ゆうちょ銀行 支店名 018。 【ゆうちょ銀行】金融機関コードと支店コード・支店名の求め方

ゆうちょ銀行の銀行コード(金融機関コード)支店コード(店舗番号)検索と一覧【バンクコード東京】

ゆうちょ銀行 支店名 018

ゆうちょ銀行振込支店018店(店番018) ゆうちょ銀行振込支店018店(店番018) ゆうちょ銀行の支店の解説です。 銀行振込用にゆうちょ銀行通帳の記号の他に支店名と店番があります。 同様に番号の他に銀行口座番号があります。 記号と番号は郵便振替システムを使う郵便局またはゆうちょ銀行での払い込みや振替などで利用され 支店名と店番及び口座番号は銀行振込ネットワークで利用が行われます。 ゆうちょ記号は5桁の数字で構成され最初の1及び最後の0は固定です。 記号が6桁ある場合の最後の1桁は通帳紛失等再発行の場合の識別番号ですので 普段の利用時には利用することはない数字です。 ゆうちょの口座は、下記のルールにて口座番号が決定します。 ゆうちょ番号は最低2桁、最大8桁あります 口座番号は最低1桁、最大7桁あり、必要に応じ0を付け加え7桁化している場合があります。 自分の通帳の記載内容を確認して間違えないように案内をいたします。 通帳の2ページ目 郵便局利用者からの送金先である、「記号」「番号」「名義」が記載されています。 「名義」は他の金融機関からの振込の際にも利用されます。 通帳の3ページ目 他の金融機関からの振込の際に利用される「店名(漢数字と読み方)」「店番(支店コード)」「預金種目」「口座番号」 が記載されています。 名義はカタカナで連絡します。 個人案内方法(一例です。

次の

ゆうちょ銀行の銀行コード(金融機関コード)支店コード(店舗番号)検索と一覧【バンクコード東京】

ゆうちょ銀行 支店名 018

ゆうちょ銀行の金融機関コード(銀行コード) ゆうちょ銀行の金融機関コードは、 「9900」になります。 支店コードは支店ごとに割当てられていない 通常の銀行では、支店ごとに支店コードが割当てられています。 しかし、ゆうちょ銀行の場合は 支店コードは支店ごとに割当てられていません。 全国に郵便局の支店は、約230個ありますが、 支店コードは「100個以下」しかありません。 支店コードは3桁の数字 ゆうちょ銀行の支店コードは、3桁の数字になります。 例)「408」 3桁目と2桁目の数字はエリアを示す ゆうちょ銀行の支店コードは3桁の数字ですが、 その内の3桁目と4桁目の数字は、 各都道府県のエリアを示す数字となっています。 そして、都道府県の中でも 「東京には2つ」、 「大阪には2つ」、 「京都は1つ」 など、使用している数も違います。 東京なら 「00」か 「01」のどちらか、 大阪なら 「40」か 「41」のどちらか、 京都は 「44」の一つだけになります。 1桁目の数字は「預金種目」を示す 1桁目の数字は、「預金種目」を示す数字となります。 「普通預金」なら 「8 」、 「当座預金」なら 「9」となります。 預金種目 支店コードの1桁目 普通預金 8 当座預金 9 支店コードと支店名の求め方 ゆうちょ銀行のキャッシュカードを用意 まずは、ゆうちょ銀行のキャッシュカードを用意して下さい。 「記号」から2つの数字を抜き出す キャッシュカードに書かれている 「記号」を確認して下さい。 ここに、支店コードのエリアを示す2桁目と3桁目の数字が書かれています。 記号の 「4桁目と3桁目」がそれに値します。 記号 支店コードの3桁目と2桁目 14063 40 1桁目は「預金種目」から導く 先ほど説明した通り、1桁目は「預金種目」を示します。 「普通預金」なら 「8 」、 「当座預金」なら 「9」でしたね。 預金種目 支店コードの1桁目 普通預金 8 当座預金 9 支店コード3桁数字が完成 これで支店コードである3桁の数字が出来ました。 記号「1 4063」で普通預金の場合は、支店コードは 「408」 記号 預金種目 支店コード 14063 普通預金 408 支店コードと支店名は同じ 支店コードと支店名は同じになっているので、 支店コードが導きだせたら、自動的に支店名も決まります。 支店名は支店コードの漢数字 支店名は、「支店コードの漢数字」になります。 支店コード 「408」なら、支店名は 「四〇八」になります。 銀行振込時はカナ表記なので 「ヨンゼロハチ」です。 支店コード 支店名(漢字) 支店名(カナ) 408 四〇八 ヨンゼロハチ 実際に存在するかを確認 支店コード・支店名を導き出せたら、 実際に存在するか、エリアに間違いがないかを 下記にて確認してみて下さい。

次の

【弁護士が回答】「ゆうちょ銀行 018支店」の相談3件

ゆうちょ銀行 支店名 018

記号と番号がそれぞれ、支店番号と口座番号に思われがちですが、そうではありません。 ただ、この記号と番号から、支店番号、支店名(店名)、口座番号、そして発行した都道府県名を割り出すことができます。 変換公式は以下の通りです。 記号・番号から振り込み用の店名・預金種目・口座番号への変換公式(他の金融機関口座へ送金する場合など) 2、振替口座の場合(例) 店名の漢数字の読み方 〇 一 二 三 四 五 六 七 八 九 ゼロ イチ ニ サン ヨン ゴ ロク ナナ ハチ キユウ 変換する際の法則(ルール) 「記号」が1から始まる場合 店番は「記号」の2〜3桁目の数字の最後に「8」をつける。 口座番号は、桁数にかかわらず「番号」の最後の「1」をとる。 預金種目は、「当座預金」となる。 上記の法則により自分で変換することもできますが、 以下のサイトより、振込用の店名・預金種目・口座番号を自動変換することができます。 取扱店番号 記号から割り出す、支店名、支店番号、口座開設エリア一覧 マルチとは、「記号」の前から2桁と3桁の数字。 別名、「府県番号」と呼ばれ、 この数字からどこの都道府県で開設された口座かがおよそわかるようになっています。 マルチコード マルチコードに該当する都道府県 全銀システム上の支店名 全銀システム上の支店番号 00・ 01 東京都 ・ 008・ 018 02・09 神奈川県 ・ 028・098 03 埼玉県 038 04 群馬県 048 05・10 千葉県 ・ 058・108 06 茨城県 068 07 栃木県 078 08 山梨県 088 11 長野県 118 12 新潟県 128 20・ 21 愛知県 ・ 208・ 218 22 三重県 228 23 静岡県 238 24 岐阜県 248 31 石川県 318 32 富山県 328 33 福井県 338 40・ 41 大阪府 ・ 408・ 418 42・ 43 兵庫県 ・ 428・ 438 44 京都府 448 45 奈良県 458 46 滋賀県 468 47 和歌山県 478 51 広島県 518 52 鳥取県 528 53 島根県 538 54 岡山県 548 55 山口県 558 61 愛媛県 618 62 徳島県 628 63 香川県 638 64 高知県 648 70 沖縄県 708 71 熊本県 718 72 大分県 728 73 宮崎県 738 74・ 75 福岡県 748 76 長崎県 768 77 佐賀県 778 78 鹿児島県 788 79 奄美地区(鹿児島県) 798 81 宮城県 818 82 福島県 828 83 岩手県 838 84 青森県 848 85 山形県 858 86 秋田県 868 90 小樽地区(北海道) 908 91 十勝国(北海道) 918 92 釧路国(北海道) 928 93 根室国(北海道) 938 94 渡島国(北海道) 948 95 後志国(北海道) 958 96 胆振国(北海道) 968 97 石狩国(北海道) 978 98 天塩国(北海道) 988 99 北見国(北海道) 998.

次の