プロテイン 牛乳。 プロテインは水と牛乳どっちで割るのが正解?プロテインのおすすめの飲み方|筋トレブログ.com

プロテインは水よりも牛乳で飲むのが良い?水と牛乳を使い分けて摂取する方法

プロテイン 牛乳

基本は水でも牛乳でもOK プロテインを溶かすドリンクについての最大の疑問は 「水と牛乳どちらで割るべきか」だと思います。 特に初めてプロテインを飲む場合にはどちらで割るか悩むかもしれませんね。 ですが、この答えはとってもシンプルでどっちでもOKという回答になります。 水で割ろうと牛乳で割ろうと基本的な 効果は変わりません。 ただ、水で割る場合と牛乳で割る場合にはそれぞれメリット・デメリットがあります。 味にも変化がありますのでどちらも飲み比べてみて 気に入った方を選ぶのがおすすめです。 ちなみに、何で割るにしてもプロテインシェイカーが必要になるのでまだ持っていないという方は購入しておきましょう。 コストがほとんどかからない• 吸収されるのが早い• 蛇口をひねれば出てくるわけですから(笑) ミネラルウォーターに溶かすという方もいますが、普通の水道水でも全く問題ありません。 ジムで筋トレする場合、牛乳を持っていくのは面倒なのでジムの冷水器を利用するのがおすすめです。 また、水で割るのは牛乳で割る場合に比べて吸収されるのが早いというメリットもあります。 筋トレをした後は早めにタンパク質を補給した方がいいので水で割って飲むのがおすすめです。 ただ、牛乳で割る場合よりも水で割る場合の方が味が悪いという意見もあります。 このあたりは個人差もありますので、実際に飲み比べてみるといいでしょう。 個人的には、手軽さやコストの面から水で飲む方がいいかなと思います。 「水道水は味がちょっと、、」という方は ミネラルウォーターで割るのがいいでしょう。 Amazonや楽天なら まとめ買いができてしかも安いのでネットで買うのがおすすめです。 カルシウムを同時に摂取できる• 水よりも飲みやすいと言われている• コストがかかる• 吸収されるのが遅い• また、水で割るよりも 味が飲みやすいと言われています(これは個人差がありますが)。 牛乳で割ると味がマイルドになっておいしいです。 ただし、甘い味になりやすいのでスッキリ飲みたい方には向かないかもしれません。 デメリットとしては、当然ながら水よりもコストがかかるというのが大きいですね。 毎日のようにプロテインを飲むとすると牛乳の価格はバカになりません。 また、水で割る場合と比べて吸収に時間がかかるので、筋トレ後に飲むにはあまり適していないと言われています。 逆に、寝る前に飲む場合には体にゆっくり吸収されるので向いていると言えます。 もうひとつ注意点としては、お腹が弱い人の場合お腹がゴロゴロする場合があるようです。 お腹弱いなという方は牛乳で割るのは控えた方がいいかもしれませんね。 自分の好みを味を見つけられる• 特に人気なのはオレンジジュースで割る方法です。 ジュースなどで割るメリットとしては、自分の好みの味を見つけられるかも!?という点です。 プロテインの味とジュースの味の組み合わせによっては牛乳などで割るよりもおいしくなるようです。 興味がある方は、自分のお気に入りの組み合わせを見つけてみるのも楽しいかもしれませんね。 デメリットとしては、牛乳と同じくコストがかかる点です。 あとは、試してみたけど味が微妙だった場合にテンションが下がるという点ですかね(笑) まとめ 水で割るか牛乳で割るか迷っているという方も多いと思いますが、基本的には どちらでも問題ありません。 筋肉を効率的につけるには何で割るかよりも 飲むか飲まないかの方が重要ですよ。 コストの面と味の面を総合して自分が一番いいなと思う割り方を見つけましょう。 当ブログの人気記事• 558,149件のビュー• 520,661件のビュー• 306,042件のビュー• 258,706件のビュー• 255,633件のビュー• 248,525件のビュー• 221,144件のビュー• 201,835件のビュー• 201,540件のビュー• 188,598件のビュー• 177,111件のビュー• 173,427件のビュー• 160,929件のビュー• 155,369件のビュー• 123,942件のビュー• 121,950件のビュー• 119,197件のビュー• 119,021件のビュー• 118,239件のビュー• 117,096件のビュー.

次の

プロテインを牛乳で割ってはいけない理由を徹底解説(筋トレ後)

プロテイン 牛乳

種類の違いは原料の違いから 店頭に並ぶさまざまな種類のプロテイン。 これらの大きな違いは原材料です。 大きく分類すると、プロテインには牛乳を材料とするホエイプロテイン・カゼインプロテイン、大豆を原料とするソイプロテインがあります。 今回はホエイ・カゼイン・ソイプロテイン、それぞれの特徴についてご紹介します。 ホエイプロテイン ホエイプロテインは、牛乳に含まれるタンパク質の一種です。 ヨーグルトの上澄みにできる液体のことをホエイ(乳清)といいますが、このホエイに含まれるタンパク質がホエイプロテインです。 ホエイには他に、ミネラルや水溶性ビタミンが含まれます。 メリットとデメリット ホエイプロテインには筋肉成分の多くを占めるアミノ酸が含まれており、筋肉修復効果も期待されています。 味は淡白で飲みやすく、体内への吸収速度はスムーズで胃腸にもたれにくいというメリットがあります。 デメリットは、他のプロテインと比べると価格が比較的高いことでしょう。 商品によってはソイプロテインと併用したものや、プロテイン含有量を控えめにしたものなど、機能や価格面で工夫しているものもあります。 こんな方におすすめ ホエイプロテインがおすすめなのは、トレーニングで強い肉体を手に入れたい方です。 トレーニング後、効率的に筋肉の回復を促すためにはできるだけ素早くタンパク質を補給することが必要といわれています。 ホエイプロテインは吸収がスムーズであることからトレーニング直後の補給には最適とされています。 筋トレだけではなく、マラソンなどの持久系スポーツ、格闘技・コンタクトスポーツ(ラグビー・アメフトなど)と広い分野で強靭な体を作りたい方に適しています。 WPC製法 Whey Protein Concentrate(濃縮乳清タンパク質)、濃縮膜処理法とも呼ばれます。 原料になる乳清をフィルターで膜処理し、ろ過して得られた液体を濃縮する製法のため乳糖が残りやすくなってしまいます。 乳糖不耐症を持つ人にとっては、腹部膨満感やお腹が張ってごろごろする原因となる場合もありますが、乳清に含まれるビタミンやミネラルをできるだけ多く残すことができるメリットがあります。 タンパク質含有率が約80%の製品はこの製法で作られていることが多いようです。 WPI製法 Whey Protein Isolate(分離乳清タンパク質)、イオン交換法とも呼ばれます。 WPC製法で分離されたタンパク質をさらにイオン交換して作られるため、タンパク質以外の成分はほぼ除去されて高濃度のホエイタンパクが作られます。 精製度の高いホエイプロテインを実現するために比較的多くの工数が必要となり、価格は若干高めです。 WPH製法 Whey Protein Hydrolysate(加水分解乳清タンパク質)の略称です。 加水分解ペプチドとも呼ばれ、微生物に含まれる酵素などを使いWPCをペプチド状態(アミノ酸が十数個から数十個つながった状態)に分離したものです。 ホエイプロテインは製法ごとにさまざまな特徴を持っています。 自分にあった製法のプロテインを選んでみてください。 カゼインプロテイン ホエイプロテインと同じく牛乳を主成分とするのがカゼインプロテインです。 ホエイプロテインが水溶性で吸収が早いことに対し、カゼインプロテインは不溶性で固まりやすく、体への吸収速度がゆっくりであることが特徴です。 こんな方におすすめ ダイエット時の間食や運動をしない日のタンパク質補給、また就寝時におすすめです。 カゼインプロテインは体への吸収速度がゆっくりであることから満腹感の持続が期待できます。 ソイプロテイン ソイプロテインの原料は、その名の通り大豆のタンパク質部分だけを粉末にしたものです。 タンパク質の比率を高め水分や糖質、脂肪を減らし植物性タンパク質を効果的に摂取できるようになっています。 価格が比較的安いことも特徴の一つです。 メリットデメリット ソイプロテインはカゼインプロテインと同じく消化吸収速度がゆっくりのため、満腹感が持続しやすいです。 加えて、大豆に含まれるイソフラボンの効果で皮膚や骨の強化、血流改善が期待できます。 一方で、溶かしたときに粉っぽくなってしまい、他のプロテインと比べて飲みづらくなることもあるようです。 少量のぬるま湯で溶いてダマにならないようにしてから水を加えるなど、飲みやすくする工夫が必要です。 最近では、溶けやすく改良された商品も多く発売されています。 こんな方におすすめ 満腹感が持続しやすいためダイエットをしている方にはもちろん、健康維持をしたい方にもおすすめです。 女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが入っているので、肌の張りを保つ効果や、女性らしい体のラインをキープしたい方にもおすすめです。 まとめ プロテインは強靭な肉体作りにも、引き締まったカラダ作りにも役立ちます。 吸収速度や体に与える影響などが種類によって異なるので、自分の目的に合わせたプロテインを摂取してみてくださいね。 おすすめ商品.

次の

マイプロテイン【ミルクティー味】水と牛乳で味の比較してみた

プロテイン 牛乳

もくじ• 水と牛乳はどちらでもいい プロテインを飲むときは、ミネラルウォーターでも牛乳でも問題はありません。 どちらが効果的なのかということについても、そこまで大きく変わらないです。 牛乳からはカルシウムが摂取できます、水からはミネラルを摂取できるのでどちらを選択してもいいです。 お腹が弱い人は、牛乳を一度に飲むことでお腹をこわしてしまうこともあります。 そういうときはお水で割ってそのまま飲むといいでしょう。 冷たい水もお腹を痛くする原因となるので、常温の水が理想的ですね! 筋トレ抜きではプロテインは効果なし もちろんですが、筋トレをしていないのにプロテインを飲んでも意味がないです。 筋肉に刺激を与えていないのに、筋肥大することはないですよね? プロテインはあくまでも筋トレの効果を最大限に高めるための栄養素です。 何もせずに飲むだけで筋肉がつく夢の飲み物ではないのです。 ここを勘違いしたまま、甘いトレーニングを続けても恐らく変化はないでしょう。 プロテインを飲み過ぎて太ってしまうだけになります。 豆乳でプロテインを割って飲めばめちゃくちゃ美味しい これは私が実践している飲みかたです^^ もう4年くらいはずっと豆乳で続けています。 最初は牛乳だったのですが、お腹を壊しやすくなったため豆乳へ切り替えました。 豆乳は牛乳とはちがい、胃腸にも優しいためお腹を壊すことはまずありません。 ホワイプロテインと豆乳を割ることで非常に良い感じのおいしさになるので、トレーニング後のプロテインが苦痛になることはないです。 E これらが豊富に含まれています。 カロリーを抑えて栄養素だけ効率的に摂取できるので素晴らしい飲み物です^^ 私はプロテインを1日に3度摂取しています。 プロテインも筋トレの1つとして考えているので、飲み忘れることはありません。 疲れているときに飲むだけで疲労回復を促進してくれます。 栄養素が豊富なので、体に足りないものを補給してくれるので食欲が低下する夏場にもおすすめです。 猛暑のなか、ランニングをしたりジムで筋肉をいじめ抜いていると食欲が低下してどうしても 食事する量が減ってしまいます。 そういうときこそ、プロテインを忘れずに飲んで体に栄養素をおくることは忘れないようにするべきです! あなたは普段はどのようなタイミングで飲んでいますか? タイミングについてイマイチ理解していないときはこちらを読んでおきましょう。 日本人は外人と違うため吸収できる量も違います。 プロテインについているスプーン1杯が約20グラムです。 パッケージの裏には、2杯〜3杯程度がおすすめだと書かれていますが、必要はないので信じなくても大丈夫です。 吸収できないのに、過剰に飲んでも意味がないのでお金のムダになります。 これだけは気をつけてくださいね!.

次の