ラジエーションハウス 2話 ネタバレ。 『ラジエーションハウス』最新話のネタバレ【73、74、75話】

『ラジエーションハウス』最新話のネタバレ【70、71、72話】

ラジエーションハウス 2話 ネタバレ

『ラジエーションハウス』前話 78 話のあらすじは・・・ 唯織は写真を見比べる事により、上田が『脳脊髄液減少症』である可能性が高いと判断。 しかし、それの検査の一つ『IR脳槽シンチグラフィー』を行うためにはアイソトープ(放射性同位元素)を体内に注射する必要がある…。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 検査を受ける決意をする上田 杏はアイソトープ(放射性同位体)を体内に注入して行う検査だと言う。 だが上田本人にとって重要なのはそれではない。 脳脊髄液減少症だと確定したら治療法があるのか、それだけだ。 検査の説明で上田夫人の不安を拭う 続いて、上田夫人に納得してもらうために説明を行う。 体内の被ばくが気になるが、それは長くても1週間で排泄される。 あくまで健康に影響のない被ばく量だ。 それから検査の必要性についてしっかり説明する。 まず、脳脊髄液減少症という病気についての説明をする。 『IR脳槽シンチグラフィー』という検査は体内の放射線の流れを観察し、髄液漏れの有無とその場所を探る事が出来る。 また、『MRミエログラフィー』の検査結果と組み合わせれば診断の確実性は上昇する。 放射線の単位『シーベルト』などの説明も交えた説明は終わった。 ラジエーションハウス内では唯織・杏がメンバーと協力して準備を進めていく。 杏と辻村に感謝する上田 そして、上田の検査が始まった。 注射針で放射性同位体を注入、結果を測定する…。 その結果は、髄液漏れを起こしている部分が確認でき、上田が脳脊髄液減少症である事が確定した…。 その後、杏と辻村は専門医の元でブラッドパッチを受けるよう案内する。 ブラッドパッチは患者自身の血液を脊椎などに注入し、血液の凝固性を利用して穴を塞ぐ治療法だ。 プロのアスリートとして回復するまでは難しいかもしれないが、可能性は0ではない…! それを聞いた上田はその場で頭を下げ、感謝の言葉を述べる…! 辻村は「いえ…」と言う。 そう、今回は辻村は自分が何の役にも立たなかった事を実感。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 残念ながら上田が復帰できる可能性は難しい部分があります。 上田が一生懸命積み上げてきた事を考えると、これはかなり悲しい事です…。 しかし、可能性は0ではありません…!! まともに練習すら出来ない状態になっていた上田にとっては、それだけでも相当嬉しい事でしょう…!! 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 自分ではどうする事も出来なかった事を、この2人はやってくれました。 これは、辻村が唯織が杏と息がピッタリでお似合いだという事を認めるという事でしょうか? あるいは何か別の感情があるのでしょうか? ……気になりますね。 無料ポイントと無料期間で今すぐ読みたい方はこちらから。 をお送りしました。 漫画を読むならeBookJapan【背表紙が見やすい!】 まるで本屋で本を捜すように背表紙で本を探せますよ。 やっぱりビジュアルって大事! 登録無料で月額料金不要。 しかも登録するだけで半額クーポンが貰える。 詳しくは上記から公式をご確認ください。

次の

『ラジエーションハウス』第82話のネタバレ&最新話。帰省した広瀬

ラジエーションハウス 2話 ネタバレ

ラジエーションハウス71話までのあらすじは!? 杏ちゃんは小学校で昔のことを思い出し、そしてその帰り際犬を探す子供と遭遇します。 一方河川敷でタブレットとAIを相手にする伊織。 そのまま河川敷まで犬のゲンちゃんを探し歩く杏。 ゲンちゃんは唯織に抱えられていました。 そして……その瞬間に脳裏にはある言葉を話す少年が浮かび上がりました。 「アンちゃんが放射線科医になって、僕は放射線技師としてそのお手伝いをする」 杏の記憶が戻った瞬間でした。 『ラジエーションハウス』原作・横幕智裕 漫画・モリタイシ 第4巻、発売4日で重版決定!! 昨年6月の1巻発売から1年2ヶ月で、4冊合わせて18刷!! 読者の皆様の応援があってこそです。 本当にありがとうございます!(コミック担当・S — グランドジャンプ GrandJump モリタイシさんの絵がうまいんでしょうね。 ラジエーションハウス72話のネタバレ! 思い出した記憶! 昔の記憶……幼き杏が唯織は技師として自分のお手伝いをするという約束。 杏は見事に思い出したのです。 「そのために僕は甘春病院に来たんです」 そして現在。 唯織と杏は10年以上の月日を経て、大人になって再び約束の場所で対面したのです。 ドラマ版ではすっ飛ばされていたこの過程を見事に描いたのは、やはり担当編集との打ち合わせがうまくいったからでしょう。 杏はその唯織の言葉と昔の記憶と約束に衝撃を受ける。 まるで強烈な風の衝撃に押されているかのような気分である。 目から涙が滲みながら、言葉を漏らす杏。 その杏に対し唯織は「…って、いきなり何のことだか分からないですよね…」と申し訳なさそうに伝えます。 杏の目に写っている唯織。 そう、彼こそは幼き日にたくさん遊んだあの男の子が大人になったのです。 ようやく縮まった二人の距離。 そう、 久保田唯織の姿が、成長して 五十嵐唯織となっていくのが杏の頭の中でしっかりと結びついたのです。 そして、子供の頃の自分の目指していた夢、その夢の為に協力してほしいと約束を交わした唯織、唯織と一緒に過ごしてきた日々の数々の思い出が再生されていく。 「イオリ…五十嵐さん…あの…イオリなの?クボタ…イオリ?」 杏に質問され、段々訝しむような表情をしていた唯織は、コクコクと頷きます。 「そっ…そうです!!両親の離婚で今は母親の旧姓の五十嵐ですが…!」と言い、医師免許を取得したのは、その方がより杏の力になれると思ったからだと伝える。 「わざわざ…そんな昔の…子供の時の約束の為に…?」 唯織は杏のその質問に対し、力強く「はい!」と答える。 それを聞いた杏は肩を落とす。 「そんな…だって普通そんな人…いないですよ…そんなの…」言葉にこもる杏。 しまいには「バカなんじゃないですかっ…」とまで。 ただ、これまでの杏と唯織の距離。 子供の頃に別れ、甘春総合病院に唯織が入り、そしてそれから今となってようやく二人の距離はゼロになったのです。 喜びと悲しみ 杏はその間にも一切連絡を取り合ってなどいなかったのに。 その上、自分が放射線科医にならなかった場合などを考える事は無かったのかとも…。 唯織は「それは…」と一置きしてからこう答えます。 「考えたことなかったです。 とにかく僕はアンちゃんにとって最高の放射線技師になるって思いだけで来たんで…」 杏はなおも反論しようと顔を赤くしながら「で、でも…」と言う。 そう、唯織ほどの優秀な人なら医師として働いた方がより多くの患者を救えるのではないのか、と。 「僕はそうは思いません。 だって、アンちゃんが一番初めに僕に教えてくれたんですよ。 放射線科医の仕事には放射線技師の力が必要だって」 唯織は技師と科医がひとつのチームとして、それぞれが最高の仕事をする事によって多くの患者を救えると考えている。 「……そうですね」 そして杏は、唯織に「ありがとうございます」と礼を言う。 だが…… 「でもだったら、もっと早く本当の事を教えてくれていれば…」 気づかなかった私自身も失礼ですが…と前置きする。 「それは……」 唯織の脳裏に浮かんでいたものは、地に落ちた片方の靴。 喜びの後に来る悲しみ。 ついに…弟の記憶が!?.

次の

ラジハ 2話のネタバレ感想と3話あらすじ!【ドラマ|ラジエーションハウス】

ラジエーションハウス 2話 ネタバレ

【ラジエーションハウス】2話の視聴率 【ラジエーションハウス】2話の視聴率は12. 前回から0. 3%ダウンとなりましたが、キープを続けています。 【ラジエーションハウス】2話のあらすじとネタバレ ~【ラジエーションハウス】2話のあらすじ~ 唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院院長の 渚(和久井映見)から、放射線科医として働く気はないのか、と問われる。 しかし唯織は、医師免許を取ったのは放射線技師として働く上で病気について深く知った方が良いと思ったからだと言って断る。 放射線科医とタッグを組めば最高の診断ができるはず、と続ける唯織。 その思いを受け止めた渚は、技師として働く以上、周囲に医者であることがばれないように、と釘を刺さした。 ラジエーションハウスの技師長・ 小野寺(遠藤憲一)は、妻から離婚を突きつけられていたが、それを拒否し続けていた。 膝の痛みを訴える少年・健太郎(石田星空)のレントゲン撮影を行った際、離婚したら会えなくなるかもしれない息子のことを思い出す小野寺。 辻村(鈴木伸之)とともに健太郎のレントゲン画像の読影をした 杏(本田翼)は、成長痛の可能性があるとしてしばらく経過を見ることにする。 一方、唯織と 裕乃(広瀬アリス)は、MRI検査にもかかわらず携帯電話を手放そうとしない富恵(宮田早苗)に手を焼く。 閉所恐怖症だという富恵は、携帯電話に保存してある愛犬の写真を見せ、一緒じゃなければ入れない、と騒ぎ立てた。 そのとき唯織は、かつて杏が捨て犬の手当てをしたことを思い出す。 杏がそのときのことを覚えていれば、自分のことも思い出すかもしれないと考える唯織。 富恵は、威能(丸山智己)の機転によって無事にMRI検査を終える。 ところが、その間に表につないであった富恵の愛犬が逃げてしまうトラブルが発生。 唯織は、後を追って無事捕獲したものの、犬を連れ去ったと疑われ、部長の 鏑木(浅野和之)から叱責される。 実は富恵は、鏑木が研究費を支援してもらっている金田製薬の会長夫人だった。 健太郎に会った杏は、成長痛のことを話し、心配しないよう伝える。 そこで健太郎は、母子家庭で、仕事ばかりしている母・美佐子(中越典子)に構ってほしくて大げさに痛がったことを打ち明けた。 杏は、そんな健太郎に「お母さんはどんなに忙しくても、健太郎くんのことを一番大事に思っているはず」と話す。 検査を終えた健太郎は、美佐子とともに病院を出てバスを待っていた。 ところがそこで、美佐子が激しい腹痛に襲われて倒れ……。 ~【ラジエーションハウス】2話のネタバレ~ 美佐子の腹部レントゲンには特に目立った所見はなかったが、美佐子を見たことがあるという小野寺から以前に「副腎皮質ガン」の治療を受けていたことを聞いた唯織は、美佐子にCT検査を受けるよう話す。 その結果も明らかな再発所見は見られなかったが、しばらく入院することに。 唯織が健太郎の元に向かうと、ずっとそばにいてくれた男の子が小野寺の息子・大樹 田中奏生 であることが分かり、ラジエーションハウスに案内するが小野寺は一服に出ていていなかった。 大樹は離婚届を持ってきていて、ちゃんと書くようにと置いていくがたまき 山口紗弥加 から「自分で渡しな」と返され、再び離婚届を置くためラジエーションハウスに潜入。 そして、健太郎について何かに気付いた唯織がレントゲン写真をフィルムに印刷し観察、予約の脳ドックの予定を遅らせてもう一度健太郎の膝のレントゲンを撮りたいと話した。 しかし、その脳ドックの予約は金田製薬会長で、そのあとの予約もいっぱい。 小野寺は準備しておくように指示し、鏑木に頭を下げに行くが許可はされず、杏に声をかけられる。 健太郎のレントゲン造影を開始した唯織達だったが、金田会長から鏑木に連絡が入り苦情を受け「今すぐやめろ」と止められた。 小野寺「責任なら私が取ります」 鏑木は医師からのオーダーもなしに行ったことを問い詰めるが、そこに杏がやって来て健太郎のレントゲンをオーダー。 レントゲンの結果は、水成分の多い病変「骨肉腫」だった。 美佐子がガン家系であることと小野寺が撮ったレントゲン写真から予測したという唯織。 杏は美佐子に報告し、2人のサポートと早期治療に努めることを約束した。 ラジエーションハウスに戻った小野寺は大樹と会い、離婚届を受け取る。 ロビーで待ってると言う大樹が去った後、小野寺は「夫婦はこんな紙切れ一枚でスパッと別れられるが病気はそういかない」と話し始めたが、それに対する唯織からの言葉を聞き、離婚届にサインした。 大樹に離婚届を渡し去る小野寺。 離婚届を開くとそこには「離婚なんてするかよ、ばーか」の文字があった。 その後、唯織は杏について渚から話を聞くと、父は放射線科医で本来は兄が病院を継ぐ予定だったという。 しかし杏の兄は20年以上前に犬を助けるため工事現場に入ったところ、足場が崩れたことによる事故で亡くなった。 杏が昔の話をしないことはこれらが関係していると思われ、渚からは「大目に見てあげてね」と言われる唯織。 杏ちゃん、無理に思い出すことなんてない。 僕がこの世で一番尊敬している医師はずっと、杏ちゃんだけだから。 こういう役多いイメージある。 とりあえず好きです。 このドラマの凄いところは難病を治せる医者がいない事。 現実はそんなもんですね。 でも難病を見つける事はできる。 窪田正孝の能力の賜物だが、周りを見守る人が優しいのが特徴。 特に遠藤憲一がいい。 難病は患者に寄り添いながら粛々と治療する。 凄く現実的で感心する。 — nakamori akira AkiraAkiraNaka 今回は、技師長を演じる遠藤憲一さんが主となるストーリーで、テーマは「親子」だったのではないでしょうか? それぞれの親子の関係を描き、エンケンさんの役柄には好印象な感想がたくさん書かれていました! ちゃらんぽらんのように見えて、しかし、しっかりと部下たちを導いていく、素敵なお父さんを演じられていましたね。 次回は山口紗弥加さん演じる黒羽たまきがメインとなりそうです。

次の