商品券 消費税 贈答。 金券ショップで商品券を購入したときの仕訳や消費税などの経理上の取り扱いについて|スモビバ!

軽減税率 贈答品はどうなる?

商品券 消費税 贈答

では、こうした商品券と消費税や所得税との関係はどうなっているんでしょうか? スポンサーリンク 商品券は消費税の非課税取引(あげた場合は不課税取引) 商品券の譲渡、つまり、デパートで商品券を購入したり、JTBなどの旅行代理店で旅行券を購入する場合、消費税はかかりません。 商品券、ギフト券、旅行券のほかテレホンカードなどのいわゆるプリペイドカードの譲渡は、物品切手等の譲渡として非課税とされています。 注 商品券などの譲渡に課税すると、最終的に提供を受ける商品やサービスが同じ一つのものであるにもかかわらず、二重に課税されることになります。 したがって、このような二重課税を避けるために商品券などの譲渡には課税しないことになっています。 つまり、商品券を買ったときと、その商品券でデパートの商品や旅行の支払いをしたとき、二重で消費税が課税されてしまうため、商品券を買ったときは非課税とされているんですね。 また、お歳暮として商品券を取引先に渡すこともあります。 この場合は、商品券のやり取りは、もらう方が何かモノやサービスを提供した対価ではなく、いわゆる「付き合い」「慣例」としてのお歳暮のやり取りなので、あげた方にももらった方にも消費税は課税されません(不課税取引)。 消費税の場合、非課税と不課税があり、どちらも消費税がかからないのは一緒ですが、意味合いが微妙に違います。 不課税取引 : 消費税の課税対象(事業としての資産の譲渡や輸入取引)に該当しない。 非課税取引 : 取引内容は消費税の課税対象だが、社会的配慮等により課税しない。 記念品としての商品券支給は、所得税の課税対象 しかし、冒頭にあるような、永年勤続表彰の記念品として商品券を支給する場合、給与としてもらう側に所得税が課税されてしまうことがあります。 創業記念や永年勤続表彰の記念品として、給与所得者に現金・商品券等を支給する場合、その全額(商品券の場合は券面額)が給与として課税されます。 現金・商品券ではなく、記念品(モノ)の支給であっても、非課税所得するためには、1万円以下のモノ、一定期間の間隔・勤続年数による支給であること等が必要です。 非課税所得にするには、勤務期間は10年以上必要だったり、創業記念なら5年毎というような条件が必要です。 とはいっても、結構この辺は曖昧で、ケースバイケースということが多いようです。 あまりに厳格にしてしまうと、記念品の支給もままならなくなってしまいますしね。 - ,• よく読まれている記事• 今年は12月26日が金曜日で、土日が27日・28日となるため、26日が仕事納めとなる会社も多いですよね... 36ビュー• FP資格、特に入門であるFP3級を勉強していると、「こんな資格、3日もあれば取れるし超簡単だよ」とか、「一般常... 23ビュー• 前回の更新で、WordとExcelを使ったkmlファイルの更新作業の改善を紹介したところ、思いのほかT... 18ビュー• 今日は2級と3級のFP技能検定の試験日ということで、受験された皆様はお疲れ様でした。 既に模範解答も... 8ビュー• 中小企業退職金共済、略して中退共。 中小企業が従業員の退職金を積み立てるための、国による制度。... 7ビュー• おサイフケータイ、便利ですよね。 ちょっとコンビニに買い物に行くときも、ケータイやスマホさえ持っ... 5ビュー• 明日はいよいよFP試験本番ですね。 皆さん試験勉強の進み具合はいかがでしょうか? 本日は試験直前出血大... 4ビュー• 試験直前出血大サービス! 過去5回分の試験で出題率100%以上のテーマを抽出してご紹介。 第3弾は2級... 4ビュー• 子どもが生まれるまではわりと痩せ型だったんですが、子どもが生まれてから10kg以上太ったんですよ。 3ビュー• トイレから出て『手を洗ったよ』と嘘つく息子に… 特に親がバタバタしている夕方~夜、トイレに行ってそそくさと部... 3ビュー• カテゴリー• Twitter.

次の

ギフトカードを贈答した場合の消費税の取り扱いは?

商品券 消費税 贈答

1.交際費の消費税課税・不課税判定 最初に、日常的に交際費に計上される様々な取引の、消費税上の課税関係を見ていきましょう。 1-1.接待飲食費・接待ゴルフ 最もオーソドックスな交際費として日常的に発生するのが、取引先の相手との接待飲食費や、接待ゴルフの費用ではないでしょうか。 これらの交際費の消費税は課税となります。 ただし、接待ゴルフ費用については1点だけ注意が必要です。 ゴルフプレー代に含まれるゴルフ場利用税は消費税が不課税となるため、領収書の「ゴルフ場利用税」の項目を見落とさないよう注意しましょう。 もし領収書にゴルフ場利用税の金額が明記されていない場合はどうすれば良いでしょうか? この場合、ゴルフ場利用税の金額も含めてゴルフのプレー代として処理して良いこととなっています。 要するに全額課税仕入れにしてOKということです。 1-2.ゴルフクラブの入会金、会費 まず、ゴルフクラブの会費は純粋に「サービスの提供」としての対価と見なされるため、問題なく課税仕入れとなります。 少し複雑なのがゴルフクラブの入会金です。 入会金は脱会時に返還されるかどうかで取り扱いが変わってきます。 返還される…不課税• 返還されない…課税 入会金が返還される場合は単なる「預け金」という性格の支出であるため、対価性のない支出として消費税は不課税に区分されます。 1-3.贈答品 お菓子類や酒類、雑貨、地方の特産品、生花、タオルなど、取引先に贈答品を購入するのも日常的に発生する交際費です。 これら贈答品は、購入時に消費税が課税されているものは問題なく課税仕入れとなります。 注意が必要なのは、商品券、ビール券などの物品切手等を贈答品として購入した場合です。 これら物品切手等は購入時が非課税、自分で使用した時点で課税仕入れとして処理するのが原則です。 しかし、贈答した場合は自分で使用していないため、課税仕入れとなるタイミングがありません。 要するに贈答用の物品切手等は、単純に非課税仕入として処理すると覚えておきましょう。 1-4.慶弔費 取引先の冠婚葬祭に出席した際などに支出するご祝儀や香典、その他様々な場面で祝金や見舞金などを支払うこともあるでしょう。 これら現金を直接支出する交際費は、消費税上、不課税取引とされます。 ただし、見舞いに持参する果物や葬式に出す花輪など、購入時に消費税がかかる物を購入して渡す場合は課税仕入れとなります。 1-5.旅行の招待費用 取引先を旅行に招待した際に、航空券や宿泊費を負担した金額は交際費に計上されます。 これら旅行の立替費用は課税仕入れとなります。 ただし、旅行先が海外である場合には、国際線の航空券や海外の宿泊費などは国外取引となり、不課税仕入れになります。 なお、温泉旅行の場合、入湯税は不課税となる点に注意が必要です。 ただし、入湯税は自治体によっては徴収されないケースもありますので、領収書に入湯税の記載がなければ、全額、課税仕入れとなります。 1-6.渡切交際費 渡切交際費とは、使途や金額を問わず、役員または従業員に現金で前渡しする交際費のことを言います。 渡切交際費は後日の精算も行いません。 渡切交際費を活用する具体例として、接待の相手方にタクシー代として現金を渡すようなケースが挙げられます。 このような場合領収書をもらうことができないため、渡切交際費として処理するしかありません。 こういった使途が明らかでない渡切交際費は給与と同様の性質と判断され、不課税取引に該当します。 1-7.チップ 日本ではあまり一般的な習慣ではありませんが、ゴルフの際にキャディにチップを渡したり、運転手にチップを渡したりする方もいるかもしれません。 しかし、このチップの支払いを交際費に計上していたとしても、消費税上は不課税仕入れに該当します。 チップの支払いはキャディや運転手の「サービスの提供の対価」とは見なされず、サービスの提供とは別途で支払う対価性がない取引と見なされてしまうためです。 1-8.野球場のシーズン予約席 接待用に野球場のシーズン予約席を購入した場合、「野球を観戦させるというサービスの提供」と捉えられるため、その費用は課税仕入れとなります。 試合観戦ごとに入場券が発行されますが、これは物品切手等には該当せず、シーズン予約者であることの証明としての整理券的な取扱いになります。 課税仕入れの計上時期は実際に観戦する日ごとに計上しても良いですし、開幕日に一括して計上することも認められています。 課税・非課税・不課税のまとめ 最後に、課税仕入れ・非課税仕入れ・不課税仕入れの区分を表にまとめておきます。 課税仕入れ ・接待飲食費 ・接待ゴルフ費 ・ゴルフクラブの会費 ・ゴルフクラブの入会金(返還されない場合) ・通常の贈答品 ・果物、生花、花輪などの慶弔費 ・国内の旅券、航空券、宿泊券 ・野球場のシーズン予約席 非課税仕入れ ・商品券、ビール券などの物品切手等の贈答品 不課税仕入れ ・ゴルフ場利用税 ・ゴルフクラブの入会金(返還される場合) ・入湯税 ・ご祝儀、香典、見舞金などの現金による慶弔費 ・海外の旅券、航空券、宿泊券 ・渡切交際費、使途不明金 ・チップ 2.交際費の課税仕入れの区分判定 課税売上高が5億円を超えるか、もしくは課税売上割合が95%に満たない場合、課税仕入れを「課税売上対応」「非課税売上対応」「共通対応」に区分する必要が生じます。 交際費についてまずは原則からお伝えすると、 通常は共通課税仕入に区分することになります。 ただし、その交際費が建設現場で支出した交際費など、使徒が明確に特定できる場合は、課税売上対応として支出して良いとされています。 2-1.判断が難しいケース 取引先の相手との接待飲みは、課税売上対応と共通対応、どちらに計上するケースも有り得ます。 例えば会社の取締役同士がより関係性を深めるために行った接待交際費は、共通対応となると考えられます。 しかし、例えば商品の営業担当者が、その商品の販売向上を目的として取引先の担当者と行う接待交際費については、課税売上対応と区分するものと考えるのが自然です。 このように接待の相手や目的に応じてどちらの区分になることも考えられるため、安易に決めつけずにケースバイケースで考えた方が良いでしょう。 まとめ 日常的に交際費に計上する費用の消費税の課税関係を確認してきました。 最初に解説した課税・非課税・不課税の違いは基本としてしっかり押さえておきましょう。 仕入区分については原則共通対応ですが、場合によっては課税売上対応となるケースもあります。 接待交際費一つ一つの仕入区分を現実に即して判断するのは現実的ではないかもしれませんが、「交際費=共通対応」と思い込まないことが大切です。 最後に、消費税法上は損金算入限度額などの規定はありません。 しかし、法人税における交際費の損金算入限度額の計算上は税込経理方式・税抜経理方式の差で損得が生じる点は意識しておく必要があるでしょう。 Ad Exchange.

次の

商品券・印紙にまつわる税務上の取り扱い

商品券 消費税 贈答

POINT• 商品券の売買は消費そのものではないため、「物品切手等」として消費税が非課税になる• 商品券などは購入時に「貯蔵品」とし、実際に使用したときにその内容に応じた勘定科目へ振り替える• 決算・確定申告にあたっては未使用のものについて棚卸をする必要がある 物品切手等とは? 消費税が非課税とされている商品券やビール券、旅行券、プリペイドカード、ギフトカードやクオカードなど。 これらは消費税法の上では「物品切手等」と呼ばれています。 物品切手等とは、簡単に言うと券面額相当のモノやサービスの提供が受けられる引換券のことです。 物品切手等が非課税とされる理由ですが、そもそも消費税はモノやサービスの消費に対して課税されるものですから、引換が行われる前の物品切手等の売買を課税の対象とするのが消費税の趣旨になじまず適当でないからです。 このほか、物品切手等と似たようなものに「郵便切手類等」があります。 郵便切手類等とは、簡単に言うと、郵便局やコンビニなどの印紙売りさばき所(日本郵便株式会社が業務委託をしている店・窓口)で購入した切手や収入印紙や、地方自治体に収めた税金や使用料・手数料などの納付を行うための証票(収入証紙)のことを言います。 郵便切手類等は、販売される場所によって課税となるか非課税となるかが異なります。 例えば、郵便局で郵便切手を買う場合は非課税ですし、コンビニで郵便切手などを扱っている場合も、基本的に郵便切手類販売所となっているため非課税となります。 しかし、金券ショップで買う場合は消費税がかかります。 購入・使用時の仕訳 では、実際に商品券など物品切手等を購入・使用したときにはどのように仕訳したらよいでしょうか。 取引ごとの仕訳例を見てみましょう。 商品券5,000円分を現金で購入した 借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額 貯蔵品 5,000 現金 5,000 商品券を購入した時点では、未使用で何に使われるかがわからないため「貯蔵品」として仕訳します。 なお、小売業などで商品の決済に商品券を取り扱う場合などは「他店商品券」とすることもあります。 また、切手や乗車券などについて、簡便的に購入時に「通信費」や「旅費交通費」などと仕訳する場合がありますが、このときは後述する決算・確定申告時の注意点にご留意ください。 5,400円の雑貨を購入し、5,000円分の商品券を使用して差額の400円を現金で支払った 借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額 消耗品費 5,400 貯蔵品 5,000 現金 400 実際に商品券を使用したときに経費などの勘定科目に振り替える仕訳をします。 購入した商品券5,000円分を得意先への贈答用に使用した 借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額 接待交際費 5,000 貯蔵品 5,000 商品券を自社で使用しないで贈答した場合は、消費税のかからない取引として仕訳します。 購入した商品券5,000円分を金券ショップに4,500円で売却した 借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額 現金 4,500 貯蔵品 4,500 雑損失 500 貯蔵品 500 少し難しくなりますが、 商品券をそのまま売却した場合は消費税が非課税となるため、非課税売上として仕訳をすることになります。 このとき、 非課税売上になるのは実際の売却額で、差額は消費税の対象外となるのです。 なお、郵便切手や印紙を売却した場合は消費税がかかりますので課税売上として仕訳することになります。 決算・確定申告時の注意点 最後に決算・確定申告時に注意しておきたいことにふれておきましょう。 決算対策などとして大量に商品券などを購入して経費にしているケースがありますが、決算においては次の点に注意しなければなりません。 自社で使用するものであっても未使用のものは「貯蔵品」にしなければなりません• 贈答用に購入したものであっても、まだ相手先に配布していないものは「貯蔵品」にしなければなりません このほか、切手や印紙などにつき、購入時に「貯蔵品」とせずに「通信費」や「租税公課」などとしている場合には、年度末に未使用のものがどのくらいあるかを棚卸して経費から「貯蔵品」に振り替える必要があります。 例えば未使用の切手が8,200円分あったら 借方科目 借方金額 貸方科目 貸方金額 貯蔵品 8,200 通信費 8,200...... と仕訳します。 なお、物品切手等ではない事務用品や包装材料などの棚卸資産で、日常的に購入を繰り返すようなものの場合は、そのまま経費にしておいても構いません。 【関連記事】 ・ まとめ いかがでしょうか。 物品切手等は購入したとき・使用したときの2段階で仕訳をする必要がありますから、使用したときに経費にすることを忘れないように、在庫管理もしっかりしておくことが大切ですね。 【関連記事】 photo:Getty Images.

次の