初代 ステップワゴン。 ホンダ ステップワゴン

ステップワゴン(ホンダ)「10万km超えるともうダメですか?」Q&A・質問

初代 ステップワゴン

90年代半ばまで、日本の5ナンバーミニバンといえばキャブオーバータイプが主流でした。 キャブオーバー車はフロントシートの着座位置が高く乗り心地や走りの感覚が独特で、乗用車とは少々勝手が違っていたのです。 一方バブル崩壊後、ホンダは新ジャンルを開拓するべく、乗用車をベースにミニバンやSUVを産み出す「クリエイティブムーバー」戦略を展開。 オデッセイやCR-Vが続けてヒットして、勢いに乗ってきたところでしたね。 初代ステップワゴンは、家族や子供と一緒に時間を過ごす「ファミリームーバー」として登場しました。 初代オデッセイがアコードから産まれたように、初代ステップワゴンはシビックをベースにして開発されたミニバンでした。 FF乗用車ベースのメリットは「乗用車感覚の走り」と「FFならではの効率パッケージ」を両立できることです。 また既存ユニットを流用できるから、開発・生産コストも低く抑えることができるのですね。 パワーユニットは2LのDOHCと4ATのホンダらしからぬ平凡な組合せでしたが、もともと飛ばす類のクルマではないし、その分価格もリーズナブルでしたね。 ユーティリティでは、スライドドアを開けると広大な室内とシートアレンジが圧巻でした。 フロントシートではシフトをコラム化してウォークスルーを実現、2列目では補助席と回転対座シートのコンビも実に新鮮でした。 フルフラットシートも「ここまで平らにできるんだ!」という程の徹底ぶりでした。 しかし3列目シートの収納がちょっと独特で、背もたれを倒して真っ平らにしてから、側面に持ち上げる方式でした。 スペース効率は良いものの上げ下げはちょっと手間でしたね。 乗用車の走りと広大な室内空間の両立に成功した初代ステップワゴンの開発手法は、その後登場するライバルたちのお手本になりました。 今でも初代ステップワゴンは、ノーマル仕様からエアロパーツやアルミホイールでドレスアップされた個性派まで、数多く見かけます。 登場から15年がすぎても、人々に愛され続けているのですから、本当に素晴らしいですよね。 そして「ユーティリティと走りの両立」のDNAは、2代目に受け継がれていきました。 (実は初代ステップワゴンは10年来のオーナーです@拓波幸としひろ) by カテゴリー : , , , タグ : , ,.

次の

ホンダステップワゴンの概要と歴史をまとめてみた|中古車なら【グーネット】

初代 ステップワゴン

goo-net編集チーム は、1996年5月に初代モデルがデビューし、高い居住性と安定した走りを両立した5ナンバーサイズとして成功を収め、現在の5代目まで常に安定した高い人気を誇る車種です。 から続くの新発想のクルマづくりである、「クリエイティブムーバーシリーズ」の第3弾としてデビューし、のライトミニバンというジャンルを確立しました。 派生車としては「」(2009年10月より別車種として扱われます)、介護専用車「ステップワゴン・アルマス」がラインナップされています。 goo-net編集チーム 1996年5月にFFレイアウト型のミニバン「ステップワゴン」として販売を開始しました。 当時、ホンダではFF小型車の生産が主であり、人気の出始めたRV車種のラインナップはありませんでした。 そこで新発想「クリエイティブ・ムーバーシリーズ」と銘打った、本格的なRVカテゴリー車を自社開発することになりました。 その第3弾となったのがです。 5ナンバーサイズの中で最大サイズとなる室内空間を実現し、後席の大きなスライドドア、ボアアップ機能を備えたシート、段差のないフラットなフロアベース、3列目までウォークスルーを可能にするなど、ファミリーユースを想定して設計されました。 搭載するエンジンは専用にチューニングされた2. 0L 4気筒DOHCエンジンで、軽量なボディをゆったりと走らせ安定した走行を実現しました。 販売当初より高い走行性と広い室内環境が注目され高い人気を博しました。 機能的な装備、スタイリッシュデザイン、高い経済性、利便性を実現し、ホンダがミニバンカテゴリーに本格参入するきっかけとなりました。 グレード体系は主に「W」「G」「N」が設定されており、2WD、4WD車が用意されています。 それぞれのグレードに「ボアアップシート仕様」と「回転対座シート仕様」が設定されています。 トップグレードの「W」はツートンボディカラー、キーレスエントリー、15インチアルミなどの豪華装備が施されています。 1999年にはマイナーチェンジが行われ、多くの見直しがされました。 エンジンの最高出力を向上、ホンダ独自のGコントロール技術による衝突安全設計ボディ、フロントドアライニングを布貼りに、フロントマスクデザインの変更、縦型4灯マルチリフレクタータイプヘッドライト等が採用され、より質感・実用性・安全性に対する向上が図られました。 新たにスタンダードグレードに「スピーディー」と「デモクラシー」が追加され、「スピーディー」はアルミホイールやエアロパーツ等が標準装備されているスポーツ仕様、「デモクラシー」は高級仕様の「G」にオートエアコン等を追加し、より装備を充実させたモデルとなります。 1997年〜1999年の3年連続、年間ミニバン販売台数第1位達成をしました。 ホンダ ステップワゴン RF1、2の中古車一覧: goo-net編集チーム 2001年4月に初のフルモデルチェンジを行い、へ移行しました。 初代から好評であった機能やデザインはキープコンセプトとし引き継がれました。 「子供を中心とした家族のバンザイ」をコンセプトに、ファミリーユースの中でも子供の視点を重視し、設計の見直しがされています。 「広さと機能を追求した空間設計」「心地よさと経済性と扱いやすさを融合させた走り」、「空間の広さや楽しさを映すスタイリング」の3つの要件を満たすことを軸に、フルモデルチェンジを行いました。 外観デザインとしては初代モデルの特徴を残すものの、フロントノーズのショート化、新型プラットフォームをベースに新設計の専用サスペンションの採用、ボディにはさらに磨きのかかったGコントロール技術の衝突安全機能が組み込まれています。 新世代エンジン「i-シリーズ」を採用することで、一層力強い走りと低燃費化を実現しています。 内装デザインを大幅に見直し、多彩なシートアレンジ機能が装備され、「遊(対座モード)・食(レストランモード)・寝(3列フルフラットモード)・積(カーゴモード)」の4つモードセレクトが可能になりました。 またプラットフォームの刷新により室内フロアを45mm低床化し、室内環境のさらなる快適性向上、シートアレンジ機能の進化によって、さまざまなシーンへ対応可能な利便性を提供しています。 初代モデルの魅力をアップグレードし、さまざまな先進機能を追加することで高い人気を誇ったモデルとなりました。 グレード体系も一新され、「Y」をベースにキーレスエントリー搭載の「D」、1列目回転シートなどが標準装備となる「I」、専用ナビゲーションなどが標準装備の「K」の、計4グレードのラインナップとなっています。 うち「K」「I」にはパワースライドドアが標準装備となっています。 2003年6月にマイナーチェンジを行い、等に搭載されている2. 4L 4気筒DOHCエンジンを搭載するモデルが追加設定され、走行性能に磨きがかかりました。 またミニバンカテゴリーとしては初採用となるAFS、(アダプティブ・フロントライティングシステム)がヘッドライトに追加装備され、夜間のコーナーリング走行時の安全性が向上しました。 また新たに黒色基調の内装デザイン、エアロパーツが標準装備された、高級スポーティ仕様「スパーダS」「スパーダ24T」が設定されました。 ホンダ ステップワゴン RF3、4の中古車一覧: goo-net編集チーム 2005年5月に2度目のフルモデルチェンジを行いへ移行しました。 「使って、過ごして、走って楽しいFUN-derful Mover(ファンダフル・ムーバー)」をコンセプトに、「ユーティリティ・ミニバンの空間のゆとり」と「の走りの質」を開発テーマに、ユーティリティスペースの徹底見直しと、ミニバンを超えた走りの質を目指し、3代目ステップワゴンは開発されました。 新型プラットフォームを採用し、ボディサイズはコンパクトになり丸みを帯びたシンプルながらモダンなデザインが特徴です。 エンジンは先代と同型ながら、特性を見直すことで出力、燃費性能が大幅に向上しました。 室内高はそのままにさらなる低床・低重心を実現、剛性の高い強固なフレームデザインにより、セダンさながらのハンドリング性能と走行安定性、乗り心地を実現しました。 大開口両側スライドドアが採用され、低重心、フラットフロアと相まって、乗降性、利便性に優れる快適な居住性から高い人気を得たモデルです。 先代モデルと同様、FFの2WDモデルとフルタイム4WDモデルが設定されています。 2008年には国内販売累計数が100万台を突破しました。 参考: ・主なグレード 「B」「G」「24Z」「G Lパッケージ」「G Sパッケージ」「G LSパッケージ」、「G スタイルエディション」「G エアロエディション」「G HDDナビスタイルエディション」、「スパーダS」「スパーダS Zパッケージ」「スパーダS HDDナビパッケージ」、「スパーダS Z HDDナビパッケージ」など。 ・カラーバリエーション プレミアムホワイト・パール、ナイトホークブラック・パール、ポリッシュドメタル・メタリック、ルミナスブルー・パール、アラバスターシルバー・メタリック、バスクレッド・パールなど。 (発売時期・グレードにより異なります) ホンダ ステップワゴン RG系の中古車一覧: goo-net編集チーム 2009年10月に3度目のフルモデルチェンジを行いへ移行しました。 先代ではコンパクトにまとめられたボディサイズは、パッケージングを見直し、スクエアなボックス型のボディデザイン、ホイールベースの拡大、ガラスエリアの拡大により、ルーミーでクラス最大のゆとりある室内空間を実現しました。 新搭載のトルクコンバーター付CVTや、燃費性能を優先してエンジンやトランスミッションに協調制御する「ECONモード」、運転中のエコ運転状況を運転手に視認させることができる「コーチング機能」等により、クラストップとなる低燃費性を実現しました。 また室内空間は明るく開放感溢れるデザインが特徴で、さらにガラスルーフ部を拡大、天井にスカイルーフを装備するモデルもラインナップされています。 1、2列目シートのシートクッション素材もフィット感の高い座り心地の良いもの変更され、3列目には簡単に床下に格納できる「3列目床下格納シート」を採用するなど、居住性や利便性がアップデートされました。 運転席のインパネデザインも大幅に変更され、サイドビューサポートミラーの採用等、運転中の視界性に優れ快適性も向上しています。 いずれのグレードもFFの2WDモデルとフルタイム4WDモデルが設定されています。 4代目モデルも歴代モデル同様に高い人気を誇り、2010年度の年間ミニバン販売台数第1位達成しました。 参考: ・主なグレード 「G」「G Lパッケージ」「L」「Li」「G スマートスタイルエディション」、「G HDDナビ スマートスタイルエディション」「G Eセレクション」、「G コンフォートセレクション」「G インターナビEセレクション」、「G インターナビ コンフォートセレクション」など。 ・カラーバリエーション プレミアムヒダマリアイボリー・パール、スーパープラチナ・メタリック、プレミアムホワイト・パール、クリスタルブラック・パール、ディープボルドー・パール、ポリッシュドメタル・メタリック、アオゾラブルー・メタリックなど。 (発売時期・グレードにより異なります) ホンダ ステップワゴン RK系の中古車一覧: goo-net編集チーム 2015年4月に4度目のフルモデルチェンジを行いへ移行しました。 ホンダ初のダウンサイジングエンジンを直噴1. 5L 4気筒VTECターボエンジンを採用しました。 吸排気デュアルVTC(バルブタイミングコントロール)、ターボチャージャー、新開発のCVTと相まって、2. 4Lエンジンに匹敵するトルクフルで力強い走りと、ミニバンカテゴリートップクラスの静音性を実現させました。 ターボエンジンながら高効率ダウンサイジングエンジンにより、燃費性能・ドライバビリティが大幅に向上し、自動車税区分も1ランク下がったことで自動車税が安くなったのも魅力的です。 先代より引き継がれた低床・低重心コンセプトをそのままに、躍動感ある若々しいボディスタイル、「ビューティリティリビング」をコンセプトにインテリアデザインを一新し、温かみのある色調と柔らかなデザインから、乗り手をリラックスさせることを狙いにコーディネートされています。 テールゲートからの子供の乗り降りや、狭小地での開閉を想定した横開き式サブドアを備えた独自機構の「わくわくゲート」の採用や、3列目のシートを床下格納できる「マジックシート」を備え、荷物の収納や乗降性、利便性に優れるパッケージングです。 また、先進の安全技術として、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を新たに採用しました。 走行中、対象物の位置や速度を検知するレーダー、対象物の形状を認識するカメラの機能など、安全なドライブを支援してくれる機能です。 全グレードに安全装備である内圧保持式エアバッグシステム、VSA、ヒルスタートアシスト、エマージェンシーストップシグナルが標準装備されています。 いずれのグレードもFFの2WDモデルとフルタイム4WDモデルが設定されています。 参考: ホンダ ステップワゴン RP系の中古車一覧: ホンダステップワゴンは1996年の発売以来、競合車の多いミニバンカテゴリーの中でも、多彩な機能とファミリーユースの利便性や実用性を意識したモデルとして、高い人気を誇る車種です。 5代目の現行モデルは高い居住性と安定した走行性、先進技術の採用により、発売当初より好調なセールスを記録しています。 今後もホンダの5ナンバーサイズミニバンモデルとしてますます進化していくことでしょう。 ホンダ ステップワゴンの中古車一覧:.

次の

ステップワゴンの歴代モデル一覧、ミニバン市場を切り開いたファミリーカー

初代 ステップワゴン

goo-net編集チーム は、1996年5月に初代モデルがデビューし、高い居住性と安定した走りを両立した5ナンバーサイズとして成功を収め、現在の5代目まで常に安定した高い人気を誇る車種です。 から続くの新発想のクルマづくりである、「クリエイティブムーバーシリーズ」の第3弾としてデビューし、のライトミニバンというジャンルを確立しました。 派生車としては「」(2009年10月より別車種として扱われます)、介護専用車「ステップワゴン・アルマス」がラインナップされています。 goo-net編集チーム 1996年5月にFFレイアウト型のミニバン「ステップワゴン」として販売を開始しました。 当時、ホンダではFF小型車の生産が主であり、人気の出始めたRV車種のラインナップはありませんでした。 そこで新発想「クリエイティブ・ムーバーシリーズ」と銘打った、本格的なRVカテゴリー車を自社開発することになりました。 その第3弾となったのがです。 5ナンバーサイズの中で最大サイズとなる室内空間を実現し、後席の大きなスライドドア、ボアアップ機能を備えたシート、段差のないフラットなフロアベース、3列目までウォークスルーを可能にするなど、ファミリーユースを想定して設計されました。 搭載するエンジンは専用にチューニングされた2. 0L 4気筒DOHCエンジンで、軽量なボディをゆったりと走らせ安定した走行を実現しました。 販売当初より高い走行性と広い室内環境が注目され高い人気を博しました。 機能的な装備、スタイリッシュデザイン、高い経済性、利便性を実現し、ホンダがミニバンカテゴリーに本格参入するきっかけとなりました。 グレード体系は主に「W」「G」「N」が設定されており、2WD、4WD車が用意されています。 それぞれのグレードに「ボアアップシート仕様」と「回転対座シート仕様」が設定されています。 トップグレードの「W」はツートンボディカラー、キーレスエントリー、15インチアルミなどの豪華装備が施されています。 1999年にはマイナーチェンジが行われ、多くの見直しがされました。 エンジンの最高出力を向上、ホンダ独自のGコントロール技術による衝突安全設計ボディ、フロントドアライニングを布貼りに、フロントマスクデザインの変更、縦型4灯マルチリフレクタータイプヘッドライト等が採用され、より質感・実用性・安全性に対する向上が図られました。 新たにスタンダードグレードに「スピーディー」と「デモクラシー」が追加され、「スピーディー」はアルミホイールやエアロパーツ等が標準装備されているスポーツ仕様、「デモクラシー」は高級仕様の「G」にオートエアコン等を追加し、より装備を充実させたモデルとなります。 1997年〜1999年の3年連続、年間ミニバン販売台数第1位達成をしました。 ホンダ ステップワゴン RF1、2の中古車一覧: goo-net編集チーム 2001年4月に初のフルモデルチェンジを行い、へ移行しました。 初代から好評であった機能やデザインはキープコンセプトとし引き継がれました。 「子供を中心とした家族のバンザイ」をコンセプトに、ファミリーユースの中でも子供の視点を重視し、設計の見直しがされています。 「広さと機能を追求した空間設計」「心地よさと経済性と扱いやすさを融合させた走り」、「空間の広さや楽しさを映すスタイリング」の3つの要件を満たすことを軸に、フルモデルチェンジを行いました。 外観デザインとしては初代モデルの特徴を残すものの、フロントノーズのショート化、新型プラットフォームをベースに新設計の専用サスペンションの採用、ボディにはさらに磨きのかかったGコントロール技術の衝突安全機能が組み込まれています。 新世代エンジン「i-シリーズ」を採用することで、一層力強い走りと低燃費化を実現しています。 内装デザインを大幅に見直し、多彩なシートアレンジ機能が装備され、「遊(対座モード)・食(レストランモード)・寝(3列フルフラットモード)・積(カーゴモード)」の4つモードセレクトが可能になりました。 またプラットフォームの刷新により室内フロアを45mm低床化し、室内環境のさらなる快適性向上、シートアレンジ機能の進化によって、さまざまなシーンへ対応可能な利便性を提供しています。 初代モデルの魅力をアップグレードし、さまざまな先進機能を追加することで高い人気を誇ったモデルとなりました。 グレード体系も一新され、「Y」をベースにキーレスエントリー搭載の「D」、1列目回転シートなどが標準装備となる「I」、専用ナビゲーションなどが標準装備の「K」の、計4グレードのラインナップとなっています。 うち「K」「I」にはパワースライドドアが標準装備となっています。 2003年6月にマイナーチェンジを行い、等に搭載されている2. 4L 4気筒DOHCエンジンを搭載するモデルが追加設定され、走行性能に磨きがかかりました。 またミニバンカテゴリーとしては初採用となるAFS、(アダプティブ・フロントライティングシステム)がヘッドライトに追加装備され、夜間のコーナーリング走行時の安全性が向上しました。 また新たに黒色基調の内装デザイン、エアロパーツが標準装備された、高級スポーティ仕様「スパーダS」「スパーダ24T」が設定されました。 ホンダ ステップワゴン RF3、4の中古車一覧: goo-net編集チーム 2005年5月に2度目のフルモデルチェンジを行いへ移行しました。 「使って、過ごして、走って楽しいFUN-derful Mover(ファンダフル・ムーバー)」をコンセプトに、「ユーティリティ・ミニバンの空間のゆとり」と「の走りの質」を開発テーマに、ユーティリティスペースの徹底見直しと、ミニバンを超えた走りの質を目指し、3代目ステップワゴンは開発されました。 新型プラットフォームを採用し、ボディサイズはコンパクトになり丸みを帯びたシンプルながらモダンなデザインが特徴です。 エンジンは先代と同型ながら、特性を見直すことで出力、燃費性能が大幅に向上しました。 室内高はそのままにさらなる低床・低重心を実現、剛性の高い強固なフレームデザインにより、セダンさながらのハンドリング性能と走行安定性、乗り心地を実現しました。 大開口両側スライドドアが採用され、低重心、フラットフロアと相まって、乗降性、利便性に優れる快適な居住性から高い人気を得たモデルです。 先代モデルと同様、FFの2WDモデルとフルタイム4WDモデルが設定されています。 2008年には国内販売累計数が100万台を突破しました。 参考: ・主なグレード 「B」「G」「24Z」「G Lパッケージ」「G Sパッケージ」「G LSパッケージ」、「G スタイルエディション」「G エアロエディション」「G HDDナビスタイルエディション」、「スパーダS」「スパーダS Zパッケージ」「スパーダS HDDナビパッケージ」、「スパーダS Z HDDナビパッケージ」など。 ・カラーバリエーション プレミアムホワイト・パール、ナイトホークブラック・パール、ポリッシュドメタル・メタリック、ルミナスブルー・パール、アラバスターシルバー・メタリック、バスクレッド・パールなど。 (発売時期・グレードにより異なります) ホンダ ステップワゴン RG系の中古車一覧: goo-net編集チーム 2009年10月に3度目のフルモデルチェンジを行いへ移行しました。 先代ではコンパクトにまとめられたボディサイズは、パッケージングを見直し、スクエアなボックス型のボディデザイン、ホイールベースの拡大、ガラスエリアの拡大により、ルーミーでクラス最大のゆとりある室内空間を実現しました。 新搭載のトルクコンバーター付CVTや、燃費性能を優先してエンジンやトランスミッションに協調制御する「ECONモード」、運転中のエコ運転状況を運転手に視認させることができる「コーチング機能」等により、クラストップとなる低燃費性を実現しました。 また室内空間は明るく開放感溢れるデザインが特徴で、さらにガラスルーフ部を拡大、天井にスカイルーフを装備するモデルもラインナップされています。 1、2列目シートのシートクッション素材もフィット感の高い座り心地の良いもの変更され、3列目には簡単に床下に格納できる「3列目床下格納シート」を採用するなど、居住性や利便性がアップデートされました。 運転席のインパネデザインも大幅に変更され、サイドビューサポートミラーの採用等、運転中の視界性に優れ快適性も向上しています。 いずれのグレードもFFの2WDモデルとフルタイム4WDモデルが設定されています。 4代目モデルも歴代モデル同様に高い人気を誇り、2010年度の年間ミニバン販売台数第1位達成しました。 参考: ・主なグレード 「G」「G Lパッケージ」「L」「Li」「G スマートスタイルエディション」、「G HDDナビ スマートスタイルエディション」「G Eセレクション」、「G コンフォートセレクション」「G インターナビEセレクション」、「G インターナビ コンフォートセレクション」など。 ・カラーバリエーション プレミアムヒダマリアイボリー・パール、スーパープラチナ・メタリック、プレミアムホワイト・パール、クリスタルブラック・パール、ディープボルドー・パール、ポリッシュドメタル・メタリック、アオゾラブルー・メタリックなど。 (発売時期・グレードにより異なります) ホンダ ステップワゴン RK系の中古車一覧: goo-net編集チーム 2015年4月に4度目のフルモデルチェンジを行いへ移行しました。 ホンダ初のダウンサイジングエンジンを直噴1. 5L 4気筒VTECターボエンジンを採用しました。 吸排気デュアルVTC(バルブタイミングコントロール)、ターボチャージャー、新開発のCVTと相まって、2. 4Lエンジンに匹敵するトルクフルで力強い走りと、ミニバンカテゴリートップクラスの静音性を実現させました。 ターボエンジンながら高効率ダウンサイジングエンジンにより、燃費性能・ドライバビリティが大幅に向上し、自動車税区分も1ランク下がったことで自動車税が安くなったのも魅力的です。 先代より引き継がれた低床・低重心コンセプトをそのままに、躍動感ある若々しいボディスタイル、「ビューティリティリビング」をコンセプトにインテリアデザインを一新し、温かみのある色調と柔らかなデザインから、乗り手をリラックスさせることを狙いにコーディネートされています。 テールゲートからの子供の乗り降りや、狭小地での開閉を想定した横開き式サブドアを備えた独自機構の「わくわくゲート」の採用や、3列目のシートを床下格納できる「マジックシート」を備え、荷物の収納や乗降性、利便性に優れるパッケージングです。 また、先進の安全技術として、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を新たに採用しました。 走行中、対象物の位置や速度を検知するレーダー、対象物の形状を認識するカメラの機能など、安全なドライブを支援してくれる機能です。 全グレードに安全装備である内圧保持式エアバッグシステム、VSA、ヒルスタートアシスト、エマージェンシーストップシグナルが標準装備されています。 いずれのグレードもFFの2WDモデルとフルタイム4WDモデルが設定されています。 参考: ホンダ ステップワゴン RP系の中古車一覧: ホンダステップワゴンは1996年の発売以来、競合車の多いミニバンカテゴリーの中でも、多彩な機能とファミリーユースの利便性や実用性を意識したモデルとして、高い人気を誇る車種です。 5代目の現行モデルは高い居住性と安定した走行性、先進技術の採用により、発売当初より好調なセールスを記録しています。 今後もホンダの5ナンバーサイズミニバンモデルとしてますます進化していくことでしょう。 ホンダ ステップワゴンの中古車一覧:.

次の