ライン 勝手にストーリー。 LINE「ストーリー」の使い方──閲覧・投稿の方法から消し方、足跡・公開範囲などの仕様面まで

LINEのタイムライン、ストーリーってなに?見方や投稿、非表示方法も解説

ライン 勝手にストーリー

LINEストーリーで写真を投稿する方法 LINEアプリ内にあるタイムラインを開き、左上に表示されるカメラマークをタップします。 テキスト、写真、動画の中から投稿したい内容を選びます。 写真、動画を選択する場合、中央に表示されているボタンで撮影が可能ですが、自分の端末に保存している写真や動画を投稿することも可能です。 撮影する場合は、撮影前に画像加工を施すことができます。 まるで、SNOWアプリを使ったかのような可愛い雰囲気から面白い写真まで楽しく撮影することができますよ。 左下のマークをタップすると、加工を選ぶことができます。 左から二番目のアイコンをタップすると、フィルターを選ぶことができます。 顔認識して動くフィルターや、フレームなどが豊富に用意されています。 上手く撮影できたのに、間違えて戻るボタンで再撮影になってしまった!という場合でも大丈夫です。 一度撮影した写真は投稿確認ページに移ると全て残っています。 もし間違えて消してしまった場合でも安心ですね。 撮影、もしくは選択した写真は、落書きペンやスタンプ、テキスト機能を使って加工することもできます。 加工した写真を端末に保存したいときは、左下のマークをタップすると保存することができます。 LINEストーリーで動画を投稿したい 動画を投稿する場合は、画面下部の表示の「動画」をタップして動画撮影画面に切り替えます。 動画撮影でも画像同様にフィルターなどの加工を施すことができます。 画面下の赤いボタンで撮影が開始されます。 撮影した動画は、自動的に端末に保存されるようになっています。 撮影終了後は音声のオン・オフと、動画の切り取りをすることができます。 音声をオフにして投稿したい場合は、右上の「スピーカーマーク」をタップしてオフにすることができます。 撮影した動画を好きな部分を切り取って投稿したい場合は、右上の「ハサミマーク」をタップすると編集画面に移ることができます。 編集が完了したら、右下の送信をタップして投稿完了です。 LINEストーリーでテキストのみを投稿する場合 テキストのみを投稿する場合は、画面下部の表示の「テキスト」をタップして投稿画面に切り替えます。 背景色は、右下のカラーボタンをタップすると変更ができます。 青、 紫、 ピンク、 オレンジ、 黄色、 エメラルドの6色展開になっています。 カラー展開はまだ少なめですが、今後増えていくかもしれませんね! タップしてテキストを入力しますが、次の画面でも入力・編集ができるので自由にテキストを入力してください。 テキストの文字色は20色展開になっていて、好きな色に変更が可能ですが、入力して決定したテキストごとでしか反映されません。 一部だけ色を変える場合は少々手間かもしれませんね。 写真投稿と同じように落書きペンやスタンプ、テキストの追加ができます。 この画面では、先ほど入力したテキストの編集や色の変更も可能です。 日付のスタンプや現在位置などのスタンプもあり、タップすると表示や色が変わります。 ペンでお絵かきした時に、ひとつ前の操作に戻りたい場合は左上の矢印をタップするとやり直すことができます。 スタンプやテキストの位置やサイズを変更したい場合は2本指で操作すると、傾けたり、大きさなどの調整が可能です。 右下の送信をタップしたら投稿完了です。 LINEストーリーで公開設定する方法 投稿する画像の準備が整ったら、最後に公開範囲を設定します。 「友だちまで公開」と書かれたボタンをタップすると、公開範囲を設定することができます。 ここでは、友だちの中でも非公開にしたい友だちを選択することもできますし、新しく友だちリストを作って特定の友だちだけに公開することも可能です。 非公開にしたい友だちを選択する場合は、公開設定の「友だちまで公開」をタップすると選択画面に移るので、そこから設定することができます。 親しい友達リストは複数作成することができるので、グループの名前やごとにそれぞれ公開したい人を選んで作っておくと便利です。 公開範囲の設定が終わったら、いよいよ投稿に移りましょう。 右下に表示されている送信のマークをタップしたら投稿完了です。 タイムラインにご自身のストーリーが投稿されます。 親しい友達リストを削除したい時は、公開設定の親しい友達リストにある編集をタップしてリストを削除することができます。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

インスタグラムのストーリー投稿方法から投稿内容の保存・削除、足跡機能までを詳しく解説

ライン 勝手にストーリー

ひか へぇ、全然知らなかった…。 名称は違いますが、facebookアプリでは ストーリー、アプリでは My Dayとして同等に使えます。 使っている人はそんなに多くない…facebookをビジネスメインで使っている人が多いからか、あまり使われていない印象です。 しかし、最近になってfacebookにアップした投稿を溜めておく必要性を感じなくなりストーリー機能を使ってみたのですが、 投稿が24時間経てば消えるストーリー機能にかなりはまってしまいましたw ストーリー機能(My Day)、私に合ってる!もっと早くから使い始めておけば良かった! ストーリー機能はインスタグラムでは良く使われていますが、facebookでも使え、使い方もほぼ同じです。 インスタグラムで投稿したストーリーは、facebookにも同時投稿ができます。 ストーリー機能(My Day)の主な特徴• 写真や動画を投稿(アップロード)できます。 テキストのみも可。 連投できます。 投稿(アップロード)には、テキスト、装飾、スタンプ、エフェクターなどを付けられます。 ライブ動画ができます。 24時間経てば自動で消えます。 いつでも手動で削除できます。 インスタグラムでfacebookへ 同時投稿ができます。 誰が見てくれたか確認ができます。 足あと機能と呼ばれています。 公開範囲を決められます。 (公開・友だちのみ・個別選択・カスタム)• 投稿に対し、いいねやコメントを貰えます。 メッセンジャーでのやりとりになります。 投稿(アップロード)はスマホアプリからのみ。 パソコンでは閲覧のみ。 シェアすればタイムラインに表示できます。 24時間経てば投稿(動画や写真)が消えてしまうのがポイント! mixiみたいな投稿を見てくれた人がわかる 足あと機能があるので、気にして貰ってるfacebook友だちを知る事もできますw facebook疲れの方やfacebookでのコミュニケーション不要の方には、ストーリー機能が合ってるかも知れません。 スポンサーリンク 通常モード 動画や写真を配信できます。 時系列に スライドを作成していく感じで、24時間経った投稿は順番に消えます。 プライバシー設定対応。 長押しすれば 最大15秒の動画を撮影できます。 写真より動画の配信が多い傾向です。 動画や写真には、マスクやフレーム、背景などのエフェクトを付けられます。 過去に撮影した動画や写真もストーリーにアップできます。 テキストで ハッシュタグも付けれるので活用しましょう。 投稿画面になり、 公開範囲を選べます。 ストーリーと同時に、facebookのタイムラインや参加しているグループ、facebook友だちに個別で同時投稿ができます。 右下のボタンをタップすれば アップ実行です。 自分のアイコンをタップすればアップしたストーリーを見れます。 自分のストーリーを確認中、右下に ストーリーに追加ボタンがあるのでタップすれば追加できます。 自分のストーリーを見終わった時にも追加ができます。 facebookメッセンジャーアプリで投稿する方法 facebookメッセンジャーアプリでもストーリー機能は使えます。 facebookメッセンジャーアプリでは、「 My Day」という名称です。 起動すれば、上部にストーリー機能は表示されています。 こちらも使ってる人が少ないように思います。 My Dayに追加ボタンをタップすればストーリーを追加できます。 facebookメッセンジャーアプリのストーリー機能(My Day)のUIや装飾品はfacebookアプリとは違います。 インスタグラムで投稿する方法 facebookのストーリーは、インスタグラムからアップする事ができます。 多くの方がインスタグラムから同時投稿してると思います。 投稿方法など色々と同じです。 インスタグラムのホーム画面の上部にストーリーの投稿ボタンはあります。 自分のアイコンをタップです。 追加する時は長押しです。 インスタグラムのストーリー機能は、facebookに同時投稿できます。 ストーリーズ設定画面の下部に facebookでストーリーズをシェアとあるのでオンにします。 ストーリー投稿の際、公開範囲で facebookストーリーにチェックをいれてシェアすれば、facebookにも投稿されます。 いいね!やコメントを貰ったらfacebookメッセンジャーアプリが起動します。 コメント(返信)のやり取りは、facebookメッセンジャーアプリで行うので、普段からfacebookメッセンジャーアプリを使ってる方が、ストーリーの返信を貰えばメッセージリストが荒れてしまいます(汗) ストーリーの返信はfacebookアプリ内でできるように対応して欲しいですが、facebookメッセンジャーアプリを良く使ってる方は要注意です。 ストーリーのコメント(返信)不要の設定ができれば良いなとは思います。 最近はfacebookよりインスタグラムを使ってる比重が増えています。

次の

LINE(ライン)のアイコン画像の変更方法、プロフィールの変更方法も解説

ライン 勝手にストーリー

appllio. com LINEのストーリーの見方(閲覧)と注意点 まずはじめに、友だちが投稿したストーリーを閲覧する方法、いいねやコメントを送る方法を解説します。 特に重要なのは「足跡」機能でしょう。 投稿されたストーリーを閲覧すると、相手に投稿を閲覧したことが知られることになります。 投稿主には見た人が誰かバレる(足跡が付く) LINEストーリーには、投稿を閲覧した人を確認できる足跡機能が備わっています。 投稿されたストーリーを閲覧すると履歴が残るため、誰が投稿を見たのかが投稿主にバレてしまうのです。 ストーリーの閲覧者リスト この足跡機能の詳細についてはします。 閲覧にあたっては、ストーリーを見るとそのことが投稿主に知られる、ということだけ最低限押さえておきましょう。 友だちの投稿を閲覧する LINEのストーリーは、「タイムライン」タブの画面上部に自分と友だちの投稿が一覧表示されています。 左:ストーリーの投稿は「タイムライン」タブの上部から閲覧できる 右:実際に投稿されたストーリー 投稿を見たい友だちのリングをタップすると、その友だちのストーリーを閲覧できます。 友だちが複数のストーリーを投稿していた場合、画面右側をタップすると次のストーリーへ、画面左側をタップすると1つ前のストーリーに移動します。 また、次の友だちのストーリーを見る際は、左右にスワイプすることで閲覧できます。 左:「ホーム」タブの友だちリスト 右:トークリスト 「ホーム」タブの友だちリストおよびトークリストでアイコンに虹色のリングがついている友だちは、24時間以内にストーリーを投稿したことを意味します。 この場合、「タイムライン」タブに移動しなくても、虹色のリングをタップすればストーリーを閲覧できます。 その友だちのストーリーを未読の場合はリングは虹色ですが、既読するとリングの色がグレーに変わります。 他ユーザーのいいねやコメントは見られない 閲覧・いいねを送った友だちを確認できるのは投稿主のみ ストーリーの投稿主は誰がどのアイコンを使っていいねを送ってきたのかを確認できますが、閲覧者側は誰がいいねを送ったのか、どんなメッセージを送ったのかを知ることはできません。 LINEタイムラインでストーリーを投稿する ここでは、LINEストーリーを投稿するまでの手順や、投稿したストーリーを削除・保存する方法について解説します。 なお、ストーリーは投稿から24時間が経過すると友だちが閲覧できなくなってしまいますが、投稿が削除されるわけではなくにアーカイブされることになります。 投稿画面で[テキスト][写真][動画]から投稿したいコンテンツを選択します。 投稿できる写真は1枚のみ、動画は最大15秒までとなっています。 背景色やテキストデザインも変更できる テキストを投稿する場合は、「タップして入力」部分に好きなテキストを入力します。 テキストを入力したら画面中央の[ ]ボタンをタップして加工に移ります。 [写真]または[動画]を選択した場合 [写真]または[動画]を選択するとカメラが起動します。 撮影モードも豊富で、タイマー撮影やセルフィーももちろん可能です。 右下の四角アイコンをタップすれば、端末に保存されている写真・動画を投稿できます。 スタンプなどで加工する ストーリーに投稿するテキスト・写真には、スタンプを入れたり文字を入れたりすることで自由に加工できるのも特徴。 テキストの場合、文字の大きさや配置を自由に変えることもできます。 落書きやスタンプなどさまざまな加工が可能 顔マークを選択すれば、位置情報や日付が入ったスタンプのほか、絵文字を入れることが可能です。 Tマークでは文字入れ、ペンマークでは落書きやモザイクを入れられます。 現時点では、インスタグラムのような「質問スタンプ」や「アンケートスタンプ」などは用意されていません。 動画の再生尺を指定できる 動画の投稿では、ハサミボタンをタップすることで再生の開始位置と終了位置を設定可能です。 また、デフォルトでは動画の音声が含まれた状態で投稿されますが、スピーカーボタンをタップすれば音声なしで投稿もおこなえます。 公開範囲を設定する ストーリー投稿の公開範囲は、とほとんど同じです。 特定の友だちにのみ公開したい、あるいは特定の友だちには見せたくない場合に公開範囲の設定を利用しましょう。 公開範囲の設定は、「友だちごとに公開/非公開を個別に設定する方法」と「公開/非公開にする友だちリストを作成する方法」の2種類があります。 友だちごとに公開/非公開を個別に設定する 投稿を加工する画面から[友だちまで公開]をタップし、「公開設定」画面で「友だちまで公開」の右側にある[>]をタップします。 左:「公開」タブ 右:「非公開」タブ 「公開」タブには投稿を公開する友だちが、「非公開」タブには投稿を非公開にする友だちが一覧表示されています。 「公開」タブで[非公開]ボタンをタップするとその友だちが非公開タブに移動し、「非公開」タブで[公開]タブをタップすると公開タブに移動します。 公開/非公開タブはタイムラインの公開範囲設定と連動している ストーリーの公開/非公開タブは、タイムラインの公開範囲設定と連動しています。 公開/非公開にする友だちリストを作成する 友だちの公開/非公開を個別に都度設定するのが面倒だという場合は、公開する友だちをリスト化するのが便利です。 たとえば地元の友だちだけに公開するリスト、大学の友だちだけに公開するリスト、趣味関連の友だちだけに公開するリスト…というように、リストを分けることで公開範囲を制限できます。 ここで作成する友だちリストは、あくまでも自分用です。 自分がリストを作成したことやリストの名前は、自分以外の友だちに知られることはありません。 投稿を加工する画面で[友だちまで公開]を選択し、「公開設定」の画面で[親しい友だちリストを作成]をタップします。 左:リストに追加する友だちを選択 右:リストの名前をつける 投稿を公開したい友だちまたはグループを選択したら、右上の[次へ]をタップ。 リストの名前をつけたら[保存]をタップしてください。 作成したリストが追加された 「親しい友だちリスト」に作成したリストが追加されました。 作成したリストに追加を選択すると、追加された友だちのみ投稿が公開されます。 リストは複数作成することができるため、投稿ごとに公開範囲を選択できます。 なお、リストを削除・名前を変更したり、メンバーを追加・削除したりする場合は[リスト管理]よりおこないます。 投稿したストーリーを削除・端末に保存する 自分が投稿したストーリーについては、削除や端末への保存が可能です。 投稿を削除する場合は、まずはストーリーを開き、iOS版なら画面右上の[…]を、Android版なら[︙]をタップ。 [削除]を選択して完了です。 また[保存]をタップすれば、写真とテキスト(動画は保存不可)の保存が可能です。 友だちが投稿したストーリーは、現時点では動画、写真、テキストのいずれも保存することができません。 既読した友だちを確認できる「足跡」機能とは? LINEストーリーでは、投稿を既読(閲覧)した友だちを確認できる「足跡」機能があります。 投稿から24時間以内であれば、投稿主は誰がストーリーを閲覧したのかを確認できるというものです。 足跡を確認する方法 ストーリーの左下に閲覧数が表示されているので、[閲覧]をタップしましょう。 左:閲覧履歴(足跡) 右:いいね履歴では誰がどのアイコンを送ったのかもわかる 閲覧したユーザーが一覧表示されます。 また、足跡と同様にいいねを送った友だちも確認できます。 投稿から24時間を経過すると「マイストーリー」にアーカイブされ、閲覧数のみが表示されるようになります(後述)。 投稿後24時間経つと「マイストーリー」にアーカイブされる LINEストーリーでは、投稿から24時間経過すると友だちはその投稿を閲覧することはできなくなりますが、「マイストーリー」にアーカイブ(保存)されることで自分だけは引き続き閲覧が可能です。 なお、インスタグラムの場合、ストーリーアーカイブに保存されたストーリーズを再投稿することができますが、LINEストーリーではマイストーリーを再投稿することはできません。 アーカイブされた「マイストーリー」を閲覧する LINEのマイストーリーは、プロフィールから閲覧することができます。 「ホーム」タブで自分のユーザー名をタップし、[写真・動画]をタップします。 マイストーリーでは過去のストーリー投稿も一覧で確認できる 「マイストーリー」という項目に、過去に投稿したストーリーが一覧表示されています。 繰り返しますが、投稿主以外のユーザーがマイストーリーを見ることはできません。 マイストーリーで確認できるのは閲覧数のみ、足跡は確認できない 閲覧数のみしか確認できず、誰が閲覧したかはわからない マイストーリーに保存されたストーリーは、足跡を確認することができなくなります。 誰がストーリーを閲覧したのかはわからず、閲覧数のみが表示されます。 ストーリーを投稿してから24時間以内は閲覧した友だちの足跡を確認できましたが、マイストーリーにアーカイブされると誰が閲覧したのかを確認できなくなるので注意が必要です。 いいねは誰が送ったのかわかる なお、いいねに関してはマイストーリーに保存されたあとも履歴の確認が可能です。 マイストーリーを削除・保存する マイストーリーは削除したり端末に保存したりすることができます。 方法はと同様です。 マイストーリーを選択し、iOS版では[ ]、Android版では[ ]をタップすれば、マイストーリーからの削除や端末への保存が可能です。 appllio. com 特定の友だちのストーリーを非表示にする方法 特定の友だちのストーリーをミュートしたいときは、非表示に設定することで以後タイムライン(ストーリートレイ)に表示されなくなります。 なお、ストーリーの非表示設定はタイムラインと連動しています。 Aさんのストーリーを非表示に設定するとタイムライン投稿も非表示になり、同様にAさんのタイムライン投稿を非表示に設定するとAさんのストーリーも非表示になります。 ストーリーに勝手に投稿されてしまう理由は? LINEを利用していると、意図せず勝手にストーリーに投稿されてしまったと感じるケースがあります。 具体的には、 アイコンやホーム画面の背景画像を変更した際に、ストーリーに投稿されるように設定されてしまっていることが原因でしょう。 左:プロフィールアイコンの変更画面 右:プロフィール背景の変更画面 LINEでアイコンまたはホーム画面の背景画像を変更する際、ストーリーに投稿したくないなら[ストーリーに投稿]のチェックマークを外しましょう。 チェックマークが入っていなければ、変更したことがストーリーに投稿されることはありません。 足跡をつけないで閲覧することはできる? 友だちが投稿したストーリーを、足跡をつけずに閲覧することはできません。 ストーリーを閲覧すれば、必ず相手に足跡がついてしまいます。 ブロックした相手から閲覧されることはない? 結論から言うと、 ブロックした相手からストーリーの投稿を閲覧されることはありません。

次の