虚構推理 雪女。 虚構推理【第33話】 最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

虚構推理で『雪女』が話題に!

虚構推理 雪女

虚構推理、ネタバレ・感想【第32話編】 【雪女たちと対面し推理する琴子】 今更ながら 見てる 琴子の三面相 — 川上少年 feat. TK Ktxxxholic 相談にのってくれることになった琴子に大喜びでお礼をいう雪女。 室井は予想外の若さなどに困惑しつつ、義足で義眼の琴子がその雪女のいう神だと納得します。 九郎はアルバイトで来てはおらず、弁当も持たせて貰えずコンビニで買ったものを食べることになったとむくれる琴子。 しかしそれでも自分の役割だからと、室井に人となりを知るついでに状況を話して欲しいと頼みます。 たしかに妖怪が関わっているからこそ容疑が強まっていると納得する琴子に、雪女は自分のせいで潔白なのに大変な立場だ力を貸して欲しいと頼み込みます。 しかし、それに対して琴子は状況があまりに上手く出来すぎていて、窮地に追い込まれた芝居にも見えると室井を疑う発言を言い出したのです。 【室井による雪女を利用した完全犯罪?】 虚構推理3話視聴しました。 前回から今回のAパートまででこの作品が他のミステリー物とは違う形のミステリー物だということが分かり面白いな~と思いました。 Bパートは驚いたけどここから話が広がっていくと思うと楽しみです。 続きはまたにしようと思います。 それに対して「10月の初め」としか答えられない雪女。 自分で日付を覚えておらず事件があった日は何日前だ、そう言われたら信じるであろう雪女はアリバイ証人になり得ないのです。 さらに他の潔白の証拠も、室井がやろうと思えば偽装できると話す琴子。 それに対して室井はそんな警察相手に示せない証拠を作ったところで、メリットはないと反論します。 が、それにより雪女の絶対的な信頼を得れるのがメリットだと琴子は言います。 雪女が室井を信じ、自分のせいで警察に捕まったと思えば彼を助ける為に何でもするはずです。 裏切った会社の人間たちが自分をハメたのだ、復讐してくれと頼めば、自分で殺すより警察に疑われることなく復讐が遂げられるのです。 その言葉に怯える雪女、その不憫な様子に室井は琴子に怒りを感じます。 そもそも結局美春殺害の罪で裁かれれば意味がないと言う室井。 ですが、琴子にはそれだって復讐を遂げた後にいい作戦を思い付いたと話し、雪女に防犯カメラに映って貰えばいいし、証拠だって盗み出して貰えると言い返しました。 【決死の思いで室井の為に反論する雪女】 妖怪を身勝手に操る室井の行為は人の理も妖怪の理も壊す行為で放ってはおけないと、室井を追い詰める琴子。 雪女はそんな琴子に「たしかに私は無実を信じていて助ける為に人を殺すだろう」「でも、室井は心根は優しく人を憎むことの出来ない男だ」と必死で話します。 どうか考え直してくれと、ひれ伏して訴える雪女の様子に室井は衝撃を受けました。 【こんなデタラメを語った琴子の意図は?】 指を付き怯えなから反論してきた雪女に、琴子は最初から室井が犯人ではないことを知っていると笑いかけました。 今のは丸っきりでたらめだと話す琴子に唖然とする2人。 仮説の細々とした問題は横に置くとして、とりあえずその作戦を立てたのなら雪女と肉体関係を持つはずだと琴子は語ります。 その方が信頼関係が強固になるのに、雪女から誘われて断っているのが現状です。 そんな度胸もない人間が、今話したような計画を立てることも実行することも出来るわけないときりすてる琴子。 そんな琴子に室井は冗談にしては悪趣味すぎると怒りを露にします。 自分はまだしも雪女はあんなにショックを受け、怯えたのにと思う室井。 そんな彼に琴子はそれこそが目的だったと教えます。 雪女は神と崇める琴子相手に室井を庇う為、怯えて震えながら反論しました。 人間に裏切られ誰も信じれなくなっていた室井ですが、真心を持って尽くしてくれる相手がいるのだからもうそろそろ立ち直ってはどうかと諭します。 雪女の頼みは「室井を助けてほしい」でした。 その言葉通り事件の容疑者になったことだけではなく、本当の意味で室井を助けたのです。 お礼を言いつつ、しかし本当の犯人が見つからないと困るのは変わらないと話す室井に琴子はすでに真犯人はわかっていると話始めました。 虚構推理、ネタバレ・感想【第32話】 いかがだったでしょうか? 今回は、虚構推理の第32話編のネタバレと感想をお伝えしました! かなりスパルタでしたが、室井を立ち直らせることに成功しましたね! そして雪女がめちゃくちゃ可愛い回でした。 殺人事件の真相も琴子にはもうわかっているようですが、果たしてどうなるのか…。

次の

虚構推理で『雪女』が話題に!

虚構推理 雪女

うざかわランキング第1位『私が現在の彼女です!』 岩永琴子はかつて桜川九郎に片思いをしていました。 しかし、恋人であった弓原紗季との関係がトントン拍子に進んでいき、琴子に勝ち目はありませんでした。 しかし、桜川九郎が本物の化物にすら恐れられる存在であったことが露呈したことから破局。 その後、琴子は何故か、九郎の彼女のポジションに収まり、紗季は警察に就職し鋼人七瀬の事件を巡る中で琴子と出会うことになります。 うざムーブ琴子 紗季は琴子の事を知りませんでしたが、琴子は紗季の事を良く知っていました。 なんたって琴子にとって紗季は最強の敵となる恐れのある存在だから。 琴子は紗季を助けた形になりますが、琴子はそれが先だと分かると紗季の周りをぐるぐる回るうざムーブで紗季をイラつかせます。 しかも、『紗季さんなら助けるんじゃなかったと言い出します』 鉄拳制裁される琴子 紗季は琴子と全く面識がなかったため、何者であるかを尋ねます。 あと、うざかったので一発殴っています。 そう聞かれた琴子は待ってましたと言わんばかりに『桜川九郎先輩の現在の彼女です!』とどや顔で主張します。 その後、琴子には鉄拳が飛びます。 うざかわランキング第2位『ピンピンしてますから!』 12月25日、クリスマスだと言うのに岩永琴子は自宅で寝込んでいました。 風邪をひいてしまったようですが、それは虚構!ブラフ!九郎は琴子のことを基本的に雑に扱いますが、人のいい九郎が風邪をひいたと知れば付きっ切りで看病してくれる。 本当は風邪などひいていないが、寝込んだ振りをすれば全力でいちゃいちゃ出来るという計画でした。 怪異たちから大人気の琴子 しかし、怪異たちの知恵の神である琴子は怪異たちから非常に好かれています。 九郎には好かれてないが、怪異たちから大人気の琴子が風邪を引いたとなればお見舞い、そして看病せずにはいられません。 落ち武者くんが先陣を切り、他の物の怪たちを集め看病すると言い出します。 ばれちゃった… こんな絶好の機会をこんなことで逃すわけにはいかない琴子は、落ち武者たちに帰れと命じます。 しかし、そこでうっかり『ピンピンしてますから!』と言ってしまい、当然のように九郎に聞かれてバレてしまいます。 うざかわランキング第3位『怒りのベアハッグ』 鋼人七瀬を追う過程で九郎と再会を果たした元恋人の弓原紗季と岩永琴子でしたが、琴子にしてみれば今後最大の脅威となりえる紗季と九郎を引き合わせる気はこれっぽっちもありませんでした。 しかし、出会ってしまってはしょうがないので恋人アピールをして何とかして九郎と紗季を近づけさせないようにします。 ビビる紗季 かつて化物と遭遇し、さらには自分の恋人がその化物をさらに超える存在であることがトラウマとなっている紗季は鋼人七瀬や琴子を信奉する怪異たちを目の当たりにしてビビっていました。 琴子らにとって怪異は全く珍しいものではありませんが、敵視する先がビビっているというなら恐怖を煽らずにはいられません。 琴子の言葉にビビった紗季は、思わず琴子に抱き付きます。 怒りのベアハッグ でもそれは琴子のブラフ。 抱き付いてきた先に「いい大人が何を怖がっているんですか?」と紗季を煽ります。 そんな琴子のうざ行動に腹を立てた紗季は、そのまま琴子に怒りのベアハッグをお見舞いします。 うざかわランキング第4位『看過されて温まる琴子』 鋼人七瀬に関わる一件で、岩永琴子は九郎の元恋人の弓原紗季と出会うことになります。 紗季は九郎とは破局したものの、その理由は九郎が化物にすら恐れられる存在だったことが原因であり、紗季は九郎のことを吹っ切ることが出来ていません。 そんな紗季は琴子にとって目の上のたんこぶであり、露骨な恋人アピールを繰り返し、何とか紗季と九郎を近づけさせないようにします。 琴子、嘘がバレる しかし、5年も付き合った元恋人の紗季は『琴子が九郎の好みから外れている』ことや『証拠写真の表情』から、琴子の好意が半ば一方的なものであることをすぐに看過します。 さらに九郎が行動を共にしていないことから置いてけぼりをくらったこと、メールの文面から結構容赦なく雑に扱われていることも看過します。 琴子、反撃されて温まる ただ、紗季にしてみれば琴子が九郎を化物だと知った上で恋人だと主張していることや、善人で他人をないがしろにしたりしない九郎が、琴子に対しては遠慮のない行動をしていることは複雑でありました。 そんな琴子に煽られた紗季は、琴子に対して反撃を繰り出します。 結構痛いところを反撃された琴子は温まって売り言葉に買い言葉を繰り返します。 うざかわランキング第5位『紗季に妖怪を差し向ける行為』 怪異たちの相談役である琴子は鋼人七瀬の正体を突き止めます。 しかし、鋼人七瀬は通常の方法では対処できない存在であることも分かってしまいます。 鋼人七瀬を倒すためには情報が必要で、その情報を得るためには恋人の元カノである弓原紗季とコンタクトを取るのが一番手っ取り早い方法でした。 しかし、出来ることなら紗季を頼りたくはないのが本心でした。 妖怪を差し向ける琴子 結局は紗季とコンタクトを取ることにした琴子は妖怪を差し向けてファミレスに呼び出します。 琴子は連絡先を知らないので、こんな連絡手段位しかありませんが、いきなり目の前に妖怪が現れた紗季にしてみればトラウマを抉られる行為でした。 一方、ファミレスで待機していた琴子は鋼人七瀬が現れたという報を聞いて現場に向かいます。 そして、紗季への連絡手段は嫌がらせも兼ねて妖怪に言伝を頼むことにしました。 琴子、予想外 しかし、鋼人七瀬のたどり着いたすぐ後に紗季も現れます。 本当はファミレスで待っていてもらうつもりでしたが、紗季の立場からすればその場にとどまると言う選択肢はあるはずもなく、結局九郎と紗季の再会を止めることは出来なくなりました。 【虚構推理】岩永琴子うざかわランキングまとめ 虚構推理では怪異や空想上の生き物が当然のように現れ、通常のミステリーと違い真実を追求するのではなく、虚構で他人を納得させる解決がとられます。 そんな斬新な作品ですが、探偵役……というかペテン師役の主人公、岩永琴子もうざ可愛くて魅力のあるキャラクターです。 とてもうざ可愛いので、このうざ可愛さをアニメでも見てみたいですね。 虚構推理のアニメは2020年の冬から放送されます!.

次の

虚構推理【第33話】 最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

虚構推理 雪女

【こちらの2シリーズを収録!】 ・岩永琴子と同じミステリ研に所属していた風間玲奈は、琴子がかつて挑んだ奇妙なダイイングメッセージについて語り出す。 新章「雪女のジレンマ」始動!! 今巻のテーマは両方とも「被害者の遺した言葉は信用に足るのか?」ですね。 黒幕、主人公の情報を相変わらず回りくどいやり方で収集中。 勝てっこないから無駄なのになぁ。 ダイイングメッセージに対する考察は全く同意ですね。 あんなもの存在自体が荒唐無稽であり、証拠に組み込んで推理する事自体がナンセンスです。 「彼はむしろ親族にこそ、自身の今の不出来は事件のせいと証明したいのでは?」は、面白い解釈だと思います。 特に世のリーマンお父さん達にとっては耳が痛く、身につまされる指摘でしょう。 とても説得力があると思います。 家族には良い恰好したいので、先ず知られないだろう仕事に関し、自身が有能なように語る……いやあ、正に、そこらじゅうの家庭で常日頃行われてそうな話ですよね!(笑)あネットでも毎日のように飛び交ってますかね!それ以上いけない。 描写的に実際に幽霊は出ていたぽいので真実は違なる可能性が高いでしょう。 がいつも通り、生きてる者達にとって一番ポジティブな偽の解決方法渡すのがとても彼女らしく、生き残ってる人達にとって妥当な事を選択しどうでもいい真実は読者にすら語らないというのも、とても虚構推理ぽくGoodです。 雪女の話はとても良く出来たラブストーリーで、現代版雪女物語って感じですね。 雪女の性格がとても魅力的ですね。 かわいい。 長大な前振り話でミステリ入る余地が全然ありませんが、普通に話が物語として面白いので引き込まれます。 雪女が可愛過ぎて気付き難いですが、実はこの話、前話のダイイングメッセージ自体の信憑性に関する問答で解決案の一つとしてジョーク的に提案されていた「事前に滅茶苦茶詳しく犯人の事を被害者が書いておけば良いのでは?」が実践された事件でもあるんですよね。 同時に、前話で被害者が何も語らなかったからそれを利用して推理を構築した主人公へのカウンターパンチでもある。 こういう小粋な繋がりを話同士に持たせ、1つの単行本として纏め構成してくれると、読者もより楽しめると言う訳です。 サービス精神に溢れてて嬉しいですね。 ですが、まだ確たる証拠も無く疑われてるだけの段階で、主人公が彼らに味方してくれるかは相当微妙なところです。 「万一立件されても良い弁護士雇えば普通に無罪取れるので放っておけば?」とか言いそう。 なんか不機嫌ぽいし。 相手が妖怪・人間のカップルだし。 自分が上手く行ってないからなぁ。 次巻でどんな裁定が下るのか興味深いですね。 それにしても、惚れた女の代わり扱いで結婚相手まで決め、常に彼女を通し別の女見てた男側も、よくよく考えたら相当酷い(笑)雪女が可愛過ぎて気付き難いですが割と男の方も恨まれて当然な事してます。 最初に浮気したと言えるのは果たしてどっちなのだろうか?立件せず慰謝料も払ったのはそこが後ろめたかったからでは?とか考えますと、ひょっとしたらこれ、終ぞ自分にまともに向き合う事が無かった男に対する亡くなった彼女の命懸けの意趣返しかもしれませんね。 そういえば、恋人たる自分へはまともに向き合ってくれず、倒錯した妖怪変化の従妹ばかりを目で追ってるネガティブ系ロマン派の彼氏を持つ主人公がどこかに居ましたね。 あれ?主人公的にはこいつら立ち位置的に仮想敵じゃね?味方すべきは死んだ彼女の方じゃね?これひょっとして次巻、とんでもない展開になるんじゃw 総じて、今巻はどちらの話も凝ってて面白く、かなり当たりの巻と言えるのではないでしょうか。 やはり虚構推理はあの彼氏を極力出さず、狂言回しやパートナーを他キャラに任せる方が断然面白くなります。 是非今後も、可能な限りあれ出さずに進めてほしいものです。 アニメ1~2話が面白かったので、ついついコミックで先まで読んでしまい・・・ 「え?アニメって鋼人七瀬で終わっちゃうの?」と拍子抜けしてしまった(汗) って事で12巻レビューです。 短編から「雪女編」序章。 現代の背景の中に、昔話の雪女を軽くオマージュさせるようなストーリー展開。 最初から違和感ずくしのこのシリーズ(九朗の性格、小夜子との関係、琴子の性格、人間関係、アヤカシとのアプローチのしかた)十二巻目にもなるのに二人の周りがゼンゼン描かれていない、特にアヤカシ云々に多大な影響がある二人なのになんとドライなのか、琴子の知恵神というのは(おひいさま~)がやりたくて生み出されただけなのか、一眼一足というのは妖怪マンガのもっけの中に出てくるかえるの女王が元ネタか? 今回雪女編だがなんかピンクレディのUFOを彷彿させるが、ネタが実に昭和ライク、話がどんどんコメディーになっていく、九朗琴子は二次的存在だしで面白いか?というとフツ~ キャラクターだけかわいく描かれているだけでお勧めはキャラのみだな~。 12巻の「死者の不確かな伝言」では六花が再び登場。 琴子と同じミステリ研にいた風間玲奈は田舎道で出会った六花に、当時持ち込まれた問題について語る。 「化け物なら人の言葉もしゃべれそうですし」と言ってる風間に、目の前の人物がまさにそうだぞ!ってツッコんでしまった。 今回はダイイングメッセージがテーマ。 ミステリでは確かに定番とも言える証拠や仕掛けではあるけれど、書いた本人はそれを説明する前に死んじゃうわけで、なんとも不確かなものなんだなと。 真実よりも現在における最善の結果を導くための解釈を与えるところは、琴子らしくもありこの作品らしいよね。 続いての「雪女のジレンマ」は、アリバイがあったのにその証人が雪女だったため、警察にそれを主張できない昌幸をめぐる事件の物語。 昌幸と雪女のかけ合いや情の芽生え方が丁寧に描かれていてよかった。 雪女の俗っぽいけど見識もある感じが好き。 怪異であるからこそ、彼を雪山で助けることもできたし、彼を警察から助けることもできないとはなんとも切ない。 こちらもダイイングメッセージを扱った事件。 真実も気になるけれど、人と怪異の繋がりを絡めた上でどう裁定を下すのかが気になるね。 あと、琴子は怪異にさらわれて作られた知恵の神なんだよね。 六花が作り出そうとしているのもまた神だとするならば、それは何にとっての神となるのか。 六花の目的と今後の対決も早く見たいね。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. left 0,y:C. top 0,w:C. width 0,h:C. width 0,h:h. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d, x:a. x,y:a. y,t:b,k:"ewi",cl:a. f e. x,g. y,g. w,g. h,g. getAttribute y ,w:a. w,h:a. h,d:a. d,x:a. x,y:a. getElementsByClassName b. c :b. getElementById b. id ]:h. querySelectorAll b. s ;b. t-s[c-1]. pop ;B. ns;d. 0 ,f ; clearInterval t ;d. performance ,a. registerModule "mouse move module",a. a throw"";a. open "POST",b,! 0 ;a. sendBeacon c, d b. navigator. cordova. cordova. prototype. toISOString? toISOString :a. toFixed 3. 1 ;! length b. f[b]? event. ssw "eelsts". ssw "eeldata". event. onSushiUnload. onSushiFlush. attach "beforeunload",F ;d. attach "pagehide",F ;d. event. srcElement a. t,dt:g. dt,x:a. pageX,y:a. pageY,p:e. getXPath c ,n:c. button ;c. type ;c. extractStringValue c. href ;c. id ;c. className. className. x a. srcElement a. now - a. setT.

次の