ベイビー ステップ 打ち切り。 テニス漫画『ベイビーステップ』最終回…打ち切りの理由… ぶる速

テニス漫画『ベイビーステップ』最終回…打ち切りの理由… : NEWSまとめもりー|2chまとめブログ

ベイビー ステップ 打ち切り

ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 強さ議論厨「悟空が最強で~」「一方通行が~」「いやワンパンマンが~」ワイ「はぁ・・・」• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww 関連記事.

次の

『ベイビーステップ』堂々の完結!スポーツ&ラブコメの最高傑作やった!

ベイビー ステップ 打ち切り

昨日も書きましたが、2017年は読んできたものが「完結」したものが多かった年でした。 特に週刊少年誌での「完結」については、きちんと物語を終わらせることができる事の方が少ない(途中で打ち切られることが少なくない)わけで、長年続いてきた作品の「完結」は価値が高いと思います。 さて、週刊連載の中でもトップクラスに好きな『』が、今月発売された47巻をもって終了しました。 本誌で終了が告知されてから、ずっと「なぜ」と思ってきましたが、結局もやもやしたままです。 47巻のあとがきにて、勝木先生が「事情もあり」と書かれていることから、どちらかというと円満終了というよりは、苦戦しての着地というほうが正しいようにも思いますが、それはそれとして、自分の中で『』の物語に区切りをつける必要があるだろうとテキストを書いています。 そんな気持ちを読み取っていただけたら幸いです。 エーちゃんのサービスで終わるべき時期ではない 『』の最終回は、ATP250の大会の本戦1回戦で、人気急上昇中の相手との対戦で、第1セットをまだ1ゲームも取れていないという状況の第4ゲームの最初のサービスで終わります。 このシーンを読み、マガジン本誌掲載時に思い、単行本で読んで改めて感じたことは、 「エーちゃんのサービスで物語を締めるならば、このタイミングではなかったのではないか?」ということでした。 『』という物語は、構造上、基本的に 終わろうと思えばいつでも終わらせられるようになっています。 その理由は、この作品が持つ 「丸尾栄一郎という少年がテニスに出会い、そのテニスに対して自らが立てた目標に向かって一歩一歩進む」という作劇上の大きな軸にあります。 「一歩一歩」というのがポイントで、その時点の目標に到達し、次の目標ができればそこで終わらせても大きな違和感は残らないのです。 たとえば、です。 エーちゃんは、全日本ジュニアでの敗戦以降もプロをあきらめきれず、「で平均的なプロと遜色がないことを証明する」ことを一時目標にしていました。 ですので、でタクマに勝ち、ベスト4までいった時点でこの目標は達成したことになりますし、実際にその結果をもって高校卒業と同時にエーちゃんはプロになりました。 この時点で、たとえばなりマスターズなりの場面まで時間をスキップして、エーちゃんにサービスを打たせれば(今回と同じ結末にすれば)、おそらく「プロになってからも読みたかったな〜」と思いながらも、ある程度の納得感と満足感が得られたのではないかと思うのです。 なにしろ、 タクマに勝ったのです。 練習でさえ一度も勝てなかったタクマに勝ったのです。 大きな壁だったタクマに勝ったこと、それは『』において、とても大きな事でした。 勝ったからプロになったのですから。 それほどまでに、は大きかった。 だからこそ、全日本のあとで今回のような終わらせ方をしたとしても、これほどまでももやもや感はなかったでしょう。 今回は違います。 今回の最終回告知時点は、チャレンジャーで優勝し、「チーム丸尾」を立ち上げたばかりというところでした。 しかも、新コーチに対し、短期の目標として「ATP250へのストレートイン」と、長期の目標として「本戦出場」を掲げたばかり。 つまり、 ATP250は最終到達点ではありません。 現実にATP250本戦に立つことがどれほど難しいかということはもちろんわかりますが、しかし本作においてATP250は通過点に過ぎないはずです。 丸尾栄一郎というテニスプレイヤーが目指しているのはであるということは、本人も明言しているではありませんか。 にもかかわらず、ATP250の本戦初戦を前に高校時代のライバル達がこぞってメッセージを送り、エーちゃんがこれまでを振り返るのです。 そして、その初戦のサービスで終わる———。 ものすごい 不完全燃焼感です。 これがせめてATP500だったら、いや、マスターズだったら。 それならばまだ納得感があります。 繰り返しますが、ATP250の本戦に立つこと、そのこと自体のすごさを否定するつもりはありません。 現実に日本人がATP250の本戦にどれだけ立ったのか。 実際、日本人でATP250を優勝したのは3人にすぎません。 すごいことです。 ですが、 これまで『』が積み重ねてきた物語として、ATP250の場に立つことがすごいということと、ATP250が最終回にふさわしい場であるということは、両立しません。 なぜ最終回がATP250なのか———それは、『』の物語のもう1つの柱である、「ナツとの関係の発展」以外の答えしかありません。 ラとしては非の打ち所のない終わりだった 『』の物語の軸の1つとして、 「エーちゃんとの恋愛」は欠かすことのできないものです。 出会いこそよくありませんでしたが、テニスというスポーツを通じて打ち解け、お互いを思い合い、支え合い、関東ジュニア大会で晴れて恋人になりました。 その後もお互いを思いやる、苦手を補完し合って高め合っていく関係が積み重なっていく様子はいじらしく、そして貴重な青春でありました。 もっとも、お互いを尊重して高めていったその結果が、ナツがアメリカの大学行きを決めてとなるということでしたが、2人とも世界を飛び回るテニスプレイヤーになるということならば、それすら大きな障害ではないであろうと思われました。 1年の会えない時間に2人なりの積み重ねがあり、そして最終回の再会に結実するその様は、間違いなく 恋愛マンガとしては最高の結末と思います。 最後にナツがマーシャと初めて会ったときには、もう正妻の余裕すら感じられます。 どんな障害があっても負けない、絆としか言い得ないようなものがエーちゃんとナツにはありました。 「エーちゃんとナツの」は、間違いなく区切りがついている。 そう言い切れると思います。 そして、その区切りと『』の物語の終わりを一致させるために選ばれた舞台がATP250だったと、そう思えば今回のタイミングに納得がいくのです。 しかし、恋はこの物語の終わりにふさわしいものだったのでしょうか? これは「完結」ではない 『』の始まりは、とても地味でした。 ずっと壁打ちしている回すらありました。 それが、エーちゃんというらしからぬ「きまじめ」な主人公によって、1歩ずつ段階を進めてプロまでたどり着くサクセスストーリーになりました。 この物語をリアルタイムに読むことができたことには、感謝しかありません。 だからこそ、終わりはふさわしい場であってほしかった。 『』は、プロにならなかった未来すらあり得た物語です。 エーちゃんには、プロをあきらめてナツに帯同する戦略コーチとしての未来すらあり得ました。 それが、エーちゃん自身がプロになり、チャレンジャーの優勝まで果たしたのです。 だからこそ、 ATP250ではなく、もっと上のレベルの大会で最終回を迎えてほしかった。 せめて、公式戦で一度も対戦のなかった池と対戦するか、全日本ベスト4でぼろ負けした門磨との再戦は果たしてほしかった。 それが、ずっと『』を読んできた一読者としての素直な気持ちです。 47巻の帯には「完結」と書かれていましたが、 「完結」という2文字は到底受け入れられそうにありません。 何度読んでも、 「俺たちの戦いはこれからだ」という結末としか感じ取れませんでした。 それが、とても悲しいです。 最近ラばかりになりつつあるマガジン編集部は、もっと考えるべきことがたくさんあると思います。 おわりに つらつらと批判的な思いを書き連ねてきましたが、『』は本当におもしろいマンガです。 そして、おもしろい、だけではありませんでした。 エーちゃんがテニス素人だったからこそ、あたしたち読者は『』を通じてテニスのルールを知り、テニス観戦の楽しさを知ることができました。 テニスのランキングについても少し詳しくなることができ、マスターズやの中継を見て、楽しめるようになりました。 2014年の全米準優勝という、リアルがフィクションを追い抜くような一大トピックがあっても、リアルに裏打ちされたこの物語はなお輝いていました。 すばらしい時間でした。 10年という決して短くはない時間、週刊連載という過酷な媒体でテニスマンガの新境地を切り開いてきた勝木先生。 本当にお疲れ様でした。 ありがとうございました。

次の

「ベイビーステップ,打ち切り」に関するQ&A

ベイビー ステップ 打ち切り

個人的には打ち切るような内容ではないしもっと先を見たかったなぁと — Joker jokertennisjpn ベイビーステップはかなり考え方の教材として向いてるので、テニスはもちろんのこと、スポーツ全般に転用できる点があるので面白いんだけど…打ち切り感が残念(二度言う — 粗酢飯 kaaachan ベイビーステップ読了。 奇抜な髪型の主人公の地道かつ驚異的な成長過程やテニスという競技の奥深さ、面映ゆくなるようないちゃいちゃ展開、日本の教育への皮肉。 それらが隠喩的に描写されていて面白く何より元気がもらえる作品だった。 打ち切りなのが非常に残念。。 私としても打ち切りはすごく残念です。 真面目にテニスの勉強になる漫画だったので、もう少し読んでいたかった。。 スポンサーリンク 前向きなコメントも ベイビーステップの最終巻読んだ。 友達が中途半端、打ち切りとかって言ってたから変に心配してたけど、これ以上ないくらい最高の終わり方でほんと安心した。 タクマとエーちゃんのダブルスとか予想してました。 タクマのスピードとエーちゃんの動体視力とか 笑 私としては打ち切りに納得はできませんね。 とにかく続きが見たくてしょうがない。 同じジャンルは必要なしか ベイビーステップの連載は10年続いて、これだけですごいと思います。 たしか発連載だったかな?なおさらすごいですよね! 同ジャンルとしては「テニスの王子様」がありますが、やっぱりそっちが人気になりすぎていて、テニスというジャンルの中では名前負けしているかもしれません。 同じテニスでも内容は全く違うんですけどね。 もはや真逆です。 テニスの王子様なんかはミュージカルなども展開していて、ファンがつきまくっているため、まだまだ衰えないですよね。 それに比べるとベイビーステップは地味になりますから、やっぱり派手さに欠けてしまうんでしょう。 現実味のある内容は、テニスを始めた手の人、上達を目指している人にとってはすごく勉強になるから、そこはすごくよかったんですけどね~。 恋愛も入ってたから、いろんな要素がありつつ面白く見ることができました。 ただ、テニスの王子様強すぎる。。。 とは言ってもテニスの王子様も好きなので、まったく別のテニスとして楽しみたかったのはあります。 考えれば考えるほど連載終了が残念で仕方ありません。 なので単行本だけでも揃えておいて、いつでも読めるよう状態にしときたいですね。 ベイビーステップで真剣に勉強していたという方からすると、テニスの王子様は見れないかもしれません。 でもね連載が終わってしまった以上、テニスのマンガで楽しむならテニスの王子様しかないです。 わりと面白いですよね。 私もテニスを知ったきっかけがテニスの王子様でした。 ミュージカルはすごい人気です。 では結構やってるのを見るので契約している方は番組表でチェックしてみてください。 ちなみにアプリも出てるんですよ。 キャラソンの音ゲーです。 試合形式の音ゲーなのでなかなか楽しめます。 はじめまして! ベイビーステップを一気読みした後、こちらのサイトにたどり着きました(笑) 個人的な意見ですが、勝木先生の「力不足」は漫画ではなく自身の経験なのではないかと思いました。 実績詳細はわからないですが、先生も元プロ選手ということで自身の経験も織り交ぜて連載の執筆していたかと思います。 個人的には勝木先生の「力不足」はエーちゃんがご自身のキャリアに近づき 追越し? その先の話を想像半分で書くことを良しとしなかったのではないかと推察しています。 デビアスカップも描きたかったが力不足で、、、との表現もそれだと違和感がないように思えるのです。 代表の内部事情は、先発メンバーか、かなり選抜に近い選手じゃないと分からないことも多いと思いますし。 トッププロへのインタビューを重ねれば続きを書くこともできたかもしれませんが、自身の作品として良しとしなかったんじゃないかな、と。 そう考えると勝木先生の作品としてみると良いタイミングまで連載ができたのではないかと思います。 ここから第三者の視点が入ってくると作風も変わった恐れがありますし。 とりあえず、現在は2周目の読込中です(笑) 久しぶりに面白い漫画に出会えてハッピーです。 できればリアルタイムに読みたかった(笑).

次の