渦中 コロナ禍。 コロナ禍の使い方【挨拶文】いつから広まった?読み方や意味を解説

コロナ禍とは?読み方の正解は「コロナか」!一体どういう意味なの?

渦中 コロナ禍

コロナ禍の読み方 コロナ鍋?コロナ渦?「読めない!」 コロナ鍋?じゃないし コロナ渦、、、 なんですかあれ? 新語? んーーーーーーー ググろうにもその漢字がわからなーい はい情弱ですみませーん — うーさん通信。 わたしの脳味噌ったら、本当に… みんなで安心して一つの鍋をつつける日が早く来ますように。 — 河本 久和 ikuonomusuko 見間違えやすいですね〜 ずっとコロナ鍋(なべ)だと思ってました。 既に指摘されている方も多いようだが、「コロナ禍」と「コロナの渦中」が混淆したと思われる「コロナ渦」という表記が大量に出現中。 全くの誤りと見るべきか、新語と見るべきか。 ただ、間違いなのか新語なのか…そこは不明ですね。。 まず、辞書を調べると・・・ 禍には、 「か」、「わざわい」、「まが」という読み方があります。 コロナ禍についてどれが正しい読み方なのかは不明です。 では、もう少し詳しく見てみましょう。 禍は、配置によって読み方が変わるようです。 禍は、 「よくないこと、悪いこと、災い、不幸せ」といった意味があります。 コロナ禍にも関わらず昨日もご来店下さり、どうも有り難うございました。 最終日となった本日3月31日も11時より18時まで営業致します。 大変名残惜しいですが、皆さまとお会い出来るのも今日が最後となりました。 状況が状況だけに、決してご無理の無いようご来店頂ければ幸いです。 — 三進堂書店 公式 OUV719TLw3QE6rw このコロナ禍、今後1〜10年くらいの長期間にわたって少子化促進しそう。 現在の社会的活動低下は現在の懐妊機会減少にも繋がるだろうけど、人と人が出会って付き合い始める機会もどう考えても減るじゃないすか。 新歓や歓送迎会も合コンもなくなるし、アプリでの出会いですらデート設定しにくくなるし。 — ystk lawkus 【 撮影裏話】 コロナ禍で大変な状況ですが、現在発売中with5月号カバーストーリーのこぼれ話を本日より5日間に渡りお届けします。 地震だって水害だってあり得る。 いつもと違うのは避難場所には感染のリスクがあり、都市封鎖があればボランティアは来れず、支援物資の流通だって思うに任せないかも。 無用の買い占めは不要なれど「ダブルパンチ」を想定した準備が重要かと。 (ご意見ありがとうございました) 「コロナの渦中」というのもしっくりきますが、これだと字が違いますね。。 どれが正しい意味か、というのも明記されているものがないため個人の見解をお伝えする形になりました。 こちらはコロナ用語関連記事です。 あわせてどうぞ!.

次の

コロナ禍とは? 読み方と意味

渦中 コロナ禍

ネット上で多数見つかった「コロナ渦」 「『コロナ禍[か]』を『コロナ渦』と間違えている人が目立ちます。 先日も職場の上司が『コロナうず』と堂々と言い間違えていたけど、指摘できる雰囲気じゃなくて…」 SNSこちら編集局に熊本市の40代女性から、こんな悩みが届いた。 調べると、インターネット上の記事やSNSの文章で、誤用の「渦」を多数発見。 大手新聞社や通信社などのサイトでも散見された。 県教委によると、「禍」も「渦」も中学校で習う常用漢字。 漢和辞典では、禍はわざわいの意味で「禍根[かこん]」などの用例を紹介。 「渦」は「うず」のほか「渦中[かちゅう]」などで「カ」とも読むので、少し紛らわしい。 熊日のデータベースには、「コロナ禍」で600件以上の記事がある。 「コロナ渦」はないはずと検索すると、見出しの間違いが1件見つかった。 自戒を込めて、誤用にご用心。 (岩下勉).

次の

コロナ禍で再注目! 若い子は聞いたこともない!? ドライブインシアターが復活

渦中 コロナ禍

コロナ渦とは、が渦巻いている様子である。 概要 : (か) 伝染病による・損失には「」という言葉をあまり使わず、「 禍(か)」という言葉を使って表現する。 「禍」というには、• (かこん)を残す• の惨禍(さんか)• 舌禍(ぜっか)を招く• 禍(わざわい)を転じて福となす• 禍々しい(まがまがしい) などの用例がある。 「渦」単体では「禍」と同じ意味にはならず、誤記である。 しかし、「渦」を使った言葉である「」が「した中」という意味であるので、全く意味が異なるわけではない。 以前から「ト禍」「禍」という表現があるため、それに倣って「」が生まれたものと思われる。 末ごろから徐々に使われ始め、同年下旬から広く使われるようになってきている。 実際に起こっているについては「 」の記事を参照。 他の誤記 コロナ鍋(コロナなべ) が入った。 々しい…いや、禍々しい。 なお、の直箸を通じてが感染する可性は低い()。 しかし、複数人で向かい合ってを食べるは多くの場合「」に該当してしまうため、にかかわらず感染の危険がある。 コロナ過(コロナすぎ) が過ぎたころ。 妙に的に感じられる。 「 」という言葉があるので、そちらを参照。 コロナ蝸(コロナかたつむり) に感染しつむり。 のへの感染例は複数確認されているが、に感染するのかは不明である。 コロナ堝(コロナるつぼ) を溶かすためのるつぼ。 「るつぼ」はを溶かすためののこと。 多分使用中のるつを入れたら高温で死滅する。 しかし人体や付着面からを分離してるつ入れることは難しいので、堝は感染防止には有効ではないと思われる。 コロナ 萵(コロナレタス) の形をした。 にするとおいしい。 関連項目• 他にも、「戦禍」と「戦渦」は両方の表記が辞書に掲載されていることが多い。 「」は「による」、「」は「による」という意味である。 なお、としての「」「」はもちろん辞典などに掲載されているが、辞典の単としての「禍」は「」「」「」ので掲載されており、「渦」は「」のだけが掲載されている。 また、今回のような病原菌の名に「禍」をつけて表す言葉の用例はまだ多くの辞書には掲載されていないと思われる.

次の