マキオン 機体。 【続報】 マキシブーストON(マキオン)家庭版(PS4)追加機体と最新情報!

家庭用マキオン先行体験版

マキオン 機体

マキブオンをプレイしていると初心者の方をよく見かけます。 そこで、今回は初心者が心掛けておくとある程度戦えるポイントについて書こうと思います。 下記のサイトで機体の変更点や特徴を把握するといいでしょう。 atwiki. 初心者の方はEを選択するといいでしょう。 E覚醒が一番逃げに強い覚醒のため、 初心者にありがちな 「集中攻撃されて体力調整と戦線が崩壊して敗北」 というパターンを防ぎやすいからです。 また、「半覚醒で受け身を取れる」という特性はどの機体でも強く、 E覚醒と相性の悪い機体がほとんどないことも理由の一つです。 F,Sも強いのですが、使う場合コンセプトをはっきり決めてから選択しましょう。 下記に簡単に覚醒の特徴を紹介します。 ・F覚醒 格闘攻撃補正+10% 防御補正+15% 半覚時ブーストゲージ回復75% 射撃から格闘キャンセルが可能になる 格闘の伸びがアップ ブーストゲージ回復量が多く、格闘の伸びアップも合わさり、 一部の格闘機ではE覚醒よりもF覚醒の方が人気が高いです。 しかし、覚醒時に格闘を振ることはやはりリスクがあるため、 初心者の方はまずE覚醒で基本の射撃戦を覚えてほしいというのが本音です。 しかし、一番ブーストゲージ回復量が少ない覚醒なので、逃げに使い辛いです。 また、使ってみればわかるのですが、射撃連射はある程度距離が近くないと機能しづらく、 覚醒時のブースト回復が少ないことも相まって、チャンスを見極める必要があります。 生存を第一に求められる初心者には向いていない覚醒だと思っています。 ・E覚醒 攻撃補正なし 防御補正+25% 半覚時ブーストゲージ回復40%(受け身時は50%回復) 半覚醒でも被弾時に発動可能(被弾時発動は覚醒時間が半分に減少) 半覚醒でも受け身が可能で、通常発動でもブーストが40%回復するためどちらも有用です。 守りに特化した覚醒のため、まずはこれで「とりあえず半覚醒」を覚えてほしいです。 【絶対に半覚醒する】 このゲームでは覚醒ゲージが50%を超えた時点で覚醒が使えます。 (これを半覚醒といいます) 初心者の方は絶対に半覚醒しましょう。 というのも、「覚醒すること」には以下のメリットがあるからです。 ・ブーストゲージ回復 ・弾薬補給 ・相手側は覚醒した機体を見ざるを得ないため、一時的に戦線構築が容易になる ちなみにこのゲームでは前衛を務める機体であれば、覚醒はほぼ間違いなく2回使えます。 2回ブーストゲージと弾薬の補給ができるため、初心者は必ず半覚醒しましょう。 (慣れてくると使うべきタイミングが分かってくるのですが、 分からなければとりあえず覚醒して射撃戦をすればいいと思います) ちなみにお勧めしているE覚醒は半覚でも受け身ができますが、 受け身でも通常発動でもどちらでも構いません。 溜まったらとりあえず使いましょう。 使わない場合、相手から 「覚醒の使い方がわかっていないプレイヤー」とみなされ、 集中攻撃されて戦線が崩壊することが多いです。 【回避方法を覚える】 上述したように、初心者の方はまずは回避方法を覚えましょう。 といいますのも、 攻撃を当てても耐久を凄まじい勢いで減らしていくような動きより、 攻撃を当てられなくても耐久を減らしにくい動きの方がはるかに連携を取りやすいからです。 まずは旋回、ステキャン、慣性ジャンプを覚えましょう。 こちらの記事にまとめてありますので、参考にして下さい。 【お勧め機体】 現状では下記の2500コストをお勧めします。 2500コストですと、シャフで使ってもコスト事故が発生しづらいです。 メイン、CS、特射などの射撃武装が単純に優秀で、複雑な操作も必要ありません。 落下速度も良好で、単純な着地取り合戦も得意です。 特格の強化モード時は時間の短さから焦りがちですが、 下手に突撃せず冷静にメインで攻めた方がいいことが多いことには注意しましょう。 ・ガンダム試作3号機 サブのばらまき、照射ビームの押し付けが強い機体です。 弾幕を張りやすいのがポイントで、それ自体が強行動なので初心者にも使いやすいです。 (CSはレバーを後ろに倒すと足を止めるビームになるので注意しましょう) 特射は少し癖があり無理に使うと被弾する恐れがあります。 最初は自分の安全を確保しつつ、遠距離の着地に合わせて撃ってみるといいでしょう。 (近接の横移動も取れますが被弾リスクもあります。 初心者の方はまずは被弾を避けること第一で考えて下さい。 各種武装はどれもが自衛に向いており、生存を求められる初心者にオススメできます。 非常に判定の大きい特射も強力で「近接ではまずこれを使えばいい」武装であり、 ある意味初心者にとってはやることがシンプルで分かりやすいです。 メインがマシンガン武装のため、若干癖があることには注意しましょう。 【かつてのお勧め機体】 アップデート前の環境でお勧めだった機体です。 現状でも決して悪い性能ではない(むしろ全機体を通してみると強い方)なのですが、 他の機体の強化もあり、相対的に地位を落としています。 ・Gセルフ まずは宇宙パック(通常形態)で立ち回り、メイン、サブ、特格で射撃戦。 自衛には後格闘。 ロックが離れたらアサルトパック(変形)でサブ、特射を撃ってみるといいでしょう。 アサルトパック時は特格でパック排除ができます。 通常の変形解除よりも安全です。 リフレクターパックは機動性にやや難点があり、最初は無理に使わなくてもいいでしょう。 慣れてきたら、リフレクターパックのサブ(照射ビーム)で相手の着地を取ったり、 特格(大気圏突入)で追われている状況をしのいだりできるとさらに良いです。 ・ZZガンダム 機体の挙動が素直で動かしやすく、射撃武装の判定が太くて当てやすいです。 まずはCSをばらまきつつメインやサブで着地取り。 慣れてきたら特射の押し付け、着地取りも覚えられるといいでしょう。 変形中の武装も強く、変形してサブを撒いてみるのもいいでしょう。 ・アリオスガンダム 機動性がよく、メイン、サブ、CSと優秀な武装が多いです。 慣れないうちは変形は無理に使わず、特射での緊急離脱のみに留めてもいいでしょう。 アップデートによりMS時の機動性が低下し立ち回り辛くなりました。 元々のやや火力が低めな弱点に加え、至近距離に潜り込まれると択が少ない弱点が目立ち、 現在は少々扱いが難しい機体となっています。 (戦果をあげるためには、キャンセルルートを利用したあがきや、 変形照射を狙う必要が出てきているので、少々難しい動きが必要になります) ・パーフェクトストライクガンダム 変形がなく、落下テクニックもないため、素直に動かせる機体です。 特格の誘導性が強く、ばら撒けばある程度の命中を期待できます。 また、格闘性能も良好で特にN格の性能が非常に優秀です。 「近寄られたらとりあえずN格」と言えるほど単純かつ強力な格闘を持つので、 そういった意味でも初心者に扱いやすいかと思います。 ただし、「扱いやすい」だけで「総合性能」は他機体に劣ることには注意です。 簡単には判断できませんが、ヴァサもプロビもポテンシャルはそう変わらないと思います。 ただ、プロビの方が「とりあえず使えば機能する」武装が多いため、 初心者の方なら使いやすく、強く感じるでしょう。 プロビのサブも特格も、使った後は自動的に狙いをつけてくれますから。 一方ヴァサはサブや特射を「狙いを定めて撃つ」必要があります。 サブなら「相手の着地後の左右移動を読んで、レバサブを置く」 特射なら「自機からロックが外れた時に、特射の射線を置く」 などしなければ簡単に回避されますからね。 ヴァサで勝ちたいなら、レバサブによる左右移動狩りと 特射による闇討ちをどれだけ当てられるかが大切で、 慣れがかなり必要になります。

次の

称号

マキオン 機体

バンダイナムコアミューズメントは、1月21日に放送された「『機動戦士ガンダムEXVS. シリーズ』特別番組」にて、今年で稼働開始10周年となる 『機動戦士ガンダムEXVS. 』シリーズの様々な最新情報を公開しました。 本記事では、PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』の詳細をメインに、アーケードタイトル『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』の最新アップデート情報やアーケード版最新作のティザーPVなど、公開された情報をまとめてお届けします。 マキシブーストON』2020年発売! 2016年にアーケード版で稼働開始した『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』が、PS4で2020年に発売決定しました。 番組内では、本作の参戦機体数や開発、ゲームバランスなどについて紹介されましたので、それらをまとめてご紹介します。 アーケード版時はモバイル会員限定で使えたエクストラ機体も、ソフト購入時から使用可能です。 使用できない雑魚敵やボス敵も含めれば300機体以上が参戦となります。 なお、ステージもアーケード版同様のものが使用可能です。 アーケード版と同じ雰囲気かつ、PS4への最適化によるより良い環境で楽しめるよう開発を進めているそうです。 画質もHDからフルHDにパワーアップ。 マキシブーストON』の最終バージョンが移植となります。 アップデートについても、基本は行われない方針です。 マキシブーストON』の最終バージョンでしっかり遊べることが大事と考えており、DLCは現状あまり考えていないとのこと。 ただ、「何かしらの形でユーザーの方々に楽しんでいただきたいというのはある」とのコメントもありました。 マキシブーストON』が「台北ゲームショウ2020」に出展! 台湾で2月6日~2月9日開催予定の「台北ゲームショウ2020」に、PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキシブーストON』の試遊台出展が決定しました。 2月7日15:00~15:40(日本時間)にはスペシャルステージも予定。 スペシャルゲストとして声優の佐藤拓也さん(ビルドファイターズA-Rのメイジン・カワグチ役、Gのレコンギスタのマスク役)も登壇予定です。 Youtubeで生配信も予定されていますので、楽しみに待ちましょう。 』シリーズ最新情報 現在好評稼働中のアーケードタイトル『機動戦士ガンダム エクストリームバーサス2』の最新アップデート情報や、アーケード版最新作のティザーPVが公開されました。 詳細は下記関連記事をご確認ください。

次の

マキブonランク!マキブオン強機体ウイングガンダムゼロの強さと対策

マキオン 機体

マキオン体験会スレ一 - 二次元裏@ふたば [] レス送信モード おなまえ E-mail 題 名 コメント 添付File [ 画像なし] 削除キー 削除用. 英数字で8字以内• 添付可能:GIF,JPG,PNG,WEBM,MP4. 3000KBまで. 現在3006人くらいが見てます. メール欄に「ip表示」と入れてスレッドを立てるとスレッド全部をip表示にできます. 政治はだめ. 同人関連のアップロード依頼はだめ. delが閾値を超えるとid表示. 管理人への連絡は へ. 削除依頼は記事番号を押し delを押して下さい. この板の保存数は35000件です. 新しい板:• 748901678 01:41頃消えます マキオン体験会スレ 一般開放日 このスレは古いので、もうすぐ消えます。 削除された記事が 32件あります. 748906442 一々名前出さなくて良くない?

次の