指 突き指 テーピング。 突き指の治療とテーピングのやり方。自分でするリハビリの紹介

突き指の治し方!薬指や小指も中指も治し方は全部同じ

指 突き指 テーピング

圧痛やストレステストにより大まかにどこをケガしたのか推察できます。 今回は突き指で特に多い 側副靭帯損傷と 掌側板について書きます。 圧痛が指の横にある場合、側副靭帯損傷の可能性が高いです。 その際圧痛がある部位を支点に圧痛部位を伸ばすようにストレスを加えます。 伸ばした際に痛みがある場合、側副靭帯損傷が強く疑われます。 掌側板損傷は手のひら側の関節部のケガになりますので、上記の側副靭帯損傷と同様に圧痛と伸張痛を確認する事で推察できます。 ただし掌側板損傷は骨折の好発部位でもあるので、怪しい場合は 自己判断しないで専門の施設へ行きましょう。 スポンサーリンク 【突き指の治療】 初期はを行いましょう。 症状に合わせてテーピングなどの固定を行います。 注意点として腫れが強い場合に強いテーピングや固定などを行うと、絞まることにより痛みが強くなったり、最悪壊死してしまう事があります。 まあ多くは壊死する前に固定を取るかと思いますが。。。 軽度の場合はコーバンなどがオススメです。 症状によって期間は違いますが復帰までは2~6週程でしょう。 指の動きに不安があるときは復帰を焦ってはいけません。 完全復帰が遅れてしまう為です。 ただし、炎症期を過ぎましたら指を使うトレーニングや部活以外は積極的に参加しましょう。 他のケガもそうですが、指の靭帯損傷も復帰を焦ってしっかり固定しないときちんと治癒せず、いわゆる「ゆるい状態」となり、結果その後も炎症が起こりやすくなります。 【突き指のテーピング】 スポンサーリンク どこの部分を怪我したかにより固定の仕方が変わります。 またケガの程度により固定のやり方が変わりますが、ここでは中等度のケガのテーピングのやり方を紹介します。 軽症の場合は コーバン 重症の場合は硬い固定材料が必要になりますので上記のより専門施設にいく事をおすすめします。 テーピングの種類は初期は伸張性のないホワイトテープで、症状に合わせて伸張性のあるテープに変えましょう。 側副靭帯損傷の場合 損傷した側副靭帯に沿ってテーピングを貼ります。 一本では心細いので、クロスして貼ることで強度を増しましょう。 曲げたり伸ばしての痛みがある場合は上から伸張性のあるテーピングを貼ると強度が増します。 少しテンションをかけると固定力が増します。 コーバンの付け方 コーバンの詳細 コーバンは上記にも書いてある通り、突き指の軽症である場合や中等度のケガと併用をすると効果があります。 下記に専用ページを用意しましたので、一緒にご覧ください。 テーピングの注意点 注意点として出来るだけ指に 一周巻くようなテーピングは少なくすることです。 コーバンですとまだリスクは少ないですが、あまり一周巻きすぎると阻血してします恐れがありますので気を付けましょう。 テーピングを行うと痛い範囲での動きが制限されますのでいくらか症状は楽になります。 しかし楽だからと言ってそのまま運動を行うと症状は悪化し、治癒までに期間がかかりますのでしっかりとその間は指を使う運動は避けましょう。 テーピングの種類について テーピングの種類については下記を参考にして下さい。 様々なテーピングある中、わかり易く紹介してあります。 管理人目線です。 実際に運動選手に貼って作った比較・ランキングはこちら。 選手目線です。 スポンサーリンク 【突き指のリハビリ】 整形外科によっては痛みがとれたり、レントゲンで異常がなかった場合、そのまま終了しリハビリ等を行わない事がある為、自分で判断して行わなくてはいけない事もあるかと思います。 その際の判断に参考にして下さい。 炎症が強かったり、動かして痛みがはっきりとある場合は治療だけに専念しますが、症状の緩和とともに少しずつリハビリを行う事で復帰が早くなります。 最初は痛みがない範囲で動かしましょう。 お風呂の中など温めてから行うと効果が上がりやすいです。 最初は準備体操をします。 まずはグーパーから始めます。 大きく握ったり、早く握ったりを適度に行いましょう。 次に固くなった筋肉や靭帯の柔軟性を出す事を目的とします。 反対の手を使い、捻挫した関節以外のところから曲げたり・伸ばしたりをします。 慣れてきたら突き指した部分も行いましょう。 軽く突っ張る感じがする分にはいいですが、強い痛みはよくありませんので、避けてください。 次は力を入れる練習です。 次にテニスを握りったまま、可能であればグッと握りましょう。 痛みが強かったり、関節がまたまだ固い時には無理に行わなくてもいいかもしれません。 最後に指と手首の連動運動を行います。 テニスボールを握ったまま手首を動かしましょう。 以上が自分でできる簡単なリハビリになります。 1〜4を15分程で行い、1日2. 3セット出来ればいいですね。 もちろん強さはその時に合わせて行ってください。 過度に行うと炎症が起きて炎症の為の処置が必要になってしまい、本来の目的のリハビリを集中して行うことができなくなります。 【マレットフィンガーについて】 広い意味でいうとマレットフィンガーも突き指の1つですが、マレットフィンガーには骨折しているタイプや腱が切れているタイプ、脱臼を伴っているタイプもあります。 単純に突き指というと説明通り「靭帯や関節包、掌側板」の損傷ですが、マレットフィンガーはより重症と考えて下さい。 実際に固定期間も長いですし、後遺症もあります。 ここではマレットフィンガーの詳しい解説はしませんが、専用のページを設けてありますので下記よりご覧ください。 【さいごに】 突き指と言ってそのままにして油断するとプレーに支障がでます。 痛みをかばってフォームが崩れたり、腫れが中々ひかずに痛みが長引いたり・・・ 受傷した際は出来るだけ早く正しい処置を取り、早期治癒を目指しましょう。 関連記事として も目を通してみて下さい。 もし実際に怪我をして通院すべきか迷っている方は下記のお問合せよりご連絡いただければアドバイスをさせて頂きます。 迷っている方はお気軽にどうぞ。 以上で「突き指」の説明を終わりにします。

次の

突き指の完全まとめ(症状・原因・応急処置・治療方法など)

指 突き指 テーピング

そのような時には、テーピングを使ってみるのも一つの方法なんですよ。 今回は、指の腱鞘炎に関して、親指、中指、人差し指、薬指のそれぞれテーピング方法を動画もつけてご紹介します。 動画があると引っ張る方向がわかるのでぜひ見ながらやってみてください。 特にパソコンやスマホ操作が当たり前になっている現在は、誰にでも起こりうる痛みなのです。 しかし、安心してはいけません。 指を休める事や、長い間痛むのにも関わらず放置し続けると、関節が歪んでしまい、元に戻らない可能性もあるんです。 今回は指の腱鞘炎についてのテーピング方法を紹介していますが、腱鞘炎の他にも、 ・ド・ケルバン病 ・腱交差症候群 ・母指関節症 などの病気の可能性もあります。 指の調子が悪いなと思ったら、放置せずに対処しておきましょう。 約7センチの長さに切り、それを縦に半分に切り分けます。 5センチ幅で7センチのテープが2枚できます。 そして、15センチの長さに切ったテープも1枚用意します。 このテープは3センチほど端っこに切れ込みを入れておきます。 ・テーピング方法 まず半分に切ったテープから貼ります。 親指の股にテープの中心を貼り、関節を包むように引っ張りながら貼り付けます。 もう1枚のテープは先ほど貼ったテープの反対で、親指の付け根で交差するように貼ります。 最後に一番長いテープを貼ります。 3センチの切れ込が入ったほうを先に剥がし、親指の関節、ちょうどテープがクロスしている所に貼ります。 二股に分かれたテープは、親指の内と外を包むように巻き付けておきます。 残りのテープを剥がし、親指から手首の方へまっすぐ貼ります。 ピップのテーピング動画でも紹介されているので参考にしてやってみましょう。 中指の可動域が悪くなり痛みが出たりするとかなり不便なので、テーピングを施し、動きを制限して早期回復を図りましょう。 中指の第二関節が痛む場合のテーピング方法を紹介します。 ・準備 1センチから1. 2センチ幅のテープを準備します。 ・テーピング方法 中指の第二関節の上下にテープを巻きます。 関節よりやや離すように貼ってください。 巻いたテープの端と端を繋ぐようにテープを貼ります。 関節の上でクロスするように2枚テープを貼ります。 最後に剥がれないよう、上下にテープを巻いて完成です。 バトルウィンの公式サイトにてテーピング動画付きで掲載されているので参考にしてみてください。 次は人差し指へのテーピング方法をご紹介します。 ・準備 約3センチ幅の伸縮性があるテープを用意します。 人差し指の第一関節と第二関節の間から、指先を通り手首にかかるぐらいの長さで2枚用意します。 ・テーピング方法 まず、指の腹側の第一関節と第二関節の間にテープを貼ります。 そして指をキツイと思う手前まで外側に反らせます。 テープを引っ張らないように、指、手の甲に貼ります。 次に、爪側の第一関節と第二関節の間にテープを貼ります。 内側に指を曲げさせて手首まで貼り、テープを引っ張らないように手の平に貼り付けていきます。 指を伸ばすとかなり引っ張られる感じがすると思いますが、付けているうちに馴染んできますよ。 これだけでも問題ないのですが、気になるようなら指先に一周テープを巻いておくとはがれにくくなります。 分かりやすく説明している動画もありますので、ぜひご覧になって試してみてください。 動かすことや、力が入ってしまう事で痛むのが原因です。 上記で説明したテーピングの方法も痛む箇所によって応用が出来ますが、薬指の場合はもう一つ方法があります。 それは、小指と一緒にテープで巻くという方法。 単純な方法ですが、小指が添え木の役割を行うので、どんなテーピングよりも効果的なんで す。 薬指に力を入れてしまう癖がある私は、仕事中も小指と薬指をグルグルに巻いています。 意外と窮屈じゃないのでスムーズに指を動かすことが出来るんですよ。 整形外科でも勧めている方法なので、折り紙つきです。 少しお金がかかる難点もありますが、指の長さや太さなら経済的に使えそうですね。 コツを掴めば簡単なので、やってみてください。

次の

バネ指の治し方で親指や中指、薬指にテーピング治療!ギターやゴルフ

指 突き指 テーピング

突き指とは?症状は? まず最初に突き指の定義づけから始めましょう。 突き指とは何らかのダメージによって「 指の一番先端の指骨か2番目の指骨が損傷してしまうこと」です。 もっと大まかな説明になると何らかのダメージで 指の関節などが腫れてしまう状態のことを言います。 軽傷ならば軽い捻挫や打撲で済みますが、当たり所が悪かったりダメージが大きすぎると腱の断裂や脱臼や骨折を伴う突き指になりますので非常に厄介な状態になります。 要するに、指の第一関節を伸ばす伸筋腱に損傷が発生した結果、 靱帯損傷・腱損傷・軟骨損傷・骨折・脱臼などが発生することもあり、それも突き指には含まれているということです。 たかが突き指と感じる方もいるでしょうが、症状が重いものも存在しているので注意しましょう。 とにかく関節部分でトラブルが発生しやすいのが突き指なのでそれぞれの指の第一関節には注意してください。 親指の場合は付け根の部分にもダメージが入る可能性が高いのでそちらも警戒しましょう。 突発的に起こるものなので、警戒するのは難しいかもしれませんが。 突き指と骨折の見分け方 先ほど説明したように突き指には靱帯損傷・腱損傷・軟骨損傷・骨折・脱臼などが含まれているので、同じ突き指でも症状が大きく異なります。 ただし、症状が重くなると痛みや腫れが圧倒的にひどくなるので、確実に違いはわかるでしょう。 特に突き指でも軽いものならば放置することで痛みは殆ど治まるのですが、 骨折している場合はいつまでたってもなかなか痛みが消えずに湿布などの対応をしても殆ど効果が無い状態が続きます。 剥離骨折をしていても痛みを我慢すれば動かせることもありますが、いつまでたっても治らないなら病院で診てもらった方がいいでしょう。 特に重度の突き指は自力で殆ど動かせずにパンパンに腫れてしまう状態が続きますので、骨折かどうかもわからないのです。 関節周りが腫れていても脱臼や骨折の可能性もありますので、痛みがひどい時は すぐに病院に行きましょう。 突き指の応急処置は? 突き指の正しい応急処置はRICE処置に伴ったものですが、ある程度決まった方法があるのでまずはそちらを紹介します。 まずは添え木などを用意して 患部を固定します。 指にあてがえる添え木はなかなか見つからないので、テーピングを使ってとにかくテーピングで固定しましょう。 固めるときは軽く曲げた状態にしてから固定し、その後は保冷剤などを使って 冷やして安静にしてください。 添え木には割り箸・ボールペン・ペーパークリップなどを使えば大丈夫です。 基本となるRICE処置ですが、 安静にして冷却して圧迫して深層よりも高い位置に置くという対応になりますので覚えておきましょう。 これが応急処置の方法ですが、大きな変形が発生したり骨があからさまに見えているような状態ならば応急処置はせずにとにかく病院に行ってみてもらいましょう。 テーピングのやり方は? 突き指の応急処置(初期治療)法 亀岡市 南丹市 整体 しゅはら鍼灸整骨院 Sponsored Link 突き指の応急処置の方法についてはまず動画をご覧ください。 こちらが最もわかりやすく解説してあり、先ほど説明したRICE処置をきちんと説明しながらもどのような処置をすればいいのか解説してくれています。 とっても親切な動画です。 指のテーピングをする場合は次の動画「突き指(示、中、薬、小指)のテーピング」をご覧ください。 関節と関節との間で内側から指先に向かって関節を通り斜めに指先に向かうようにテーピングして行きましょう。 関節と関節の間で横に巻いていき指の付け根に進むイメージです。 これも文字だけではちょっとわかりにくいので動画をご覧ください。 あやふやなイメージで治療を行うことが圧倒的に危険なので、動画を見て頭の中でしっかりとイメージできるようにしましょう。 そんなに長い動画ではないので最後までしっかりと確認してください。 突き指は引っ張って治す? 突き指を引っ張って治そうとする人がたまにいますが、これは 迷信以外の何物でも無いので絶対にやってはいけません。 悪化するだけです。 突き指の症状が重い人は 脱臼や神経損傷をよりひどくしてしまい当分治らない状態にしてしまう恐れがあるので絶対にやらないでください。 診断をした後の医師が骨折や脱臼の整復措置として引っ張るという対応をすることがありますが、これは「すでにどのような状態になっているのかを理解して引っ張ることが正解だとわかっている」ため実行しているのであって、状態も何もわかっていない素人がやっていい方法ではないのです。 やはり基本はRICE処置になりますので、必ずこれを守りましょう。 無理にひっぱったり伸ばしたりせず患部を休ませることを意識して、固定したら冷やしてあげましょう。 突き指の治し方【病院の何科に行く?】 突き指になってしまった場合まずは病院に行くかどうかを考えましょう。 その判断基準は 明らかに変形している・自分の力で曲げられない・関節を動かそうとするとすごくいたい・パンパンに腫れている・痛みがいつまでも残っている、などが該当します。 これらの一つでも当てはまったら病院に行った方が良いでしょう。 このような状態になってしまった場合は早急に整形外科に行ってください。 そこまで痛みがひどくないいつもの突き指と判断した場合は、しっかりとRICE処置をしてください。 テーピングなどで固定して冷やしましょう。 湿布を一応しているという方も多いのですが、湿布よりもアイシングの方が効果は高いので、アイシングしましょう。 1日1回は冷やしましょう。 指が変形する可能性も? 突き指になったとき、当たり方が悪いと 伸筋腱が伸びるか骨折によってマレット変形という木槌のように曲がってしまうことがあります。 第一関節が曲がって完全に延びきらない状態になってしまうのですが、野球のキャッチャーのポジションにいる方が高確率でなると言われております。 とにかく第一関節に屈折方向への力が加わり続けることで伸筋腱の断裂が発生しやすくなるので、練習のしすぎで突然指が変形するケースがあるのです。 これを医学用語で「マレット指」と読んでいるのですが、放置して治るものではないので治療法は手術しかないようです。 突き指によって変な曲がり方をしている時は放置して治ることは非常に少ないので、必ず整形外科で診てもらうようにしましょう。 最後に 以上、いかがだったでしょうか。 今回は突き指の症状や対処法について記載いたしました。 あまりにも身近にある突き指ですが、症状が重いと骨折や脱臼の可能性すらありますので、症状をよく見てください。 ある程度医学に詳しい方や突き指や捻挫を見慣れている人ならば危険かどうかが見ただけでもわかりますので、突き指した場合は必ず学校ならば保健の先生や体育の先生に診てもらうようにしてください。 カテゴリー•

次の