へ ず ま りゅう twitter。 迷惑系YouTuberのへずまりゅう!プロフィール、Twitter、迷惑をかけたYouTuber

Twitter of りゅう (@o1140m)

へ ず ま りゅう twitter

自称迷惑系YouTuberのへずまりゅうのTwitterが6月3日、「逮捕されました」と報告。 6,000件を超える「いいね」がつくなど、大きな話題となっている。 同Twitterは、マネジャーを名乗る人物が「今朝へずまさんが逮捕されました。 すぐに出てきてくれることを祈ります」と投稿。 さらに翌4日、同じくマネジャーを名乗る人物が「へずまさんと連絡が取れないので、このツイートは俺の独断になります」と説明。 「偽垢が大量に沸いていますがが新しいチャンネルはこちらです」(原文ママ)と成りすまし被害を報告した。 6月1日には、人気格闘家・朝倉未来が自身のYouTubeチャンネルに「迷惑系YouTuberへずまりゅうに鉄拳制裁」と題したコラボ動画を投稿。 259万超えの再生数を記録している。 そんなへずまりゅうのスタイルがYouTubeのガイドラインに違反しているのか、5月15日と同月29日にメインチャンネルとサブチャンネルがBAN(アカウント停止処分)される事態に。 さらに6月2日にもBANを受け、すぐに新チャンネルを立ち上げるも、これも同日中にBANされてしまった。 なお、6月1日には「【超神回】シバターの嫁と娘を撮影し住所特定した!」と題した動画を投稿。 顔をYouTubeやTwitterに晒し、波紋を呼んでいた。

次の

RYU (AV女優)

へ ず ま りゅう twitter

自称迷惑系YouTuberのへずまりゅうのTwitterが6月3日、「逮捕されました」と報告。 6,000件を超える「いいね」がつくなど、大きな話題となっている。 同Twitterは、マネジャーを名乗る人物が「今朝へずまさんが逮捕されました。 すぐに出てきてくれることを祈ります」と投稿。 さらに翌4日、同じくマネジャーを名乗る人物が「へずまさんと連絡が取れないので、このツイートは俺の独断になります」と説明。 「偽垢が大量に沸いていますがが新しいチャンネルはこちらです」(原文ママ)と成りすまし被害を報告した。 6月1日には、人気格闘家・朝倉未来が自身のYouTubeチャンネルに「迷惑系YouTuberへずまりゅうに鉄拳制裁」と題したコラボ動画を投稿。 259万超えの再生数を記録している。 そんなへずまりゅうのスタイルがYouTubeのガイドラインに違反しているのか、5月15日と同月29日にメインチャンネルとサブチャンネルがBAN(アカウント停止処分)される事態に。 さらに6月2日にもBANを受け、すぐに新チャンネルを立ち上げるも、これも同日中にBANされてしまった。 なお、6月1日には「【超神回】シバターの嫁と娘を撮影し住所特定した!」と題した動画を投稿。 顔をYouTubeやTwitterに晒し、波紋を呼んでいた。

次の

迷惑系YouTuberのへずまりゅう!プロフィール、Twitter、迷惑をかけたYouTuber

へ ず ま りゅう twitter

モデル・タレントのりゅうちぇるさんが森で撮った写真が心霊写真ではないかと話題に。 Twitter上には人の顔に見えるというコメントが多数寄せられ、りゅうちぇるさんも怯え始めています。 恐怖の写真を発見し「怖くて眠れなくなる」 心霊写真と話題になっているのは、モデル・タレントのりゅうちぇるさんのTwitterに投稿した写真。 11月16日(水)に投稿した自身のLINEブログには「HAPPY DAY」のタイトルで、この日、朝から行われ森の中でのロケの様子を写真付きで報告。 同写真がどこの森で撮られたのか、詳細な情報は残念ながら報告されていませんが、いつもは明るく無邪気なりゅうちぇるさんが、思わずTwitterに「怖くて眠れなくなっちゃう」と投稿してしまう程の恐怖に怯えている事がわかります。 早速1枚目からご覧ください。 1枚目のりゅうちぇるさんは真っ直ぐなカメラ目線でジャケットを着崩したモデルらしいオシャレな決めポーズ。 続いて2枚目、着崩したジャケットはそのままで、明後日の方向を向いているりゅうちぇるさんのユーモアが溢れる一枚。 拡大して見ると、1枚目の写真でりゅうちぇるさんの手が隠していた場所に、人の顔に見える何かが写り込んでいるように見えます。 拡大して、もう一度。 さらに、3枚目、顔に見える何かの大きさが変わっているように見えます。 拡大して、もう一度。 実際に人が居たのか、目の錯覚か、はたまた写ってはいけないものが写ったのか、定かではありません。 りゅうちぇるさんがTwitterに投稿したこのツイートは3,000リツイートや1万いいねされるなど大変な話題となっています。

次の