へ その ごま。 「へそのゴマ」は取るべき? 医師が明かす正体&影響&ケア方法

ゴマ

へ その ごま

よーっし、今日もおへその掃除しちゃうぞ! と、シャワーを浴びながら、おへそを優しくなぞってみると… おいおいおい!!何だか、しろっぽいのが出てくるじゃありませんか! え、『へそのごま』って、黒っぽくなかったっけ? さっき妹のへそを掃除したんだけど、白いへそゴマはじめてみた。 ひぇ~ — ちよ siiimeziii やっぱり、 『ゴマ』だから、黒だけじゃなくて、白もあるの!? クン、クンクン…。 おまけに、すごく臭い…。 白いへそのゴマあるんだけど病気かな — O. IH403 これ、何かの病気? もしかして、私の身体…人と違う? 今回は、『白いへそのごま』と、その『臭い』について、解説します! へそのごまが白い?!その正体はあれが原因だった さて、今回の本題、メインディッシュとも言える部分です。 そう、『白いへそのごま』の正体について。 前項でも、触れましたが『へそのごま』自体には、自身の着ている洋服の繊維が混じることから、 『へそのごま』を分析することで、その人が好んで着用している衣類の色が分かることが知られています。 余談ですが、これはイグノーベル賞 公衆衛生賞を受賞した、オーストラリアのカール・クルスツェルニキ博士が研究した内容です。 博士は自身の『へそのごま』が『青い』ことから、なぜ青いのか、そもそもなぜ『へそのごま』は作られるのか、という疑問から、研究を始めたそうです。 じゃあ、白い肌着を普段から着ているから、私の『へそのごま』は白いのか!!と、早合点をしてはいけません。 博士の言っている 『衣類の繊維』説も1つの可能性なのですが、別の可能性もあります。 そもそも、『へそのごま』が形成される過程として、 色々なゴミが集まってきて、汗やごみの中の水分を基に、固形化されるのですが、 この時の『へそのごま』、 固形化した頃は白っぽく、空気が触れることで酸化し、段々と黒ずんでくるそうです。 つまり、『白いへそのゴごま』の正体は 『酸化していないへそのごま』という可能性もあるのです。 なので、『へそのごま』が白っぽく、冒頭の私のように、もしかして病気!?私の身体、大丈夫!?と心配された方々、ご安心ください。 それも『へそのごま』の一つの姿であり、あなたは健康そのものです! これでまずは、一安心ですね。 へそのゴマの臭いのは異常?臭いの正体とは 『へそのごま』が『白い』ことは、何の問題もないことは分かったけれど…。 この『臭い』って普通なの?異常じゃないの?と、心配される方ご安心ください! それも、 普通です! ここから、詳しく解説していきます。 炎天下の中に放り出された生ごみをイメージしてください。 なんとも言えない湿気をはらみ、炎天下の暑さに蒸され、嗅ぎたくもない異臭を放つイメージ。 そう、それこそが『へそのごま』の臭いの正体! 雑菌が繁殖し、強烈な臭いを発してしまっているんですね。 もちろん、脂性の方や、汗をあまりかかない方、定期的におへそを掃除している方など、 身体の状況には個人差がでてきますし、臭いの発生のメカニズムは、私たちの体臭と同じだそうです。

次の

へそのごまの正体とは/へそに優しい簡単な「ごま」の取り方

へ その ごま

クール便の場合 別途324円 税込 を負担して頂きます。 クール便の場合 別途324円 税込 を負担して頂きます。 ご注文確定メールにて送料を変更しメールをお送りさせて頂きます。 早急に交換させていただきます。 この場合の送料は弊社が負担致します。 商品到着後7日以内にご連絡ください。 この場合、送料、返金にかかる費用はお客様のご負担になります。 いずれの場合でも、商品到着後8日以上経過した商品の返品・交換はいたしかねますのでご了承ください。 納品書をご希望されるお客様は、お手数ですが、配送についてのご希望欄に 納品書希望 の旨をご記入頂きます様お願い致します。 領収書をご希望の場合もご注文時に、備考欄に 領収書希望の旨をご記入頂きます様お願い致します。 お荷物に同梱し発送させて頂きます。

次の

便器の4100倍汚いへそのごまの掃除方法

へ その ごま

へそのごまの取り方は油を使うのがベスト!? ごまを取るのは悪いことではないと書きましたが、 ごまを取るために何回もしつこくおへその中をこすって、 おへそがヒリヒリすることがあります。 それは摩擦によって、おへその皮膚が傷ついているということなので、 そこまでいくと身体にはよくありません。 傷ついた部分からばい菌が入ったりして、 皮膚疾患にかかるおそれがあるからです。 ごまを取るときに、 ただ指先でこするのではなくて、 油分と水分を足しながらやってあげると、 その心配はなくなります。 使うものは ベビーオイルと綿棒です。 両方とも、コンビニに売っているもので十分です。 ベビーオイルは、 女性の化粧水などを扱っているコーナーに置いてあります。 デパコスの何千円もする化粧用オイルでも何でも良いのですが、 スポンサードリンク 安いものの方が、水分が多めに配合されていて使いやすいので、 私はいつもベビーオイルです。 まず、てのひらにベビーオイルをたっぷり出して、 そのなかに綿棒の先をひたします。 ぽたぽたとオイルがたれるくらいにつけたら、 そのままおへその中へ持って行き、 ごまのところをくるくるとなでてください。 このときオイルが少なすぎたり、 一度に取ってやろうとあまり力を込めすぎたりすると皮膚をいためます。 「ちょっと多いかな?」と思うくらいのたっぷりめのオイルで、 ゆっくり、やさしくなでるくらいでちょうど良いです。 汚れがひどいときは、おへそに直接オイルをぬって、 しばらく放置してください。 そのうち汚れが浮き上がってきますので、 綿棒で汚れを巻き取るように、くるくるマッサージすると、 おへそのシワにたまったごまも、するっと簡単に取れます。 オイルは身体に残っていても大丈夫ですが、 気になるときはティッシュかコットンに水を含ませて軽くふきとります。 へそのごまを取るのは妊婦でも大丈夫? 妊娠中におへそをごそごそさわったら、 そのすぐ下にいる赤ちゃんに悪い影響があるのでは!?と、 不安な方もいると思います。 ですが、 まったく問題ありませんので安心してください。 むしろ、お腹が大きくなってくるにつれ、 いつもは引っ込んでいるおへその奥が手前に出てきてくれるので、 おへその掃除がしやすくなります。 ごまを一掃するチャンスというわけです。 特に臨月にもなると、風であおられた傘のように、 おへその奥が完全に手前に来ますので、 この時期は、ただお風呂に入っているだけでも、 おおきいごまが自然にはがれ落ちたりします。 普段、けっして触れることのできない おへその奥のごまがぺりっとはがれるさまは、 なかなか気持ちのよいものです。 まとめ 以上、おへそのごま取りについて ご紹介してきました。 いかがでしたでしょうか。 おへそも結局皮膚なので、 ふだんお肌のお手入れをするのと同じように、 やさしくいたわりながらケアしてあげることが大切です。 週に1〜2回は、 たっぷりのオイルを使って、きれいにしてあげてくださいね。 参考になりましたら幸いです。

次の