行政書士試験 問題。 行政書士試験の「記述式」問題とは?合格するための勉強法!過去問はチェック!

行政書士問題集の人気おすすめランキング15選【独学の味方】

行政書士試験 問題

2020年改正民法に完全対応! 過去問とオリジナル問題で構成された220問を収録した問題集。 本書は『2020年版 行政書士 合格のトリセツ 基本テキスト』に完全リンクしています。 本書の特長 【1】『基本テキスト』に完全リンク! 『行政書士 合格のトリセツ 基本テキスト』の対応ページの記載に加え、項目立てを揃え、完全対応しています。 基本テキストと基本問題集の2冊を繰り返し使うことで、合格に必要な知識の定着が可能になります。 『基本テキスト』で学んだ知識の確認と定着に最適な過去問とオリジナル問題を厳選して収録しました。 【3】問題-解説が見開き形式で取り組みやすい問題集! 左ページに問題文、右ページに解説文を記載し、ページを捲らなくても確認できる見える構成にしています。 ワンポイントでは補足説明や関連知識を盛り込みました。 【4】重要度を参考に、優先順位を決めてメリハリのついた演習が可能! 科目の理解や知識の確認、本試験の出題傾向の合わせた重要度を参考にすることで効率のよい演習が可能です。 【5】最新の法改正に対応! 2020年4月1日の時点において施行されると考えられる法令に基づいて作成していますので、安心して学習できます 2019年11月1日現在。 検索」で表示している色が現物とは異なる場合がございます。 ご了承ください。 行政書士試験は試験範囲も広く、幅広い周辺知識が要求されます。 ですので、過去問何年かをも何回も何回も繰り返し解くだけの方法で合格することは残念ながらできません。 当問題集は、行政書士と試験範囲のかぶる公務員試験などの他資格試験問題から、行政書士の出題傾向等にマッチしたものをサンプリングし、更には資格スクール大手の分析に分析を重ねて作成したオリジナル問題を220問収録しています。 レイアウトについては基本的には見開きに問題と解答が見えるものになっており、スピード重視となっています。 それぞれの問題に、重要度がふられていますのでメリハリはる学習ができ、チェックボックスも3つありますので弱点の絞り込みもしやすいです。 そして解説がとにかく丁寧詳細で、判例・裁判例の趣旨も細かく記載されています。 同シリーズのテキストと連動しており、参照ページも付記されています。 過去問に解き飽きて、自分の腕試しをしたい人にぴったりな問題集です。 掲載問題も優れていますが、何より解説の詳しさが本書のポイントでしょう。 正誤問題を見ても、正確な知識が試されています。 妥当なものとか適切なもの、そして正誤の組み合わせでの出題ですので、難易度は格段に上がる出題傾向でした。 正確な理解が無いと正解に辿り着きません。 本書は、なぜ正解なのか、何が間違っているのかを2色刷で紹介し、関係法令の条文も示されていますので、知識の体系化が進みます。 220問紹介されています。 重要度が問題ごとに掲げられていました。 全部解く必要はありますが、重点的に学ぶ箇所も理解できます。 なお、一緒に刊行されているテキストと併せて使用することでより効果が発揮されることでしょう。 憲法、民法、行政法 特に多いですね 、商法・基礎法学などの出題数に応じて、問題数の出題数 解説文 も同様に加減されています。 公務員試験を受けたことがある人は有利ですね。 試験範囲がかなりかぶりますので。 法律系の専攻の方は当然有利な国家試験です。 総務・人事の仕事を長くしていましたので、周辺でも行政書士の資格を取得した人を見知っています。 仕事で必要な知識の習得に役立ちますし、行政書士の資格を得られれば将来の仕事にも生かせます。 合格率の低い国家試験です。 それらを知ると受験のハードルが上がりますが、一方で近年の受験者数の減少を見ると、リタイア後の勉強の励みにもなります。 合格基準点をクリアしないといけないのがネックです。 バランスよく勉強しないと合格しないという難しさが伝わってきました。 解答が別冊だと地味に解説が見づらく苛つくことが多いですが、本書は左問題、右解説と視線を移動するだけで答え合わせと解説が見られます。 シオリ代わりにもなるのが便利。 テキストと連動していますが、基本解説だけで復習可能なくらい丁寧な解説が気に入ってます。 合格のトリセツシリーズの基本問題集です。 カラー刷りで、憲法や民法等、各項目ごとにキーカラーが異なり、その色と黒の2色刷りです。 基本は見開きで左に問題、右に回答というレイアウトになってますので、回答が目に入らないように、目隠しシート 厚手の紙 が付いてます。 過去問とオリジナル問題ですが、220問ということで行政書士問題集にしてはそれほど厚みがないです。 もし学習時間に余裕があるなら他の問題集も手にしたいところです。 解説が同シリーズのテキストのページとリンクしていますので、テキストがあるとより学習が捗るようになっています。 また、この手の問題集にしては解説が結構丁寧な点は高評価したいと思います。 まず書籍体裁は、厚さこそ2cm程ありますが、重さは500g以下に抑えられ、後述学習機能と併せて、携行性を重視した反復問題集です。 その書面は「憲法・民法・行政法」等のテーマ毎に、色を変えた2色刷りで、構成も見開き状態の「左頁に問題&右頁に解答解説」を全頁で画一的に示してあります。 従って、付属の『目隠しシート 厚紙 』を用いるまでも無く、視線制御や掌等で右頁を隠すだけで、安易に目隠し反復学習が可能となっています。 勿論、解答解説は正答だけで無く、誤答が誤っている理由も示され、重要語句は色文字で強調されているので、要点も掴み易いです。 ただ、色文字が中途半端な色合いばかりで、割と長文に対して用いられており、前世紀より定番の半透明『赤シート』には対応し難いです。 また、独学者への配慮から全問に『重要度判定』が添えられ、更には5択問題に対する 誤答も含めた 殆どの解答解説に、姉妹書関連頁へのリンクが張られていて、芋蔓式に関連事項を復習出来る仕様にもなっています。 尚、本書には10以上の誤植が既に発見されており、第1刷を購入された場合には、同社HPにて公開されている正誤表 PDF形式 を確認する必要があります。 行政書士試験対策の問題集ですが、本書は同じトリセツシリーズのテキストと対になっています。 テキストはオールカラーで解り易く、カテゴリー毎に分冊できるという、中々よくできた仕様なのですが、その問題集版である本書はといえば、まあ、普通の問題集です。 全220問を収載し、薄い紙質で500ページ程度なので、さほど重くも厚くもなく、問題集故にオールカラーである必要もありません。 当たり前といえば当たり前のことです。 カテゴリー毎に、憲法は青、民法は紫といった具合にカラーを決めた二色刷りとなっていますが、これはテキストの配色に倣ったものとなっています。 テキストとの連携という意味においては、各問題及び問題内の設問毎に、テキストでは何ページに該当しているのかも示されています。 ページレイアウトとしては見開いて左ページに問題、右ページに解答という体裁を採用し、各設問の正誤だけでなく、それが何故正なのか誤なのかといった理由が解説されています。 それでもちょっと詰まった場合はテキストを紐解くことになるのでしょう。 なお、右ページの解答が目に入らないように目隠しシートが付属していますが、これは厚紙製です。 本書だけでも学習効果の測定は可能ですが、テキスト版とペアで使ったほうが(正確にはテキストありきで、本書を選んだほうが)学習効果が高まると思います。

次の

行政書士試験の問題を解く順番の注意点と正しい時間配分を徹底解説

行政書士試験 問題

『 行政書士の民法は、司法試験レベルだ』だから、司法試験で使っている問題集で勉強しなければ民法の問題は解答できない。 ということを聞いた受験生もいるのでは。 そして、その言葉を真に受けて司法試験の問題集を買おうと、スマホのネット通販を見ているあなたそれは必要ないことなので通販の画面を閉じてくださいね。 はっきり言います。 司法試験の問題集含め他の問題集は必要ありません。 行政書士の問題集だけで、問題ありません。 これを見て本当かよ。 と思うなら読み続けてください。 今回は、『行政書士の民法は、司法試験の問題集で勉強することは本当に必要か』という題材で記事を詳しく書いています。 ちなみに、筆者はそのおバカに真に受けて司法試験の過去問題集(アドバンス)を購入して勉強した一人です。 ・行政書士の必要性が高まってきたから ・司法試験挫折組がいるから ・司法書士試験受験生がいるから これがデマが流れた理由です。 行政書士の必要性が高まってきたから 近年、行政書士の必要性は高まっているの現状です。 ひと昔前なら、法律問題なら弁護士に相談するものと思っていました。 しかし、弁護士の敷居も高く相談しにくいというデメリットがあり、多くの私人間の争いも明るみになっていませんでした。 時代は変わって、ネットの普及とともに自己の権利を主張することが多くなった現代では、それだけ法律問題が増えてきました。 弁護士だけでは賄えなくなっているのが現状で、法律の知識を有した行政書士にもスポットが当たり重要性が高まったのです。 この 重要性が高まったことにより、よりハイレベルな法律知識の必要になってきたために、民法の問題が難化傾向にあるというのが理由の一つにあげられます。 司法試験挫折組がいるから 弁護士を目指していた卵たちが幾度なく司法試験に落ちてしまい、行政書士試験がその受け皿なっていることが原因です。 司法試験合格を目指している受験生は、何年いや何十年も挑戦している人がたくさんいます。 しかし、何らかの理由で司法試験を諦めている人もたくさんいるのが現実です。 その挫折した人たちは、勉強以外何もやってこなかったので諦めた後どうしていいか分からなくなってしまうのです。 そこで、司法試験と科目が重なっている行政書士に目を付けるわけです。 科目はほとんど重ねっています。 法科目は基礎法学以外全部になります。 司法試験受験生レベルなら勉強しなくても基礎法学は難なくこなせます。 行政書士の民法レベルは上がっていることもあり、 司法試験挫折組が受験し合格後、行政書士の民法は司法試験の問題レベルで勉強するべきと発信しているせいでもあります。 司法書士試験受験生、または司法書士がいるから 司法書士受験生が腕試しで、行政書士を受けていることが多い。 実際、私が受験したときも後ろの席で司法書士受験生が、行政書士試験を受けていたことがありました。 あることで、話すきっかけがあったので。 また、すでに司法書士に合格してキャリアアップのために受験する人もいます。 この受験生たちは、すでに民法の勉強をハイレベルでこなしているため、行政書士の民法問題がどの程度レベルなのか判断できます。 司法書士レベルなら難なく解ける問題が出題されているので、 行政書士の問題集ではなく司法書士クラスの問題集で解くべきと発信しているせいです。 他の問題集が必要ない理由 司法試験や司法書士クラスの勉強内容で民法を勉強していれば、行政書士で出題される問題は難なく解けると思います。 それでも、他の問題集を使って勉強することは必要ないと言えます。 必要のない理由を挙げたいと思います。 ・合格を目指している資格が違うので、行政書士の試験に適用していない ・必要のない知識まで覚えてしまうので時間の無駄 ・無駄な費用が掛かる ・他の問題の癖が付く 合格を目指している資格が違うので、行政書士の試験に適用していない よく考えれば分かることです。 どうして、その分野の専門問題集が出ているか。 他の問題集は行政書士を合格させるために作られていません。 司法試験の問題集なら司法試験です。 司法書士の問題集なら司法書士です。 このように、行政書士の試験に問題集が適用していない。 その先の司法書士を目指しているなら司法書士の問題集でもいいですが、そうでなければ労力の無駄です。 必要のない知識まで覚えてしまうので時間の無駄 他の問題集は、その適した試験にあった問題集です。 内容もその試験にあった内容になっています。 行政書士の試験以外の内容も覚えることになってしまい、 行政書士の勉強では覚えなくてもいいことまで覚えることになってしまい、無駄な時間になるだけです。 例えば、司法試験なら裁判がメインの業務なので、判例を多く勉強します。 しかし、行政書士は裁判業務はできませんので、必要最低限の判例知識で問題ありません。 無駄な費用が掛かる 資格問題集の値段は高いです。 安くても3,000円は掛かってきますので、受験生には痛い出費になってしまいます。 他の問題の癖が付く 他の問題集は、 行政書士の専門問題集ではないので問題の質が変わってきます。 司法書士の問題集なら不動産関係の問題が詳細に載っています。 これでは、行政書士で身につけるべき問題の解き方が覚えらず、他の解き方を覚えることになってしまいます。 行政書士の専用問題集で問題ない理由 ここでは、 行政書士の専用問題集で問題ない理由をあげます。 ・行政書士の試験に対応している。 ・載っていない問題は捨て問。 ・行政書士に合格させるために必要な知識だけを載せている。 行政書士の試験に対応している 行政書士の問題集は、行政書士に合格させるためだけに作られています。 そんな当たり前のことと言われそうですが、そのことを忘れている受験生が多いです。 再受験生にその傾向が強いです。 一度、落ちていると合格するための情報をたくさん知ろうとするので間違った勉強方法に走ってしまうようです。 また、多くの問題集は過去問をもとに作成しているので行政書士にあった問題の解き方を身につけることができます。 行政書士の勉強範囲で解けない問題は捨て問 他の問題集を使って勉強しておけば、行政書士では解けない問題も解けるようになるのでは。 と思うかもしれません。 それは、一理あります。 しかし、本試験ではどんな問題が出題されるかも分かりません。 勉強範囲内の量をこなすだけでも大変なのに、それが行政書士の勉強範囲内では解けないような問題を対応するとなると膨大な量の勉強時間が必要になってしまいます。 ましてや、出るかも分からない問題ならなおさらです。 このような問題を追いかけるより、捨て問だから間違っても合格には関係ないと割り切ったほういいです。 そして、勉強範囲内の勉強の質をあげるように時間を費やすべきです。 行政書士に合格させるために必要な知識だけを載せている 資格校の問題集も市販の問題集も、行政書士に合格するために必要な知識だけを載せています。 ここであなたに質問をします。 「1.司法試験も司法書士も行政書士も詰まった膨大な知識が詰まった問題集」と、「2.行政書士の勉強に必要な量が詰まった問題集」があったとします。 もし、あなたならどっちの問題集を選びますか。 どっちも使っても結果(合格)は同じです。 さらにヒントを付け加えると 1の問題集を終わらすのに100時間がかかります。 逆に2の問題集を終わらすのに半分の50時間で終わります。 これを聞いてあなたならどっちを選びますか。 当然、2の問題集ですよね。 この質問と、行政書士の専用問題集を使うことの意味は同じです。 専用の問題集を使うことで、必要な知識だけを勉強し効率よく合格までたどり着けます。 まとめ ここまでを踏まえて、 他の問題集を使って勉強する意味はない。 という結論です。 やはり、他の問題集はその分野の資格の為にあるのであって、行政書士の勉強には適していないことが挙げられます。 行政書士に合格したければ、行政書士にあった問題集を使うことが一番適しています。 それは、民法も同じです。 どんなに、民法の問題が難しくなってもそれは変わりません。 行政書士は行政書士の勉強範囲があって、司法試験には司法試験の勉強範囲があるということです。 だから、他の問題集に目移りしている場合ではありません。 合格したいなら嫌でも行政書士に適した民法の問題集を徹底的に極めるべきです。

次の

行政書士試験に独学で効率よく合格するためのテキスト・問題集は?

行政書士試験 問題

『 行政書士の民法は、司法試験レベルだ』だから、司法試験で使っている問題集で勉強しなければ民法の問題は解答できない。 ということを聞いた受験生もいるのでは。 そして、その言葉を真に受けて司法試験の問題集を買おうと、スマホのネット通販を見ているあなたそれは必要ないことなので通販の画面を閉じてくださいね。 はっきり言います。 司法試験の問題集含め他の問題集は必要ありません。 行政書士の問題集だけで、問題ありません。 これを見て本当かよ。 と思うなら読み続けてください。 今回は、『行政書士の民法は、司法試験の問題集で勉強することは本当に必要か』という題材で記事を詳しく書いています。 ちなみに、筆者はそのおバカに真に受けて司法試験の過去問題集(アドバンス)を購入して勉強した一人です。 ・行政書士の必要性が高まってきたから ・司法試験挫折組がいるから ・司法書士試験受験生がいるから これがデマが流れた理由です。 行政書士の必要性が高まってきたから 近年、行政書士の必要性は高まっているの現状です。 ひと昔前なら、法律問題なら弁護士に相談するものと思っていました。 しかし、弁護士の敷居も高く相談しにくいというデメリットがあり、多くの私人間の争いも明るみになっていませんでした。 時代は変わって、ネットの普及とともに自己の権利を主張することが多くなった現代では、それだけ法律問題が増えてきました。 弁護士だけでは賄えなくなっているのが現状で、法律の知識を有した行政書士にもスポットが当たり重要性が高まったのです。 この 重要性が高まったことにより、よりハイレベルな法律知識の必要になってきたために、民法の問題が難化傾向にあるというのが理由の一つにあげられます。 司法試験挫折組がいるから 弁護士を目指していた卵たちが幾度なく司法試験に落ちてしまい、行政書士試験がその受け皿なっていることが原因です。 司法試験合格を目指している受験生は、何年いや何十年も挑戦している人がたくさんいます。 しかし、何らかの理由で司法試験を諦めている人もたくさんいるのが現実です。 その挫折した人たちは、勉強以外何もやってこなかったので諦めた後どうしていいか分からなくなってしまうのです。 そこで、司法試験と科目が重なっている行政書士に目を付けるわけです。 科目はほとんど重ねっています。 法科目は基礎法学以外全部になります。 司法試験受験生レベルなら勉強しなくても基礎法学は難なくこなせます。 行政書士の民法レベルは上がっていることもあり、 司法試験挫折組が受験し合格後、行政書士の民法は司法試験の問題レベルで勉強するべきと発信しているせいでもあります。 司法書士試験受験生、または司法書士がいるから 司法書士受験生が腕試しで、行政書士を受けていることが多い。 実際、私が受験したときも後ろの席で司法書士受験生が、行政書士試験を受けていたことがありました。 あることで、話すきっかけがあったので。 また、すでに司法書士に合格してキャリアアップのために受験する人もいます。 この受験生たちは、すでに民法の勉強をハイレベルでこなしているため、行政書士の民法問題がどの程度レベルなのか判断できます。 司法書士レベルなら難なく解ける問題が出題されているので、 行政書士の問題集ではなく司法書士クラスの問題集で解くべきと発信しているせいです。 他の問題集が必要ない理由 司法試験や司法書士クラスの勉強内容で民法を勉強していれば、行政書士で出題される問題は難なく解けると思います。 それでも、他の問題集を使って勉強することは必要ないと言えます。 必要のない理由を挙げたいと思います。 ・合格を目指している資格が違うので、行政書士の試験に適用していない ・必要のない知識まで覚えてしまうので時間の無駄 ・無駄な費用が掛かる ・他の問題の癖が付く 合格を目指している資格が違うので、行政書士の試験に適用していない よく考えれば分かることです。 どうして、その分野の専門問題集が出ているか。 他の問題集は行政書士を合格させるために作られていません。 司法試験の問題集なら司法試験です。 司法書士の問題集なら司法書士です。 このように、行政書士の試験に問題集が適用していない。 その先の司法書士を目指しているなら司法書士の問題集でもいいですが、そうでなければ労力の無駄です。 必要のない知識まで覚えてしまうので時間の無駄 他の問題集は、その適した試験にあった問題集です。 内容もその試験にあった内容になっています。 行政書士の試験以外の内容も覚えることになってしまい、 行政書士の勉強では覚えなくてもいいことまで覚えることになってしまい、無駄な時間になるだけです。 例えば、司法試験なら裁判がメインの業務なので、判例を多く勉強します。 しかし、行政書士は裁判業務はできませんので、必要最低限の判例知識で問題ありません。 無駄な費用が掛かる 資格問題集の値段は高いです。 安くても3,000円は掛かってきますので、受験生には痛い出費になってしまいます。 他の問題の癖が付く 他の問題集は、 行政書士の専門問題集ではないので問題の質が変わってきます。 司法書士の問題集なら不動産関係の問題が詳細に載っています。 これでは、行政書士で身につけるべき問題の解き方が覚えらず、他の解き方を覚えることになってしまいます。 行政書士の専用問題集で問題ない理由 ここでは、 行政書士の専用問題集で問題ない理由をあげます。 ・行政書士の試験に対応している。 ・載っていない問題は捨て問。 ・行政書士に合格させるために必要な知識だけを載せている。 行政書士の試験に対応している 行政書士の問題集は、行政書士に合格させるためだけに作られています。 そんな当たり前のことと言われそうですが、そのことを忘れている受験生が多いです。 再受験生にその傾向が強いです。 一度、落ちていると合格するための情報をたくさん知ろうとするので間違った勉強方法に走ってしまうようです。 また、多くの問題集は過去問をもとに作成しているので行政書士にあった問題の解き方を身につけることができます。 行政書士の勉強範囲で解けない問題は捨て問 他の問題集を使って勉強しておけば、行政書士では解けない問題も解けるようになるのでは。 と思うかもしれません。 それは、一理あります。 しかし、本試験ではどんな問題が出題されるかも分かりません。 勉強範囲内の量をこなすだけでも大変なのに、それが行政書士の勉強範囲内では解けないような問題を対応するとなると膨大な量の勉強時間が必要になってしまいます。 ましてや、出るかも分からない問題ならなおさらです。 このような問題を追いかけるより、捨て問だから間違っても合格には関係ないと割り切ったほういいです。 そして、勉強範囲内の勉強の質をあげるように時間を費やすべきです。 行政書士に合格させるために必要な知識だけを載せている 資格校の問題集も市販の問題集も、行政書士に合格するために必要な知識だけを載せています。 ここであなたに質問をします。 「1.司法試験も司法書士も行政書士も詰まった膨大な知識が詰まった問題集」と、「2.行政書士の勉強に必要な量が詰まった問題集」があったとします。 もし、あなたならどっちの問題集を選びますか。 どっちも使っても結果(合格)は同じです。 さらにヒントを付け加えると 1の問題集を終わらすのに100時間がかかります。 逆に2の問題集を終わらすのに半分の50時間で終わります。 これを聞いてあなたならどっちを選びますか。 当然、2の問題集ですよね。 この質問と、行政書士の専用問題集を使うことの意味は同じです。 専用の問題集を使うことで、必要な知識だけを勉強し効率よく合格までたどり着けます。 まとめ ここまでを踏まえて、 他の問題集を使って勉強する意味はない。 という結論です。 やはり、他の問題集はその分野の資格の為にあるのであって、行政書士の勉強には適していないことが挙げられます。 行政書士に合格したければ、行政書士にあった問題集を使うことが一番適しています。 それは、民法も同じです。 どんなに、民法の問題が難しくなってもそれは変わりません。 行政書士は行政書士の勉強範囲があって、司法試験には司法試験の勉強範囲があるということです。 だから、他の問題集に目移りしている場合ではありません。 合格したいなら嫌でも行政書士に適した民法の問題集を徹底的に極めるべきです。

次の