関西 二郎系。 「地球規模で考えろ」の頼み方・注文方法 コール(呪文)のガイド(二郎系ラーメン・関西) ~店に入ってから出ていくまでの流れ~

【2019年最新版】京都府の二郎系ラーメンまとめ【実食レポつき!】

関西 二郎系

関西二郎系ラーメンの雄【ラーメン荘 夢を語れ】 関西では指折りの激選地区 一乗寺にて2006年に創業。 今年間もなく10年目を迎える此方のお店は、富士丸で修行された店主が開業された関西の二郎系ラーメンの先駆者的な存在であり、その後は「地球規模で考えろ」、「歴史を刻め」、「その先にあるもの 閉店 」、「これが好きだから」、「おもしろい方へ」等、メッセージ性のある変わった屋号ではありますが、此方のお店で修行された派生が関西の各地に根を張る、関西二郎系の雄でもあります。 学生さんを中心にとても人気があり、常に行列が絶えません。 食券制で、おしぼり・お箸・お水はセルフとなり、メニューはラーメン・豚ラーメン・豚Wラーメンに、大ラーメン・大豚ラーメン・大豚Wラーメンと汁なし。 味付玉子・生玉子・温泉玉子に、持ち帰り豚があります。 基本的にはデフォルトで麺量は300g、大で400gとなり、サーブされる前に「ニンニクいれますか?」と問い掛けられます。 その時がコールのタイミングとなるのですが、野菜・アブラ(背脂)の有無、また、量を増やしたりする事が出来ます。 コールなしでノーマルの豚ラーメンですが、適度に乳化した豚の旨味がたっぷりの甘味ある出汁に、キレッキレのカエシ、コクに深みとパンチを効かせた背脂の、三位一体となる豚肉豚骨醤油です。 そこに、たっぷりのニンニクが、中毒性を醸しだしてくれ、一度食べればヤミつきになります。 噛めば口内で暴れる程の弾力を持つゴワワシとした自家製の極太縮れ麺に、ホロッと柔らかくしっかりとした味付けの肉塊ウデ肉が凄く美味しいです。 私が初めて訪問した時は、食べ切るのに苦戦をした記憶があるのですが、大の食べ残しは厳禁ですので、ある程度の予備知識を身に付けてから訪問する事をオススメします。 一度食べれば、ヤミつきになる事、間違いなしです。 ブログ: 2.とてもお洒落な店構えで女性入客数も多い二郎系【のスたOSAKA】 ウラ難波に2010年創業の、東京都大井町にある「のスた(現在は、凛)の元屋号時代の直系店で、大阪では希少な二郎インスパイアを提供する行列必至の人気店です。 人気NO. 1である賄い醤油の他には、賄い塩・賄い味噌・カレー・ポン酢につけ麺等の味の違うユニークなメニュー等が多数あり、いずれも野菜やアブラ増し等の、お好みのコールはオーダー不可。 サーブされる前に、ニンニクを入れるかどうかだけ確認が入ります。 賄い醤油は、程良い乳化具合の豚出汁にキレのあるカエシの醤油が合わさったスープです。 オーション100%で自家製の中太ストレート麺は、従来より少し柔らかい食感だが食べ易くて、スルスルと入るデロ麺。 具材は、コールなしでもたっぷりのもやしやキャベツが盛っており、熟成肉のチャーシューが、しっかりとした歯応えと味付けで美味い。 清潔感のあるお洒落な店構えなのか、女性客も割と入っておられるのは、こういった系統のお店ではなかなか見かけられない光景でした。 色々なバリエーションがあるので、他のものも試してみたくなります。 ブログ: 3. 裏難波にある本格派二郎系ラーメン【自家製麺 ドカ盛り マッチョ】 関東の流れを汲んだインスパイアのお店で、近大を拠点に難波千日前や三宮に展開をしている人気店です。 店内はディープな雰囲気がありますが、店員さんは愛想が良く好感が持てます。 メニューは、らーめん・まぜそば・つけ麺・塩らーめんに、豚(チャーシュー)のダブルトッピングやトリプルトッピングに生卵やチーズの有料トッピング等がございます。 また、麺量は、並で約220g、中で約315g、大で約500gとなり中までは同額です。 また野菜増しは、ノーマル・ちょいまし・全まし・全ましましから選べ、全ましましですと野菜だけでも550gの迫力のある量が無料で盛り付けられます。 今回はらーめんをヤサイマシマシギョフントッピでオーダーです。 微 乳化で脂の甘味ある豚出汁にキリっとしたカエシにはキレがあり、やや、独特の臭みがあるものの、脂のクドさがは無く、しっかりと旨味が抽出されたコクのあるワイルドな味わいのスープです。 オーションを使用した自家製の平打ち極太麺は、小麦の風味が豊かでゴワワシとした強い歯応えをした筋肉剛麺で、ダレ難いので最後まで美味しく戴けます。 具材は塊の様なチャーシューに、シャキシャキとしたキャベツやもやしの茹で野菜となります。 熟成された肉塊のチャーシューは、しっかりとした味付けで、適度な歯応えもあってとても美味いです。 店員さんの対応も良く関西の二郎インスパイアを提供しているお店としては、かなりレベルの高いお店ではないでしょうか。 ブログ: 紹介しているお店はこちら! 店名:ドカ盛りマッチョ 千日前店 住所:大阪市中央区日本橋2-7-22 定休日:火曜 営業時間:11:30〜15:00 18:00〜22:30 お店のブログ: 4. 味もさながら、この系には見ない接客応対の素晴らしさに脱帽【ラーメン荘 歴史を刻め 本店】 2010年8月にオープンしたお店で、関西の二郎インスパイアの先駆者的存在である「ラーメン荘 夢を語れ」 京都市の派生が暖簾分けをした、今や行列必至の人気店です。 メニューは、ラーメン・豚(チャーシュー)ラーメン・豚Wラーメンに、チーズ・生たまご・キムチのトッピング類に持ち帰り豚がございます。 麺量は、通常で350gと普通のラーメンの約3倍で、大は500gです。 多いと思われる方には券売機下にある洗濯バサミを食券に挟んでおきます。 お店の出口横にある券売機で食券を購入後は、入店の際にお水・お箸・蓮華を入って左の棚からセルフで取る方式となっております。 今回は豚ラーメンをヤサイアブラマシマシでオーダーです。 しっかりとした乳化具合で、コクのある濃厚な豚出汁とビシッと効いた化調にカエシの醤油からの濃い目の味わいをしたスープは臭みも無く、背脂がたっぷりと入っておりますが、脂っぽさは感じません。 別皿にて提供してくれるアブラ増しは、スープにコクを深く寄与します。 ふわっと小麦の風味の立つ自家製の極太麺は、もっちりとした柔らかめの食感でスルスルと入り、幾らでも胃袋に入っていく美味い麺です。 野菜は、シャキシャキ感を残したキャベツにもやしと、ど迫力のある大量のチャーシューです。 歯応えがしっかりとした程良い味付けのチャーシューは美味しくて食べ応えも充分にあります。 総体的にですが、スープに麺や野菜に肉、バランス良く美味しい二郎系ラーメンです。 流石は、ラーメン荘系列の暖簾分け店ですね。 スタッフの対応も元気で非常に丁寧でして、この二郎系を色々食べてきた中で、ここまで心地よい対応を受けたのは後にも先にもここだけでしょう。 ブログ: 5.幅広い客層に親しまれ易く、二郎にアレンジを施された「堀切系」【らーめん 大 京都伏見店】 京都深草店の創業は2013年。 本社は東京都葛飾区を中心に二郎の味にアレンジを加えた「堀切系」を確立し、深草店を含め全国に17店舗を構え、業態の異なる飲食店も手掛ける資本系です。 キャッチフレーズは、「当店のラーメンは3回食べてみて下さい。 」です。 メニューは、醤油らーめん・塩らーめん・花椒赤辛らーめん・鮮香煮干しらーめん・熟成黒にんにく。 これに小サイズの「女子盛り!!」というメニューも用意されており、他には肉そば・ゆず塩しょうがらーめんとトッピング類にビールと、かなり豊富な品揃えです。 また、「野菜」と「脂」は、少なめ・普通・多め・増し・増し増しに、「味」は、薄め・普通・濃いめ、「ニンニク」は、あり・なしから、お好みの量をコール出来ます。 醤油らーめんを野菜・脂増しニンニクありでコール。 ただの野菜増しなのに、増し増し以上は軽くあろう野菜のタワーに圧巻。 食べても食べても減りませんし、増し増しにしてたら、きっと食べ切れなかったかもしれないという、とんでもない量です。 非乳化のあっさりとしたスープは、豚肉豚骨に香味野菜を合わせた醤油味で、化調のドきつさも無く、敷き詰められた背脂がコクに深みを持たせておりますが、とても飲み易いです。 麺量は400gまでが同一料金で戴ける量です。 やや硬めでゴワワシとした硬質の歯応えで、野菜をある程度片付けていり間に適度な硬さになります。 具材は、茹で野菜のもやしと僅かなキャベツで、クタクタした感じでは無くシャキシャキの食感です。 鉢の周りに敷き詰められた薄切りのチャーシューは、弾力のある甘い脂身としっとりと柔らかい赤身の比率にバランスが良いもので、しっかりとした味付けも良く、びっくりする位に美味い。 なんだ、塊肉じゃなくて薄切りなんだ!と思ってしまいましたが、形じゃないですね。 美味さです。 もう絶対ここでは野菜を増そうとは思わない位の野菜の量でしたが、無論、美味しかったですし、肉が兎に角イイ。 麺の茹で具合も聞いてくれるので、サイズに合わせて麺を柔らかくするのもありかもです。 ブログ: 6. 食べた次の日にはまた食べたくなる中毒性の高い二郎系【ラーメン 池田屋】 最後の締めくくりは京都のラーメン激選地区 一乗寺に2011年創業の此方のお店。 個人的には二郎インスパイアの中では一番好みで、中毒性の味わいがドはまりしており再訪問の頻度が一番高い、お気に入りのお店です。 7年前に創業の石川県野々宮市にある現「マキシマムザラーメン 初代 極 」が旧名(池田屋)だった頃は、こちらの本店にあたり、元々池田オーナーご本人が関東で修行経験を積んだ後に開業したお店でした。 昨年、この本店を任せていた店長さんが本店を買取られ、屋号を改め再出発と相成った事もあり、現在はこの一乗寺のお店のみを営んでおられます。 割と臨時休業が多い為、訪問する際はTwitterでの営業情報は必須です。 メニューは、ラーメン(プチ・小・中・大)に汁なしとなり、小でも麺量は300gあります。 おしぼり・お水・お箸は全て自分で用意するセルフサービスとなっております。 今回オーダーした「ビグ・ザム」と称するその豪快でお下品な盛り付け具合は、麺量1000gの特大サイズの二郎インス。 器は従来より遥かにデカイすり鉢を使用しており、麺増しでこの鉢を使用するのは現在は1100gからだそうで、830円の大ラーメン(500g)に100円を渡すオーダーシステムとなってます。 この鉢の横に、蓮華の入った従来使用しているラーメンの器を真横に置いて比較出来る様にしてみましたが如何でしょうか?これは小鉢では無く、普通サイズに使用しているラーメン鉢です。 この規格外の大きさの違いが分かるのではないでしょうか。 下の写真は、普通サイズのラーメン鉢に入ったヤサイマシマシアブラマシカラメです。 此方のラーメンは、程よい乳化具合でコクのある濃厚な豚出汁に、ビシッと効いた化調とカエシの醤油、たっぷりのニンニクと背脂が合わさった、パワフルジャンキー(意味不)なスープです。 極太の平たいオーション麺はもっちりとした歯応えのある弾力で、この存在感の強いスープにジャストな存在感のある麺で、全くダレる事がない強靭な筋肉剛麺です。 具材は、肉塊チャーシュ・もやしにキャベツの茹で野菜・背脂・ニンニクです。 麺量は、私の知ってる情報では最高2. 5kgを完食した方がいらっしゃる様ですが、胃袋に自信のある方は是非ともチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 ブログ:.

次の

あの「ラーメン二郎」が京都店オープンへ! 関西のラーメン激戦区で二郎は生き残れるか

関西 二郎系

値段:700円~ 麺量:300g~ スープ:乳化、まろやか 味:豚骨で濃いめの味付け 麺:ゴワゴワしてない手揉みの極太麺 特徴:豚肉は少なめだが野菜は大量 感想:量は多いがすんなり食べられて消化も良かった 京都市伏見区にある「 ラーメン大 京都深草店」では「二郎インスパイア」のデカ盛りラーメンを提供しています。 値段は700円から、分量も多く、 乳化されたスープはまろやかで食べやすいものになっています。 麺は「平打ちではない極太麺」で、つるつる系の食べやすい麺でした。 味付けも良く、 コール「普通」でも野菜は山盛りになって出てきて、いかにも二郎系ラーメンというお店なので、 オススメの「二郎インスパイア」と言えます。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:750円~ 麺量:300g~ スープ:微乳化、生姜の風味がよく出ている 味:豚骨でやや辛め 麺:平打ちのワシワシした手揉み極太麺 特徴:豚肉は適度な脂身でコクがある、野菜も多め 感想:ショウガ味が独特、もやしは茹で時間が少ないのか半生だった。 開店すぐに満席・行列となり女性客も多い。 京都市右京区にある「 ラーメン荘 地球規模で考えろ ソラ」は、いわゆる「ラーメン荘グループ」という関西で「二郎インスパイア」のラーメンを提供している店のひとつです(系譜から言って「直系」といっても良い店)。 値段は750円から、麺量も多く、 微乳化スープは、やや醤油のカドがたつ味付けですが、生姜を擦ったものが大量投入されており飽きない味付けになっています。 麺は「平打ち極太麺」で、他より若干薄めの切り方をしています。 味付けは スープが「生姜」ばりばりで特徴的があって食べ飽きず、豚肉も醤油濃いめで脂身も美味しいコクが出ているので、 総合点では高い評価になりました。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:680円~ 麺量:180g~(デフォルトは300g) スープ:乳化、ほんのり甘味のあるスープ 味:辛くないが一乗寺では強めの味付け 麺:平打ちのワシワシした手揉み極太麺 特徴:行列店で、トロトロした豚肉に野菜も大盛り 感想:量が多いのでプチ(180g)でもボリュームがある 京都市左京区「一乗寺」にある「 池田屋 京都店」は、地元では学生に人気の「二郎インスパイア」で、肉も野菜もデカ盛りのラーメンを提供しています。 値段は680円(180g)からで(デフォルト300gは730円)、分量も多く、 乳化されたスープはほんのり甘味があって味付けも少し濃い目になっています。 麺は「平打ち極太麺」で、ワシワシとしたラーメン二郎では標準的な感じの麺です。 味付けは他店より少し濃い目、 コール「普通」でも野菜も肉も山盛りになって出てくるので、食べきるのに苦戦するほどです。 人気の行列店で昼も夜も行列が出来ています。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 乳化スープはまろやかで豚骨の濃厚スープ、醤油ダレは湯浅醤油を使用。 麺は太麺でややカタメの茹で加減でした。 前コールで野菜マシマシまで無料、「にんにくあるなし」も選べます。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 二郎インスパイアの 「勇三郎ラーメン」は780円で麺量は320gで、大盛り530gまで無料で増すことができます。 乳化スープはまろやかで豚骨の濃厚スープ、それに濃口醤油ながら淡めの醤油ダレで味付けされています(卓上に醤油ダレがあるので好みでどうぞ)。 麺は太麺と細麺が選べ、太麺はやや平打ち感が強い麺でした。 野菜大盛りは無料、前コールで「にんにくあるなし」が選べます。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:730円~ 麺量:300g~ スープ:非乳化、油の浮かんだ甘味のある濃口スープ 味:一乗寺ではやや濃い目味付け 麺:平打ちのワシワシした手揉み極太麺 特徴:関西に二郎インスパイアを初めて持ってきた店 感想:豚肉が旨い、麺も野菜も豚肉も量が多いが器が小さめなのでボリューム感がある 京都市左京区「一乗寺」で関西に二郎系と呼ばれるラーメンを最初に持ち込んだ「 ラーメン荘 夢を語れ」は、系列店も多く「ラーメン荘グループ」と呼ばれる「二郎インスパイア」のラーメン店ですが、創業者は東京の二郎直系店で修行された方です。 値段は730円(300g)からで、小さい器に詰め込まれた麺が圧巻です。 スープは、 非乳化で甘味がありつつ、表面に油が浮いており冷めないアツアツのラーメンになっていました。 麺は「平打ち極太麺」ですが、やや丸みがあって食べやすい印象です。 味付けは濃い目、 コール「普通」でも野菜も肉も山盛りです。 有名店なのでランチ時には少し待つ場合もあります。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:800円~ 麺量:300g~ スープ:非乳化または微乳化、辛さは軽めで甘味とコクがある 味:辛さはマイルドなので味濃い目でコールしても良い 麺:他よりも平たい平打ちの極太麺 特徴:ラーメン荘の創業者がアメリカで開業した「Yume Wo Katare」の系列 感想:味付けはマイルドで辛さは薄めだが甘味があるので食べやすい 京都市上京区「中立売」にある「 Yume Wo Katare Kyoto」は「ラーメン荘グループ」創業者がアメリカのボストンで開業したお店を逆輸入で日本へ持って来たブランドです。 値段は800円(300g)からとやや高めの設定ですが「」というシステムを導入していたりします。 スープは、 非乳化または微乳化で、醤油の味わいはマイルドなのですが甘味があります。 麺は「平打ち極太麺」ですが、やや平たい麺になっています。 味付けは薄めで、 コール「普通」でも野菜も肉も山盛りで、他店と比較しても肉量が多いと思います。 オープン時は大行列でしたが 立地が目立たないので比較的空いている場合もあります。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:750円~ 麺量:300g~ スープ:微乳化で油も浮いているが比較的アッサリ 味:辛さは軽めで、ほんのり生姜の香りと甘味がある 麺:平打ちのワシワシした手揉み極太麺 特徴:一乗寺にある「ラーメン荘 夢を語れ」の2号店 感想:味付けは上品でクセがない感じで適度な辛さに適度なコクで食べやすいが豚肉はアッサリしすぎ 京都市伏見区にある「 ラーメン荘 地球規模で考えろ」は京都・一乗寺が発祥「ラーメン荘グループ」の2号店です。 値段は750円(300g)からで麺量も300gありますが、すんなりと食べられるタイプの「二郎インスパイア」です。 スープは、 微乳化で、醤油の味わいはマイルドで、生姜の味がほんのりと香り甘めでした。 麺は「平打ち極太麺」で、あまりクセのない麺なので、スープもマイルドな辛さだったからか「物足りなさ」を感じました。 味付けは薄めなので、 コール「味濃い目」がちょうど良いと思います。 普段から 行列ができる店なので、店頭で20分ほどは待つことを前提で食べに行ってください。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:680円~ 麺量:200g~ スープ:非乳化または微乳化で出汁は出ているがアッサリしている 味:辛さは軽めで京都風の味付け 麺:平打ちのワシワシした手揉み極太麺 特徴:関西初の「ラーメン二郎直系店」 感想:常に行列で味については賛否が多い、他店と較べてアッサリしたライトな味付け。 京都市左京区(一乗寺)にある 関西で初めての「ラーメン二郎の直系店」となった「 ラーメン二郎 京都店」です。 本ブログが「ラーメン二郎 京都店」のネット最速レビューを行い、開店日は深夜からネットで超話題になりました。 値段は680円(200g)からで、デフォルト麺量は300gです。 スープは、 非乳化または微乳化で、京都らしく出汁の味を残して醤油の味わいはマイルドにしてあります。 麺は「平打ち極太麺」で、野菜は少なめにしても多いので食べごたえがあります。 味付けは醤油がマイルドなので、 コール「味濃い目」がちょうど良いでしょう。 普段から 行列ができる店なので、店頭で40分ほどは待つことが多くありましたが、最近は行列なくすぐに食べることができる場合もあります。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:800円 麺量:200g スープ:非乳化で焦がし醤油の香りがする 味:辛めの豚骨醤油味 麺:手揉みの極太麺 特徴:背脂が大量で野菜も多めだが「コール」で調整できない(ニンニクありなしのみ可能) 感想:豚肉は薄いもので少なめだが野菜も背脂も多く見た目は二郎インスパイア。 京都府長岡京市にある「 麺屋龍仙」さんには「WEB限定メニュー」で二郎インスパイアのラーメンを提供しています。 値段は880円(200g)で、デフォルト麺量は200gです。 スープは、 非乳化で豚骨、かなり醤油を利かした濃い色になっています。 麺は「極太麺」で、平打ちではなくウドンのような太さがあります。 味付けは焦がし醤油で濃いめがデフォルトになっており、コールができないので味付の調整はできません。 ニンニクを入れるか入れないかのみコール可能になっています。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:750円~ 麺量:100g~300gまでは同一料金、400g~500gは追加料金必要 スープ:非乳化で「煮干し、鰹、煮干し&豚骨」のスープがある 味:煮干しが強めのスープ。 麺:極太麺で腹もちが良い 特徴:野菜も豚肉もやや少ないが値段は高め 感想:マシマシが出来たり、見た目だけ二郎インスパイアで味は別物。 京都市左京区の百万遍にある「 加藤屋百万遍にぼ次朗」さんは見た目は二郎インスパイアのラーメン店で、煮干しの濃いラーメンが特徴です。 上の写真はマシてませんが「マシマシ」にするとラーメン二郎のようなビジュアルになります。 京都・滋賀では「 幻の中華そば加藤屋」というグループで展開していますが、閉店も多く関連店は少なくなってきました。 値段は750円~850円で、麺量は100g~300gまでは同一料金になっています。 スープは、 乳化で、煮干しが強めの豚骨風味のラーメンです。 麺は「極太麺」で、平打ちではなくウドンのような太さで、消化が悪いのか腹もちはかなり良い方です。 味付けは醤油薄めなので、魚介の味が強めに出ていました。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:800円~ 麺量:100g~300gまでは同一料金、400g~500gは追加料金必要 スープ:非乳化で「煮干し、煮干し&豚骨、油そば」がある 味:煮干しがほんのり香る豚骨スープ。 麺:極太麺で腹もちが良い 特徴:野菜も豚肉も少ないが値段は高め 感想:マシマシが出来たり、見た目だけ二郎インスパイアで味は別物。 京都市上京区の今出川にある「 THE JIRO 今出川店」さんは見た目は二郎インスパイアのラーメン店です。 元は「中野屋にぼ次朗」という店名でしたが、2018年8月に屋号を変更されています。 上の写真はマシてませんが「マシマシ」にするとラーメン二郎のようなビジュアルになります。 運営は「ガーネット」という飲食チェーンですが、先程の「 幻の中華そば加藤屋」というグループと提携して「にぼ次朗」名義で営業していたという経緯があります。 値段は800円~900円で、麺量は100g~300gまでは同一料金になっていますが、同志社大学が近い学生街では高額なラーメンのようです。 スープは、 乳化で、煮干しが少し香る豚骨ラーメンです。 麺は「極太麺」で、平打ちではなくウドンのような太さで、消化が悪いのか腹もちはかなり良い方です。 味付けは醤油辛さはちょうど良く、クリーミーな味わいで「加藤屋百万遍にぼ次朗」とはまた違う味わいです。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 と「」にもあります。 値段:800円~ 麺量:選べない スープ:メニューに「がっつり」と書かれた2つのラーメンが該当。 乳化した豚骨スープ。 味:醤油辛さ強め。 麺:麺がスープを吸わず 特徴:野菜も豚肉もやや少ないが値段は高め 感想:チャーシューが美味しい。 京都府城陽市にある「 麺屋 京都 龍仙 城陽店」さんは見た目が二郎インスパイアのラーメンを扱っています。 メニューに「がっつり」と書かれたものが二郎インスパイアとなっていて2種類ありました 前述した長岡京市の「麺屋龍仙」の姉妹店です。 値段は800円で、麺量は選べません。 スープは、 乳化で豚骨風味のラーメンです。 麺は「極太麺」で、スープを吸わないので途中で食べ飽きてしまいました。 卓上調味料もないので味変などもできません。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 京都府城陽市寺田金尾60() 営業時間:11時~19時(売り切れ終了あり) 定休日:月曜日(祝日の場合は営業し翌火曜日休み) Twitter: 公式サイト: 京都にある「二郎系・二郎インスパイア」まとめ ということで、 京都にある「二郎系・二郎インスパイア」のラーメン店を全15店舗をランキング形式で紹介しました。 京都は関西圏なので「 出汁文化」が根付いています。 そのため、出汁の味を強調させ、醤油は薄めの味付けにするのが特徴となっています。 関西圏で唯一の直系店舗「」も、比較的アッサリしているという評価を聞くことが多く、醤油辛さはあまり感じません。 他のお店も「出汁の甘み」があったり、生姜で香りを出したりと「 醤油ダレよりも出汁で特徴がある」というのが、京都の「二郎系・二郎インスパイア」の流れなのかなと思われました。 なお、 今回はランキング形式で「上からオススメ順」となっています。 およそ店舗の人気具合(行列など)とリンクしていると思いますので参考にしてみてください。

次の

「地球規模で考えろ」の頼み方・注文方法 コール(呪文)のガイド(二郎系ラーメン・関西) ~店に入ってから出ていくまでの流れ~

関西 二郎系

値段:700円~ 麺量:300g~ スープ:乳化、まろやか 味:豚骨で濃いめの味付け 麺:ゴワゴワしてない手揉みの極太麺 特徴:豚肉は少なめだが野菜は大量 感想:量は多いがすんなり食べられて消化も良かった 京都市伏見区にある「 ラーメン大 京都深草店」では「二郎インスパイア」のデカ盛りラーメンを提供しています。 値段は700円から、分量も多く、 乳化されたスープはまろやかで食べやすいものになっています。 麺は「平打ちではない極太麺」で、つるつる系の食べやすい麺でした。 味付けも良く、 コール「普通」でも野菜は山盛りになって出てきて、いかにも二郎系ラーメンというお店なので、 オススメの「二郎インスパイア」と言えます。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:750円~ 麺量:300g~ スープ:微乳化、生姜の風味がよく出ている 味:豚骨でやや辛め 麺:平打ちのワシワシした手揉み極太麺 特徴:豚肉は適度な脂身でコクがある、野菜も多め 感想:ショウガ味が独特、もやしは茹で時間が少ないのか半生だった。 開店すぐに満席・行列となり女性客も多い。 京都市右京区にある「 ラーメン荘 地球規模で考えろ ソラ」は、いわゆる「ラーメン荘グループ」という関西で「二郎インスパイア」のラーメンを提供している店のひとつです(系譜から言って「直系」といっても良い店)。 値段は750円から、麺量も多く、 微乳化スープは、やや醤油のカドがたつ味付けですが、生姜を擦ったものが大量投入されており飽きない味付けになっています。 麺は「平打ち極太麺」で、他より若干薄めの切り方をしています。 味付けは スープが「生姜」ばりばりで特徴的があって食べ飽きず、豚肉も醤油濃いめで脂身も美味しいコクが出ているので、 総合点では高い評価になりました。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:680円~ 麺量:180g~(デフォルトは300g) スープ:乳化、ほんのり甘味のあるスープ 味:辛くないが一乗寺では強めの味付け 麺:平打ちのワシワシした手揉み極太麺 特徴:行列店で、トロトロした豚肉に野菜も大盛り 感想:量が多いのでプチ(180g)でもボリュームがある 京都市左京区「一乗寺」にある「 池田屋 京都店」は、地元では学生に人気の「二郎インスパイア」で、肉も野菜もデカ盛りのラーメンを提供しています。 値段は680円(180g)からで(デフォルト300gは730円)、分量も多く、 乳化されたスープはほんのり甘味があって味付けも少し濃い目になっています。 麺は「平打ち極太麺」で、ワシワシとしたラーメン二郎では標準的な感じの麺です。 味付けは他店より少し濃い目、 コール「普通」でも野菜も肉も山盛りになって出てくるので、食べきるのに苦戦するほどです。 人気の行列店で昼も夜も行列が出来ています。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 乳化スープはまろやかで豚骨の濃厚スープ、醤油ダレは湯浅醤油を使用。 麺は太麺でややカタメの茹で加減でした。 前コールで野菜マシマシまで無料、「にんにくあるなし」も選べます。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 二郎インスパイアの 「勇三郎ラーメン」は780円で麺量は320gで、大盛り530gまで無料で増すことができます。 乳化スープはまろやかで豚骨の濃厚スープ、それに濃口醤油ながら淡めの醤油ダレで味付けされています(卓上に醤油ダレがあるので好みでどうぞ)。 麺は太麺と細麺が選べ、太麺はやや平打ち感が強い麺でした。 野菜大盛りは無料、前コールで「にんにくあるなし」が選べます。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:730円~ 麺量:300g~ スープ:非乳化、油の浮かんだ甘味のある濃口スープ 味:一乗寺ではやや濃い目味付け 麺:平打ちのワシワシした手揉み極太麺 特徴:関西に二郎インスパイアを初めて持ってきた店 感想:豚肉が旨い、麺も野菜も豚肉も量が多いが器が小さめなのでボリューム感がある 京都市左京区「一乗寺」で関西に二郎系と呼ばれるラーメンを最初に持ち込んだ「 ラーメン荘 夢を語れ」は、系列店も多く「ラーメン荘グループ」と呼ばれる「二郎インスパイア」のラーメン店ですが、創業者は東京の二郎直系店で修行された方です。 値段は730円(300g)からで、小さい器に詰め込まれた麺が圧巻です。 スープは、 非乳化で甘味がありつつ、表面に油が浮いており冷めないアツアツのラーメンになっていました。 麺は「平打ち極太麺」ですが、やや丸みがあって食べやすい印象です。 味付けは濃い目、 コール「普通」でも野菜も肉も山盛りです。 有名店なのでランチ時には少し待つ場合もあります。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:800円~ 麺量:300g~ スープ:非乳化または微乳化、辛さは軽めで甘味とコクがある 味:辛さはマイルドなので味濃い目でコールしても良い 麺:他よりも平たい平打ちの極太麺 特徴:ラーメン荘の創業者がアメリカで開業した「Yume Wo Katare」の系列 感想:味付けはマイルドで辛さは薄めだが甘味があるので食べやすい 京都市上京区「中立売」にある「 Yume Wo Katare Kyoto」は「ラーメン荘グループ」創業者がアメリカのボストンで開業したお店を逆輸入で日本へ持って来たブランドです。 値段は800円(300g)からとやや高めの設定ですが「」というシステムを導入していたりします。 スープは、 非乳化または微乳化で、醤油の味わいはマイルドなのですが甘味があります。 麺は「平打ち極太麺」ですが、やや平たい麺になっています。 味付けは薄めで、 コール「普通」でも野菜も肉も山盛りで、他店と比較しても肉量が多いと思います。 オープン時は大行列でしたが 立地が目立たないので比較的空いている場合もあります。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:750円~ 麺量:300g~ スープ:微乳化で油も浮いているが比較的アッサリ 味:辛さは軽めで、ほんのり生姜の香りと甘味がある 麺:平打ちのワシワシした手揉み極太麺 特徴:一乗寺にある「ラーメン荘 夢を語れ」の2号店 感想:味付けは上品でクセがない感じで適度な辛さに適度なコクで食べやすいが豚肉はアッサリしすぎ 京都市伏見区にある「 ラーメン荘 地球規模で考えろ」は京都・一乗寺が発祥「ラーメン荘グループ」の2号店です。 値段は750円(300g)からで麺量も300gありますが、すんなりと食べられるタイプの「二郎インスパイア」です。 スープは、 微乳化で、醤油の味わいはマイルドで、生姜の味がほんのりと香り甘めでした。 麺は「平打ち極太麺」で、あまりクセのない麺なので、スープもマイルドな辛さだったからか「物足りなさ」を感じました。 味付けは薄めなので、 コール「味濃い目」がちょうど良いと思います。 普段から 行列ができる店なので、店頭で20分ほどは待つことを前提で食べに行ってください。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:680円~ 麺量:200g~ スープ:非乳化または微乳化で出汁は出ているがアッサリしている 味:辛さは軽めで京都風の味付け 麺:平打ちのワシワシした手揉み極太麺 特徴:関西初の「ラーメン二郎直系店」 感想:常に行列で味については賛否が多い、他店と較べてアッサリしたライトな味付け。 京都市左京区(一乗寺)にある 関西で初めての「ラーメン二郎の直系店」となった「 ラーメン二郎 京都店」です。 本ブログが「ラーメン二郎 京都店」のネット最速レビューを行い、開店日は深夜からネットで超話題になりました。 値段は680円(200g)からで、デフォルト麺量は300gです。 スープは、 非乳化または微乳化で、京都らしく出汁の味を残して醤油の味わいはマイルドにしてあります。 麺は「平打ち極太麺」で、野菜は少なめにしても多いので食べごたえがあります。 味付けは醤油がマイルドなので、 コール「味濃い目」がちょうど良いでしょう。 普段から 行列ができる店なので、店頭で40分ほどは待つことが多くありましたが、最近は行列なくすぐに食べることができる場合もあります。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:800円 麺量:200g スープ:非乳化で焦がし醤油の香りがする 味:辛めの豚骨醤油味 麺:手揉みの極太麺 特徴:背脂が大量で野菜も多めだが「コール」で調整できない(ニンニクありなしのみ可能) 感想:豚肉は薄いもので少なめだが野菜も背脂も多く見た目は二郎インスパイア。 京都府長岡京市にある「 麺屋龍仙」さんには「WEB限定メニュー」で二郎インスパイアのラーメンを提供しています。 値段は880円(200g)で、デフォルト麺量は200gです。 スープは、 非乳化で豚骨、かなり醤油を利かした濃い色になっています。 麺は「極太麺」で、平打ちではなくウドンのような太さがあります。 味付けは焦がし醤油で濃いめがデフォルトになっており、コールができないので味付の調整はできません。 ニンニクを入れるか入れないかのみコール可能になっています。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:750円~ 麺量:100g~300gまでは同一料金、400g~500gは追加料金必要 スープ:非乳化で「煮干し、鰹、煮干し&豚骨」のスープがある 味:煮干しが強めのスープ。 麺:極太麺で腹もちが良い 特徴:野菜も豚肉もやや少ないが値段は高め 感想:マシマシが出来たり、見た目だけ二郎インスパイアで味は別物。 京都市左京区の百万遍にある「 加藤屋百万遍にぼ次朗」さんは見た目は二郎インスパイアのラーメン店で、煮干しの濃いラーメンが特徴です。 上の写真はマシてませんが「マシマシ」にするとラーメン二郎のようなビジュアルになります。 京都・滋賀では「 幻の中華そば加藤屋」というグループで展開していますが、閉店も多く関連店は少なくなってきました。 値段は750円~850円で、麺量は100g~300gまでは同一料金になっています。 スープは、 乳化で、煮干しが強めの豚骨風味のラーメンです。 麺は「極太麺」で、平打ちではなくウドンのような太さで、消化が悪いのか腹もちはかなり良い方です。 味付けは醤油薄めなので、魚介の味が強めに出ていました。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 値段:800円~ 麺量:100g~300gまでは同一料金、400g~500gは追加料金必要 スープ:非乳化で「煮干し、煮干し&豚骨、油そば」がある 味:煮干しがほんのり香る豚骨スープ。 麺:極太麺で腹もちが良い 特徴:野菜も豚肉も少ないが値段は高め 感想:マシマシが出来たり、見た目だけ二郎インスパイアで味は別物。 京都市上京区の今出川にある「 THE JIRO 今出川店」さんは見た目は二郎インスパイアのラーメン店です。 元は「中野屋にぼ次朗」という店名でしたが、2018年8月に屋号を変更されています。 上の写真はマシてませんが「マシマシ」にするとラーメン二郎のようなビジュアルになります。 運営は「ガーネット」という飲食チェーンですが、先程の「 幻の中華そば加藤屋」というグループと提携して「にぼ次朗」名義で営業していたという経緯があります。 値段は800円~900円で、麺量は100g~300gまでは同一料金になっていますが、同志社大学が近い学生街では高額なラーメンのようです。 スープは、 乳化で、煮干しが少し香る豚骨ラーメンです。 麺は「極太麺」で、平打ちではなくウドンのような太さで、消化が悪いのか腹もちはかなり良い方です。 味付けは醤油辛さはちょうど良く、クリーミーな味わいで「加藤屋百万遍にぼ次朗」とはまた違う味わいです。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 と「」にもあります。 値段:800円~ 麺量:選べない スープ:メニューに「がっつり」と書かれた2つのラーメンが該当。 乳化した豚骨スープ。 味:醤油辛さ強め。 麺:麺がスープを吸わず 特徴:野菜も豚肉もやや少ないが値段は高め 感想:チャーシューが美味しい。 京都府城陽市にある「 麺屋 京都 龍仙 城陽店」さんは見た目が二郎インスパイアのラーメンを扱っています。 メニューに「がっつり」と書かれたものが二郎インスパイアとなっていて2種類ありました 前述した長岡京市の「麺屋龍仙」の姉妹店です。 値段は800円で、麺量は選べません。 スープは、 乳化で豚骨風味のラーメンです。 麺は「極太麺」で、スープを吸わないので途中で食べ飽きてしまいました。 卓上調味料もないので味変などもできません。 気になった方はので、ぜひご覧ください。 京都府城陽市寺田金尾60() 営業時間:11時~19時(売り切れ終了あり) 定休日:月曜日(祝日の場合は営業し翌火曜日休み) Twitter: 公式サイト: 京都にある「二郎系・二郎インスパイア」まとめ ということで、 京都にある「二郎系・二郎インスパイア」のラーメン店を全15店舗をランキング形式で紹介しました。 京都は関西圏なので「 出汁文化」が根付いています。 そのため、出汁の味を強調させ、醤油は薄めの味付けにするのが特徴となっています。 関西圏で唯一の直系店舗「」も、比較的アッサリしているという評価を聞くことが多く、醤油辛さはあまり感じません。 他のお店も「出汁の甘み」があったり、生姜で香りを出したりと「 醤油ダレよりも出汁で特徴がある」というのが、京都の「二郎系・二郎インスパイア」の流れなのかなと思われました。 なお、 今回はランキング形式で「上からオススメ順」となっています。 およそ店舗の人気具合(行列など)とリンクしていると思いますので参考にしてみてください。

次の