ワルキューレ デッキ。 ワルキューレデッキ:雑記

【極星デッキ】デッキレシピ構築・戦い方/戦術・新規リンクモンスター等を解説

ワルキューレ デッキ

こんにちは、リです。 EXTRA PACK2019が発売されましたね。 では先ずはデッキレシピから紹介します。 デッキレシピ メインデッキ モンスター ・セクスト 3枚 ・フュンフト 1枚 ・ 3枚 ・ドリット 3枚 ・ツヴァイト 1枚 ・アルテスト 1枚 ・ヴリュンデ 1枚 ・エルダ 2枚 ・シグルーン 3枚 魔法 Walkuren Ritt 3枚 の抱擁 1枚 女神の導き 1枚 女神ウルドの裁断 3枚 時の女神の悪戯 2枚 終幕の光 3枚 神の居城ーヴァルハラ 3枚 死者蘇生 1枚 ハーピィの羽根帚 1枚 ワン・フォー・ワン 2枚 罠 戦線復帰 2枚 ヴァレルロード・ドラゴン ヴァレルソード・ドラゴン トポロジック・ボマー・ドラゴン 召命の神穹ーアポロウーサ 破械雙王神ライゴウ 混沌の戦士 カオス・ソルジャー トロイメア・ 星杯戦士 I. Pマスカレーナ ハイパースター トロイメア・フェニックス トロイメア・ リン ・アニマ 真竜皇V. D 以上がデッキレシピになります。 は、を参照する効果が多く、以外が存在すると発動出来ないカードがあるので、メインのモンスターはのみで構築しました。 デッキについて の基本的な動きは、モンスターを展開し、除去・バフ・デバフ等戦闘補助を駆使しながら《時の女神の悪戯》を使い二回バトルフェイズを行い、相手のライフを削ることになります。 展開は、《Walkuren Ritt》や《神の居城ーヴァルハラ》を使い手札のを展開します。 また、の下級モンスターには、サーチやが揃っているので、展開はさほど難しくはありません。 戦闘補助は、《・ツヴァイト》の効果破壊、《・フュンフト》の自分全体バフ、《・エルダ》の相手全体デバフを使っていきます。 他のにも、個々で攻撃力が上がるやつがいるので上手く相手のステータスを超えて殴っていきます。 先攻・後攻 は、《Walkuren Ritt》と《時の女神の悪戯》の都合上 後攻 を取るデッキです。 先攻でやることが無い訳では無いですが、《Walkuren Ritt》が非常に打ち辛いのにも関わらず、《Walkuren Ritt》を使わないと動けない場面が多く、とても気になりました。 初動 の初動は、《・セクスト》のを狙っていきます。 《・セクスト》を手札からする為に《Walkuren Ritt》と《神の居城ーヴァルハラ》を、デッキからする為に《ワン・フォー・ワン》を採用しています。 基本的には《・セクスト》の効果で《・ドリット》をしデッキからモンスターをサーチしていく事になります。 初動例• 《神の居城ーヴァルハラ》を使用して《・セクスト》をした場合には、《・ドリット》の効果で《・シグルーン》をサーチする事で、《神の居城ーヴァルハラ》を墓地に送って《・シグルーン》をし、さらに展開することが出来ます。 《・セクスト》と《・ドリット》でリンク2を作ってから《・シグルーン》をすれば、リンク4まで作ることが出来ます。 《ワン・フォー・ワン》を使用して《・セクスト》をした場合、残りの手札で《・シグルーン》が出来る場合は、《・セクスト》の効果でした《・ドリット》で《・シグルーン》サーチしして次の展開に繋げられます。 《ワン・フォー・ワン》を使用して《・セクスト》をした場合、残りの手札で《・シグルーン》が出来ない場合は、《・セクスト》でのを《・ドリット》ではなく《・シグルーン》にし展開に繋げるか、《・ドリット》のサーチでの下級モンスターをサーチし、通常召喚権を使って展開していきます。 基本的にはこのような展開になると思います。 デッキは、手札や墓地からのが主な展開になりますので、明確なルートを作り難いと思います。 初手見て何が出来るのか判断し、リソースを削りすぎない様に立ち回るのが重要です。 次にメインデッキの説明をします。 のメインデッキ 先ほど書いたように、メインデッキのモンスターはのみで構築しています。 理由は、後攻で《Walkuren Ritt》や《時の女神の悪戯》を強く使う為です。 また、《Walkuren Ritt》は同名モンスターは複数出せないので、展開力に関わらないのは枚数を減らし種類を増やしました。 ここからはメインデッキのモンスターといくつかピックアップしたカードの説明をしていきます。 ・セクスト このカードは、デッキの重要な展開力なので3枚入れています。 主に、初動やデッキ内の上級モンスターを引っ張り出すときに使います。 墓地のを蘇生させる場合は《・シグルーン》を挟めば可能なので、1ゲーム通して終始重要な存在です。 ・フュンフト 《時の女神の悪戯》に無理矢理アクセスする際に使います。 それ以外ではあまり使わないので1枚の採用にしました。 ・ 戦闘破壊された時にのが行えるモンスターです。 相手の場に倒せないモンスターが居る時は、このカードの自爆特攻からので《・エルダ》を出して相手の打点を下げたり、《・ツヴァイト》を出して除去していきます。 もし《・シグルーン》で突破できる程度の場なら、《・シグルーン》をし、効果で《・》を蘇生させれば、盤面を増やすことが出来ます。 上手く展開し捲る枚数を増やす事と運任せな所がありますが、成功すればアドバンテージになります。 この効果の為に《戦線復帰》を採用しました。 理由は後ほど書きます。 ・ドリット のサーチを行えるモンスターです。 サーチ対象がカードな所とにも対応しているのが非常に優秀だと思います。 ・ツヴァイト で除去を行えるカードです。 には除去手段が少ないので重要です。 ですが、2枚以上手札に来ると弱いのと《・セクスト》や《・シグルーン》などアクセスしやすいので1枚で充分だと感じました。 相手のデッキが墓地を利用する場合に積極的に出していきます。 ただ、墓地を利用しない相手には出す意味がないので、必要なときに持ってくるようで1枚の採用にしました。 ・ の中で最も攻撃力が高くなりやすいと思います。 パワーで押し切れそうな場合に出していきます。 例えば、「閃刀姫」相手とかです。 魔法カードで除去されず、《閃刀姫ーシズク》で突破するには墓地に8枚以上魔法カードが必要になります。 相手のデッキが《・》の突破に苦労すると判断した場合は積極的に出していきます。 ・エルダ 相手全体の攻撃力1000ダウンは強力であり、破壊したカードを除外できるのも相手の墓地リソースを増やさないので優秀です。 かなり重要な存在なると考え、デッキ出したいのに手札や墓地に居て出せない状況をなくす為に2枚の採用にしています。 ・シグルーン コストが必要ですが、の展開手段として優秀であり、使い終わった《神の居城ーヴァルハラ》をコストにが可能なのも噛み合っていて使いやすいです。 また、《終幕の光》で蘇生する際、ライフコストの削減にもなります。 色々な場面で活躍でき、序盤から終盤ずっと欲しいので3枚採用しました。 女神ウルドの裁断 に破壊耐性を付与できるのが強いです。 それだけであれば、他の女神に枚数を散らして《・シグルーン》のコスト確保も兼ねても良かったのです。 ですが、今回はそうせずに3枚入れました。 理由は 対象にならなくなるからです。 初動に《エフェクト・ヴェーラー》などを当てられると展開がキツくなります。 だが、《女神ウルドの裁断》があれば《エフェクト・ヴェーラー》や《幽鬼うさぎ》をケアしながら動けます。 なので、初手でなるべく引いておく為に3枚いれました。 時の女神の悪戯 ただただ強い。 使う意味です。 終幕の光 エクストラが使いやすくなります。 また、手札使い切る展開が多いので、1枚で盤面作れるカードなので優秀です。 神の居城ーヴァルハラ モンスターの効果は召喚だけでなく、にも対応しているので召喚権を残しながら動き出せるのは強いです。 《・セクスト》がにしか対応していないのも採用に大きく関わっています。 また、《・シグルーン》のにも使えるので腐ることは少ないと考え3枚採用にしています。 戦線復帰 《・》の効果で捲れて強いカードを考えてこのカードを採用しました。 強いと感じた点は、主に以下の2つです• このカードをセットし、《時の女神の悪戯》を使えば2回目のバトルフェイズで発動出来《・セクスト》の蘇生から《・シグルーン》ともう1体モンスターを増やせる• 相手ターンに《・ツヴァイト》のに繋げ妨害が出来る 1枚で展開にも妨害にも使えるので結構使いやすいと考えています。 以上がメインデッキの主な説明になります。 続けての説明をします。 の は《時の女神の悪戯》が存在する影響で、エクストラをあまり活用しません。 ですが、の展開力は目を見張るものがあり、活用しないのは勿体ないと考えました。 なので、高リンクモンスターを多めに採用しています。 《時の女神の悪戯》使用後メインフェイズ2で出したり、《時の女神の悪戯》にアクセス出来ていない時にも攻めれるものを採用しました。 その辺を意識したエクストラのいくつかの採用理由を書いていきます。 召命の神穹ーアポロウーサ 《時の女神の悪戯》発動後に出して相手の妨害を行えるので採用しました。 普通に展開すれば4体くらいはモンスターが並ぶので、4素材で出すことが出来ると思います。 混沌の戦士 カオス・ソルジャー は、レベル7以上のモンスターにアクセスしやすく、《混沌の戦士 カオス・ソルジャー》を処理しづらいデッキも多いと思うので、採用しています。 星杯戦士 除去しつつ自分から退場できるので、手札が上振れた時に使えそうだったので採用しました。 展開し《星杯戦士》で除去を行いその後また展開し《時の女神の悪戯》に繋げるのを意識しています。 ほとんどの展開に関わってくる《・セクスト》がレベル1で《リン》や《・アニマ》になれるので、他のモンスター2体で《ハイパースター》や《トロイメア・フェニックス》等を出せば《星杯戦士》に繋がります。 ハイパースター 簡単に出せるリンク2モンスターであり、破壊されるとリソースの回復をしてくれるので採用しました。 上記でも紹介したように《星杯戦士》を出すのにも必要になってくるモンスターです。 真竜皇V. D 展開で重要な役割の《・シグルーン》がレベル9なので《時の女神の悪戯》使用し展開しつつ2体並べ《真竜皇V. D》を出します。 《召命の神穹ーアポロウーサ》と役割が被っているので、その時の手札からどちらを出すかの選択になると思います。 《終幕の光》がある場合を想定したエクストラ のは結構スペースが空くので、《終幕の光》を握っている場合を想定したエクストラも採用しました。 また、《破械雙王神ライゴウ》のリンクマーカーが真下に向いているので、《トロイメア・》を相互リンク状態で出すことが出来るので、4体除去まで狙えます。 トポロジック・ボマー・ドラゴン エクストラモンスターゾーンにリンクマーカーがメインモンスターゾーンに向いているリンクモンスターを出し、メインモンスターゾーンに《I:Pマスカレーナ》を出した後、《終幕の光》で蘇生し、《トポロジック・ボマー・ドラゴン》出して置く事で相手ターンに《I:Pマスカレーナ》の効果でリンク召喚し、《トポロジック・ボマー・ドラゴン》の効果を起動させることが出来ます。 でもこのプランはあまりやらないと思います。 むしろ、《トポロジック・ボマー・ドラゴン》で詰む相手に出していくのが主な採用理由になります。 最近はリンク先を参照するカードが増えてきたので、このカードを処理しないと動けないデッキも多いと思います。 に採用したカードの紹介は以上です。 初めは《強欲で金満な壺》で手札増やすのにを使おうと考えていましたが、手札増えても超えられないものは超えられないと、思い知らされたのでを利用する様にしました。 さいごに ここまで読んで戴き感謝です。 デッキは、上級モンスターのほとんどが他のカードと繋がらないですが、下級モンスターや魔法・罠カードを使い繋げて一気に広がるので気持ちが良いです。 それに加え、《時の女神の悪戯》による二回のバトルフェイズでのキルは爽快です。 他のテーマにはない動きが出来る良いデッキだと思います。 また、の魔法・罠カードには名前に「」を含まないカードも多く、そのため効果対象のカードの指定が「通常魔法」や「永続魔法」等だったりするので、テーマ外のカードとのを生み出せる可能性を孕んでいます。 色々とコンボを考えてみるのも楽しいと思います。 それでは、また.

次の

ワルキューレ デッキレシピ一覧

ワルキューレ デッキ

141やヒィアットからセクストを目指していきます。 補給部隊を活用できればフィアットからの自爆特攻も大いにありです。 強金やヒィアットのサーチを駆使しつつ、手札にWalkuren Rittとドリットなどがそろえば、サンダーボルトや羽箒等で掃除をしつつ、時の女神のいたずらによる集中攻撃をかけていきます。 反撃は指名者で落とします。 もし、失敗した場合は終幕の光による起死回生のセカンドアタックをしていきましょう。 どうせこの時点で持久戦を考えても無駄です。 ワルキューレ自身がペンデュラムもどきののような動きをするくせにペンデュラム以下の継続力しか持っていないのはデザイナーのセンスのなさです。 そこはどうしようもありません。 強み・コンボ 本デッキは純構築のワルキューレデッキですが、ベースはリクルーターデッキの派生となります。 そもそもワルキューレデッキ自体が時の女神によるワンショットデッキなのですが、そのくせにワンショットのパーツ集めに欠かせないサーチカードとドローカードがありません。 そこで安定してパーツをあつめていくためにこのようなリクルーター派生のデッキとなっています。 初手の事故率を減らすためにコーリングノヴァを採用し、補給部隊によるドローを狙い、キーパーツを集めていけます. 今回おすすめのカードは補給部隊です。 永続魔法のこのカードはドローによるキーカード集めの潤滑油の役割をはたしています。 フィアットのリクルートや展開後の切り返し時にドローでき、セクストをサーチすることでアドバンテージをしっかりと取ることができます。 打たれ弱いカードですか、ちゃっかりフィアットで回収できます。 また、シグレーンの条件を満たすこともできます。 正確に言うと相性が悪いわけではないが、上手いこと混ざり合いません。 理由としては高レベル天使族が多いにも関わらず、単体性能が低すぎるからです。 天使属性はヒュペリオンやクリスティアなどの大型制圧系が多く存在し、強さの一旦となっています。 ところが、ワルキューレでは高レベル天使族が多いのですが、これらは単体で制圧できるほどではありません。 したがってヴァルハラなどによる、とりあえず大型を出すといった行動がとれません。 これに加えてアテナやスペルビアといった大型の展開補助モンスターによるエクシーズがワルキューレのレベルの変動によって戦略として成り立ちません。 これはシンクロも同様です。 さらに言うと、儀式もレベル合わせが大変難しくなる そのうえ、天使族としてのパーミッション性能も期待できまん。 シグレーンで必要とするのは永続カードであり、ツヴァイトでの墓地回収も永続、ヒィアットでサーチするのは通常カードと上手いこと行きません。 性能ベースでいえばシグレーンやフィアットも通常カードに関連図けても許されるパワーであった… 宣告者などの除外ゾーンの利用も関連する性能はなく、それを考えるぐらいならワルキューレそのものを抜いてしまった方が早いです。 除外ゾーンの利用に関してはウルドの神託やアルテストのようにあることにはある。 しかし、相手のカードであり、ヒュペリオンやジュピターや奇跡の降臨のようにこちらの動きに関与できるものではない 永続魔法が強い天使族ではあるものの、天空の聖域やパーシアスにシナジーがあるわけではないです。 ヴァルハラは使えないこともないですが、ワルキューレリットと終幕の光の運用上、役目を奪いかねません。 フィールド魔法が欲しいとことろですが、めぼしいものがシャインスパークしか見当たらいというありさま… 相手の光属も強化というのがきつい このように全体的に中途半端な性能を生かしきれるほどサポートがないのが現状の課題ですが、そもそもがワルキューレ縛りありきのしばり効果というのがこの弱さを加速しています。 最期に女神系統はファンデッキでありながら採用していません。 私には9枚のデッキスペースを食いながら一枚の除去を行う しかも事故率も上がる 女神系統をうまく扱えるやり方がわかりませんでした。 カスタマイズポイント リクルーターデッキの系譜のため、オネストを入れることにより、戦い方に幅を作ることが可能です。 1 :このカードが手札に存在する場合、自分フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを墓地へ送り、このカードを特殊召喚する。 2 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 自分の手札・墓地から1体を選んで特殊召喚する。 1 8 2000 2200 1 :は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。 2 :の効果で特殊召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手フィールドのモンスターの攻撃力は1000ダウンする。 3 :このカードがモンスターゾーンに存在する限り、戦闘・効果で破壊され相手の墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。 2 :このカードは相手の魔法カードの効果を受けない。 3 :相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。 このカードの守備力を1000ダウンし、このターン、自分のは戦闘では破壊されない。 1 6 1600 1800 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが魔法カードの効果で手札から特殊召喚に成功した場合、自分の墓地の1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 2 :自分フィールドに以外のが存在する場合に発動できる。 相手の墓地からモンスター1体を選んで除外する。 その後、このカードの攻撃力はターン終了時まで、除外したモンスターの元々の攻撃力と同じになる。 この効果は相手ターンでも発動できる。 1 5 1600 1600 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを破壊する。 2 :このカードが戦闘を行ったダメージ計算後に、自分の墓地の永続魔法カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 3 4 1000 1600 このカード名の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから以外の1枚を手札に加える。 3 3 1400 1400 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :自分メインフェイズに発動できる。 このカード以外の自分フィールドのの数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。 その中に通常魔法・通常罠カードがあった場合、その内の1枚を選んで手札に加え、残りのカードは全て墓地へ送る。 無かった場合、めくったカードを全てデッキに戻す。 2 :このカードが戦闘で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。 デッキから1体を特殊召喚する。 3 2 300 500 このカードと1体を手札から墓地へ送って発動する。 相手の効果モンスターの効果の発動を無効にし破壊する。 この効果は相手ターンでも発動する事ができる。 3 1 0 2000 このカード名の 1 2 の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 1 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 デッキから以外の1体を特殊召喚する。 2 :自分メインフェイズに発動できる。 相手のデッキの上からカードを2枚墓地へ送る。 3 このカード名の 2 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :手札からを任意の数だけ特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。 この効果で3体以上のモンスターを特殊召喚した場合、次のターンの終了時まで自分が受ける戦闘ダメージは0になる。 このカードを発動したターンのエンドフェイズに、自分フィールドのモンスターは全て持ち主のデッキに戻る。 2 :墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから1枚を手札に加える。 3 1 :自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。 除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。 このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。 2 準制限 手札からモンスター1体を墓地へ送って発動する。 手札またはデッキから1体を自分フィールド上に特殊召喚する。 1 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :1000の倍数のLPを払い、払ったLP1000につき1体、自分の墓地のを対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。 そのモンスターを特殊召喚する。 その後、この効果で特殊召喚したモンスターの数まで、相手は自身の墓地から攻撃力2000以下のモンスターを選んで特殊召喚できる。 1 制限 相手のフィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。 1 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はしか特殊召喚できない。 1 :自分フィールドのモンスターがのみの場合、自分フィールドの攻撃表示の1体と相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。 その自分のモンスターを守備表示にし、その相手モンスターを除外する。 3 1 :1ターンに1度、自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合にこの効果を発動する。 自分はデッキから1枚ドローする。 1 このカードはチェーン発動できず、このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。 1 :自分フィールドのモンスターがのみの場合、自分バトルフェイズ終了時に発動できる。 このカードを墓地へ送る。 次の自分ターンのバトルフェイズ開始時までターンをスキップする。 そのターンの終了時まで自分はを発動できない。 2 1 :手札を1枚捨て、フィールドの魔法・罠カードを2枚まで対象として発動できる。 そのカードを破壊する。 3 1 :相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。 そのモンスターを除外する。 次のターン終了時まで、この効果で除外したモンスター及びそのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。 閲覧数 4732 評価回数 1 評価 10 ブックマーク数 1 - NEW -.

次の

【遊戯王】戦場を駆ける神々しき女騎士たち 「ワルキューレ」デッキ紹介

ワルキューレ デッキ

僕ね、ロボアニメ大好きでね、スパロボとかACEシリーズとか、あとバーサスシリーズとか大好きなんですよね。 中でもマクロスシリーズ大好きで。 一番はやっぱ「マクロス7」主人公の「 熱気バサラ」! ちなみに「ワルキューレ」の中ではメカメカきゃわわなお色気担当こと「マキナ中島」が好きです。 愛機である「VF-19改 ファイヤーバルキリー」に乗りながら歌うんですよ。 ロボアニメなのに主人公が戦わないんです。 異質ですよねぇ。 劇場版もあるので是非そちらも鑑賞してみて下さいね。 と言う訳でどうも、2号機です。 まんまじゃねえか かなり旬を過ぎたテーマですがご安心を。 「旬を過ぎたと言う事は安価で集められる」という事。 つまり今回は「安くて強い」そんなデッキを取り扱っていく訳です。 ・そもそもワルキューレってどんなデッキなの? まぁ、説明するまでもないと思いますが一応。 【ワルキューレ】は、アニメ「遊戯王デュエルモンスターズ」のアニメオリジナルエピソード「KCグランプリ編」にて登場した通称:没落貴族ことジーク・ロイドが使用したデッキで、平たく言ってしまえば、 「ビキニアーマーを纏ったお姉ちゃんが羽生えた馬に跨った姿が特徴的な一昔前流行ったエロゲみたいなテーマ」 です。 みんな好きでしょ?女の子だらけのテーマ。 モチーフは やっぱりみんな大好きなあの北欧神話に登場する戦乙女「ヴァルキリー」です。 (ちなみにヴァルキリーは英語読み。 ドイツ読みでは「ヴァルキューレ」となります。 ) 天使族・光属性(ユニオンモンスターを除く)で統一されたデッキで、何と言っても目玉となるのはこのカード。 デュエルマスターズをプレイした事がある方に分かりやすく説明すると、【終末の時計 ザ・クロック】みたいな効果です。 基本的に【ワルキューレ】モンスターは打点がしょっぱいのでこのカードと後述の【Walkuren Ritt 】を絡めてワンショットを狙っていく形になります。 ・構築や勝ち方について。 今回のサンプルレシピがコチラ。 エクストラに関してはこの手のデッキではお馴染みの【ゴーキン】でぶっ飛ばす用なので本当に「使えたらいいな」程度のものを適当にねじ込んだだけです。 【アースゴーレム@イグニスター】と【スターヴヴェノム・フュージョン・ドラゴン】はサイドチェンジの際に【超融合】を挿して使う用です。 メインから採用するプランを考えていたのですが、如何せんメインのパワー不足が否めず手札誘発にスロットを割いた結果、メインではなくサイドからを想定した構築になりました。 また、【ワルキューレ】は全員のレベルがバラバラなので【名推理】を使う案も考えていたのですが、デッキを掘っている間に【Walkuren Ritt】が落ちた際等が悲惨過ぎるので1度見送りました。 強化案の1つとしてオススメしておきます。 ではデッキの解説です。 先程も述べた通り、【Walkuren Ritt】を決め、デメリットを【時の女神の悪戯】で躱しながらワンショットキルを狙っていきます。 ワーグナーの作った有名な戯曲ですね。 手札から同名以外の【ワルキューレ】を任意の数特殊召喚し、3体以上特殊召喚すると次のターンまで自分の受けるダメージを0にし、エンドフェイズに自分フィールドのモンスターを全てデッキに戻す効果を持ち、更に墓地のこのカードを除外して墓地から【時の女神の悪戯】を手札に加える効果を持つ専用魔法。 メリットとなるのは上級が多いワルキューレのコストを踏み倒しながら盤面を揃えられる点。 この効果で一気に盤面を揃えて連続ダイレクトアタックでライフを削りきる想定です。 そしてデメリット効果は【時の女神の悪戯】の効果によって無視する事が出来るので、この2枚は必ずセットで使う事になります。 では採用カードの解説から。 ワルキューレ・シグルーン レベル9のワルキューレモンスターで、フィールドの表側の魔法・罠を破壊しながら自己湧き出来る打点。 特殊召喚成功時に手札・墓地からレベル8以下のワルキューレを特殊召喚出来る効果を持ち、この効果は実質「自身以外を特殊召喚出来る」と読み替える事も出来ます。 自分から動けるカードが少ない【ワルキューレ】の中でも比較的マシな性能なので複数枚採用。 あと打点が低いですね。 ただ、このカード自体が表側の魔法・罠を破壊出来ないと事故札となってしまうため、採用は2枚。 これから先も何度も言う事になると思われる【ワルキューレ】の打点問題を解消してくれる大事なモンスター。 自身が1体しか場に存在出来ない効果と結局自力で動けない事から採用は1枚。 そして打点が低い。 「ニーベルングの指輪」では龍殺しの英雄・ジークフリートと結婚する人です。 相手依存の打点強化と相手の魔法カードの効果 だけ受け付けない耐性効果、相手の攻撃宣言時に自身の守備力を1000ダウンさせる事でそのターン中 だけワルキューレモンスターを戦闘破壊から守れる効果を持つアニメ版ワルキューレデッキのエース。 正直この辺りからワルキューレモンスターのパワー不足感が否めなくなってきます。 お前らほんとに10期産か? パンプ量が500としょっぱく、素の打点も1800とかなり低い為、正直ボッ立ちはかなり危険。 採用は1枚。 訳すると「1番目の戦乙女」。 途端に弱そうに聞こえる 見てくれだけはすっごい「ザ・戦乙女」って感じの人ですね。 1 番かわいい。 自身が魔法カードの効果で手札から特殊召喚された時に墓地の【時の女神の悪戯】を手札に加える効果、自身以外のワルキューレが存在する時に相手の墓地のカードを除外し、このターンの間だけ除外したモンスターの元々の攻撃力と同じ攻撃力になる効果を持つモンスター。 正に「【Walkuren Ritt】の効果で出してね!」と言わんばかりの効果。 相手の大型モンスターを何等かの手段で除去した後でそのモンスターを除外しつつ同じ打点になれる効果は意外と悪くなく、「【エルダ】の効果で相手モンスターを弱体化させ、【ヴリュンヒルデ】の打点を上げ、【アルテスト】の効果を起動する」と階段の様に噛み合っていきます。 しかしレベル6のモンスターでありながら素の打点が1600しかないのはかなりの痛手で、ライフカットもしにくいのがネック。 場に出て、仲間がいれば真価を発揮出来るちょっと手のかかる子。 可愛い。 採用は1枚。 自身の着地時に対象を取る除去と戦闘を行ったダメージ計算時に自分の墓地から永続魔法を1枚手札に加える効果を持ちます。 打点は低くとも【シグルーン】のコストに使った【神の居城-ヴァルハラ】や【女神ウルドの裁断】を再利用出来るのは中々に器用。 着地時の盤面割りもシンプルながらに強力で、このデッキの最大のネックである「打点の低さ」を全面的に補ってくれます。 ただ、惜しむらくはレベルが5な事で、通常召喚するにはリリースが必要となります。 お察しの通りデッキエンジンですのでフル投入確定のモンスターです。 サーチ範囲も「ワルキューレ カード」と広いので必要に応じて必要なカードをサーチする事が可能です。 ただやはり攻撃力が1000しかないのは辛いものがあります。 こちらは日本に上陸した際の姿で、 コチラが海外版のイラスト。 なんと2種類収録されていたんですね。 そして気になる効果は、不確定ではあるものの、デッキトップをフィールドのワルキューレモンスターの数だけめくってその中に通常魔法・通常罠があればその中から1枚を手札に加え、残りを墓地へ送る効果と戦闘破壊された際にデッキからワルキューレモンスターを特殊召喚(自身でもOK)出来る2つの効果を持ちます。 そして攻撃力で【ドリット】を上回ります。 ドリットェェェ… 今回のサンプルレシピでは2枚の採用ですが、海外で結果を残した【ワルキューレ】では3枚採用されていました。 【ワルキューレ】はモンスターカードにかなりの枠を割くデッキなので、単純なパワーカードで補強したいのに入れなきゃいけないモンスターが多い、そしてそのどれもが戦闘面で頼りないと言う欠点を抱えているのでサンプルレシピでは1枚枠を削りました。 六女はとっても優秀。 特殊召喚成功時に自身以外の【ワルキューレ】を デッキから特殊召喚する効果を持ち、これで上級・最上級の戦乙女をフィールドに引きずり出します。 通常召喚に対応していたらこんな効果にはならなかったでしょうが、対応していないので手札でダブつくと邪魔になってしまいますが、多少無理してでもフル投入安定です。 【ワン・フォー・ワン】対応なのでデッキから直接引っ張り出す方法と、【神の居城-ヴァルハラ】で手札から呼ぶ方法、そして【イーバ】の効果を使う3つの方法を使って特殊召喚を狙います。 そこでこのカードの解説。 こんなナリしてるけど。 【ワン・フォー・ワン】のコストや通常召喚してから【リンクリボー】や【サクリファイス・アニマ】の素材に使ってすぐに効果を発動すれば【セクスト】に繋がり、ワルキューレモンスターを呼ぶ上記の動きに繋がります。 また、漫画遊戯王ストラクチャーズでライト月子がやった様に【宣告者の神巫】の効果で引っ張ってくるのも良し、【朱光の宣告者】で手札から捨て、妨害と展開を一緒に行うのもアリです。 発動すると【ワルキューレ】モンスターが効果破壊耐性と対象耐性を得、そのまま【シグルーン】のコストに出来ます。 忘れて大丈夫です。 デッキの主要カードの解説はこんなもんです。 【サンダー・ボルト】以下単純なパワーカードの解説は今回は省かせて頂きます。 このデッキの圧倒的パワー不足を補うためのカードなのでそれ以上もそれ以下もありません。 理想的な流れとしては、 手札に【ワルキューレ】を貯め、【時の女神の悪戯】と【Walkuren Ritt】と【サンダー・ボルト】を引き込み、ブッパ。 これだけです。 やはりカードパワーの低さから環境デッキとマトモにやりあうのは流石に分が悪いので、初見殺し気味の速攻で勝負を決めるのがカギです。 よって【オルターガイスト】の様なバックの堅い相手や【サンダー・ドラゴン】の様なコチラの動きを封じ込める様な動きを取る相手は苦手です。 半面、【転生炎獣】や【オルフェゴール】の様な中速万能型のデッキには【Wakulen Ritt】さえ通してしまえばたまにワンチャンあります。 (本当に通ればの話。 ) また、一号君イチオシの【失楽の魔女】なんかも一緒に採用してあげたりすると新弾で登場する【禁じられた一滴】と合わせていい動きが出来たりもしますね。 あのカードほんと万能だな どうでしょう、環境中堅にも喰いつけないようなデッキでも考え方ひとつでかなり可能性が広がるもんです。 こう言った環境で姿を見ないようなデッキなんかもたま~に取り上げていこうかなと考えています。 皆さんはワルキューレの誰が好きですか? マキマキ推しはカードラボ宇都宮店で僕と握手! 以上、2号機でした。 また次の記事でお会いしましょう。 ご拝読お疲れ様でした。

次の