ミラクルダイエットスープ。 絶対痩せないはずの私が脂肪燃焼スープダイエットで10kg減った体験談

減量中やダイエットに!低カロリースープレシピ10選|キラ女子Labo

ミラクルダイエットスープ

脂肪燃焼スープダイエットのやり方と口コミや人気レシピ!痩せない場合の対処法は? お腹いっぱい食べることができるのに、 痩せられるスープがある、とインターネット上で話題となっている ダイエット方法をご存知でしょうか。 それは、 脂肪燃焼スープダイエットです。 ダイエット経験者なら、誰もが一度は味わったであろう「食べたくても我慢しなければいけない」というストレス。 このストレスこそ、ダイエットを失敗に導いてしまう一番のネックなのですが、そのネックが取り払われたものが 脂肪燃焼スープダイエットなのです。 しかも、ダイエット期間はたったの一週間。 半年、一年を有して少しずつ体重を落としていくのが、体に最も負担を掛けないダイエット方法だということは誰もが知っていることですが、だからといってそれほどの長い期間、ずっとモチベーションを保ち続けるのも至難の業と言えますよね。 でも一週間なら、ちょっと頑張って続けてみようかなと思えるのはないでしょうか。 そこで今回は、脂肪燃焼スープダイエットについて調べてみました。 そもそも、脂肪燃焼スープとはどのようなものなのか? どうしてスープを飲むだけで痩せることができるのか?など、疑問に思うことを中心にしっかりと調査していますので、是非一度お読み頂けたらと思います。 脂肪燃焼スープダイエットとは? 脂肪燃焼スープダイエットとは、読んで字の如く、 脂肪燃焼効果のあるスープを飲むダイエット方法です。 しかも、通常のダイエットでは食事の量を制限しますが、このダイエット方法では脂肪燃焼スープを飲めば飲むほど痩せられるというというのが画期的。 これまでの「ダイエット=我慢」と全く対極にあると言っても過言ではないダイエット方法なのです。 その発祥は、心臓外科手術前に体重を落とす必要があった肥満の患者が、健康的に、なおかつ短期間に痩せるために病院で出された食事が元になっていると言われています。 脂肪燃焼スープダイエットの方法は、脂肪燃焼効果のある野菜が入ったスープを7日間、決まったスケジュールで摂取するだけ。 たったこれだけなのに、驚くべき効果が期待できるのが、脂肪燃焼スープダイエットです。 脂肪燃焼スープダイエットのメリット 脂肪燃焼スープダイエットの最大のメリットは、ダイエットのためにわざわざ道具や材料を買い揃える必要がないということです。 ダイエット方法の中には、専用の器具が必要だったり、近くのスーパーでは入手困難な食材を手に入れなければならないものがありますが、脂肪燃焼スープダイエットは身近な食材だけで簡単にダイエットフードを作ることができます。 また、ダイエットにつきものと言える空腹のストレスがなく、お腹いっぱい食べることができるのもこのダイエットのメリットと言えるでしょう。 ダイエットにおいて一番難しいのが、このストレスをどう克服するかですが、脂肪燃焼スープダイエットでは最初からその心配をする必要がないのです。 さらに、家族と同居している場合などに、通常の食事の用意と合わせてダイエットメニューを別に準備しなくていけない、という手間も省けます。 スープは一度で大量に作ってしまえば数日は持ちますし、野菜がたっぷり入っているのでダイエットのためだけではなく、健康維持の目的で家族も一緒に摂ることができるため、自分だけダイエットをしているという孤独を感じることもなくなります。 脂肪燃焼スープダイエットの効果!一週間でマイナス5~8kgは減量可能なの? 脂肪燃焼スープダイエットは、7日間、つまり一週間で行うのが決まりとなっています。 ダイエットを1ヶ月、半年、1年と続けるには、かなりのモチベーションを要しますが、一週間なら何とか頑張れそうと思う方も多いのではないでしょうか。 しかし、逆に「一週間、スープを飲み続けるだけで痩せるとか・・にわかには信じられない」と感じる方もいらっしゃいますよね。 実際、脂肪燃焼スープダイエットの触れこみにも〝一週間で7kg減!〟とか〝これで5kgの減量の成功!〟など、ダイエットで体重を落としたい人には心躍る文言が並んでいることから、それが反対に胡散臭いと感じる方もいるでしょう。 ですが、結論から申し上げると、脂肪燃焼スープダイエットによって一週間で5~8kgの減量は可能となっています。 絶食するだけでもないのに、痩せることができる理由は脂肪燃焼スープダイエット独自のルールにありますが、そこについては下記から詳しくご説明していきます。 脂肪燃焼スープダイエットの基本レシピ(材料や作り方) 脂肪燃焼スープダイエットを行うには、まずは脂肪燃焼スープを作る必要があります。 ここでは、その脂肪燃焼スープの作り方についてご説明したいと思います。 <用意するもの>• トマト(大きめのもの)3個• たまねぎ 3個• セロリ 1本• キャベツ 半玉• にんじん 1本• ピーマン(パプリカでも可) 1個• コンソメスープの素(もしくはブイヨン、かつお節と昆布の和風だしでもよい)• 水 <作り方> 1. 材料を適当な大きさにカットする。 生のトマトがない場合は、400gのトマト缶で代用してもよい 2. 切った材料を鍋に入れ、そこにひたひたになるくらい水を入れる 3. 鍋を火にかけ、野菜を煮る 4. コンソメの素を入れ、水を足しながら野菜がくたくたになるまで煮る 脂肪燃焼スープダイエットのルールや禁止事項 脂肪燃焼スープダイエットは、ただ脂肪燃焼スープを食べていればよい、というわけではありません。 ダイエットを行う7日間(厳密に言うと、ダイエットの開始前)には決められたルールがあり、そのルールを守って初めて、ダイエット効果がいかんなく発揮されます。 では、脂肪燃焼スープダイエットを行う上で、守るべきルールや禁止事項には一体何があるのでしょうか。 ダイエット開始の24時間前からアルコールは摂らないようにしましょう。 万が一、お酒を飲んでしまった時は、24時間以上空けてから行うようにして下さい。 甘味料は摂らないようにしましょう。 ダイエット中の飲み物は、水、お茶、ブラックコーヒーのみです。 カロリー0の飲み物であっても、甘味料が使われているものは飲んではいけません。 脂肪燃焼スープダイエットは、7日間の食事のスケジュールが全て決まっています。 そのスケジュールに沿って必ず食事を行うようにしましょう。 夕食を食べる時は、最初にスープを1皿以上食べるようにしましょう。 ダイエットをしているからと言って、スープの量を減らすことはしないようにして下さい。 お腹いっぱいになるまで食べるようにしましょう。 7日間脂肪燃焼スープダイエットのスケジュールとやり方 ここでは、脂肪燃焼スープダイエットの7日間スケジュールを詳しくご説明したいと思います。 このダイエット方法では、決められたメニューをしっかり食べることが大切になりますので、間違えないように注意して下さい。 一日目:スープとフルーツのみの日 脂肪燃焼スープと、バナナ以外のフルーツなら何を食べてもよい日となっています。 また、水分は水か100%のフレッシュジュースのみとなっています。 市販されている100%のジュースの中には、糖分が含まれるものもあるため、購入の際には気を付けるようにしましょう。 二日目:スープと野菜のみの日 野菜は、豆類とスイートコーン以外は何を使っても構いませんし、調理法も油を使わなければ蒸しでも焼いてもよいです。 夕食にベイクドポテトを食べてもよいでしょう。 三日目:スープと野菜とフルーツの日 スープと野菜とフルーツを、好きなだけ食べてもよい日です。 ただし、ベイクドポテトは食べないようにしましょう。 四日目:スープとバナナ、スキムミルクの日 スープの他に、バナナを3本とスキムミルクを500ml飲みましょう。 それぞれ摂取しても構いませんが、バナナと水、氷、スキムミルクをミキサーにかけて、バナナシェイクにして飲むと同時に摂れるのでお勧めです。 また、4日目は水分を多めに摂ることを心掛けて下さい。 五日目:スープと肉とトマトの日 350~700gの牛肉の赤身、もしくは同量の鶏肉か煮魚を食べましょう。 トマトは6個まで食べてもよいですが、スープを必ず一杯以上は飲むようにして下さい。 六日目:スープと牛肉と野菜の日 牛肉の摂取量の制限はないので、好きなだけ食べても買いませんが、スープは必ず一杯飲むようにして下さい。 また、野菜はベイクドポテト以外なら何を食べてもよいでしょう。 七日目:玄米と野菜とフルーツジュースの日 玄米、野菜、フルーツジュースを摂取します。 玄米が苦手な方は、リゾットにすると食べやすいでしょう。 スープは必ず一杯は飲むようにしましょう。 脂肪燃焼スープダイエット成功のポイントは? 脂肪燃焼スープダイエットとは、脂肪燃焼作用がある野菜を中心としたスープを毎食摂ることで、 脂肪燃焼効果を得るとともに摂取カロリーを抑えてダイエットをする方法になります。 脂肪燃焼スープダイエットは一週間と決められた期間があり、その間だけは基本的には朝食、昼食、夕食はすべてスープのみとなりますが、果物や牛肉を食べられる日もありますし、スープならいくらおかわりしてもOKなのでダイエットのように空腹に悩まされることはありません。 そのため、チャレンジした方の多くは体重が落ちるなどの成果を得ていますが、いくらダイエット効果があると言われても毎食同じスープを飲むのは飽きてしまうもの。 そこで食べ飽きしない工夫として、簡単に味を変えられる調味料を利用している場合が多いようです。 特に、カレー粉やトウガラシは調味料自体にダイエット効果が期待できるので、食べ飽きした時以外にもダイエット効果を高めるために利用してみるのがよいでしょう。 脂肪燃焼スープダイエットのおすすめ人気レシピ 脂肪燃焼スープダイエットをもう少し手軽に行いたい時は、アレンジしたメニューを加えることで、味に飽きがこなく長く続けることができます。 そこでここでは、脂肪燃焼スープダイエットのお勧めレシピをご紹介します。 脂肪燃焼スープO型用 トマト、ブロッコリー、玉ねぎ、にんじん、セロリ、ピーマンを適当な大きさにカットして、昆布、鶏ガラスープの素、かつお節とともに水で煮込みます。 野菜が煮えたら、食べる前に塩、しょうがを入れて完成です。 参考URL: 脂肪燃焼スープ豆乳味 キャベツ、にんじん、ピーマン、セロリ、玉ねぎ、ささみ、舞茸、トマト缶、すりおろしたしょうが、水、無調整豆乳、コンソメを入れて煮込むだけ。 仕上げに塩を入れて味を調えます。 参考URL: 白菜の脂肪燃焼スープ 白菜と人参を細かく切り、水で煮て本だしと味噌を加えます。 しばらく煮た後、醤油とごま油を加え、火を止め、ごまと刻んだねぎを入れます。 器に盛り、大葉とすりおろしたしょうがを加えて完成です。 参考URL: 毒だし脂肪燃焼スープの作り方 デトックス効果の高い毒だし脂肪燃焼スープの作り方をご紹介します。 材料を揃える手間があるものの、一度で大量に作ってしまえば後は楽ちんですので、ぜひ試してみましょう。 毒だし脂肪燃焼スープの材料 ・玉ねぎ(大3個) ・セロリ(一本。 水分が減ってきたらその都度足しましょう。 野菜が苦手な場合はどうすればいいの? 野菜が苦手な方が、脂肪燃焼スープを飲むのはなかなかつらいと思いますが、野菜に含まれる豊富なビタミンやミネラルこそが脂肪を燃焼させるためには欠かせないものです。 そのため、脂肪燃焼スープに成り代わるスープというのは、残念ながらありません。 ただし、材料の中の「たまねぎが苦手・・」「セロリが嫌い・・」という場合には、それ以外の代用品を使うことで脂肪燃焼スープを完成させることができます。 例えば、キャベツが嫌いなら、同じアブラナ科のブロッコリーを入れるとよいでしょう。 また、たまねぎは煮込むと形がなくなってしまいますが、それでも苦手という場合はニラ、セロリが嫌ならモロヘイヤやほうれん草、といった具合です。 ちなみに、トマトの代用品はないため、脂肪燃焼スープダイエットを行うついでに、トマト嫌いも克服してみましょう! 脂肪燃焼スープダイエットのデメリット 脂肪燃焼スープダイエットを行うにあたって、最も懸念されるのがたんぱく質不足です。 5日目と6日目を除いて、一週間の多くは野菜や果物のみとなるため、一日に必要なたんぱく質の量が絶対的に足りなくなってしまいます。 たんぱく質は私達の体を作るために欠かせない成分で、特に基礎代謝に関わりのある筋肉にも影響を与えてしまうことになります。 たんぱく質が減り、筋肉が作られなくなると、代謝が落ち、太りやすく体になってしまいます。 そのため、たんぱく質を豊富に含むお肉が食べられる5日目、6日目には、たっぷりと補給する必要があります。 間違っても「お肉の量を減らした方がもっと痩せられる」と思わないようにしましょう。 脂肪燃焼スープダイエットはリバウンドの心配はないのか? 脂肪燃焼スープダイエットによって、ダイエットに成功しても、心配なのはダイエット後のリバウンドのことですよね。 通常の食事に戻した途端、体重も元に戻ってしまうのでは?と思う方は多いのではないかと思います。 勿論、ダイエットで痩せたからといって、いつもより食べ過ぎてしまったら、当然太るのは目に見えていますし、ダイエット前の食生活が荒れていた場合も、その食事に戻してしまえば、やはり再び太ってしまうでしょう。 このダイエットを通じて、改めてこれまでの食生活を見直し、栄養バランスの優れた食事を心掛けることが大切になります。 脂肪燃焼スープダイエットの口コミ 脂肪燃焼スープダイエットが世の中に紹介されてから数年が過ぎましたが、今なおこのダイエットにチャレンジする方が多くいらっしゃいます。 それだけ人気となっている秘密には、やはりダイエット効果が得られること、が挙げられますが、実際このダイエットに取り組んだ方はどのような感想をお持ちなのでしょうか。 「スケジュールをきっちり守って行うことができれば、誰でも確実に痩せられる気がします。 5kgじゃなくても、一週間で2~3kg落ちたら成功と言えるのではないでしょうか。 」 「食事の量を制限するダイエットは自分には不向きのため、お腹いっぱい食べることができるこのダイエットは、自分にはとても合っていました。 体重も落ち、体調も良好です。 」 「スープの味に慣れて飽きてしまったため、カレー粉やスパイスなどを利用して、味を変えながら続けました。 結果的には3kgのマイナスがフィニッシュ。 期間を空けてからまた一週間チャンレジしようと思っています。 」 「以前、脂肪燃焼スープダイエットをして一週間で5kg痩せ、今もリバウンドなく体重をキープしています。 最近は、外食や飲み会などで食べ過ぎた日の翌日に脂肪燃焼スープを飲むようにして、これで体重の増減を調整しています。 」 脂肪燃焼スープで痩せない場合の原因と対処法 脂肪燃焼スープダイエットは、数多くのダイエット方法の中でも効果が高いとして知られているものです。 しかし、そのような中でも実際に脂肪燃焼スープダイエットをしてみたけれど、思うように痩せることができなかった・・という方がいます。 その場合、次のような原因が考えられます。 対処法とともにご紹介したいと思います。 脂肪燃焼スープダイエットでは、一週間に食べる食事が決まっており、その中にはフルーツや肉、スキムミルクなどがあります。 これらは、脂肪燃焼スープのみを摂取して代謝を下げることがないよう、考えられているメニュー。 そのため、「ダイエットの効果をより高めたいから」と言って脂肪燃焼スープのみを摂ってしまうと、返って体の調子を損ねてしまったりします。 また、脂肪燃焼スープを野菜が入ったスープと位置づけ、実際にはそれほど脂肪燃焼効果の期待できない野菜ばかりを食材に使って、ダイエット効果を得られていない場合もあります。 このようなことを避けるためには、脂肪燃焼スープダイエットは決められた材料でスープを作り、プログラムを遂行することが大切になります。 低カロリーでたくさんの野菜を使っているため、食べれば食べるほどダイエット効果が高まるとも言われていますよね。 しかし、いくらダイエットによいと言っても、毎日20杯も30杯も食べていたら摂取カロリーのオーバーになってしまうでしょう。 脂肪燃焼スープダイエットはお腹いっぱい食べてもOKですが、だからと言って極端な食べ過ぎはダイエット効果を失わせてしまうこともあります。 一週間で痩せる脂肪燃焼スープダイエットで-8kgの効果!のまとめ 脂肪燃焼スープダイエットは、必ず7日間という期間を守って下さい。 野菜には多くの栄養が含まれますが、それだけではバランスが崩れてしまうためです。 もし、2週間行いたい場合は、続けて行わずに7日間が終わったら、数日~数週間体を休ませた上、体調を整えてもう一週間行うようにしましょう。

次の

ダイエットレシピ1週間で痩せる献立【豆腐・ささみ・スープ】 │ ダイエットノートBIZ

ミラクルダイエットスープ

脂肪燃焼スープダイエットとは まず、 脂肪燃焼スープダイエットとは何なのかという話から始めましょうか。 脂肪燃焼スープダイエットというのは、野菜スープを中心にしたメニューを食べることで体重減を図るダイエットのことです。 脂肪燃焼スープといえば、テレビでも話題になったことがある『 食べれば食べるほど痩せられる』という魔法のようなスープ。 脂肪燃焼スープのダイエット効果はいろいろと騒がれていますので、興味がある人も多いでしょう。 実際に私も脂肪燃焼スープダイエットのおかげで10㎏も痩せることができました。 実は、この脂肪燃焼スープによるダイエットは、一般の人たちだけでなく病院でも用いられています。 具体的には、心臓手術のために痩せることが必要な患者さんなどが、脂肪燃焼スープダイエットによって安全に痩せているのだとか。 病院でも用いられているダイエット方法なので、脂肪燃焼スープダイエットの危険性を気にしている人も安心してくださいね。 する方法は他にもありますが、スープダイエットはおいしいスープを食べながらのダイエットなんで、続きやすいんです。 脂肪燃焼スープによるダイエットは、ブログや口コミでも評判になっており、痩せないと思っていた人も、飲み続けることでその効果を実感しているようです。 私自身も試してみるまで半信半疑だったのですが、試して3日目で既に効果を実感しまして、体重計に乗って3㎏も減っていたときは思わずガッツポーズを取ってしまいました。 スープ食を2週間続けただけで痩せられたので、皆さんにもおすすめです! ぜひ脂肪燃焼スープダイエットを試してみてくださいね。 集中してする方法についてはこちらもご参考にしてください。 脂肪燃焼スープの魅力 脂肪燃焼スープによるダイエットについて語るのなら、まずは、 脂肪燃焼スープの魅力から語らなくては。 脂肪燃焼スープの魅力は、大きく分けて 6つあります。 副作用みたいなものがないので、安全に飲み続けることができますし、スープの味を変えることができるため、飽きることなく続けることができるんです。 なので、もし、無理することなく安全に痩せたい、という人が私のように脂肪燃焼スープを飲みながらダイエットをして欲しいなと思います。 脂肪燃焼スープ以外のが気になる方はこちらもご参照ください。 絶対痩せないはずの私が10㎏痩せた脂肪燃焼スープのレシピ 以下が痩せないはずの私が10㎏痩せた脂肪燃焼スープのレシピです。 材料 量 玉ねぎ 大1こ(200g) キャベツ 半玉(300g) しめじ 2分の1パック(50g) ピーマン 1こ(25g) トマト缶 1缶 しょうが(みじん切り) 小さい固まり(40g) にんにく(みじん切り) 小さじ1(6g) オリーブオイル 大さじ1 コンソメ顆粒 大さじ1 塩コショウ お好み 揃える材料も、作り方もとっても簡単!40分くらいで作れちゃいます。 入れる野菜は一例なのでお好みで好きなものを入れてくださいね。 ちなみにダイエットに向いている野菜は、 1、野菜は簡単に食べることができるように、全部ザクザクと切ってしまいましょう。 2、玉ねぎについてはオリーブオイルでにんにくと一緒に炒めてから鍋に入れると、脂肪燃焼スープの風味が良くなります。 3、鍋に材料を全部入れたら、水を入れます。 ひたひたになるくらいが丁度いいでしょう。 4、野菜がお好みの柔らかさになるまで煮ます。 煮えたら、塩コショウで味を整えて終わりです。 いかがでしょうか。 脂肪燃焼スープの作り方、とても簡単ですよね。 にも効果があるんで、ぜひ作ってみてくださいね。 あとは、このスープを中心にひたすら食べ続けていくことになりますが、さすがに同じ味だと飽きてきます。 なので、 お好みによって、いろいろと味を変えていくと良いでしょう。 味噌や白だしを使ったり、醤油や、カレー粉やナンプラー、ワインビネガーなどを使ったりすると、味がガラリと変わるので、かなり長い間楽しむことができますよ。 タンパク質が足りないという人は、豆腐を入れたり、お肉を入れたりしても大丈夫です。 炭水化物と違って、豆腐やお肉は食べても太らないので、お好みに応じてタンパク質も入れてみてください。 1日目 記念すべき脂肪燃焼スープダイエットの一日目。 初日は、脂肪燃焼スープの他には、水かフルーツジュースだけしか口にしません。 2日目 おそらく初日の反動が来ていることかと思います。 2日目は、 満腹になるまで脂肪燃焼スープを食べてください。 野菜については、脂肪燃焼スープに入れたものだけでなく、生で食べてもOKです。 たとえば、きゅうりに味噌をつけて食べるのも良いと思います。 さつまいもやじゃがいもを食べてもOKです。 私はさつまいもを蒸して食べました。 3日目 献立は、脂肪燃焼スープ。 その他には、野菜と果物を好きなだけ。 ただし、3日目は お芋などの炭水化物系は控えましょう。 もし、あなたが私と同じ献立で3日目を過ごしているのでしたら、既に2~3㎏減っていてもおかしくはありません。 4日目 4日目は、脂肪燃焼スープとバナナ3本、無脂肪ミルク400mlを飲みましょう。 脂肪燃焼スープと水は好きなだけ飲んでもOKです。 先日、ほとんど炭水化物を摂取していませんから、身体は炭水化物を必要としているはず。 なので、炭水化物の他に、タンパク質やカルシウムなども必要となります。 バナナとミルクで補いましょう。 5日目 5日目は、 お肉も食べましょう。 350gから600g程度の赤身の牛肉、あるいは鶏肉でも良いです。 魚を食べるのも良いと思います。 お肉の他にはトマトをたくさん食べて欲しいですが、お腹の具合もあるので、それについては適量で。 体内から尿酸を排出するため、水もできるだけ多めに飲むようにしてくださいね。 6日目 牛肉のステーキや焼き肉、野菜を食べたり、脂肪燃焼スープを飲んだりしてください。 ステーキについては、お腹の具合によっては2~3枚食べてもOKです。 炭水化物を食べたい衝動にかられますが、 お米はもちろん、お芋類も控えましょう。 7日目 最後の1日は、 玄米を食べてください。 玄米と野菜、それに甘味料の入らないジュースを飲んでください。 久しぶりの炭水化物ですので、たくさん食べたい衝動に駆られますが、食べ過ぎは禁物ですよ。 脂肪燃焼スープも忘れずに飲んでくださいね。 いかがでしたでしょうか。 きちんとここまで指示通りに食べていれば、ほぼ 確実に5~8㎏は体重が減っている可能性が高いです。 私の場合は、もとが太り気味の体質というのもあり、10㎏減でした。 順調に体重が落ちていったので、もっと減らしたいという人は、さらに脂肪燃焼スープダイエットを続けていくのも良いと思います。 新たに脂肪燃焼スープダイエット期間に入る前に、2日間、普通にご飯を食べて、それからまた脂肪燃焼スープ生活に入るのも良いでしょう。 脂肪燃焼スープダイエットは、とても安全に体重を減らすことができるダイエット方法なので、何回でも納得がいく体重になるまで繰り返すことができます。 ことをお望みなら、下記の記事もご参照ください。 脂肪燃焼スープの評判 脂肪燃焼スープによるダイエットは、たくさんの人が試みているみたいですね。 フルーツと一緒に食べるのも、食が進みそうです。 トマトが鮮やかで美味しそうです。 私も、また脂肪燃焼スープが飲みたくなってきました。 脂肪燃焼スープダイエットの場合、基本的に毎日脂肪燃焼スープを食べることになりますので、たくさん作っておいて冷蔵庫に入れて、食べるときだけ出して飲むというのが良いかと思います。 冬場は寒いので、地方によっては台所の鍋に入れっぱなしにしておいても良いでしょう。 また、「 スープだけじゃ飽きそうな気がする」「 とりあえず早く痩せたい!」という方におすすめしたい、ダイエットをサポートしてくれる当サイトトップ3の人気アイテムたちをご紹介します。 脂肪燃焼スープダイエットなら、なかなか痩せない人も、無理なく体重を減らすことができます。 何しろ、万年肥満気味で悩まされている私も、脂肪燃焼スープダイエットで簡単に10㎏も痩せることができましたから。 脂肪燃焼スープダイエットは、 基本的に野菜スープを中心にした献立を食べ続けるだけです。 ただし、脂肪燃焼スープダイエットをする際は、炭水化物は控えめにして、あるいは全く摂取をしない日をもうけることが必要となります。 加えて、まったく炭水化物を取らないというのも、身体の調子が悪くなってしまうので、バランスよく摂取していくことが大切です。 もし、初めて脂肪燃焼スープダイエットに挑戦するという人は、私の1週間の献立と同じメニューで初めて、徐々に慣れてきたら、自分なりのアレンジをしてみるのもいいと思います。 たとえば、ここでは書きませんでしたが、お好みに応じてスープを唐辛子などで辛くするというのも更なる脂肪燃焼効果が期待できるのでおすすめです。 自分の好みの脂肪燃焼スープをつくって、楽しくダイエットをしていきましょう。

次の

脂肪燃焼スープダイエットは1週間で効果大!正しい作り方・アレンジレシピまとめ|CALORI [カロリ]

ミラクルダイエットスープ

ダイエットレシピなら肉やお菓子を食べても1週間で痩せる? 食べる量は決して多いわけではないのになぜか痩せられない。 そのような悩みを抱えている人は、まずは自分が一日で食べたものを全て書き出してみましょう。 なぜなら、自分ではそれほど食べていないと思っていても、「つい口寂しくて・・」とか「何となく目についたから」などの理由で、空腹時以外にあれこれと食べてしまっている可能性があるからです。 そして、食べたものを書いたら、そこからカロリー計算をしてみましょう。 カロリー計算は、食べ物のカロリーを表示しているインターネットサイトを利用したり、スマホのアプリなどで簡単に調べることができますが、多少の誤差にこだわる必要はありません。 この段階では、あくまでもおおよその摂取カロリーを知ることが大切です。 そうすると、量は食べていなくても、摂取カロリーが高いことがわかると思います。 中には、カロリーが低いと思っていたものが思っていた以上に高カロリーだった、という場合もあります。 ダイエットの基本は摂取カロリー<消費カロリーですから、食べる量が少ないにも関わらず痩せられない時は、食べているもののカロリーが高いと考えられますが、そのような時に役に立つのがダイエットレシピです。 ダイエットレシピは低カロリーであることが絶対条件ですから、それさえ食べていれば痩せられるでしょう。 しかし、ダイエット=低カロリーと安易に考えてしまうと、体に必要な栄養素が足りず、体調不良になったりストレスが溜まるなどの原因になりかねません。 また、いくらダイエットに効果があるとしても、高価なものであれば毎日食べ続けることは困難になりますよね。 そこでここでは、節約しながら一週間で効果が期待できる、おすすめのダイエットレシピをご紹介したいと思います。 ダイエットによいと言われている食材は数多くありますが、その中でも今回は豆腐とささみにスポットをあててみました。 さらに、作り置きしておけば、いつでもすぐに食べることができるスープのレシピも併せて掲載していますので、これからダイエットを始めようと思っている方は、ぜひ一度ご覧頂けたらと思います。 ダイエット中におすすめの食品とは? ダイエットによい食品は、低カロリーであることが絶対条件と言えます。 しかし、このカロリーという言葉、当たり前のように聞きますが、どのような意味なのかしっかり理解しているという方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。 カロリーは、人が生きていくためのエネルギーとなるもの。 電化製品は電気をエネルギーにして動きますよね? また、車はガソリンがなければ走れないように(最近は電気自動車もありますが・・)、人も呼吸をしたり、立ったり歩いたり話したりするためにはエネルギーが必要となります。 そして、そのエネルギーは食べ物から摂取します。 摂取した食べ物に含まれるカロリー(エネルギー)は、日常生活や運動などによって消費されますが、この時、摂取したカロリーよりも消費カロリーが下回れば、体内にはカロリーが残った状態になりますよね。 そこにさらに食事よってカロリーが追加され、カロリーがどんどんと蓄積されていくと、これが脂肪になってしまいます。 つまり、脂肪は消費されなかったカロリーの塊ということになります。 このようなことから、ダイエット方法として最も理想的なのは、食べた以上に運動することと言えます。 しかし、毎日忙しい中で運動をする時間をなかなか作れない場合や、運動そのものが苦手と言う人もいますよね。 それならば、消費できるカロリーに制限があるなら、摂取カロリーを抑えようというわけです。 いかがでしたか? どうしてダイエットに低カロリーの食品がよいのか、その理由がよくおわかり頂けたのではないでしょうか。 1週間で痩せられる? ダイエットを始める時、多くの方は「1ヶ月で痩せたい」「1週間で痩せたい」のように、期限を設けるのではないかと思います。 でも、そんな短期間で本当に痩せることはできるのでしょうか。 理論上、脂肪1gを燃やすのに必要なエネルギーは1㎉と言われており、1kg痩せるには9,000㎉の消費が必要となります。 ただし、脂肪1kgのうち脂質は8割程度で、残りの2割は水分などで構成されていることがわかっているため、1kg痩せるには7,200㎉の消費が目安となるそうです。 これを1週間に当てはめてみると、約1,029㎉となります。 日本の成人男女の摂取カロリーの平均は、1,800~2,200㎉と言われているため、一日1,000~1,200㎉で食事を行うようにすると、1週間でも1kg痩せることは可能となります。 豆腐を使った節約のダイエットレシピ5選 ダイエットに低カロリーの食品は欠かせませんが、ただやみくもに低カロリーのものばかりを食べていると、栄養不足になりかねません。 特に、カロリーの低い食品を摂るようになると、不足しがちになるのがたんぱく質。 たんぱく質は、三大栄養素の一つに数えられ、摂取量が足りなくなると心身に様々な影響を及ぼすと言われています。 中でもダイエットに関係してくるのが筋肉量の低下に伴う代謝の減少です。 筋肉が減ると基礎代謝が落ち、返って太りやすくなるため、ダイエット中はカロリーが低いものを意識して食べながら、同時にたんぱく質不足にならないように注意しなければなりません。 そのような場合にとてもおすすめなのが、豆腐です。 豆腐は低カロリーでありながら、高たんぱく質(植物性たんぱく質)の食品なので、ダイエット中にはぜひ摂りたい食品の一つ。 そこでここでは、豆腐を使ったダイエットレシピをご紹介したいと思います。 豆腐を使ったダイエットメニューとして定番のサラダですが、このレシピはクックパッドでつくれぽ580人超えの大人気レシピ。 簡単ながら味に定評があるレシピなので、ぜひ作ってみて下さいね。 参考URL: 豆腐とキャベツのお好み焼き風 耐熱皿に入れレンジで加熱した豆腐の粗熱をとり、刻んだキャベツ、卵、薄力粉、顆粒だし、塩コショウと合わせてよく混ぜたら、油をひいたフライパンに流し入れ、両面をかりっとするまで焼いて、最後に刻んだねぎをトッピングして完成です。 豆腐を入れることで薄力粉の量を減らすことができ、また食べる時はたっぷりとポン酢を掛けるので、ソースやマヨネーズで食べる通常のお好み焼きよりもカロリーダウンが期待できます。 こちらもつくれぽ1,800件超えの大人気レシピとなっています。 参考URL: 糖質控えめ!ふわふわ豆腐ハンバーグ ボールに鶏ひき肉とナツメグを入れ、粘りが出るまでよく混ぜたら、そこにみじん切りした玉ねぎ(食感を残したい人はそのまま、やわらかく仕上げたい場合はレンジで加熱)、豆腐、卵を入れさらによく混ぜ合わせます。 種が完成したら冷蔵庫で少し冷やし、小判型に成形して、オリーブオイルをひいたフライパンで焼きます。 完成したハンバーグに大葉、大根おろしを乗せ、ポン酢を掛けて頂きます。 このレシピでは繋ぎに炭水化物を使っていないため、糖質制限をしたい方にもおすすめです。 ボールに潰して滑らかになるまでかき混ぜた豆腐、卵を入れて混ぜ、そこに炒めたベーコンを入れて、塩をブラックペッパーで味を整えます。 茹でたパスタとお好みの野菜を入れ、とろけるチーズを加えたら、ブラックペッパーでもう一度味を調えて完成です。 生クリームや粉チーズを使用しない分、カロリーを抑えつつも、濃厚な味わいはしっかりと楽しめる仕上がりになっています。 加熱したら、きな粉とお好みのドライフルーツをトッピングして完成です。 ダイエット中でもデザートが食べたいという時は、低カロリーの豆腐を使ったこんなレシピはいかがでしょうか。 豆腐は、絹豆腐を使うよりも充填豆腐を使用した方が水分が出にくく、口当たりもよくなるのでおすすめです。 参考URL: ささみを使った簡単なダイエットレシピ5選 低カロリー高たんぱく質の食品としてよく知られている鶏のささみ肉。 ダイエットにおいて、カロリーを抑えつつ、筋肉に必要なたんぱく質をしっかりと補えるため、理想的な食品と言えるでしょう。 しかし、鶏のもも肉のように脂肪分が少ないため、調理してもぱさつきが気になったり、味が淡泊すぎて美味しく感じない・・。 ささみに対して、このようなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。 いくらダイエットに効果があると言っても、美味しくなければなかなか続けることができませんよね。 そこでここでは、ささみを使った簡単で美味しいレシピをご紹介したいと思います。 鶏ササミ肉の甘辛レモン炒め 一口大に削ぎ切りしたササミ肉に、酢、塩コショウを振って馴染ませ、そのまま15分ほど置いておきます。 小麦粉をまぶしたササミ肉を、サラダ油を熱したフライパンに並べ、片面を軽く焦げ目がつくまで焼いたらひっくり返して蒸し焼きにします。 そこに、酒、しょうゆ、みりん、レモン汁、砂糖で作ったタレを加えて煮絡めて、白ゴマを振って完成です。 輪切りにしたオクラを電子レンジで加熱し、千切りにした長いもとささみ、だし醤油、白だし、かつお節、粗く擦った白ゴマ、一味唐辛子と混ぜ合わせて完成です。 オクラと長いものネバネバ食感がプラスされることで、ささみのパサつきが抑えて美味しく頂けます。 ささみ肉を適当に割き、5㎝ほどにカットした三つ葉、塩コショウ、ごま油、粉末だし、醤油、ごまと和えて完成です。 ささみは粗熱をとって冷ましてもよいですが、熱い状態で調理すると三つ葉がしんなりして、味の馴染みがよくなります。 参考URL: ささみで納豆ダイエット 筋をとったささみを耐熱皿に入れ、さらに酒と水を入れてラップをふわっとかけたら電子レンジで加熱します。 水を捨て、粗熱をとったささみを手で割いたら、そこにマスタード、白だし、ごま油、納豆、ねぎを入れ混ぜ合わせましょう。 納豆に着いている付属のたれも一緒に入れて下さいね。 このレシピを食べて、徐々にダイエット効果を感じている人もいるようですので、ぜひダイエットメニューに取り入れてみましょう。 参考URL: ウチの鉄板!鶏ささみのカリカリ唐揚げ 筋にそって縦半分に切ったささみを、醤油、酒、すりおろしたにんにく、しょうがのたれに入れ、しばらく浸しておきます。 たれから取り出したささみに天ぷら粉をまぶし、たれに水、てんぷら粉、パン粉を混ぜて、ささみをくぐらせ、油で揚げて完成です。 ダイエット中でも揚げ物が食べたくなる時がありますが、そんな時は低カロリーのささみを利用してみてはどうでしょうか。 唐揚げは脂身がないと満足できないという方でも、カリカリの食感が癖になり、つい手が止まらなくなりますよ。 参考URL: ダイエットに人気のスープレシピ5選 最初に大量に作っておけば、後は食べたい量だけを取り出して温めるだけで食べられるスープは、忙しい人の強い味方になるダイエットフードです。 野菜が苦手という人も、スープに入れてしまえば案外食べられる、という場合も多いのではないでしょうか。 また、スープにはたっぷりと水分があるため、具だくさんにすれば、これだけで一食分になるというほどボリュームもあり満足できる一品になります。 とは言え、材料を選ばないと知らず知らずのうちにカロリーを摂り過ぎてしまうこともあるため、ここではダイエットにおすすめのスープレシピをご紹介したいと思います。 脂肪燃焼!ミラクルダイエットスープ たまねぎ、ピーマン、セロリの茎、キャベツを適当な大きさにカットしたら、ホールトマト、コンソメ、水、を鍋に入れ煮込みます。 ウィンナーを入れる時は輪切りにし、軽く煮込む程度にしましょう。 塩コショウで味を調えたら完成ですが、食べ飽きしないように、食べる時にカレーパウダーやチリパウダーなどを振りかけてもOKです。 このスープは、脂肪燃焼スープダイエットとして、日本でもブームになったダイエット方法のレシピです。 元は、手術を行う前の肥満患者が短期間で体重を落とすために考案されたレシピとなっており、決められたルールにのっとって行うダイエット方法ですが、食べるだけで代謝がアップし脂肪燃焼効果が期待できると言われています。 コンソメ、醤油、酒、コショウを加えて味を調え、仕上げにゴマ油を入れて完成です。 きのこは食物繊維が多いため、腸内環境を整え、お通じの改善効果が期待できる食品です。 また、きのこ類はどれでも低カロリーのため、お好みのものを入れてもOKですし、たくさん食べても摂取カロリーが低いので満腹感を得やすくスープとなっています。 そこに、適当な大きさにカットしたキャベツ、にんじん、舞茸、エリンギを入れ、水を入れて煮込み、コンソメ、白だし、だし醤油、しょうがチューブを入れ、塩で味を調えたら、ブラックペッパーと刻んだねぎを散らして完成です。 お肉の量を減らせば、家族と一緒に楽しめるダイエットスープになります。 参考URL: 節約and時短!もやしと卵のスープ 水、もやし、ダシダを鍋に入れ火にかけたら、塩で味を調え、溶き卵を流し入れ、すぐに火を止めます。 最後にごま油を回し入れたら完成です。 ボリューム満点ながら低カロリーなので、ダイエット中におすすめです。 参考URL: 魔法瓶で作る小豆スープでダイエット 乾燥小豆を軽く水洗いして水を切ったら、魔法瓶に小豆、コンソメ(ウェイパーでも可)、塩を入れ、さらに熱湯を注ぎます。 上下左右に振って混ぜたら、横倒しにした状態で7~8時間ほど放置します。 食事の前にこの小豆スープを飲むと、血糖値が上がりにくくなると言われています。 参考URL: 食べても太らない!お肉を使ったレシピ5選 ダイエット中はお肉を食べるのを控える方も多いと思いますが、お肉には動物性たんぱく質が多く含まれることから、適度に摂取することで筋肉量を減らすことなく、代謝を活発にして痩せやすい体を作ってくれます。 とは言え、脂質の摂り過ぎは肥満の原因になることから、ここではダイエットにおすすめのレシピをご紹介したいと思います。 ほっとけばできる鶏ハム 鶏むね肉の皮を外し、砂糖、塩の順番ですりこんだら、袋に入れて密封し半日から一日おきます。 次に、ボールに鶏むね肉を入れ、水を注いで砂糖と塩抜きをします。 水に浸けておくのは30分程度がよいでしょう。 塩抜きした鶏むね肉をラップして、キャンディー状に形を整えたら、沸騰した鍋に入れ、もう一度沸騰したら火を止め、お湯が完全に冷めるまで放置します。 後はお湯から引き揚げ、好みの厚さにカットしたら完成です。 低カロリーの鶏むね肉で作るハムは、そのまま食べても、サラダに入れても美味しく頂けます。 参考URL: 白菜と豚肉のミルフィーユ 洗った白菜に豚肉の薄切りを敷き、それを交互になるように7段ほど重ねたら、適当な大きさにカットして鍋にし敷き詰めていきます。 塩コショウ、だしの素、酒を入れて蓋をし、蒸しにして完成です。 豚肉の薄切りはなるべく脂のないものを使うようにしましょう。 参考URL: 牛肉のトマト煮 牛肉(赤身)は一口大にして塩コショウをし、にんじんは乱切り、ブロッコリーは食べやすい大きさに、たまねぎはみじん切りにして、にんじんとブロッコリーはあらかじめ茹でておきます。 鍋にバターを入れ、スライスしたにんにくを炒めたら、玉ねぎを入れて炒め、さらに牛肉を入れて炒め、そこに赤ワインを入れてアルコールを飛ばし、トマト缶、ウスターソース、ケチャップ、水、砂糖を入れて煮込みます。 にんじんを入れてさらに煮込んだら、ブロッコリーを飾って完成です。 牛肉は赤身を使うと脂身がないのでヘルシーながら、ミネラルがしっかりと摂れておすすめです。 参考URL: 塩だれ焼き鳥 鶏肉を一口大にカットし、酒をまぶして30分ほどおいておきます。 お肉を食べる時は、大きさやある程度の硬さがある方が、食べ応えがあるだけではなくよく噛むようになるので、満足しやすいと言われています。 参考URL: ダイエット中でもOKなおいしいお菓子のレシピ5選 ダイエットを無理なく続けるコツは、我慢しすぎないこと。 我慢しすぎるとストレスが溜まり、暴飲暴食の原因になることもあるため、適度に食べたいものを食べることも時には必要です。 とは言え、市販のものは糖質の量が多く含まれているため、せっかく頑張ってきたダイエットが水の泡になってしまうことも・・。 そのような時には、ダイエット中でも食べてOKのお菓子を手作りしてみましょう。 ここではダイエット中におすすめのお菓子のレシピをご紹介したいと思います。 ダイエットに簡単!チョコプリン 水でゼラチンをふやかし、鍋に低脂肪乳、無糖ココア、甘味料、ふやかしたゼラチンを入れて火にかけ、型に流し入れて冷やし固めたら完成です。 甘味は、砂糖ではなく他の甘味料(オリゴ糖)などを使うとよいでしょう。 参考URL: ダイエット!豆乳おからヨーグルトケーキ 生おから、豆乳グルト、片栗粉、ラカント、レモン果汁をボールで混ぜ、クッキングシートを敷いた深めの耐熱皿に流し入れオーブンで焼き、一日冷蔵庫で冷やしたら完成です。 牛乳、卵、油、砂糖、小麦粉不使用のダイエットケーキです。 わらびもちの代わりにこんにゃくを使用することで、ヘルシーになります。 参考URL: 簡単ダイエットクッキー 豆乳、薄力粉、片栗粉、きなこ、砂糖をボールに入れてまとめたら、2㎜ほどの厚さに伸ばし、適当な大きさにカットしてオーブンで焼いて完成です。 豆乳を牛乳や水に変えると、さらにカロリーダウンできます。 参考URL: ダイエットに!香ばしい打ち豆のお菓子 フライパンで打ち豆を乾煎りし、一旦取り出して、フライパンに水と砂糖を入れて煮立たせそこに再度打ち豆を入れて、パラパラになるまで炒めたら、黒豆きなこを入れて混ぜ合わせて完成です。 ヨーグルトにトッピングしたり、牛乳をかけてシリアルようにしても美味しく食べられます。 参考URL: その他ダイエットにおすすめの簡単で節約のレシピ5選 上記以外の食品を使って、安くて簡単に作れるダイエットレシピをご紹介します。 所要時間5分でできる、超スピードダイエットメニューです。 参考URL: 蒟蒻と大根の煮物 5㎜角にカットした大根と蒟蒻を下茹でし、ごま油、本だし、酒、醤油、みりんを入れて鍋で煮込み、その後冷ましながら味を染み込ませて完成です。 作り置きでき、ヘルシーなのでダイエットにもOKです。 冷めたら適当な大きさに切り、ポン酢を掛けて完成です。 安い鶏胸肉と消化酵素たっぷりの大根を組み合わせたヘルシーかつ節約メニューです。 参考URL: ヘルシーこんにゃくステーキ 塩もみしたこんにゃく「に格子状の切り込みを入れ、醤油、みりん、酒に浸した後、フライパンにオリーブオイルをひいてスライスにんにくを焼いたら、こんにゃくも焼いて、にんにくとねぎをトッピングして完成です。 参考URL: 超簡単節約キャベツのマリネ キャベツ、玉ねぎ、にんじんをカットし塩もみをして絞ったら、手で割いたかにかまと砂糖、醤油、サラダ油、こしょうを合わせて半日から一日冷蔵庫で置いて完成です。 冷蔵庫で一週間ほど日持ちするため、たくさん作って食事の時にとるようにしましょう。 参考URL: ダイエット中でも満腹になるまで食べていいの? 大好物な食べ物は、お腹がパンパンになるまで詰め込んで食べたい!と思ってしまいますよね。 また、友達や仲間との食事は楽しくてつい、食べ過ぎてしまうということもよくあると思います。 満腹になるまで食べると、「太るかも・・」という自己嫌悪に陥ってしまいますが、食べている時はこの上ない幸福感があるもの。 しかし、実は満腹になるまで食べるのは、体にとても負担が掛かってしまう行為なのです。 また、パンパンに詰め込まれた状態では胃のぜん動運動が阻害されるため、消化活動をするために胃は余計に働かなくてはいけなくなるので、疲労しやすくなります。 さらに、胃腸での消化が遅くなると、体の各所へ届けられるはずだったカロリーが蓄積し、脂肪になりやすくなってしまいます。 血行不良は、細胞への酸素や栄養素の運搬が鈍くなるだけではなく、老廃物の排出も滞ってしまうため、代謝が落ちたり冷えの原因に繋がります。 免疫力が下がれば、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなりますし、さらにはガンなどの重病の発症にも繋がってしまうことも。 私達の体の免疫力は空腹時に活発になると言われているので、日頃から腹7~8分目の食生活を心掛けることがとても大切と言えます。 ダイエットレシピのおすすめアプリ3選 ダイエットレシピを簡単に検索するなら、アプリを利用するのがよいでしょう。 そこでここでは、おすすめのダイエットレシピアプリをご紹介します。 また、ダイエットだけではなく美肌に役立つレシピも掲載しています。 体脂肪計タニタの社員食堂 あのタニタが監修しているレシピアプリです。 社員食堂のメニューが作れるのはもちろんですが、500㎉以内の定食をオリジナルで作れるため、メインや副菜などを自分好みにできるのが嬉しいところです。 健康献立レシピ提案オーガニック 一人一人に合った献立を考えてくれるレシピアプリ。 献立を決めたら買い物メモを自動作成して、買い忘れを防いでくれる機能もついています。 ダイエットレシピ【豆腐・ささみ・スープなど節約の献立】まとめ ただ漠然と、体によさそうなもの、低カロリーっぽいものを食べるのではなく、ダイエットの食品として役立つものをしっかりとチョイスすることが大切です。 今回ご紹介した豆腐やささみ、スープのレシピを上手に取り入れて、健康的で無理のないダイエットを始めてみましょう。

次の