公認会計士 給料。 公認会計士の年収・給料は?業種・年齢で比較|【マイナビ会計士】公認会計士の転職・求人

公認会計士の年収の現実とは?トーマツの場合は・・・万円でした!

公認会計士 給料

男女別にみると、 男性が1,032万円、女性が968万円という結果に。 調査対象者の平均勤続年数も、 男性が10. 6年なのに対し、 女性は12. 3年である点からも、女性にとっても働きやすい職業だと言えるでしょう。 男女別にみると、 男性で547万円、女性で376万円となっています。 男女の年収差は171万円と大きくなっています。 男女の違いでの収入格差がない公認会計士業界。 女性特有の出産という大きなライフイベント後も多くの方が復職し、ライフスタイルに合わせて勤務しています。 大手監査法人では、男性の育児休暇取得率も高く、また、ブランクによって給与が大きく下がるといった話も聞きません。 そうした面からも、 男性女性問わず、働きやすく高収入を期待できる就労環境にあると言えます。 公認会計士になるには、公認会計士試験合格後に実務要件を満たす必要がある為、公認会計士試験合格者の約9割が監査法人と呼ばれる所に就職します。 その中でも、 世界4大会計事務所であるEY、Deloitte、KPMG、PwCのメンバーファームである、EY新日本有限責任監査法人、有限責任監査法人トーマツ、有限責任 あずさ監査法人、PwCあらた有限責任監査法人/PwC京都監査法人の大手4社は 「Big4」とも呼ばれ、公認会計士試験合格者には人気の就職先です。 このBig4を例にとって説明すると、 公認会計士試験合格者の初任給は 30万円~35万円となっています。 厚生労働省の「賃金構造基本統計調査結果(初任給)2018年」によると、大学卒業生の初任給は 20万6,700円ですので、いかに 公認会計士の初任給が高いかがおかわりいただけるかと思います。 なお、公認会計士の世界では、入社時の年齢で初任給が変わる事は基本的にはありません。 監査法人には、業界特有の職階があります。 およそ、入社してからの経過年数で職階が分かれています。 もちろん、上記が絶対というわけではなく、3年目でシニアになる方もいらっしゃれば、10年かけてマネージャーに昇進する方もいます。 また、昇進に年齢は関係ありません。 公認会計士試験に合格したのが20歳の人も35歳の人も、最初はみんなスタッフからスタートします。 そのため、 早く合格すればその分生涯年収が増える、というわけですね。 ちなみに、上でも述べましたが、パートナーとは、一般企業でいう社長や取締役にあたります。 シニアマネージャーは部長、マネージャーが課長、シニアが係長、スタッフが一般社員、といったイメージです。 そう考えると、 公認会計士の昇進がいかに早く明確であるかがわかりますよね? 入社して4年目で係長、7年目で課長だなんて、一般企業ではそう多くはありません。 また、多くの企業では役職者の人数に制限があるため、上の世代がぬけてくれないと昇進できない、なんてことは往々にしてあります。 それに比べ、公認会計士の世界では、 役職者の人数に関係なく、個人の頑張りや能力をしっかり評価してくれる環境があるので、モチベーション高く働くことができます。 Big4を始め、多くの監査法人では公認会計士(試験合格者)の「非常勤」採用をしています。 非常勤の場合は、「時給」や「日当」で給与が支払われ、スポットで監査業務を手伝います。 個々の経験によって大きく報酬は変わりますが、 公認会計士試験合格者であれば、時給2,000円~4,000円、主査経験のある公認会計士であれば、時給8,000円以上も夢ではありません! 非常勤で働く方の中には、大学在学中に合格した学生の方、起業を目指している方、自分の時間を確保したい方、子育てへの時間を重視したい方等々、その背景は様々です。 しかし、共通して言えるのは、 公認会計士になると、一定の収入を確保しつつ、希望のライフスタイルに合わせた働き方を自ら選べるということです。 特に将来、起業やフリーランスを考えている方にとっては、事業が安定するまでの収入を確保できるのは、とても大きなメリットだと言えるでしょう。

次の

公認会計士になる5つのメリット・3つのデメリット【資格】

公認会計士 給料

目 次 1. 監査は事務作業? 公認会計士が魅力的でないと言われる1つ目の理由としては、「監査は事務作業」であることが挙げられます。 公認会計士の独占業務である財務諸表監査。 財務諸表監査は、クライアント企業が作成した財務諸表に、誤りがないか監査法人がチェックして、重要な点について誤りがないと保証する作業となります。 (財務諸表監査の詳細については「」をご確認ください。 ) こう聞くと、何か大層な作業に聞こえますが、実際の仕事内容としては、事務作業がかなりの部分を占めます。 クライアントに依頼する資料や実際に実施する監査手法は、基本的に前年ベースのものが多く、前年と同じ流れを踏襲するだけの事務作業となることが多いです。 以上より、「監査は事務作業」であることは、公認会計士が魅力的でないと言われる理由となります。 財務諸表監査は、クライアントのビジネスを理解して、どこにリスクが潜んでいるのかを理解し、リスクの多い点について効果的な監査手法や人員配置を行うことに、醍醐味があります。 一つ一つの枝葉の作業は事務作業となり、その作業だけを任されているうちはなかなか気づけないですが、 経営者と同じ視点でクライアント企業を俯瞰して見ることができる実力がつけば、公認会計士という仕事の魅力がわかるはずです。 難易度の割に給料が高くない? 公認会計士が魅力的でないと言われる2つ目の理由としては、「難易度の割に給料が高くない」ことが挙げられます。 公認会計士は、医師・弁護士と並んで三大国家資格と言われるほど、難しい試験となります。 「」でお伝えした通り、私の場合は9,000時間もの勉強時間を必要としました。 (効率的に勉強すれば、本来はここまでの勉強時間は必要ないです。 ) それでは、その結果として、どれほどの給料がもらえるのでしょうか? 1つの目安として、以下をご参照ください。 【1~4年目:スタッフ】 ・600万円前後 【4~8年目:シニアスタッフ】 ・800万円前後 【8~12年目:マネージャー】 ・1,100万円前後 【12~20年目:シニアマネージャー】 ・1,300万円前後 【20年目~:パートナー】 ・1,500万円~(営業力次第では数千万円) どう思われましたでしょうか? 一般的に見ればそれなりに高い給料だと思いますが、大手企業であれば、同程度の給料をもらっている人もいるかと思いますし、大手の弁護士事務所であれば、この何倍もの給料をもらっている人も珍しくありません。 また、一攫千金を狙って公認会計士を目指すという人も中にはいますが、基本的にパートナーになるまでは青天井で稼げるということはありません。 合格できるどうかわからない公認会計士試験に、人生の何年かをささげるには、少し物足りないと感じる方も多いかと思います。 以上より、「難易度の割に給料が高くない」ことは、公認会計士が魅力的でないと言われる理由となります。 しかし、大手企業であれば、そもそも就職活動でライバルよりも上に行く必要があります。 大手企業の内定率は、公認会計士試験の合格率の比ではありません。 (受験者層が異なるため、一概に比較できるものでもないですが。 ) 就職活動に比べれば、公認会計士試験の方が合格への道は体系化されております。 誤解を恐れずに言えば、公認会計士試験は勉強さえすればとれる資格です。 また、青天井では稼げないとお伝えしましたが、一方で、公認会計士は 安定して稼げる職業であるとも言えます。 手に職を持つことができますので、余程のことがない限り職を失うことはありません。 勉強すれば安定した職を得ることができるという意味では、公認会計士は魅力的な資格であると言えます。 残業が多い? 公認会計士が魅力的でないと言われる3つ目の理由としては、「残業が多い」ことが挙げられます。 昔からあるイメージなのですが、会計士と言えば、夜な夜な遅くまで数字を追いかけまわしていると思っている人も多いかと思います。 私も監査法人時代に「会計士って残業多いんでしょ?」と、周りの人から言われることがありました。 実際に、監査法人の1・2年目時代は、当時の法定残業時間すれすれで働いていた記憶があります。 深夜にクライアントの経理部の人と、やりとりをしたこともありました。 先述の通り、いくら給料が安定していても、残業が多ければワークライフバランスが崩れるため、あまり魅力的な仕事ではないと考える人も多くいます。 以上より、「残業が多い」ことは、公認会計士が魅力的でないと言われる理由となります。 今であれば、残業についてさらに厳しくなっていることが予想されますので、一昔前のイメージである残業過多な状況は解消されております。 AIに代替される? 公認会計士が魅力的でないと言われる4つ目の理由としては、「AIに代替される」ことが挙げられます。 「AIに代替される職業ランキング!」 このような見出しを見かけたことがある人も、多いのではないでしょうか? そして、その中に必ずと言っていいほど入っているのが、公認会計士です。 財務諸表を作成する経理の仕事は定型作業が多く、AIに代替されやすいと言われております。 公認会計士の監査対象である、財務諸表を作成する経理の作業がAIに代替されるのであれば、監査自体もAIに代替できるのでは?といった論調があり、その結果として、公認会計士はAIに代替されると言われております。 (経理とAIについては、「」も合わせてご確認ください。 ) また、独立している個人の公認会計士は、税理士登録をして税理士業務を行うことが多いのですが、この税理士業務もAIに代替されると言われていることも、公認会計士がAIに代替されると考えられる理由となります。 以上より、「AIに代替される」ことは、公認会計士が魅力的でないと言われる理由となります。 まず言えることは、元も子もない話ですが、 既得権益は強いということです。 監査法人は、監査という独占業務もあり、良くも悪くも既得権益を持っています。 そしてやっかいなことに、公認会計士はそれなりに賢い人が多いため、本気で既得権益を守ろうと彼ら・彼女らが動くと、ちょっとやそっとでは既得権益を放棄させることはできません。 また、AIにも得意とする業務・苦手とする業務があります。 得意とする定型業務やビッグデータを処理する業務をAIに任せることで、公認会計士は事務作業から解放されて、本来取り組むべきである会計論点についての議論や、リスク管理、クライアントとのリレーション構築や会計・財務面でのコンサルティングなどに専念できます。 つまり、公認会計士でなくてもできる業務を今やっている人は、AIに代替される可能性はありますが、そうでない人にとっては、 専門家としての業務に専念できるため、AIを歓迎すべきとも言えます。 誰からも感謝されない? 公認会計士が魅力的でないと言われる5つ目の理由としては、「誰からも感謝されない」ことが挙げられます。 公認会計士にとっての価値提供は、一義的には企業の不正があればそれを発見して、投資家を保護することにあります。 ただ、不正を事前に発見したからといって、投資家から感謝されることはありません。 むしろ、見抜けなかった時に、投資家や世間から叩かれることの方がはるかに多いです。 また、監査報酬を頂いているクライアント企業の不正やミスを発見する役割を担うため、クライアント企業から良く思われることも少ないです。 特に、普段やりとりをするクライアント企業の経理担当者からしてみれば、監査対応は余計な業務であり、極力労力を割きたくないというのが本音かと思います。 以上より、「誰からも感謝されない」ことは、公認会計士が魅力的でないと言われる理由となります。 「」でもお伝えしている通り、公認会計士には正義感が求められます。 そのため、誰に何と言われようが、正しいと思うことを突き通す覚悟が必要となります。 、、、とは言っても、時々は誰かに感謝されたいですよね? 安心してください。 まず、監査チーム内で互いに感謝し合うことは当然あります。 また、クライアントから会計面について相談されることもあり、その 相談にしっかりと対応することで、クライアントから感謝されることもあります。 感謝される機会が全くないということはありません。 終わりに 公認会計士が魅力的ではないと言われる理由と、必ずしも魅力がないとは言えない理由について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか? どんな仕事でもそうですが、考え方次第・取り組み方次第で、その仕事の魅力は変わります。 私自身の実体験としても、公認会計士は魅力的な仕事と言えますので、興味のある方はぜひチャンレンジしてみてください。 まとめ.

次の

公認会計士の年収、給料などを調査

公認会計士 給料

公認会計士のキャリアパス 公認会計士とは難関の公認会計士試験を突破した会計のプロであり、有資格者として企業の会計監査や税務を一手に担う社会的にもブランド力の高い専門職とされます。 公認会計士試験に合格したらまずは監査法人に就職するのが一般的で、初めから独立開業する人は少ないです。 監査法人は一般的な企業と同じで、会社員と同様に給与や賞与をもらって働くことになります。 大手の監査法人ともなれば初任給の段階で年収500万円を超えることもあるので、一般的な企業よりもかなりの高給といえますが、その分残業など激務であるのは否めません。 それではここからは具体的に公認会計士の年収について見ていきましょう。 男性の公認会計士の平均年収、給料 男性公認会計士の平均年収:790万円 男性の公認会計士は平均年収が約800万円程度と、一般企業の会社員と比べてかなり高給といえます。 難関資格である公認会計士試験を突破しただけあって、それ相応の報酬が約束されている職業であるのは間違いありません。 ただし、大手の監査法人ともなれば残業は当たり前の世界なので、仕事量と比較をするとそれほど多いとは言えないかもしれません。 女性の公認会計士の平均年収、給料 女性公認会計士の平均年収:570万円 女性の公認会計士の平均年収は男性と比べて約200万円ほど少なく、かなりの開きがあります。 これは、男性と比べて開業してフリーランスとして活躍する公認会計士が少ないことが影響しています。 出産や育児など、安定性を求めるなら福利厚生のしっかりした監査法人のスタッフとして勤務する方が賢明な選択といえます。 公認会計士の年齢別、役職別の平均年収、給料 初任給は平均で25万円~30万円程度で、賞与は最低でも年に2回が支給されます。 それにプラス残業代が含まれて年齢や役職に応じて以下のような平均年収となります。 スタッフの場合 年収:500万円~600万円 シニアスタッフの場合 昇進する年齢:30歳前後 年収:700万円~900万円 マネージャーの場合 昇進する年齢:35歳前後 年収:1,000万円 パートナーの場合 昇進する年齢:40歳前後 年収:1,500万円 公認会計士の平均年収の推移 公認会計士の平均年収は地位によって定められ、一番初めのスタッフは500万円程度となっています。 そこからシニアに昇進すると700万円以上にアップし、その後マネージャーに昇進すると1,000万円程度に落ち着きます。 シニアからマネージャーへの昇進で年収幅が大きくありませんが、これはマネージャーからは管理職となり残業代が出なくなるためです。 そのため、マネージャーに昇進する前に監査法人を退職して転職や開業する人が多いと言われています。 その後、シニアマネージャーを経てパートナーにまでなれば、1,500万円以上の高給を獲得することができます。 ちなみに開業した公認会計士ともなれば、クライアントの数や案件にもよりますが年収が億単位になることもあります。 大手監査法人別の公認会計士の平均年収、給料 あずさ監査法人の特徴と役職別平均年収 東京都新宿区に本社を構える国内4大監査法人の一角で、オランダを本部とする国際的な監査法人ネットワークの一員です。 比較的保守的な職場環境で、個人よりチームプレーで業務を行うことが主です。 役職別平均年収• スタッフ:平均年収500万円~600万円• シニア:平均年収700万円~850万円• マネージャー:平均年収800万円~950万円• パートナー:平均年収1200万円以上 独立開業した場合の公認会計士の年収 独立開業した公認会計士の年収:2,000万円以上 公認会計士の中にはキャリアアップを目指してフリーランスとして独立開業する人も多く存在します。 個人で事務所を開設した場合、基本的な業務としては企業の財務書類作成、税務や取引先企業の経営を財務の面からサポートする業務が主な仕事です。 独立開業はクライアント開拓の営業力と、安定した価値をクライアントに提供できる経営力がモノをいう完全な実力主義の世界です。 公認会計士として仕事の領域が広ければ広いほど顧客も増えて、多くの収入が見込めます。 そのため、公認会計士の業務と税理士の業務を兼任するのが一般的です。

次の