バブルチャートと円グラフの複合グラフ。 エクセル 複合グラフの作り方

【エクセル】バブルチャート上で重複するバブルをどちらも表示する方法

バブルチャートと円グラフの複合グラフ

Q 以下、お助けいただけたら幸いです!! バブルチャートの色を変えるマクロに悩んでおります。 具体的にコードをどうしたらいいのか 歯が立ちません。 全角スペースは半角に変換ください Sub PntClr Dim l As Long Dim NoPnt As Integer Dim CI As Integer Application. Points. Points l. Interior. ディズニーランドの入場者数と各人が購入したおみやげの個数を月別に バブルグラフで表したいと思います。 つまり、横軸に月、縦軸におみやげの個数、バブルの大きさで縦横軸に該当する 入場者数を表したいのです。 実際に以下のように表を作ってみました。 行1に月、列Aにおみやげの個数、各セルに入場者数を入力 しかし結果として 横軸におみやげ個数、縦軸に入場者数、バブルの大きさも入場者数 凡例が月になってしまいました。 どのように表を書くと 「横軸に月、縦軸におみやげの個数、バブルの大きさで縦横軸に該当する 入場者数を表す」事ができますか? ご存じの方お教えください。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 第3のデータが必要です。 下記URLのページをご参照下さい。 synapse. microsoft. google. そもそもグラフの概念が違います。 散布図は変数領域に対するもう一方の変数の領域を見るためのグラフです。 主に物の寸法バラツキに対する、出力される数値などの相関性を見るために使用するので、要素は全て変数なんです。 質問内容のグラフは、モノに対する物量をあらわすという考え方がありますので、X軸は必然的に固有名詞になります。 この場合、散布図ではなく折れ線グラフで表すのが普通ですね。 (2軸の折線でなくても可能) Y軸要素が2つまでなら、Y1軸とY2軸に分けて要素振り分けが可能です。 3つ以上ですと、EXCELでは不可能でしょう。 また、X軸の名称は同列の高い順に並びますので、連続性がある場合は、グラフの元データは上から順番に記入していかなくてはなりません。 Q 散布図で分散の傾向を見ているのですが、同じ(X,Y)が何度も出現しており、ポイントが重なる点を立体的に山高く視覚的に表現し たいと考えています。 良い方法があれば教えてください。 データとして X,Y 13,209 11,211 9,213 7,215 5,217 3,219 1,221 0,224 0,224 0,224 0,224 0,224 …… のようにあり、0,244を高く表現したいという感じです。 データ数が多く自力でカウントするには大変です。 Excel2007は手元にありますので、Excelかその他のソフト、もしくはjava言語でのプログラムで解決できると助かります。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー データをマトリックスで表すことで,等高線グラフを用いて立体的に表すことができますよ。 行にX,列にY,度数としてZを書き込んだ表をエクセルで作成します。 tacchonさんのデータを例に取りますと,データを表す X, Y に度数を表すZを加えて, 209 211 213 215 217 219 221 224 13 1 11 1 9 1 7 1 5 1 3 1 1 1 0 5 これを全部選択して,3Dの等高線を選べば3次元表示になるはずです。 また,kgu-2さんが書かれておられますが,エクセル2007ですとバブルで表現ができますよ 他のバージョンは未確認。 tacchonさんのデータを例に取りますと,データを表す X, Y に度数を表すZを加えて X, Y, Z 13, 209, 1 11, 211, 1 9, 213, 1 7, 215, 1 5, 217, 1 3, 219, 1 1, 221, 1 0, 224, 5 といった表をつくり, X,Y に対して散布図をまず作成し,グラフの種類の変更でバブルを選択してZの列をサイズとして指定することで,散布図のマーカーの大きさがZの値に依存したグラフをつくることができるはずです。 データをマトリックスで表すことで,等高線グラフを用いて立体的に表すことができますよ。 行にX,列にY,度数としてZを書き込んだ表をエクセルで作成します。 tacchonさんのデータを例に取りますと,データを表す X, Y に度数を表すZを加えて, 209 211 213 215 217 219 221 224 13 1 11 1 9 1 7 1 5 1 3 1 1 1 0... A ベストアンサー 1です。 補足ありがとうございます。 実際にやってみると確かに面倒な作業ですね --;。 バブルチャート自体も他のグラフとちょっ勝手が異なるのでなお更でした。 色々試してみましたが、(私が試した範囲では)現在のデータの並びでは7-samurai様が行っていらっしゃる手法以外はないと思われます(違っていたら申し訳ありません)。 グラフ作成用のデータシート(仮にSheet2)を別に用意し、sheet1(元のデータ)へのセル参照を用いてデータの並べ替えを行った上でグラフ描画をすればいくらかは楽になると思います(もっともSheet2の作成作業が発生してしまうので本末転倒かも)。 系列名1 X値1 Y値1 バブル1 系列名2 X値2 Y値2 バブル2 系列名3 X値3 Y値3 バブル3 としておいて系列名1でバブルチャート作成後に系列名2のデータをグラフ上へドロップ~を繰り返せば範囲指定作業はいくらか早いです。 Q エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。 両者の違いが良くわかりません。 宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。 (例) セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3. 89444、STDEVPでは3. 741657となります。 また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る 182 、これをデータの個数13で割る 14 、この平方根を取ると3. 741657となります。 では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。 A ベストアンサー データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。 また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。 で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。 公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。 まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。 AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

次の

エクセル バブルチャートの作り方

バブルチャートと円グラフの複合グラフ

複合グラフの作り方• 近似曲線を追加する• 凡例の順番を入れ替える 複合グラフの作り方 棒グラフと折れ線グラフを組み合わせる例を紹介します。 他のグラフの組み合わせ方も同じ方法でできます。 グラフにする [データ] を範囲選択します。 グラフによって見出しを含めるかが変わります。 [挿入] タブをクリックし、グラフグループにある [おすすめグラフ] をクリックします。 [すべてのグラフ] タブをクリックし [組み合わせ] からグラフの種類に [集合縦棒] と [折れ線] を選択します。 折れ線には [第 2 軸] にチェックをして [OK] をクリックします。 棒グラフと折れ線グラフを組み合わた複合グラフが作成されます。 第 2 軸にすると折れ線グラフ用の軸が右側に表示されます。 後から複合グラフにする 既に作成されているグラフを複合グラフにするには、グラフを選択した状態で [デザイン] タブをクリックし、種類グループにある [グラフの種類の変更] をクリックします。 後は上記同じ方法でできます。 スポンサーリンク この操作を繰り返すと何本も追加できます。 種類や書式を変更する [近似曲線] を右クリックして [近似曲線の書式設定] をクリックします。 ここから種類を変更できます。 移動平均の区間を 5 にすれば「5 日間移動平均」になります。 凡例の順番を入れ替える 複合グラフでは凡例に表示される項目の順番がグラフの種類によって決まっています。 同じ種類のグラフの中で順番を変更できます。 次のグラフのエクセルを 1 番下に、合計を 1 番上に変更します。 グラフを選択した状態で [デザイン] タブをクリックし、データグループにある [データの選択] をクリックします。 同じグラフの中でエクセルが 1 番下に、合計が 1 番上に表示されます。

次の

Excelデータ分析の基本ワザ (38) 意外と難しい!?バブルチャートの作成

バブルチャートと円グラフの複合グラフ

Q 以下、お助けいただけたら幸いです!! バブルチャートの色を変えるマクロに悩んでおります。 具体的にコードをどうしたらいいのか 歯が立ちません。 全角スペースは半角に変換ください Sub PntClr Dim l As Long Dim NoPnt As Integer Dim CI As Integer Application. Points. Points l. Interior. ディズニーランドの入場者数と各人が購入したおみやげの個数を月別に バブルグラフで表したいと思います。 つまり、横軸に月、縦軸におみやげの個数、バブルの大きさで縦横軸に該当する 入場者数を表したいのです。 実際に以下のように表を作ってみました。 行1に月、列Aにおみやげの個数、各セルに入場者数を入力 しかし結果として 横軸におみやげ個数、縦軸に入場者数、バブルの大きさも入場者数 凡例が月になってしまいました。 どのように表を書くと 「横軸に月、縦軸におみやげの個数、バブルの大きさで縦横軸に該当する 入場者数を表す」事ができますか? ご存じの方お教えください。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 第3のデータが必要です。 下記URLのページをご参照下さい。 synapse. microsoft. google. そもそもグラフの概念が違います。 散布図は変数領域に対するもう一方の変数の領域を見るためのグラフです。 主に物の寸法バラツキに対する、出力される数値などの相関性を見るために使用するので、要素は全て変数なんです。 質問内容のグラフは、モノに対する物量をあらわすという考え方がありますので、X軸は必然的に固有名詞になります。 この場合、散布図ではなく折れ線グラフで表すのが普通ですね。 (2軸の折線でなくても可能) Y軸要素が2つまでなら、Y1軸とY2軸に分けて要素振り分けが可能です。 3つ以上ですと、EXCELでは不可能でしょう。 また、X軸の名称は同列の高い順に並びますので、連続性がある場合は、グラフの元データは上から順番に記入していかなくてはなりません。 Q 散布図で分散の傾向を見ているのですが、同じ(X,Y)が何度も出現しており、ポイントが重なる点を立体的に山高く視覚的に表現し たいと考えています。 良い方法があれば教えてください。 データとして X,Y 13,209 11,211 9,213 7,215 5,217 3,219 1,221 0,224 0,224 0,224 0,224 0,224 …… のようにあり、0,244を高く表現したいという感じです。 データ数が多く自力でカウントするには大変です。 Excel2007は手元にありますので、Excelかその他のソフト、もしくはjava言語でのプログラムで解決できると助かります。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー データをマトリックスで表すことで,等高線グラフを用いて立体的に表すことができますよ。 行にX,列にY,度数としてZを書き込んだ表をエクセルで作成します。 tacchonさんのデータを例に取りますと,データを表す X, Y に度数を表すZを加えて, 209 211 213 215 217 219 221 224 13 1 11 1 9 1 7 1 5 1 3 1 1 1 0 5 これを全部選択して,3Dの等高線を選べば3次元表示になるはずです。 また,kgu-2さんが書かれておられますが,エクセル2007ですとバブルで表現ができますよ 他のバージョンは未確認。 tacchonさんのデータを例に取りますと,データを表す X, Y に度数を表すZを加えて X, Y, Z 13, 209, 1 11, 211, 1 9, 213, 1 7, 215, 1 5, 217, 1 3, 219, 1 1, 221, 1 0, 224, 5 といった表をつくり, X,Y に対して散布図をまず作成し,グラフの種類の変更でバブルを選択してZの列をサイズとして指定することで,散布図のマーカーの大きさがZの値に依存したグラフをつくることができるはずです。 データをマトリックスで表すことで,等高線グラフを用いて立体的に表すことができますよ。 行にX,列にY,度数としてZを書き込んだ表をエクセルで作成します。 tacchonさんのデータを例に取りますと,データを表す X, Y に度数を表すZを加えて, 209 211 213 215 217 219 221 224 13 1 11 1 9 1 7 1 5 1 3 1 1 1 0... A ベストアンサー 1です。 補足ありがとうございます。 実際にやってみると確かに面倒な作業ですね --;。 バブルチャート自体も他のグラフとちょっ勝手が異なるのでなお更でした。 色々試してみましたが、(私が試した範囲では)現在のデータの並びでは7-samurai様が行っていらっしゃる手法以外はないと思われます(違っていたら申し訳ありません)。 グラフ作成用のデータシート(仮にSheet2)を別に用意し、sheet1(元のデータ)へのセル参照を用いてデータの並べ替えを行った上でグラフ描画をすればいくらかは楽になると思います(もっともSheet2の作成作業が発生してしまうので本末転倒かも)。 系列名1 X値1 Y値1 バブル1 系列名2 X値2 Y値2 バブル2 系列名3 X値3 Y値3 バブル3 としておいて系列名1でバブルチャート作成後に系列名2のデータをグラフ上へドロップ~を繰り返せば範囲指定作業はいくらか早いです。 Q エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。 両者の違いが良くわかりません。 宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。 (例) セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3. 89444、STDEVPでは3. 741657となります。 また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る 182 、これをデータの個数13で割る 14 、この平方根を取ると3. 741657となります。 では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。 A ベストアンサー データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。 また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。 で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。 公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。 まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。 AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

次の