ご教示ありがとうございます。 「ご教示」「ご教授」の意味とビジネス時の「教えて」を表す敬語と例文

「教えてくれてありがとう」の敬語表現・使い方・別の敬語表現例

ご教示ありがとうございます

「ご教授」の意味 「ご教授」の意味は「教え授かる」 「ご教授(ごきょうじゅ)」とは「教え授(さず)かる」という意味があり、主に学問や技芸を長期間教わる場面で使われます。 接頭語の「御(ご)」がついた丁寧な言葉であるため、上司や取引先の担当者など目上の人へ使えます。 「ご教授ください」は教えを求める表現 「ご教授」を使った言い回しのひとつが「ご教授ください」です。 目上の相手に、学問や技芸を教わるシーンで「ご教授ください」が使えます。 「ご教授ください」という言葉単体で使うこともできますが、多くの場合が「お願いします」と合わせて使います。 「ご教授ください」だけでも意味は通じるのですが、あくまで教えてもらう立場であることを忘れずに丁寧なお願いを心掛けることが大切です。 例えば「ご教授くださいますようお願い致します」や「ご教授くださいますよう、よろしくお願い申し上げます」など、丁寧な言い回しをしましょう。 「ご教授」の目上への使い方(メールの場合) 「ご教授」はメールで使える 「ご教授」は話し言葉の他にも、メールなどの書き言葉として使用できます。 ただ、メールや文書では相手の表情や声色が分からないため、話し言葉よりも丁寧である必要があります。 「ご教授」を願うシーンでは「ご教授ください」だけでなく、上記で説明したように「ご教授くださいますよう、よろしくお願い申し上げます」などと、丁寧な言い回し方をする方いいでしょう。 「ご教授」は使い方によって失礼に 「ご教授」はメールなどの書き言葉でも使用できることを説明しました。 注意が必要なのは、教えてもらう内容が学問や技芸など専門的な分野であるため、「メールなどの文面で教わることはできない」ということです。 専門的な内容をメールで簡単に「教えて」というのは相手に失礼ですし、そもそも1度の返信で教われるような内容量ではありません。 仕事をする上で確認したいことや不明な点を聞くのであれば類語の「ご教示」を使いましょう。 メールの場合は、教えてもらったことへの感謝を伝える場面で「ご教授」が使われます。 今後ともよろしくお願い致します」という文面だと、メールで教えを求めているのではなく、教えてもらったことへ感謝を表していることになり失礼にはなりません。 「ご教授」の使い方(お礼を伝える場合) ご教授いただきありがとうございます 「ご教授」をうけたことへのお礼の言葉として「ご教授いただきありがとうございます」が使えます。 引き続きよろしくお願い致します」となります。 「ありがとうございます」は、ビジネスシーンでは比較的くだけた表現であるため、相手や状況に応じて使いましょう。 ご教授いただき感謝いたします お礼の言葉の1つが「ご教授いただき感謝いたします」です。 「感謝いたします」は「ありがとうございます」よりもかしこまった表現と言えます。 「感謝申し上げます」や「お礼申し上げます」に言い換えることもできるため、相手によって使い分けてください。 「ご教授」と類語「ご教示」の違い 「ご教示」の意味は「教え示す」 「ご教授」の類語となる「ご教示」は、「教え示す」という意味の言葉です。 接頭語の「御(ご)」がついた丁寧な言葉であり、目上の相手へ使えます。 「ご教授」と同じく相手に教えを乞う場面で使われる言葉ですが、教わる内容で使い分ける必要があります。 「ご教授」と「ご教示」の違いは教わる内容 「ご教授」が学問や技芸など、専門的なものを教わる場面で使われるのに対し、「ご教示」は方法や情報を教わる場面で使われます。 また、「ご教授」は長期間に渡り教わりますが、「ご教示」はその場で答えが返ってくる場合が多く、継続的な教わり方はしません。 例えば取引先の担当者へ、打ち合わせの日程を決めるために空いている日を確認するとします。 上記の場合、空いている日にちを教えてもらうのであって専門的なものを継続して教えてもらうわけではないため、「ご教示ください」が使われます。 「ご教示」の使い方「ご教授くださいますよう」 「ご教示」を使った言い回しのひとつが「ご教示くださいますよう」です。 後に続く言葉としては「お願い致します」や「お願い申し上げます」などがあり、相手に教えを乞うシーンで使われます。 「ご教授」のその他の類語と同音異義語 「ご指南」や「ご指導」も「ご教授」の類語 「ご指南」や「ご指導」も「ご教授」の類語となります。 「教え示す」や「教え導くこと」を意味する「ご指南」と、「目的に向かって、教え導くこと」を意味する「ご指導」は類語ではあるものの、「ご教授」と同じ場面で使えるというわけではないため状況に応じて使い分けてください。 「ご教授」の同音異義語「ご享受」 「ご教授」と同じ読み方をする「ご享受(きょうじゅ)」という言葉ですが、意味は全く違うため注意が必要です。 「享受」とは、「与えられたものを受け入れ、楽しむこと」を意味する言葉で、相手から教わるという意味は含まれていません。 同じ読みでも意味が全く違うため、メールなどの書き言葉として使う場合は、変換を間違えないようにしてください。 まとめ 「ご教授」とは学問など専門的な知識を継続して教わることを意味します。 ビジネスシーンで日程や情報を教わる場合は類語の「ご教示」を使いましょう。 目上の人へ使える丁寧な言葉ではありますが、メールでの使い方によっては失礼となる場合もあるため使い方に注意してください。

次の

「ご教示」と「ご教授」の違い・意味と使い方・例文|ご教示ください

ご教示ありがとうございます

「教えて頂きありがとうございます」は上司・目上に失礼? ビジネスメールに使えるもっと丁寧な敬語ってなに? とご心配のあなたへ。 「教えて頂きありがとうございます」は目上に失礼とまでは言わないものの、ビジネス会話や親しい取引先・上司につかえる程度の丁寧レベル。 とくにビジネス文書・メールや初対面の相手など、気をつかうべきシーンではより丁寧な敬語に言い換えするべきです。 また「教えて頂きありがとうございます」をビジネスメールで使うのはあまり一般的ではなく… 敬語「ご教示=教えること」を丁寧にしたフレーズを使います。 たとえば… 「ご教示いただきありがとうございます」 「ご教示くださいましてありがとうございます」 「ご教示いただき感謝申し上げます」 などいろいろ。 そもそもの意味や理由など細かな解説は本文中にて。 それでは、 「教えて頂きありがとうございます」の意味、敬語の種類、目上につかえるより丁寧な言い換え敬語、ビジネスシーンでの使い方(電話・メール・手紙・文書・社内上司・社外取引先・目上・就活・転職)、メール例文を紹介します。 この記事の目次• 「教えて頂きありがとうございます」の意味と敬語の解説 「教えて頂きありがとうございます」は「教えてもらいたいと思います」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ~していただき の意味は「~してもらい」 「〜していただき」の意味は「〜してもらい」 「〜してもらう」の謙譲語が「〜していただく」であるためこのような意味となります。 ちなみに「〜していただく」と平仮名にしてもOKですし、「〜して頂く」と漢字を用いてもOK。 教えて頂きありがとうございます の意味は「教えてもらいありがとう」• 「教えてもらう」の謙譲語 「教えていただく」• お礼のフレーズ 「ありがとうございます」 これらの単語を合体させて意味を考えます。 すると「教えていただきありがとうございます」の意味は… 「教えてもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 目上に敬語「教えて頂きありがとうございます」でもOKだけど… ここまでの解説で「教えて頂きありがとうございます」が正しい敬語であることがわかりました。 したがって上司や目上・ビジネスメールにおいて使ってもまぁ問題はありません。 が、ビジネスメールではあまり一般的ではありません。 なぜなら、もっと素晴らしい「ご教示=教えること」という敬語フレーズがあるからです。 ビジネスメールには堅苦しい敬語がオススメ ビジネス会話であれば「教えて頂きありがとうございます」としてもよいでしょう。 あるいは… 親しい取引先・社内の目上・上司などあまり気づかいし過ぎする必要の無い相手にもOK ただし、ビジネスメールにおいてはより堅苦しい敬語フレーズが好まれます。 なぜならメールは会話と違い、態度で敬意をしめすことができないから。 メールにおいては丁寧な敬語フレーズを使うことが上司や目上のひとにたいする最大限の配慮なのです。 とくに、 あまり親睦のない取引先への社外メールや、きびしい上司・目上へのビジネスメールには言い換えするほうが無難です。 ビジネスメールに使える「教えていただきありがとうございます」の丁寧な言い換え敬語 ここまでの解説で「教えていただきありがとうございます」が敬語として正しいこと、正しいにもかかわらずビジネスメールに使うにはちょっとイマイチだということが分かりました。 ここからは、 じゃあどういう風に言い換えすれば丁寧な敬語になるの?という点についてみていきます。 ご教示いただきありがとうございます 目上・ビジネスメールにつかえる丁寧な「教えていただきありがとうございます」の言い換え敬語• 例文「ご教示いただきありがとうございます」 「教えて頂き」の部分を「ご教示いただき」と言い換えるだけ。 「ご教示いただきありがとうございます」は「教えてもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 ご教示の意味は「教えること」 「ご教示」の意味は「教えること」「教え示すこと」 「ご教示」のもととなる単語は「教示」であり謙譲語「お(ご)~いただく」をつかって敬語にしています。 ご教示いただき~の意味は「教えてもらい~」 「ご教示いただき~」の意味は「教えてもらい~」 「いただく(頂く)」は「もらう」の謙譲語。 すると意味は「教えてもらい~」と解釈できます。 「ご利用いいただく=利用してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「ご教示」の「ご」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 余談ですが尊敬語にも「お(ご)」の使い方があり混同しがち。 「ご教示いただきありがとうございます」の意味は「教えてもらい、ありがとう」• 教示 = 教えること• すると「ご教示いただきありがとうございます」の意味は… 「教えてもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 使い方「問い合わせした時のお礼返信メール」 「ご教示いただきありがとうございます」はとくに質問メールに相手が返答してくれたときの、書き出しのお礼に使います。 といってもほとんど決まりきった使い方しかしません。 たとえば、• 例文「早速ご教示いただきありがとうございます」• 例文「お忙しいところご教示いただきありがとうございます」• 例文「ご多忙のところご教示いただきありがとうございます」 のようにしてビジネスメールに使うとよいでしょう。 ビジネスメール例文 「ご教示いただきありがとうございます」の使い方。 具体的には取引先に問い合わせをしたあとのお礼メール。 早速ご教示いただき誠にありがとうございます。 それでは弊社にて検討を進めたく、試作用サンプルを少量(〜100gほど)いただければと存じます。 なお送付先の住所は下記のとおりとなります。 (送付先) 大変お手数ではございますが、お取り計らいのほど何卒よろしくお願い申し上げます。 ご返信の代わりに「ご連絡」「ご回答」「ご返答」としてもよいでしょう。 ご丁寧にありがとうございます 「ご教示いただきありがとう」だけじゃない、お礼ビジネスメールに使える敬語フレーズ• 申し訳ない気持ちをあらわすのであれば「恐縮」「恐れ入ります」といったフレーズを使い、感謝の気持ちを表すのであれば「ありがとう」や「お礼申し上げます」「感謝申し上げます」といったフレーズを使います。 文章のバランスをみて、できるだけ重複するフレーズは避けて使い分けしましょう。 お礼は「ありがとう」以外にもイロイロあります。 「いただく」は「もらう」の謙譲語ですが、「くれる」の尊敬語「くださる」をつかった敬語フレーズも同じように使えます。 「いただく」ばかりになってくどいメールにならないようにお気をつけください。 早々にご対応いただき、ありがとうございます 「ご教示いただきありがとう」だけじゃない、お礼ビジネスメールに使える敬語フレーズ• 使い方は打ち合わせの時に仕事の依頼をしていて、相手がお礼だけでなく報告してくれたときに使います。 お役に立てたようで大変嬉しく思います 「ご教示いただきありがとう」だけじゃない、お礼ビジネスメールに使える敬語フレーズ• 例文「微力ながらお役に立てたようでして、大変嬉しく思います」• 例文「ささやかではございますが、お役に立てたようでして大変嬉しく思います」 意味はどれも似たようなもので「ちょっとだけど役に立てて嬉しいよ」。 「微力ながら」「ささやかながら」といった表現は謙遜のフレーズ。 「自分のしたことは大したことじゃないよ」みたいなニュアンスで使われます。 単に「お役に立てた、よかった、よかった」とするとなんか傲慢なヒトだと思われる可能性があるので、このような謙遜のフレーズを前にもってくると好感度UP。 貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました 「ご教示いただきありがとう」だけじゃない、お礼ビジネスメールに使える敬語フレーズ• 例文「先日は打ち合わせに際して貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました」• 例文「本日はご多忙にもかかわらず貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました」 意味はどれも似たようなもので、「(打ち合わせに際して)貴重な時間をもらってありがとう」。 ここで「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 時間を打ち合わせに割いてもらったことに対するお礼であり、相手が忙しかろうとヒマであろうと使える、気づかいの敬語フレーズです。 またビジネスメールや文書・手紙では「昨日・先日・先般」のようなフレーズが好まれます。 先日はご足労いただきありがとうございました 「ご教示いただきありがとう」だけじゃない、お礼ビジネスメールに使える敬語フレーズ• 例文「先日は打ち合わせに際してご足労いただき、誠にありがとうございました」• 例文「本日はご多忙にもかかわらずご足労いただき、厚くお礼申し上げます」 意味はどれも似たようなもので「(打ち合わせに際して)わざわざ来てもらってありがとう」。 ここで「ご足労」は「わざわざ足を運ぶこと」の意味であり、「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 相手がわざわざ来てもらったことに対するお礼であり、ビジネスメールでは気づかいの敬語フレーズとして挨拶文のひとつとして使われます。 本来であればこちらから伺うべきところご足労をおかけし、大変申し訳ございません 「ご教示いただきありがとう」だけじゃない、お礼ビジネスメールに使える敬語フレーズ• 例文「本来であればこちらから伺うべきところご足労をおかけし、大変申し訳ございません」• 例文「本来であればこちらから伺うべきところご足労をおかけし、大変失礼いたしました。 改めてお詫び申し上げます」 意味はどれも似たようなもので「(打ち合わせに際して)わざわざ来てもらって申し訳ない」。 ここで「ご足労」は「わざわざ足を運ぶこと」の意味であり、「かける」は「迷惑をかける」でつかう「かける」とおなじ意味です。 ご足労いただきありがとう! という感謝の気持ちよりも「わざわざ来てもらって申し訳ない」という意味で使うため、相手の立場が上だったときに使われます。 たとえば私は営業をしているのですが、フツーなら営業が訪問するべきなのに顧客がわざわざコッチに来るときがあります。 そんなときに「こちらから訪問すべきなのにご足労をかけました…すみません」のようなニュアンスで使います。 相手がわざわざ来てもらったことに対するお礼というかお詫びであり、ビジネスメールでは気づかいの敬語フレーズとして挨拶文のひとつとして使われます。

次の

「ご提示」の意味、使い方!「ご呈示」「ご教示」との違い、類語、英語

ご教示ありがとうございます

人生は、学びの連続です。 学校を卒業して社会に出てからも、学びの場面は多々あります。 会社の同僚や先輩、上司、取引先の担当者など、接する人が多くなる分、その人たちから学ぶことも多くなっていきます。 社会に出てからの学びは一生ものです。 あなたのこれからの人生の糧となっていきます。 そんな大事なことを教えてくれた人たちに「教えてくれてありがとう」という気持ちを、あなたは伝えられますか。 同期入社の同輩や親しい友人になら「教えてくれてありがとう」で十分伝わりますが、先輩や上司、取引先など目上の方にはどうでしょう。 友人たちと同じノリで「教えてくれてありがとう」と言ってしまうと失礼になり、せっかくの気持ちが伝わりません。 こんな時、どうすれば「教えてくれてありがとう」という気持ちがきちんと伝わるのでしょうか。 そう、「敬語」を使います。 「教えてくれてありがとう」を敬語で表現すると? 私たちは皆、小学校の国語の授業で敬語を学習しています。 「敬語」という言葉自体が教科書に登場するのは高学年になってからですが、小学校に入学したての1年生の時から、ていねいな言葉の使い方を学び、「先生と話す時の言葉と、友だちと話す時の言葉は違うのだ」くらいのことはわかるようになります。 しかしそれだけ小さいころから敬語について学んでいるのに、大人になってもきちんと敬語を使いこなせている人は決して多くありません。 社会に出てから、「これって敬語で何て言えばいいんだろう」と悩むことは、誰しも、一度や二度ではないでしょう。 「教えてくれてありがとう」を敬語で言うとどうなるか。 あなたはパッと思い浮かびますか。 そもそも敬語って何? それだけ「何となく」しか身についていない敬語ですが、そもそも敬語とは何なのでしょうか。 それは、話している相手や、話題にのぼっている人物に対する敬意を示す表現の仕方のことをいいます。 「あなたを(または話題の中の人物を)尊敬しています」ということを直接的に言わなくても、会話の中で使う表現によって尊敬の念を伝えることができるもの、それが敬語です。 「教えてくれてありがとう」をきちんと敬語で表現できれば、感謝の気持ちだけでなく、尊敬する気持ちも伝えることができます。 敬語にはどんな種類がある? 「教えてくれてありがとう」を敬語で表す方法は、一つだけとは限りません。 国語の授業で敬語を学んだ記憶のある方なら、敬語にはいくつかの種類があることを覚えていることでしょう。 実際、敬語には一般的に3つの種類があります。 丁寧語 丁寧語は、今、会話をしている相手に対する敬意を示す敬語です。 ていねいな言葉というと、単語の頭に「お・ご・御」をつけたり、最後を「です・ます調」にすることが真っ先に思い浮かびますが、それこそが丁寧語です。 「教えてくれてありがとう」を丁寧語で表すとしたら、「お教え下さってありがとうございます」となります。 最も使いやすい敬語といえるでしょう。 尊敬語 尊敬語は、会話をしている相手もしくは話題の中の人物を、自分より高めることによって敬意を示す敬語です。 「いらっしゃる(いる)」、「おっしゃる(言う)」、「召し上がる(食べる)」などはすべて尊敬語です。 先ほどの「お教え下さってありがとうございます」の「(~して)下さる」も、尊敬語表現の一つです。 従って、「教えてくれてありがとう」を尊敬語で表しても、やはり「お教え下さってありがとうございます」となります。 謙譲語 謙譲語では、自分を、会話をしている相手もしくは話題の中の人物より低めることによって敬意を示します。 「おる(いる)」、「申し上げる(言う)」、「いただく(食べる)」などが代表例です。 「教えてくれてありがとう」を、謙譲語で表すなら、「ご教示いただき、感謝申し上げます」となります。 「(~して)いただく」と「申し上げる」が謙譲語です。 「教えてくれてありがとう」こんな場面でこう使う! さて、「教えてくれてありがとう」の敬語表現をいくつか見てきましたが、これを社会の中のさまざまな場面で実際に使うにはどうすればいいでしょう。 「教えてくれてありがとう」の気持ちを伝える場面を思い浮かべて下さい。 提出した企画書について上司からいくつかの指摘をされた時、プレゼンの準備中に先輩からアドバイスを受けた時、取引先とのランチの時に、先方の担当者から聞いた話が本当に自分の役に立ったのでメールでお礼の気持ちを伝えたいと思った時など、いろいろな場面がありますが、大きく分けると、直接言葉で伝える場面と文書で伝える場面とがあります。 話す時と書く時では違う 言葉には「口語」と「文語」がある、ということも、学校の国語の授業で学んだ記憶があるでしょう。 口語は話し言葉のことで、その語のとおり、話してみて自然に感じる言葉です。 文語は書き言葉のことで、書いてみて自然に感じる言葉です。 話す時に文語を使うと何だか堅苦しくて不自然な感じがしますし、書く時に口語を使うと不真面目な感じがします。 つまり言葉には、話すのに向いている言葉と書くのに向いている言葉がある、ということです。 オフィスや商談の場など、直接自分で伝えるなら、話してみて自然な形にしましょう。 例えば、謙譲語表現の「ご教示いただき、感謝申し上げます」を、実際に自分の口で言ってみて下さい。 あまりにも堅苦しすぎると感じませんか。 いくら相手が自分の会社の社長だったとしても、これでは不自然に感じられ、せっかくの「教えてくれてありがとう」の気持ちが伝わらなくなってしまいます。 「ああ、そんな方法があるんですね。 勉強になります。 お教え下さってありがとうございます。 」 これで十分、「教えてくれてありがとう」の気持ちは伝わりますし、むしろこの方が自然です。 メールなどの文書で使うなら メールや手紙など文書で伝えるなら、少し堅苦しい表現も交えた方が、「きちんとした言葉がわかっている人」という印象を相手に与えます。 先日、取引先で担当者に聞いた話が非常にためになったのでそのお礼のメールをしよう、という時に、口語と同じように「ああ、そんな方法があるんですね。 勉強になります。 お教え下さってありがとうございます。 」と書くと、あまりにも薄っぺらく感じてしまいます。 「そのような方法があるとは存じ上げませんでした。 大変勉強になりました。 ご教示いただき、感謝申し上げます。 」 文章なら、これくらい堅めの表現を使った方が「教えてくれてありがとう」という感謝も、相手を尊敬する気持ちも十分伝わります。 「教えてくれてありがとう」の気持ちをさらに強めるなら.

次の