香典 金額 書き方 三 千 円。 お香典の金額の書き方は?三千円・五千円・一万円の場合は?

【シーン別】封筒の五千円の書き方|香典/お祝い/お布施

香典 金額 書き方 三 千 円

香典で9千円を出してはいけない理由をご紹介する前にまず、香典とは何か、ご紹介していきます。 香典は故人へ香の代わりにお供えする金銭のことを指します。 故人への弔意の気持ちを表すために送りますが、遺族の方の急な出費をお助けする意味も込められています。 香典をお渡しする際には、現金の状態で渡すのではなく 不祝儀袋に現金を包んでからお渡しします。 香典をお渡しするタイミングとしては、 お通夜や告別式に参列した際などになります。 参列できない場合には、代理の方に渡してもらう方法や郵送にて香典を送る方法をとることもあります。 香典を頂いた側の方は、感謝の気持ちをお伝えするために香典返しを送ります。 香典返しは四十九日法要が終わってから送ることが一般的ですが、最近では葬儀当日に会場にてお渡しする場合もあります。 香典で9千円出すことについて 香典がどういったものなのかをご紹介してきました。 では、なぜ香典に9千円を出すとマナー違反となるのでしょうか。 現金をお包みしているので、問題ないのではないかと思われる方もいらっしゃることでしょう。 しかし香典に9千円を出してしまうと相手の方に対しても大変失礼な行為となってしまいます。 香典に9千円を出すことがなぜダメなのか、理由をご紹介していきます。 ぜひ覚えておくようにしましょう。 香典で9千円を出すこといけないの? 香典で9千円を出すことは、一般的にタブーとされています。 なぜ9千円はタブーとなってしまうのでしょうか。 また、他にタブーとなる金額はあるのでしょうか。 どうしてタブーなの? 9という数字は 縁起の悪い数字とされているため、 香典で包んではいけないとされています。 理由として9は 苦を連想させてしまうからです。 このような数字を忌み数と呼んでおり、香典だけでなくご祝儀などの際にも使用してはいけないといわれています。 他にタブーな金額とは? 9以外にタブーとなる金額はあるのでしょうか。 同じ忌み数である、 4がつく金額も香典には包んではいけないといわれています。 4は 死を連想させるため、縁起が悪い数字とされています。 香典には4千円や4万円を包まないようにしておきましょう。 また 偶数の金額も、香典には適していないといわれています。 偶数は割り切れる数字ということから、 故人とこの世の関係性が切れてしまうといわれており香典には包んではいけません。 例えば2万円は香典で用意する場合に出しやすい金額ではありますが、偶数ですので控えなければいけません。 香典の金額はキリのいい数字で 香典を包む際には、 キリの良い金額にしておく必要もあります。 1万円や3万円、5万円といった金額にするといいでしょう。 例えば1万3千円や3万5千円といったキリの悪い数字にしてしまうと、遺族の方が集計される際にも手間が増えてしまいます。 また香典を包む場合には お札の枚数ができる限り少なくなるようにすることも心がけましょう。 1万円を包む場合に、千円札を5枚と5千円札を1枚入れてしまうと集計が大変です。 遺族の方の手間が少なくなるように、1万円札を入れるか、5千円札を2枚入れるようにしましょう。 連名で出す場合は? 香典を連名で出す場合は、個人で出す場合より金額に注意しておかなければいけません。 一人一人が忌み数にならないようにお金を出していても、合計してみると忌み数になっていることがあるからです。 連名で香典を出す場合には、 お金を一度集計して忌み数になっていないか確認するようにしましょう。 忌み数になっている場合には、金額を調整するようにしましょう。 香典の金額相場について 香典に包む金額については、相場が決まっています。 相場以上の金額を包んでしまうと、遺族の方が香典返しをする際に負担となってしまうので、適切な金額を包む必要があります。 香典の相場に関しては、故人との関係性や自分の年齢により変わります。 以下に 香典の金額相場の判断基準をご紹介していきます。 年齢で変わる香典の金額相場 香典の相場はおおまかに 年齢ごとに変わるといわれています。 香典は20代、つまり仕事を始められて収入を得る年齢から包むようになってきます。 20代の方ですと、経済状況がまだ安定していないことが多いので香典の金額相場も低くなっています。 逆に40代、50代となってきますと社会的地位も確立されており、経済状況も20代や30代の方と比べて良いため、香典の金額相場も高くなっています。 関係で変わる香典の金額相場 香典の金額相場は、年齢だけでなく 故人と自分との関係性により変わってきます。 以下に親族が亡くなった場合と友人・知人・会社の人が亡くなった場合の香典の金額相場をご紹介していきますので、参考にして下さい。 親族の場合 親族が故人の場合、香典の金額相場は以下の表のようになります。 ここまでは香典に包む金額に関してご紹介をしてきました。 香典は金額だけでなく、その他のマナーについても注意をしておく必要があります。 ここでは、 香典に関するマナーをご紹介していきますので、ぜひ覚えておきましょう。 香典袋に関するマナー 香典を包む香典袋ですが、いくつかのマナーがあります。 ここでは香典袋の選び方と香典袋の書き方についてご紹介します。 香典袋の選び方 香典袋は仏式の場合ですと、 無地または 蓮の花が描かれているものを使用します。 水引きに関しては 白黒または 双銀の 結びきりのものを選ぶようにしましょう。 蓮の花が描かれている香典袋は仏式専用となるため、神式では使用しません。 神式の場合には 無地の香典袋を用意するようにしましょう。 水引きに関しては、仏式同様に 白黒または双銀の結びきりとします。 以下の記事では香典袋の選び方について詳しく解説をしております。 宗教の違いによる選び方だけでなく、金額や法事の種類ごとの選び方もご紹介していますのでぜひ参考にして下さい。 9のつく数字は縁起が悪い数字とされているため、香典に9千円をだしてはいけない。 これらの数字を忌み数と呼び、4も同様に縁起が悪いので香典に包んではいけない数字である。 偶数も割り切れる数字であることから、香典には使用してはいけない数字である。 連名で香典を包む場合には、こういった数字の金額になりやすいため注意しておく必要がある。 香典の金額相場は、故人との関係性や自分の年齢によって決まっている。 相場以上の金額を包むと、香典返しの際に遺族の方の負担となるので適切な金額を包むようにする。 香典は金額だけでなく、香典袋の選び方や香典の渡し方についても注意しておく必要がある。 正しいマナーで香典を用意、渡すことができるようにしておかなければいけない。 香典で出してはいけない金額は、9千円以外にもあることを知っていただけたと思います。 忌み数の金額になってしまうと、せっかくの香典も大変失礼なものとなってしまいますので注意しておくようにしましょう。 「終活ねっと」では、この他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。 以下の記事では香典を書く際に薄墨を使用する必要性について解説しております。 今回の記事と併せてお読みください。

次の

親の香典の相場はいくら包めばいいの?自分の親や義父義母の香典

香典 金額 書き方 三 千 円

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 3000円の香典の金額の書き方について詳しく解説していきましょう。 縦書きの場合と横書きの場合に分けてご紹介いたします。 縦書きの場合 香典の金額は 香典袋の中袋に縦書きで書くのが一般的です。 まずは、縦書きでの3000円の書き方について見ていきましょう。 3000円の色々な書き方 金額は、香典返しの中袋に縦書きで書くのが一般的です。 旧字体(大字)の漢数字を使用します。 普通に漢数字で書くと「三千円」となりますが、旧字体の漢数字の場合は色々な書き方があります。 参阡円・ 参仟円・ 参阡圓・ 参仟圓どの書き方でも問題はありません。 中袋に書く際には金額の前に 金とつけ 金参阡円と書いてください。 金額の後に 也(なり)は付けても付けなくても構いません。 円の色々な書き方について 上でご紹介したように、「円」にも色々な書き方が存在します。 円と書いても 圓と書いても、どちらでも間違いではありません。 横書きの場合 香典袋の中には、 中袋に横書きで金額欄が設けられている場合があります。 そのような場合は、 横書きで書くようにします。 金額を書く際には 算用数字・ アラビア数字を使用し 金3,000円と書けばOKです。 横書きの場合も、金額のあとの 也(なり)は付けても付けなくても大丈夫です。 その他の金額の書き方について 3000円以外の金額を包むケースもあるかと思います。 そのような場合に備えて、 3000円以外の金額についても、それぞれ書き方をご紹介しておきましょう。 5000円 漢数字で書くと「五千円」となりますが、旧字体の漢数字の場合は 伍阡円・ 伍仟円・ 伍阡圓・ 伍仟圓となり、こちらも色々な書き方があります。 どの書き方をしても大丈夫です。 香典袋の中袋に書く際には金額の前に「金」と入れ 金伍阡円と書きます。 1万円 漢数字で書くと「一万円」となりますが、旧字体の漢数字の場合は 壱萬円・ 壱萬圓となります。 「円」は「圓」と書いても良いです。 香典袋の中袋には 金壱萬円(または金壱萬圓)と書きます。 10万円 漢数字で書くと「十万円」となりますが、旧字体の漢数字の場合は 壱拾萬円・ 壱拾萬圓となります。 こちらも香典袋の中袋には 金壱拾萬円(または壱拾萬圓)と書きます。 香典袋の書き方について• 3人までの連名の場合 目上の人の名前が真ん中にくるように書き、その左隣から順番に名前を書いていきます。 上下関係がない場合には、五十音順に書くのが良いでしょう。 4人以上の連名の場合 4人以上で香典を出す場合には「〇〇一同」と書くようにします。 それぞれの名前は別紙に書き、中袋に入れるようにしましょう。 中袋に書くもの 香典袋には中袋と呼ばれる封筒がセットになっている場合が多いです。 中袋には、 香典の金額と 住所・ 名前を書きます。 ご遺族が香典返しをする際に参考とするものですので、必ず記入するようにしましょう。 金額 香典として包んだ金額を 中袋の表面に記入します。 金額を書く際には 縦書きにするのが一般的で、 旧字体(太字)の漢数字を用いて金額を書きます。 先にご紹介したように、3000円の場合は「金参仟圓」と記入します。 香典袋によっては、金額を記入する欄が印刷されている物もあります。 そのようなケースでは、横書きで算用数字を用いて金額を記入してください。 住所・名前 中袋の裏面には、香典を包んだ人の住所と名前を記入します。 こちらも基本的には 縦書きで書きます。 郵便番号や番地、建物名や部屋番号まで正確に書くのがマナーです。 文字色について 香典袋に文字を書く場合は、 薄墨で書くのがマナーです。 薄墨で書く理由として、昔は筆に墨を浸して文字を書いていましたが、薄墨は水分が多いためその見た目が「涙で薄くなったように見えたため」ではないかと言われています。 また、故人の訃報を聞き、墨をする時間も得られない間に急いでお通夜に駆けつけたという意味も薄墨で書くというマナーに込められています。 以下の記事では、香典は薄墨で書く理由につてい詳しく解説しております。 注意点についてもご紹介しておりますので、こちらも合わせてご覧ください。 次に、 香典のマナーについてご紹介します。 香典袋の選び方、お札の入れ方、香典の渡し方にはそれぞれマナーがあります。 順番に見ていきましょう。 香典袋の選び方とは? 香典袋には様々な種類があり、故人の宗教によって香典袋のデザインや表書きが異なります。 故人の宗教がわからない場合には、どの宗教でも使用可能な 無地で「御霊前」と書かれている香典袋を選びます。 蓮の花が描かれている物は仏教用、 十字架が描かれている物はキリスト教用となります。 また、包む金額が多い少ないでも使い分けるのがマナーです。 包む金額が多い場合には、 外側から水引をかけるタイプの立派な香典袋を使用します。 包む金額が少ない場合には、 水引が印刷されているものを選ぶのが良いでしょう。 以下の記事では、香典袋の選び方について詳しくご紹介しております。 こちらも合わせてご覧ください。 香典のお札の入れ方とは? 香典は不祝儀であるため、 新札を入れるのは避けるようにします。 新札を入れてしまうと「不幸を予測して用意しておいた」という意味になり、ご遺族に対して失礼に当たる場合があるからです。 お札を入れる向きにも気を配りましょう。 特別なルールがあるわけではありませんが、香典袋の 中袋を開けたときに、お札の表(人物の顔)が上になるように入れるのが良いでしょう。 お札の上下に関しては、 人物の顔が下になるように入れます。 また、金額やお札の枚数にもマナーがあり、「4」や「9」は「死」や「苦しみ」を連想させることから避けた方が良い数字です。 割り切ることのできる偶数も「故人とこの世の縁を切ってしまう」ということで、避けた方が良い数字とされています。 また、連名で香典を集めた場合などは、千円札が数枚になるケースもあるかと思います。 もしも5枚や10枚と言った数の場合は、千円札のまま包むのではなく、 5千円札や1万円札に両替をして包むようにしましょう。 以下の記事では、香典袋へのお札の入れ方について詳しく解説しております。 こちらも合わせてご覧ください。 香典の渡し方について 香典を渡すタイミングは、お通夜と葬儀どちらか一方にだけ参列する場合は、参列したその時にお渡しするのが良いでしょう。 お通夜と葬儀どちらにも参列する場合に関しては、渡すタイミングはその地域の風習に従うのが良いとされていますが、最近の傾向としては お通夜の席でお渡しするケースが多いようです。 香典は 袱紗に包んで持参するのがマナーとされています。 受付では一礼し「この度はご愁傷様でございます」と一言添えるようにします。 香典は必ず 袱紗から取り出してから渡すようにしましょう。 取り出した香典は、相手の方から見て表書きが正面を向くように渡してください。 渡す際には「御霊前にお供えください」と一言添えると丁寧でいいでしょう。 以下の記事では、香典の渡し方や注意点について詳しく解説しております。 こちらも合わせてご覧ください。 香典の金額は香典袋の中袋に縦書きで書くのが一般的で「金〇〇〇円」と書く。 香典の金額は旧字体の漢数字で書く。 3000円は「参阡円」「参仟円」「参阡圓」「参仟圓」というように色々な書き方があるが、どの書き方でもOK。 中袋に書く際には金額の前に「金」とつけ「金参阡円」と書く。 金額の後に「也(なり)」は付けても付けなくても構わない。 「円」にも2つの書き方がある。 「円」と書いても「圓」と書いても、どちらでも間違いではない。 5000円を旧字体の漢数字で書く場合は「伍阡円」「伍仟円」「伍阡圓」「伍仟圓」となり、こちらも色々な書き方がある。 1万円を旧字体の漢数字で書く場合は「壱萬円」「壱萬圓」となる。 10万円を旧字体の漢数字で書く場合は「壱拾萬円」「壱拾萬圓」となる。 香典袋の外袋の表面の上部中央には表書きを書く。 表書きは宗教により異なるが「御霊前」はどの宗教でも使用が可能。 香典袋の外袋の表面の下部中央(水引の下)には、香典を出す人の名前をフルネームで書く。 連名の場合は、目上の人の名前が水引の下にくるように書き、その左隣から順番に名前を書く。 上下関係がない場合には、五十音順に書くのが良い。 中袋に表面には金額を書き、裏面には住所と名前を書くのがマナー。 ご遺族が香典返しをする際に参考にするため、郵便番号や番地、建物名や部屋番号まで正確に書くようにする。 香典袋に書く文字は薄墨で書くようにする。 連名で香典を包む場合は、中袋の全ての人の住所と名前、包んだ金額を書くのは困難なため、別紙にそれぞれの住所と名前、包んだ金額を記入して中袋に同封する。 香典袋には様々な種類があり、宗教の違いや包む金額によって使い分けるのがマナー。 無地で「御霊前」と書かれた香典袋はどの宗教でも使用可能。 包む金額が多い場合には、外から水引をかける立派な香典袋を使用し、包む金額が少ない場合には、水引が印刷されたものを使用するのが良い。 香典は不祝儀であるため、新札を入れるのは避けるようにする。 新札を入れてしまうと「不幸を予測して用意しておいた」という意味になり、ご遺族に対して失礼に当たる場合があるからである。 お札を入れる向きに特別なルールがあるわけではないが、中袋を開けたときにお札の表(人物の顔)が上になるように入れるのが良い。 「4」や「9」は「死」や「苦しみ」を連想させることから避けた方が良い数字。 割り切ることのできる偶数も「故人とこの世の縁を切ってしまう」ということで、避けた方が良い。 連名で香典を集めた場合、千円札が数枚にななるケースもあるが、千円札のまま包むのではなく、5千円札や1万円札に両替をして包むのが良い。 お通夜と葬儀どちらにも参列する場合、香典を渡すタイミングはその地域の風習に従うのが良いとされているが、最近の傾向としてはお通夜の席でお渡しするケースが多い。 香典は袱紗に包んで持参するのがマナー。 香典を包む際の参考になれば幸いです。 「終活ねっと」ではこの他にも、香典に関する記事を多数ご用意しております。 以下の記事では、香典の金額相場について詳しく解説しております。 こちらも合わせてご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

香典 お金の入れ方】5000円・3000円・一万円・中袋ない・向き・ふくさ・新札

香典 金額 書き方 三 千 円

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 3000円の香典の金額の書き方について詳しく解説していきましょう。 縦書きの場合と横書きの場合に分けてご紹介いたします。 縦書きの場合 香典の金額は 香典袋の中袋に縦書きで書くのが一般的です。 まずは、縦書きでの3000円の書き方について見ていきましょう。 3000円の色々な書き方 金額は、香典返しの中袋に縦書きで書くのが一般的です。 旧字体(大字)の漢数字を使用します。 普通に漢数字で書くと「三千円」となりますが、旧字体の漢数字の場合は色々な書き方があります。 参阡円・ 参仟円・ 参阡圓・ 参仟圓どの書き方でも問題はありません。 中袋に書く際には金額の前に 金とつけ 金参阡円と書いてください。 金額の後に 也(なり)は付けても付けなくても構いません。 円の色々な書き方について 上でご紹介したように、「円」にも色々な書き方が存在します。 円と書いても 圓と書いても、どちらでも間違いではありません。 横書きの場合 香典袋の中には、 中袋に横書きで金額欄が設けられている場合があります。 そのような場合は、 横書きで書くようにします。 金額を書く際には 算用数字・ アラビア数字を使用し 金3,000円と書けばOKです。 横書きの場合も、金額のあとの 也(なり)は付けても付けなくても大丈夫です。 その他の金額の書き方について 3000円以外の金額を包むケースもあるかと思います。 そのような場合に備えて、 3000円以外の金額についても、それぞれ書き方をご紹介しておきましょう。 5000円 漢数字で書くと「五千円」となりますが、旧字体の漢数字の場合は 伍阡円・ 伍仟円・ 伍阡圓・ 伍仟圓となり、こちらも色々な書き方があります。 どの書き方をしても大丈夫です。 香典袋の中袋に書く際には金額の前に「金」と入れ 金伍阡円と書きます。 1万円 漢数字で書くと「一万円」となりますが、旧字体の漢数字の場合は 壱萬円・ 壱萬圓となります。 「円」は「圓」と書いても良いです。 香典袋の中袋には 金壱萬円(または金壱萬圓)と書きます。 10万円 漢数字で書くと「十万円」となりますが、旧字体の漢数字の場合は 壱拾萬円・ 壱拾萬圓となります。 こちらも香典袋の中袋には 金壱拾萬円(または壱拾萬圓)と書きます。 香典袋の書き方について• 3人までの連名の場合 目上の人の名前が真ん中にくるように書き、その左隣から順番に名前を書いていきます。 上下関係がない場合には、五十音順に書くのが良いでしょう。 4人以上の連名の場合 4人以上で香典を出す場合には「〇〇一同」と書くようにします。 それぞれの名前は別紙に書き、中袋に入れるようにしましょう。 中袋に書くもの 香典袋には中袋と呼ばれる封筒がセットになっている場合が多いです。 中袋には、 香典の金額と 住所・ 名前を書きます。 ご遺族が香典返しをする際に参考とするものですので、必ず記入するようにしましょう。 金額 香典として包んだ金額を 中袋の表面に記入します。 金額を書く際には 縦書きにするのが一般的で、 旧字体(太字)の漢数字を用いて金額を書きます。 先にご紹介したように、3000円の場合は「金参仟圓」と記入します。 香典袋によっては、金額を記入する欄が印刷されている物もあります。 そのようなケースでは、横書きで算用数字を用いて金額を記入してください。 住所・名前 中袋の裏面には、香典を包んだ人の住所と名前を記入します。 こちらも基本的には 縦書きで書きます。 郵便番号や番地、建物名や部屋番号まで正確に書くのがマナーです。 文字色について 香典袋に文字を書く場合は、 薄墨で書くのがマナーです。 薄墨で書く理由として、昔は筆に墨を浸して文字を書いていましたが、薄墨は水分が多いためその見た目が「涙で薄くなったように見えたため」ではないかと言われています。 また、故人の訃報を聞き、墨をする時間も得られない間に急いでお通夜に駆けつけたという意味も薄墨で書くというマナーに込められています。 以下の記事では、香典は薄墨で書く理由につてい詳しく解説しております。 注意点についてもご紹介しておりますので、こちらも合わせてご覧ください。 次に、 香典のマナーについてご紹介します。 香典袋の選び方、お札の入れ方、香典の渡し方にはそれぞれマナーがあります。 順番に見ていきましょう。 香典袋の選び方とは? 香典袋には様々な種類があり、故人の宗教によって香典袋のデザインや表書きが異なります。 故人の宗教がわからない場合には、どの宗教でも使用可能な 無地で「御霊前」と書かれている香典袋を選びます。 蓮の花が描かれている物は仏教用、 十字架が描かれている物はキリスト教用となります。 また、包む金額が多い少ないでも使い分けるのがマナーです。 包む金額が多い場合には、 外側から水引をかけるタイプの立派な香典袋を使用します。 包む金額が少ない場合には、 水引が印刷されているものを選ぶのが良いでしょう。 以下の記事では、香典袋の選び方について詳しくご紹介しております。 こちらも合わせてご覧ください。 香典のお札の入れ方とは? 香典は不祝儀であるため、 新札を入れるのは避けるようにします。 新札を入れてしまうと「不幸を予測して用意しておいた」という意味になり、ご遺族に対して失礼に当たる場合があるからです。 お札を入れる向きにも気を配りましょう。 特別なルールがあるわけではありませんが、香典袋の 中袋を開けたときに、お札の表(人物の顔)が上になるように入れるのが良いでしょう。 お札の上下に関しては、 人物の顔が下になるように入れます。 また、金額やお札の枚数にもマナーがあり、「4」や「9」は「死」や「苦しみ」を連想させることから避けた方が良い数字です。 割り切ることのできる偶数も「故人とこの世の縁を切ってしまう」ということで、避けた方が良い数字とされています。 また、連名で香典を集めた場合などは、千円札が数枚になるケースもあるかと思います。 もしも5枚や10枚と言った数の場合は、千円札のまま包むのではなく、 5千円札や1万円札に両替をして包むようにしましょう。 以下の記事では、香典袋へのお札の入れ方について詳しく解説しております。 こちらも合わせてご覧ください。 香典の渡し方について 香典を渡すタイミングは、お通夜と葬儀どちらか一方にだけ参列する場合は、参列したその時にお渡しするのが良いでしょう。 お通夜と葬儀どちらにも参列する場合に関しては、渡すタイミングはその地域の風習に従うのが良いとされていますが、最近の傾向としては お通夜の席でお渡しするケースが多いようです。 香典は 袱紗に包んで持参するのがマナーとされています。 受付では一礼し「この度はご愁傷様でございます」と一言添えるようにします。 香典は必ず 袱紗から取り出してから渡すようにしましょう。 取り出した香典は、相手の方から見て表書きが正面を向くように渡してください。 渡す際には「御霊前にお供えください」と一言添えると丁寧でいいでしょう。 以下の記事では、香典の渡し方や注意点について詳しく解説しております。 こちらも合わせてご覧ください。 香典の金額は香典袋の中袋に縦書きで書くのが一般的で「金〇〇〇円」と書く。 香典の金額は旧字体の漢数字で書く。 3000円は「参阡円」「参仟円」「参阡圓」「参仟圓」というように色々な書き方があるが、どの書き方でもOK。 中袋に書く際には金額の前に「金」とつけ「金参阡円」と書く。 金額の後に「也(なり)」は付けても付けなくても構わない。 「円」にも2つの書き方がある。 「円」と書いても「圓」と書いても、どちらでも間違いではない。 5000円を旧字体の漢数字で書く場合は「伍阡円」「伍仟円」「伍阡圓」「伍仟圓」となり、こちらも色々な書き方がある。 1万円を旧字体の漢数字で書く場合は「壱萬円」「壱萬圓」となる。 10万円を旧字体の漢数字で書く場合は「壱拾萬円」「壱拾萬圓」となる。 香典袋の外袋の表面の上部中央には表書きを書く。 表書きは宗教により異なるが「御霊前」はどの宗教でも使用が可能。 香典袋の外袋の表面の下部中央(水引の下)には、香典を出す人の名前をフルネームで書く。 連名の場合は、目上の人の名前が水引の下にくるように書き、その左隣から順番に名前を書く。 上下関係がない場合には、五十音順に書くのが良い。 中袋に表面には金額を書き、裏面には住所と名前を書くのがマナー。 ご遺族が香典返しをする際に参考にするため、郵便番号や番地、建物名や部屋番号まで正確に書くようにする。 香典袋に書く文字は薄墨で書くようにする。 連名で香典を包む場合は、中袋の全ての人の住所と名前、包んだ金額を書くのは困難なため、別紙にそれぞれの住所と名前、包んだ金額を記入して中袋に同封する。 香典袋には様々な種類があり、宗教の違いや包む金額によって使い分けるのがマナー。 無地で「御霊前」と書かれた香典袋はどの宗教でも使用可能。 包む金額が多い場合には、外から水引をかける立派な香典袋を使用し、包む金額が少ない場合には、水引が印刷されたものを使用するのが良い。 香典は不祝儀であるため、新札を入れるのは避けるようにする。 新札を入れてしまうと「不幸を予測して用意しておいた」という意味になり、ご遺族に対して失礼に当たる場合があるからである。 お札を入れる向きに特別なルールがあるわけではないが、中袋を開けたときにお札の表(人物の顔)が上になるように入れるのが良い。 「4」や「9」は「死」や「苦しみ」を連想させることから避けた方が良い数字。 割り切ることのできる偶数も「故人とこの世の縁を切ってしまう」ということで、避けた方が良い。 連名で香典を集めた場合、千円札が数枚にななるケースもあるが、千円札のまま包むのではなく、5千円札や1万円札に両替をして包むのが良い。 お通夜と葬儀どちらにも参列する場合、香典を渡すタイミングはその地域の風習に従うのが良いとされているが、最近の傾向としてはお通夜の席でお渡しするケースが多い。 香典は袱紗に包んで持参するのがマナー。 香典を包む際の参考になれば幸いです。 「終活ねっと」ではこの他にも、香典に関する記事を多数ご用意しております。 以下の記事では、香典の金額相場について詳しく解説しております。 こちらも合わせてご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の