アリスインワンダーランドネタバレ。 映画『アリス・イン・ワンダーランド』フル動画で無料視聴する!字幕・日本語吹き替え|オンデマンド部

アリス・イン・ワンダーランド|子供達の評価・英語は難しい?

アリスインワンダーランドネタバレ

何度見てもわけのわからない「不思議の国のアリス」が「アリス・イン・ワンダーランド」でちょっと理解できる話になってました。 で、本作のアリスはしっかり大人で、全作の最後で海外の貿易担当となり、3年間にわたって船長として世界中を旅しています。 そんな女性蔑視をもろともせずバリバリ戦うキャリアウーマンのアリスが再びワンダーワールドを冒険します。 今作では劇中、今何が起こっているか?何をしなければならないのか?どうなったらいけないのか?がはっきり語られるので、「不思議の国のアリス」のすべてがわけが分からない不条理の世界を楽しもうと思っていたら肩透かしを食らいます。 アリスもすっかり芯のある強い女性になり、正直いたってわかりやすい優等生みたいなファンタジーになってしまっています。 ファンタジーとしてはよくできているのでそこそこ楽しめますが、う~ん、これはアリスとしてどうなんだろう・・・? 「不思議の国のアリス」から順番に見れば、アリスの成長の話として楽しめますが、アリスに特に愛着もない大人が一人でみたら、なんじゃコリャ?ってなるでしょうね。 個人的には前作より格段に面白かったです。 アリスの凜とした強さは とても現代的に描かれていて 近年のディズニープリンセスに通じる感じでした。 映像美と衣装の素晴らしさは言わずもがなで、 アリス役のミアさんが まぁ何着ても似合って素敵なこと… ドレスよりジャケットやパンツスタイルの似合う 新しいアリス像が作られていました。 タイムのお城はなんですか、 よく知らないですが スチームパンク的な魅力って言うんでしょうか、 あの世界観とても良かったです。 とにかくタイム様かっこいい。 どうでもいいことですが、 家族の大切さを描いていた作品でしたので、 姉と観に行った私は なんかムズムズそわそわしました。 笑 ネタバレ! クリックして本文を読む 胸の踊るような壮大なファンタジーの世界観の中で、現実の社会に巣食う諸々の見え難い問題に丁寧に向き合い優しく寄り添った最高の映画だった。 まず、主人公のアリスが男尊女卑の社会に息苦しさに真っ向から立ち向かっている。 そこが「人」として良い。 女だからコルセットしろ結婚して親のために子供産めどうせ女は出世できない。 そんな抑圧にユーモラスかつ知的に中指立ててやるアリスはかっこいい。 それから、赤の女王の哀しみと憎悪。 彼女の理不尽な不幸が彼女の理不尽な人格につながっているのかもしれない。 彼女は生まれた時から残酷なのではなく、化膿した心の傷からその残酷さが生まれた。 そのストーリーが赤の女王という人物にたしかな肉を与えていた。 また白の女王=下の子の狡猾さ、恵まれた側の傲慢な無知がさらりと描写されているのもいい。 姉妹間の理不尽。 たった一言、謝罪だけを求めていたのにこじれてしまった赤の女王の純粋さと、たった一言がどうしても言えなかった白の女王の卑しさが、まるで真逆のキャラ設定やビジュアルと絡み合うことで登場人物としての人間味にぐんと奥行きが出ている。 また、マッドハッターの狂気には赤の女王にも通ずる、愛されなかった、バカにされた、そして失った苦しみが根底にあることを示唆しうるストーリーも、非常に人間心理ををついていた。 時、の描き方も非常にいい。 ここは特に映像の壮大さが素晴らしかった。 黄昏時とも朝焼けともとれるような黄金の宇宙には生者。 静かな夜には死者。 機械の妖精たちが時を管理しているのも、時の区切りはそもそも人工なのだということを思い知らされる。 ここでもやはり、「時」の傲岸不遜な態度が、実際に私たちが時に感じる残酷さや強引さを投影しているようだった。 ちなみに、映画内にはアリスが何かと追いかけっこするような描写が多々出てくる。 それは、葛藤し、葛藤から学び取って戦うことをみずから選ぶアリスの生き方と似ていて、そこも映画全体の構造として面白かった。 あとEDのjust like fireめっちゃ好き。 ネタバレ! クリックして本文を読む 思っていたよりは全然面白かった。 タイムリミットが迫る中のタイムや赤の女王を巡るやり取りは普通にハラハラする展開だし、ファンタジーエンタテインメントとしては充分。 ただ…時間は大切とか、家族は大切とか、アリスが最後にタイムに言ったこととか、過去から学べとかメッセージとしたもの?があまり見ている側には伝わらないし、共感は出来ない。 結局あのアイテムが無ければ、真相は分からなかったわけだから、ご都合主義といえばそうだろう。 そして、ご都合主義ゆえにメッセージ的なものはなにもないが… まあ、この手のエンタメ作品にそれを言うのは無粋なのでやめておこう。

次の

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』、物語を読み解く「10」の盲点

アリスインワンダーランドネタバレ

こんにちは!ディズニー大好きみーこです。 『アリス・イン・ワンダーランド』は、みなさんご存知の通り、人気ディズニー映画『ふしぎの国のアリス』を実写化したアリスの冒険ストーリー。 ティム・バートンらしいカラフルで奇妙な世界やキャラクターがたくさん出てきますよ。 『アリス・イン・ワンダーランド』は、アリスの原作やアニメーション映画を観ていなくても、十分楽しむことができます。 オープニングから映画の中に引き込まれるような、スリルと奇妙な冒険から目が離せません! 今回は、そんな『アリス・イン・ワンダーランド』のあらすじや、登場人物・キャラクターとともに主人公アリスの「ミステリー」にもせまってみたいと思います。 原作『不思議の国のアリス』とは? ディズニー映画で子供から大人まで人気を集める『ふしぎの国のアリス』。 好奇心旺盛で元気な女の子アリスが主人公のファンタジー物語です。 ディズニー映画『ふしぎの国のアリス』の原作はルイス・キャロルが1865年に出版した児童小説『不思議の国のアリス』がもとになっています。 いまから約150年前にアリスはこの世に誕生したのです。 実は、『不思議の国のアリス』というお話は、原作者ルイス・キャロルの大学の友人、ヘンリー・リデルの娘たちにその場で即興で作った物語なのです。 現代でも人気の『不思議の国のアリス』が、まさかこんな短時間で誕生したなんて驚きですよね! ちなみにルイス・キャロルの本業は小説家ではなく数学者。 映画の中でもジョニー・デップ演じるマッド・ハンターから度々不思議な「なぞかけ」が登場するのも、論理・数・空間などを扱う数学者ならではの表現なのかもしれませんね。 まだ観ていない方は、ネタバレを含みますのでご注意ください! アリス2度目の「ワンダーランド」へ 主人公はイギリスに住む19歳の少女アリス・キングスレー。 幼少時代に夢の中で不思議な国「ワンダーランド」に行ったことを父親との秘密の会話にしていました。 しかし、愛する父親は亡くなってしまいます。 父亡きいま、アリスは母や姉から貴族の若者との結婚を後押しされ、気の乗らない婚約ガーデンパーティーに行くことに。 ガーデンパーティーの会場でアリスは、以前夢の中で出会った、時計を持つ白ウサギの姿を見つけます。 政略結婚に気が進まないアリスは、プロポーズの言葉に返答しないまま、かつての夢のように白ウサギを追って木の穴の中へ落ちて行きます。 そして、アリスの「2度目」のワンダーランドの冒険が始まります。 「ワンダーランド」の住人との出会い・アリスの使命 たどり着いたアリスの目の前には奇妙な「ワンダーランド」と言う荒れた世界が広がります。 アリスは、自身にこれは現実ではないと思い込ませようとします。 そして、幼少時代の自分を知る「ワンダーランド」の住人たちと出会うことに。 かつての「ワンダーランド」はとても平和で白の女王によっておさめられていた美しい国でした。 しかし、白の女王の姉、赤の女王の腹黒いたくらみによって、ハートのジャックや怪物ジャバウォッキーを操り、「ワンダーランド」を荒れ果てた地に変えてしまったのです。 そして、以前の美しい「ワンダーランド」に戻そうと、帽子屋のマッド・ハッターを筆頭に、白ウサギ、ヤマネ、三月ウサギ、双子のトウィードルディーとトウィードルダム、チェシャ猫たちは白の女王と連携して反乱を起こす機会をうかがっていたのでした。 「ワンダーランド」の賢者である、芋虫のアブソレムが持つ預言書の救世主の絵には、アリスとそっくりの少女が描かれていたのです。 そして、偶然にも現れたアリスは住人たちから怪物退治の依頼を受けます。 赤の女王の登場と反乱開始 アリスを信頼しているマッド・ハッターは、安全な白の女王のもとへ送ろうとしている最中、赤の女王の手下に捕えられてしまい、お城に連れて行かれてしまいます。 赤の女王の手先犬ベイヤードを味方にしたアリスは、マッド・ハッターを救出しに赤の城へ向かうことに。 なんとかお城に忍び込むことに成功したアリスは、頭が大きく異形の赤の女王に気に入られ、マッド・ハッターの救出のタイミングを見計らいます。 一方、帽子屋であるマッド・ハッターは、赤の女王の大きな頭にぴったりの帽子を作ることで命の時間稼ぎを始めることに。 アリスは預言に描かれている「ヴォーパルの剣」を探すため、猛獣バンダースナッチの手を借り、無事白の女王に剣を届けることに成功します。 しかし、マッド・ハッターは翌朝の処刑の決定が下ります。 姿を消せる不思議なチェシャ猫のおかげで、マッド・ハッターは一命をとりとめ、町の人々に赤の女王への反乱を呼びかけるのでした。 ジャバウォッキーとの決闘とアリスの成長 白の女王の城に集まった一行。 アリスは賢者アブソレムの言葉によって夢ではなく現実だと覚悟を決め、怪物ジャバウォッキーとの対決をする決心をします。 そしていよいよ決戦の日。 チェス盤の闘技場に赤と白の軍が集まり、アリスと怪物ジャバウォッキーの決闘がスタートします。 マッド・ハッターは宿敵ジャックを倒し、アリスも父のおまじないを味方に、危険にさらされながらも怪物の首を落とし、見事勝利します。 再び王冠を手にした白の女王は、赤の女王とジャックを国から追放。 マッド・ハッターは「ワンダーランド」に残るようアリスを誘いますが、アリスは現実世界へ戻り、きちんと現実と向き合う覚悟を決め、もとの世界へと戻っていきます。 アリスは縁談を断り、父の友人である父親貴族に当時では珍しい貿易のアイディアを提案。 仕事に生きる決意をしたアリスは海外へ単身で旅立つことになります。 いよいよ船の出向の時、青い蝶に羽化した賢者アブソレムがアリスをそっと見守るように海へと羽ばたいて行くのでした。 不思議の国のアリスの原作は2つある 2つの原作の違いとは? ディズニー映画では「ふしぎの国のアリス」という1つのストーリーとして知られていますよね。 しかし、原作では『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』という2つのストーリーがあるんです! 2つのストーリーには細かな設定があるんです。 それぞれを比較してみましょう。 ワンダーランドで勇者として栄光に輝き、成長を遂げたアリスの3年後を描いたストーリーです。 3年間の航海を終えて戻ってきたアリスは、青い蝶アブソレムに誘われ、不思議な鏡を通り抜け、再びワンダーランドへ行くことに。 強い意志を持つ女性に成長したアリスは、マッド・ハッター救出するため時間を操る強敵「タイム」との戦いの冒険へと旅立ちます。 邦題は『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』ですが、原題は『Alice Through Looking Glass』。 原作の『鏡の国のアリス』を描いた作品なんですね。 こちらも前作に負けず、アリスの活躍とワンダーランドの住人たちが再び集結する感動作となっています。 アリスの場合、実はモデルは数人いるというウワサも! アリスの外見をモデルにしたと言われているのは、ディズニー映画のアリスの声を担当した女優でもあり声優のキャサリン・ボーモントという人物。 名前こそ似ていますが映画のアリスとは違い、アリス・リデルは黒髪に近かったそうです。

次の

『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』、物語を読み解く「10」の盲点

アリスインワンダーランドネタバレ

19歳に成長したアリスは、白うさぎを追いかけて穴に落ちてしまった。 そして、たどり着いたワンダーランドは赤の女王に支配されており、アリスは赤の女王との戦いに巻き込まれてしまう。 『アリス・イン・ワンダーランド』のあらすじ ワンダーランドでの冒険から13年後。 19歳になったアリスは、あるガーデンパーティに出席していた。 そこで、アリスは貴族の息子からプロポーズされる。 突然のことで戸惑ったアリスは、その場から逃げ出してパーティ会場をさまよい、穴に落ちてしまう。 落ちた先は、6歳のときに迷い込んだワンダーランドだった。 アリスはそこで不思議な生き物たちと出会う。 そして、アリスはワンダーランドが赤の女王によって支配されていることを知った。 仲間たちから、「アリスは、ワンダーランドを赤の女王の支配から解放する救世主だ」と伝えられたアリスは、赤の女王との戦いに挑む。 登場人物紹介 アリス(ミア・ワシコウスカ) 19歳の主人公。 6歳のころに、不思議の国を冒険したことを夢だと思っている。 勇敢で芯のある少女。 赤の女王を倒すことをもくろんでいる。 赤の女王(ヘレナ・ボナム=カーター) 白の女王の姉。 白の女王を追い出し、ワンダーランドを支配している。 わがままで残忍な性格。 白の女王(アン・ハサウェイ) 赤の女王の妹。 赤の女王にワンダーランドの統治権を奪われた。 軍隊を指揮している。 [出典:] この先、『アリス・イン・ワンダーランド』のストーリーを結末まで解説しています。 ネタバレを含んでいるためご注意ください。 ワンダーランドへ 19歳になったアリスは、幼い頃に見ていた夢を再び見るようになっていた。 それは、夢ではなく6歳のアリスがワンダーランドで実際に経験した出来事だったが、アリスはそれをただの夢だと思っていた。 父を亡くし、母と暮らしていたアリスは、ある日パーティに連れて行かれる。 そのパーティは、アリスの母と姉が企画した、アリスの婚約パーティだった。 そこで貴族の息子・ヘイミッシュがアリスにプロポーズをする。 驚いたアリスは、その場から逃げ出した。 そして、 庭で見かけた青い服を着た白ウサギを見つけ、うさぎを追いかけて穴に落ちてしまう。 救世主 アリスは、気が付くといくつものドアがある部屋にいた。 テーブルの上にあったドリンクを飲んだアリスは、小人になって部屋から出る。 そこには、奇妙な生き物や植物が生活する不思議な世界が広がっていた。 アリスは、白ウサギや双子のトウィードルダムとトウィードルディ、ヤマネ、物知りな芋虫のアブソレムといった生き物たちと出会う。 そして、アリスは夢だと思っていたワンダーランドでの経験は現実だったことを知った。 さらに、「ワンダーランド」はアリスの聞き間違いで、正しくは「アンダーランド」だと教えられる。 不思議な生き物たちは、アンダーランドを赤の女王から解放する「救世主」を捜していた。 預言の書には、 「アリスと言う名の少女が、赤の女王が飼う怪鳥・ジャバウォッキーをヴォーパルの剣で殺し、アンダーランドを白の女王が治める世界に戻す」と言う風に書いてあるのだった。 忍び寄る魔の手 その時、赤の女王の兵士たちが襲ってきた。 皆は逃げるが、それぞれ捕まってしまう。 アリスは、ヤマネの助けで何とか逃げることができた。 預言書を拾ったハートのジャックは、赤の女王に報告する。 赤の女王は、アリスにジャバウォッキーを殺され、統治権を奪われることを避けるため、アリスを捕まえることにした。 そのころ、森をさまよっていたアリスは、チェシャ猫に出会う。 そして、マッドハッターと三日月ウサギたちのお茶会へ招待された。 すると、そこに兵士を連れたハートのジャックがやってくる。 マッドハッターは、小さなアリスをティーポットに隠してやり過ごした。 マッドハッターは、アリスを白の女王のところに連れていくことを決める。 ヴォーパルの剣 白の女王のもとに向かうマッドハッターとアリスは、赤の女王の兵士から追跡されてしまう。 それに気づいたマッドハッターは、身代わりになってアリスを逃がした。 白の女王に仕えるベイヤードという犬がアリスを見つけ、ベイヤードはアリスを白の女王の元へ連れて行こうとする。 しかし、アリスはマッドハッターを助けに赤の女王の城へ向かった。 白ウサギの助けで、アリスはもとの大きさに戻ることに成功した。 そして、アリスは、「アム」という名前で赤の女王の城に潜り込む。 凶暴な怪物・バンダースナッチの小屋に、ジャバウォッキーを倒すためのヴォーパルの剣があると知ったアリスは、小屋に向かった。 暴れそうになるバンダースナッチを手なずけたアリスは、見事ヴォーパルの剣を手にいれた。 そして、アリスはマッドハッターを助けようとするが、ハートのジャックに正体を見破られてしまう。 アリスは、騒ぎを聞きつけた兵士たちに捕まりそうになるが、バンダースナッチの背中に乗って赤の女王の城から逃げ出すことに成功した。 その後、無事にヴォーパルの剣を白の女王のところに届ける。 決戦 赤の兵士に捕まったマッドハッターは、処刑されそうになる。 しかし、首が飛んでもマッドハッターは生きていた。 なんと、チェシャ猫がマッドハッターに化けていたのだった。 ヤマネとマッドハッターは城から逃げ出し、白の女王のところに向かう。 決戦当日。 赤の女王はジャバウォッキーを、白の女王はアリスを身代わりとして戦いを始める。 ヴォーパルの剣を手にしたアリスは、マッドハッターの助けもあり、ジャバウォッキーを倒すことができた。 王冠が白の女王の元に戻り、赤の女王はハートのジャックと共にアンダーランドを追放される。 マッドハッターは、アリスにアンダーランドに留まることを提案するが、アリスはそれを断った。 そして、アリスはジャバウォッキーの血を飲んで元の世界へ戻る。 パーティ会場に戻ったアリスは、ヘイミッシュのプロポーズを断った。 そして、アリスは亡き父のアイディアを評価しているヘイミッシュの父親・アスコットに、新しい事業の提案をする。 それに共感したアスコットは、アリスを自身の会社で雇うことに決めた。 ワンダー号に乗って、実業家として航海に出るアリスの肩には、芋虫から蝶になったアブソレムが止まる。 そして、悠々と空に羽ばたいていくのだった。 『アリス・イン・ワンダーランド』の感想 夢であふれたワンダーランドも、ティム・バートン監督の手で見事に不気味な世界になりました。 「ワンダーランド」が実は「アンダーランド」だったという設定にすることで、ティム・バートン監督が得意とする独特の世界観に持って行っていました。 原作とはまた違うアリスが見れて面白かったです。 特に、頭が異様に大きい赤の女王のビジュアルは衝撃的でした。 また、徹底的に作りこまれたアンダーランドの世界観も魅力的です。 ジョニー・デップ演じるマッドハッターは、『チャーリーとチョコレート工場』のウィリー・ウォンカと通ずるクレイジーな人物で、観ているだけで頭が変になりそうでした。 『アリス・イン・ワンダーランド』は、ジョニー・デップとティム・バートン監督の映画で1番好きな映画です。 原作がベースにはなっていますが、その後日談と言う設定なので、原作を知らなくても楽しめる映画だと思います。

次の