ソードシールド シャンデラ。 シャンデラの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

【ポケモン剣盾】シャンデラの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ソードシールド シャンデラ

ページ:• 投稿者:あむねる• コメント 49 みんなの評価 :• 投稿者:暖簾• コメント 2 みんなの評価 :• 投稿者:カノン• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:り• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:レビ• コメント 0 みんなの評価 :• 投稿者:MOT• コメント 5 いいね! 投稿者:でん• コメント 2 いいね! 投稿者:ポケ垢くん• コメント 6 いいね! 投稿者:デミグラス• コメント 3 いいね! 投稿者:紗羅• コメント 0 いいね! 投稿者:ゴマちゃん ゲーム系キャスやってる• コメント 0 いいね! 投稿者:かふぇらて• コメント 4 いいね! ページ:• 投稿者:もっちー• コメント 47 みんなの評価 :• 投稿者:るるろろ• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:聖母ゼウス• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:カイトちゃん• コメント 25 みんなの評価 :• 投稿者:qwerty• コメント 9 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:タングス• コメント 35 みんなの評価 :• 投稿者:sakita• コメント 19 みんなの評価 :• 投稿者:かるまつ• コメント 21 みんなの評価 :• 投稿者:orca• コメント 71 みんなの評価 :• 投稿者:いんりゅう• コメント 19 みんなの評価 :• ページ:• 投稿者:クスィー• コメント 34 みんなの評価 :• 投稿者:がる• コメント 34 みんなの評価 :• 投稿者:@• コメント 48 みんなの評価 :• 投稿者:えくれあ• コメント 40 みんなの評価 :• 投稿者:shino• コメント 41 みんなの評価 :• 投稿者:破綻• コメント 54 みんなの評価 :• 投稿者:クイーンズハイランド• コメント 74 みんなの評価 :• 投稿者:SILVER• コメント 16 みんなの評価 :• 投稿者:ものくろ• コメント 30 みんなの評価 :• 投稿者:小巻• コメント 23 みんなの評価 :• 投稿者:破綻• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:風の逆襲• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:Sanches• コメント 13 みんなの評価 :• 投稿者:Sanches• コメント 3 みんなの評価 :• 投稿者:Sanches• コメント 12 みんなの評価 :• 投稿者:空色• コメント 20 みんなの評価 :• 投稿者:松野• コメント 20 みんなの評価 :• 投稿者:運無振り• コメント 42 みんなの評価 :• 投稿者:ぬ• コメント 49 みんなの評価 :• 投稿者:イーロ• コメント 8 みんなの評価 :.

次の

【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ソードシールド シャンデラ

シャンデラ いざないポケモン ガラルNo. 289 ぜんこくNo. 609 高さ 1. 0m 重さ• 3kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Chandelure タイプ相性による弱点• 5 0• 5 進化の流れ• 41で『ヒトモシ』から進化• 5倍になる。 /『ほのお』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 /『てもち』にいると、ポケモンのタマゴが2倍かえりやすくなる。 『ほのお』タイプには無効。 『ノーマル』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 ただし、技『のしかかり』『ふみつけ』『ドラゴンダイブ』『ハードローラー』『ハイパーダーククラッシャー』『フライングプレス』『ヒートスタンプ』『ヘビーボンバー』は必ず命中し威力2倍で受けるようになってしまう ヒートスタンプは第6世代以降、ヘビーボンバーは第7世代以降。 なお、ゴーストダイブは第6世代のみ。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 なお、相手の道具を無効にする効果はない。 20 USUM〜BW ,ランプラー:Lv. 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。

次の

シャンデラの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

ソードシールド シャンデラ

防御や特防の種族値は低くないため、HPに努力値を振ることでサブウェポンとして使われる弱点技や等倍ダメージであれば耐えられることが多く、返しで高い特攻で相手を倒しに行くことができます。 相手に応じて技を打ち分けられるようにしたい場合は「たつじんのおび」を、技が固定されたとしても火力を出せるようにしたい場合は「こだわりメガネ」を持たせるといいでしょう。 命中は不安定になるものの、タイプ一致の高火力技としては十分。 威力と命中のどちらも取れる炎技。 ただし特攻が2段階下がるため、その後の全体的な火力が落ちるのが難点。 技の有効な範囲がシャドーボールとかぶるため、ダイマックス技の特防ダウンを目的に使う。 こだわりメガネを持たせた場合の候補。 相手の行動を制限させられるため、こだわり系のアイテムとの相性は良好。 たつじんのおびを持たせる場合の候補。 物理アタッカーの動きを止めたり、交換を読んで出てきた相手に打てる。 性格をおくびょうにすると最速の「ドラパルト」も抜くことが出来るため、同じようにスカーフを持っている相手ではない限り、先に高火力を放ち圧倒することができます。 ダイマックス時のダイサイコで先制技を封じられるようになるのも利点。 技の有効な範囲がシャドーボールとかぶるため、ダイマックス技の特防ダウンを目的に使う。 命中重視の炎技。 だいもんじの命中率に不安を覚える場合の選択肢。 受けポケモンとして使われる「ヌオー」や「トリトドン」を確実に落としつつ、後から出てくるポケモンに対しても高火力で圧力をかけていきます。 上記にある特殊アタッカー型やスカーフ型は、アタッカーのエースとして運用できるのに対し、この型のシャンデラはエースが苦手としやすい受けポケモンの対応が目的となっています。 残りの努力値は、物理アタッカーが多い環境であることから防御に多めに割り振りつつ、努力値が無駄にならないようにしています。 物理環境のため使える場面は多い。 受けポケモンを倒した後の、物理アタッカーの能力低下に。 威力重視の炎技。 命中は不安定なものの、いのちのたまと組み合わせた高火力は受けポケモンを倒した後も戦いやすい。 シャンデラの役割と立ち回り トップクラスの特攻を持つアタッカー 全ポケモンの中でもトップクラスの特攻種族値を持つアタッカー向きのポケモンです。 覚えられる技のタイプは多いわけではないものの、等倍以上でダメージを与えられ、種族値と合わせて大ダメージを与えやすいという特徴があります。 受けポケモンが多い今作の環境に強い 現環境に多い受けポケモンに強く、「エナジーボール」を覚えていれば「ヌオー」や「トリトドン」と、「サイコキネシス」を覚えさせると「ドヒドイデ」と戦えるようになります。 サイコキネシスについては、「ダイサイコ」にすればサイコフィールドによって「シャンデラ」が苦手としている「かげうち」や「ふいうち」を封じることが出来るため、効果の恩恵を受けやすいのも利点です。 シャンデラの対策 弱点のタイプで攻める 攻撃能力は高い「シャンデラ」ですが、耐久能力は高いわけではないため弱点のタイプで攻めることが対策として有効です。 しかしサブウェポンで弱点を攻撃すると威力が足りない場合もあるため、注意が必要です。 シャンデラの攻撃を半減で受けられると、より安定して倒す事ができます。

次の