おこぜ。 寿司処 おこぜ (すしどころ おこぜ)

オコゼのさばき方

おこぜ

出典: オニダルマオコゼは体長が約40センチになるオニオコゼ科の魚です。 全身がボコボコとしたコブ状の体表をしており、岩礁や砂などに擬態して生活しています。 底生魚のため浮袋がなく、岩の隙間や砂の中でエサとなる小魚や甲殻類を待ち受けて捕食します。 毒のある魚としてサーファーやスキューバダイビングの間で危険生物として有名な一方で、食味は抜群の白身の魚のため地方では非常に重宝される魚でもあります。 オニダルマオコゼの分布・生息域 オニダルマオコゼの生息域はインド洋・太平洋西部の熱帯域の海に生息しています。 サンゴ礁や岩礁帯などの、比較的浅い海で生活しており、日本近海では南方の暖かい海でのみ生息が確認されており、小笠原諸島や奄美大島、沖縄本島の他、離島でも見ることができます。 オニダルマオコゼは最強猛毒生物 出典: どれだけ気を付けていても、擬態しているオニダルマオコゼにうっかり触ってしまったり、踏みつけた事によって刺される事も考えられます。 刺されたらまず海から上がりましょう。 毒が回って動けなくなってしまった場合、その時点で溺れてしまいます。 海から上がったら真水で傷口をよく洗います。 その時にまだ傷口にオニダルマオコゼの棘が残っていたら必ず取り除きましょう。 さらに、刺された場所を45度以上のお湯で温めてください。 オニダルマオコゼの毒はタンパク性の毒であるため、45度程度の温度で毒の主成分であるタンパク質が凝固し、毒性を和らげることができます。 上記はあくまで応急処置です。 刺されてしまった時は可能な限り早急に医療機関で受診しましょう。 オニダルマオコゼ、実は美味しいらしい.

次の

オニオコゼの毒の怖さ!オニオコゼの値段や料理について

おこぜ

完全個室居酒屋 海の台所 虎魚(おこぜ) 刈谷店 かんぜんこしついざかや うみのだいどころ おこぜ かりやてん• 住所 愛知県刈谷市桜町2-41• アクセス 刈谷駅より徒歩5分• 電話番号 0566-95-2227• 営業時間 月~木: 17:00~翌0:00 (料理L. 23:30 ドリンクL. 23:30) 金、土、祝前日: 17:00~翌1:00 (料理L. 翌0:30 ドリンクL. 翌0:30) 日、祝日: 17:00~23:00 (料理L. 22:30 ドリンクL. 関連ページ•

次の

オニダルマオコゼは最強猛毒魚!刺されたらどうなる?刺されたらどうする?|TSURI HACK[釣りハック]

おこぜ

不細工な顔つきと背ビレの棘に強い毒を持つことで知られ、この棘に刺さると激しい痛みと共に患部が腫れあがり、病院での手当てが必要となるので注意が必要だ。 この扱いにくさや数の少なさ、それでいてすこぶる美味しい身質ということから高級魚として扱われている。 中でも活け物は鮨屋や割烹など高級料理店で扱われ、一般家庭でさばくことはほとんどないだろう。 常に海底でじっと獲物を待ち構えているためアンコウなどと同じように口は上向きに付いている。 産卵期は初夏から夏にかけてで、成長は遅く20㎝程になるのに通常だと3~5年かかるとされ、寿命は長いものだと10年以上とみられる。 体の大きさに対して頭と胸ビレが大きく、顔つきは目と口の間が打ち付けたように窪み、それによって口が上向きに開くようになったような感じで正面から見ると非常に厳つい顔つきをしている。 背ビレは頭頂部から尾ビレの付け根近くまで続き、毒腺を備えた16~18本の棘条と、それに続いて5~8本の軟条が並んでいる。 体表にウロコは無く、柔らかい突起が沢山付いており、これにより海底では魚らしからぬ擬態を装っている。 体色は今回入手したような紫色の物や黄色っぽいもの、灰色のものなど様々で褐色の斑が入っているものが多い。 主産地は三重県や瀬戸内海沿岸各地、それに九州などが多く、各地で種苗養殖と放流が行われている他、成魚までの養殖も研究され一部では出荷も行われているようだ。 市場には通年出回っており味も季節による大きなぶれもなく美味しい魚である。 ただ個人的には産卵期の真夏7、8月は避けた方が良いのではと思う。 5月中旬に仕入れた三重県産のものは腹にまだ成熟途中の卵巣が入っていたが、身質は良い状態だった。 旬のカレンダー 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 オニオコゼ.

次の