:16,500円(税込) サイズ:外径20. 5cm 容量:2,400cc 亶 — SEN — 土鍋で炊いたご飯はまた格別の味ですが、こちらは炊飯専用の土鍋。 プロの料理人とともに、3年という時間をかけ開発されました。 炊飯中にふたのつまみ部分から出る泡によって、お米の状態を把握できる構造です。 ご飯を炊くときに難しいといわれるのが火加減ですが、それを誰でも簡単に調節できるよう試行錯誤を重ねました。 鯛めしなどの炊き込みご飯もより美味しく作ることができ、おもてなしの際にも重宝するでしょう。 またこの土鍋は目止め不要なので、手軽に使いはじめることができますね。 価格:19,440円(税込) サイズ:直径23. しかし最近はアクアパッツァやポトフなどの洋風料理や骨付き肉の煮込み料理など、ジャンルを問わず活用している方々もたくさんいます。 さらにはプリンも作れてしまうというから、最強のオールラウンダーです。 そんな大活躍間違いなしの土鍋は、いいものを手に入れて使いこなしたいところ。 ぜひこちらを参考にお気に入りの一品を見つけて、美味しい土鍋料理を毎日の食卓へ!.

次の

【レビュー】十得鍋を10年愛する者が、十得鍋の具体的な10の得と不満点、おすすめ商品を紹介

一生ものの鍋

これから少しずつ料理、自炊を始めようかな?と思っている方! 道具は少しでも良いものを長く使いたい。 おしゃれでかっこいいキッチン用品を揃えたい。 そんなあなたに おすすめのステンレス素材のお鍋をご紹介致します。 gsw-japan. 男性は見た目重視、見た目から入るという方が多いのではないでしょうか? 私は確実に見た目重視でございます。 そもそも何かを始める時、モチベーションはとても大事、自分が気に入ったものを使って料理をする。 モチベーションの維持、継続に繋がると考えます。 あなたはいかがでしょう… スポンサーリンク ・デザイン性が良い ・お手入がしやすい ・蓄熱性の高さから保温性、保冷性に非常に優れている ・アルミのように酸やアルカリに弱いということがなく、安心してどんな料理にも使える ・錆びにくく丈夫で長く使用でき、熱や衝撃による変形も通常使用ではほとんどない ・昔とは違い今はステンレス素材の鍋もIHにきちんと対応している デメリット しかし、ステンレス素材の鍋には他の素材の鍋に比べて熱伝導率が悪さから熱ムラを起こしやすい難点もあります。 熱伝導率とは熱を伝える割合のことで、つまり鍋が温まるのに他の素材の鍋に比べて多少時間がかかると言うことです。 また重量感もあります。 女性には少し重たいと感じる方が多いかもしれません。 ステンレス鍋の使い方 ステンレス素材は焦げ付きやすいというイメージは未だに根強く残っています。 しかし使い方、というかステンレス素材の鍋で調理する際の火力さえ理解していれば 何をするにも非常に優れた鍋となるわけです。 Point1: 火力は中火以下で抑える ステンレス素材を使用する際に、まず大前提として 火力は中火以下で抑えるということ。 蓄熱性が非常に高いので 一度温まると冷めにくく、火力をあまり入れずに調理することができます。 わざわざ強火にしなくても十分ということです。 Point2 :最初の予熱の仕方を意識する 次に予熱の仕方です。 中火以下でしっかり予熱を入れなければいけません。 早く鍋を温めたいという理由から強火で予熱すると温度にムラが出やすくなります。 そうなると焦げ付きやこびりつきの原因になります。 スポンサーリンク 予熱が十分かどうかは、鍋に水滴を落として確認します。 水滴が小さい玉になってコロコロと転がれば適温です。 予熱が足りないと水滴はすぐに蒸発してしまいます。 ステンレス鍋の手入れ 特に焦げ付きやこびれつきなどがなければ普通にスポンジで洗っても大丈夫です。 焦げ付きやこびれつきがあれば、注意が必要になります。 焦げ付きやこびれつきによりたわしや金属製のスポンジで洗うと表面の不働態皮膜を傷つけてしまう恐れがあります。 その傷が原因で錆びやすくなったり劣化を早めてしまいます。 クリームクレンザーや重曹などを使い丁寧に汚れを落としてください。 ステンレス素材は確かに錆びにくく丈夫ではありますが、だからといって通常のお手入れを疎かにしてはいけません。 使い終わったらきちんと洗う。 食べ物や油、洗剤や食塩水を付着させたまま長時間放置するともちろん劣化し錆びが発生しますので注意してください。 gsw-japan. ・鍋の内側にメモリ付き ・熱くなりにくい取っ手部分 ・焦げ付きや熱ムラを防ぐ底厚 ・水切れの良いフチ設計 ・もちろんIH対応 ・10年保証 様々な機能が備わっている鍋ですが、 何と言ってもデザイン性が魅力!しかも驚きの 10年保証 ステンレス素材のデメリット、熱ムラを防ぐ底厚設計になっており、均等に熱を広げることで高い蓄熱性を実現しています。 取り扱っている鍋のサイズも豊富で用途に合わせた使い方も可能です。 日々利用者のニーズ沿った製品の設計と製造に取り組み続け、確かな実績を勝ち取った企業です。 「料理が楽しくなる」というコンセプトのもと、製品のひとつひとつが デザイン性、機能性に優れており、まさしく一生ものの製品を提供しています。 というのもAmazonへ商品を提供している会社はGSWジャパンの販売代理店 株 インフィニという会社となります。 通販サイトからの購入に不慣れ、不安という方はやはり正規店である 公式サイトを通しての購入が一番安心です。 保証などのアフターサービスも迅速に対応してもらえます。 まとめ 鍋の中でもステンレス素材のものは色々あります。 カッコ良いのは大切ですが、機能性が悪けれ本末転倒です。 決して安いとは言えません。 しかし何度も安い鍋を買い替えるよりも長い目で見れば断然ステンレス素材の鍋を使い込んだ方がコストパフォーマンスに優れているはず。 料理はモチベーションも大切です。 良いものを長く使うってやっぱりかっこいいですよ。 gsw-japan. 関連する記事• 2018. 26 コーティングと言っても色んな種類がありますよね。 どの家庭でもフライパンは欠かせない調理器具です。 そして焦げ付かない、くっつかないフライパンで知られ[…]• 2018. 16 TVやCMなどでお馴染みの 「くっつかない・焦げ付かない」フライパンですが、あなたは使ったことありますか? 油要らずで調理できるってよく言われています[…]• 2018. 10 フライパンを使っているとだんだんと変形してくることってありませんか? 油や食材が均一に広がらず焦がしてしまったり フライパンの真ん中部分が盛り上がって[…]• 2018. 31 一人暮らしって色々準備するものがあって大変… その中でも調理器具、フライパンは暮らしに必須のアイテムですよね。 でもフライパンには用途もサイズも色んな[…]• 2018. 21 鍋やフライパン選びって迷いますよね? 最近は鍋やフライパンと言っても色んな種類があります。 これから購入する方 買い替えを検討している方 どんな鍋やフ[…].

次の

燕三の鍋は一生もの。ずっと使い続けたくなる4つの理由とは。

一生ものの鍋

もくじ• 一生ものとは何か 20代の頃、「一生もの」と言ったら、品質が高く流行に関係ないものという認識でした。 おばあさんになるまで使えて、しかも娘や孫にも伝えて行けるもの、みたいに思っていました。 でも、20代の頃に買って今でも持っているものは、ほとんどありません。 当時ファッション誌などを読み、「一生もの」という言葉に煽られて、ずいぶん多くのモノを買いましたが、今振り返ってみて、一生と言ってもせいぜい10年くらいなのかなと思います。 特に、バッグや靴、衣料品などは、どんなに高価でいい品物であっても、流行や年齢、サイズの変化によって、使わなくなってしまうものがあります。 自分の趣味や価値観が、変わってしまう場合もあります。 娘や孫の代までと言っても、ライフスタイルや好みが違っていたら、どんなにいい品物でも使ってもらえません。 そもそも「一生もの」という言葉を使うのは、若い人です。 40代以上の人が「一生ものだから」と何かを買うというのは、なかなか聞きません。 私が最後に「一生ものだから」と思って買ったのは何かなと思い出してみましたが、たぶん30代になったばかりの頃に買った高級鍋だったんじゃないかなと思います。 重すぎて今は使っていませんが。 反対に、まったく一生ものと思っていなかったにも関わらず、処分しそびれて手元に残ってしまったガラクタたちもたくさんあります。 買う時には、一生ものだと思っても、そうでないものの方が圧倒的に多かったなと、この年になって感じています。 一生ものではなかったもの ブランドバッグ 私が20代の頃は、ブランドバッグが大流行していた時代でした。 普通の女子大生が、グッチやヴィトンを持って学校に通っていました。 今振り返ると、尋常じゃなかったなと思います。 私の場合は、学生時代はお金もなかったので、ブランドものを持つことはありませんでしたが、勤め始めてからは、自分のお給料でブランドバッグを買うようになりました。 プラダやフェラガモ、エトロなどが好きでした。 でも、当時買ったバッグは、今はひとつも持っていません。 流行遅れになったり、痛んだり、使いづらかったり、理由は色々ですが、ブランドバッグといえども、私にとっては一生ものではなかったのです。 もしかしたら、私がブランドに見合った人間じゃないのかもしれませんが、普通の主婦の生活には、不必要なものでした。 今の私には、軽くてシンプルで使いやすいバッグが似合っています。 80代の母も、ずいぶんたくさんのブランドバッグを持っていますが、もうどれも使っていません。 私にくれると言いますが、私も欲しいとは思いません。 子や孫までというのは、なかなか難しいです。 ブランド靴 靴にもずいぶんお金をつぎ込みました。 フェラガモやブルーノ・マリなどの靴を買っていました。 でも、小さくて幅広甲高の私の足にはあまり似合わず、おまけによく靴擦れを起こしていました。 「おしゃれは足元から」の言葉を信じて、高い靴を履いていれば、オシャレな人と認めてもらえると思っていたのかもしれません。 単に自分に自信がなかったのだ思います。 今は、軽くて柔らかくて履きやすい靴の一択です。 コート類 コートは長く着るから大丈夫だろうと思い、トレンチコートやカシミアのオーバーコートを買いました。 たぶん5・6年は着たかもしれません。 でも、中年になってからはサイズが合わなくなり、結局手放すことになりました。 とはいえ、肩パッドが入ったバブル時代のコートは、シルエットが古くなってしまっていて、サイズ的には大丈夫でも着ることはなかったかもしれません。 高級な鍋 結婚して数年後に、ステンレスの鍋のセットを買いました。 確かに高品質な鍋ではありましたが、とにかく重くて使い辛かったです。 最初の頃は、うれしくて色々なお料理を作っていましたが、だんだんと使わなくなりました。 今は全部手放してしまいました。 実家にも同じような鍋のセットがありますが、やはり母も使っていません。 実家の鍋は、まだ箱に入ったままでした。 高級だから、いい品物だからといって、自分のライフスタイルに合うとは限らないと知りました。 ブランド食器・カトラリー 結婚してから、インテリアやテーブル・コーディネートに興味を持ち始めたこともあり、洋食器をコレクションし始めました。 ウェッジウッド、ヘレンド、リチャード・ジノリ、ロイヤル・コペンハーゲンなどです。 実用的ではありませんが、持っているだけで楽しいと思えるものでした。 食器に合わせて、クリストフルのカトラリーも揃えました。 でも、実際に使ったかと言えば、ほとんど使っていません。 割れたら大変だし、傷をつけたくないし、もちろん食洗機も入れられないので気軽には使えませんでした。 数が多いので、カップボードに入らないものは食器棚の奥に収納されたままでした。 今は、本当に気に入っていて、見て楽しめる食器以外は手放しました。 金彩のないシンプルな白の食器は、普段使いに下ろしました。 宝飾類 正確には、私が買ったものではありません。 母が自分で買ったり、祖母から受け継いだものです。 母やその前の世代の女性は、大きな石のついた指輪をよく付けていました。 母もたくさん持っていて、娘たちに譲りたがっているのですが、私は元々指輪が好きでないうえに、大きな石のついた指輪をもらっても、つけて行く場所がありません。 私が母から譲られて使っているのは、本真珠のネックレスだけです。 妹たちも同様で、母が亡くなったあとは、宝飾類はほとんど手放すことになると思います。 母には申し訳ないと思いますが、我が家は息子だけですし、受け継いてもらえる相手もいません。 私と同じような悩みを持っている友人がいたのですが、やはりすべて手放したそうです。 買った時は、それなりに高価だったと思うのですが、仕方ないですね。 マイホーム いやいや、マイホームは一生ものでしょうと言われそうですが、建物は買っておしまいというものではありません。 家を手に入れた時は、これで安心みたいな気持ちがあったのですが、家を維持するのはなかなか大変でした。 我が家は築30年の戸建てですが、これまで2回のリフォームと外壁の塗装などで1000万近くかかりました。 この先も修繕費などがかかるでしょう。 土地は、その時々の地価によって値段は変わるものの、ある程度の価値は残りますが、建物は一生ものではないとつくづく感じます。 家を維持するにはかなりのコストがかかります。 住宅ローンを組むときは、維持費やリフォームのことまでよく考えて、無理のない返済計画にしないと、後々苦労することになってしまいます。 普通のお気に入りが一生ものに 私が持っている「一生物」は、以前、という記事でも紹介しましたが、腕時計とペンダント、そしてネックレスです。 もともと一生ものとして勧められたものではありませんでしたが、気に入って買ったものが結果的に一生ものになったという感じです。 シンプルなデザインだったから、ずっと持てたのだと思います。 もしファッション性がもっと高いものだったら、年齢を経て似合わなくなったり、飽きてしまったかもしれません。 アクセサリーは、洋服と違いサイズが合わなくなることもありませんし、バッグのように痛むことがなかったのも、長く使っている理由かもしれません。 ただ、私にとっては一生物になりましたが、誰かに継いでもらえるかどうかは、まったく分かりません。 もっと年を取って使わなくなったら、処分することになるかもしれません。 不本意ながらの一生もの 私は、子どもの頃から収集癖があって、色々なものを集めていました。 その結果、ずっと持ち続けてしまったものがたくさんあります。 ハンカチ・香水・レターセットなどです。 場所を取らないものだったので、手放すきっかけがないまま50代になってしまったという感じでした。 ハンカチは使うものだけ残して処分、香水も気に入っているものだけ残して処分しました。 レターセットは、友人に手紙を書くために使うので残しましたが、そろそろ使い切りそうです。 趣味のものを集めるのは楽しいですが、若い時ならともかく、シニア世代になったら、自分のコレクションをどうするのか、そろそろ考えておいたほうがいいと思います。 まとめ:「今、必要か」を見極めよう 一生ものと思った買い物でも、本当に一生持ち続けられたものは、私の場合ほとんどありませんでした。 若い頃に、もっとモノを選ぶ目があればよかったのですが、本当に数々の失敗をしてしまいました。 もちろん、安いもので妥協して、結局後悔するよりはいいのかなとも思いますが、もっと深く考えればよかったと思います。 私の場合、「使う愉しみ」より「所有する満足」の方を優先してしまっていたのが、失敗の原因でした。 品質の高い良質なものを大切に使うというポリシーはとても素晴らしいですし、私もそうしたいとはと思いますが、そのモノが自分に取って本当に必要なものか、ただの虚栄心や所有欲のために欲しいと思っているのか、よく見極めた方がいいです。 私も、これから先の人生は、「今、必要か」をめやすに、自分が気に入って使えるものを買っていこうと思います。 今回は「一生もの」の買い物について、私の経験を書いてみました。 参考にしていただければうれしいです。 お読みいただき、ありがとうございます。 アラカン主婦の霜月でした。 霜月雑想: ようやく全国的に緊急事態宣言が解除されました。 まだまだ安心はできませんが、このまま収束してほしいと願うばかりです。 私も母の介護で東京に行くことが多いので、自分が感染しないよう、人に感染させないように気をつけたいです。 コロナが一番厳しい時期でも、認知症の母を預かってくれたデイサービスのスタッフの皆さんや、一人暮らしの母を見守ってくださったケアマネさんには、ただただ感謝しかありません。 最近、症状が進んで、いつまで一人で暮らせるかわからない状態なのですが、母が少しでも長く自立して暮らせるよう、私もサポートを続けたいと思っています。 母と一緒に劇場に足を運ぶことができる日が、また来ますように。

次の