前髪 流す 長い。 長め前髪の流し方!こなれた印象を与える大人のおしゃれなセット方法♪

長い前髪の流し方が知りたい!コテやストレートアイロンで上手に流す方法

前髪 流す 長い

中々美容院に行けなくて前髪が邪魔!前髪をサイドの髪と同じ長さまで伸ばしたい!そう思っても、中途半端な長さが邪魔になって耐えられず、伸ばしきらないうちに切ってしまった経験、ありませんか? 「今度こそはあきらめずに伸ばしたい」と思っている方のために…今回は、邪魔な前髪を自然に流したりピンで留めたり、おしゃれにアレンジする方法をお伝えします。 ポニーテールやボブに合う前髪アレンジもあわせてご紹介しています。 せっかくなら色々な長さの前髪を楽しんでみてくださいね! 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 伸ばしかけ前髪が邪魔!家でできる前髪の流し方 目にかかりそうなときは…ふんわり斜めのエレガントバング 前髪が目にかかってきて邪魔!そんなときのために、前髪をふんわりキレイに流すテクを覚えちゃいましょう。 【How to】 水スプレーを前髪の根元からかけ、湿らせる流したい方向と逆方向へ前髪を軽く引っ張りながら、ドライヤーを上から当てて8割ほど乾かす(反対側も同様に)。 流したい方向と逆方向へ前髪を持ち上げ、毛先をロールブラシで内側に巻き込んで再びドライヤーを上から当てる(反対側も同様に)。 前髪のカールを指で押さえながら、ヘアスプレーを前髪全体に薄くふわっとつけてホールドする。 目の下まで伸びてきたら…緩やかカーブでサイドにつなげる流しバング 目の下あたりからカーブを緩やかにつけていき、サイドの髪へとつなげた流しバング。 作り方はこちら。 【How to】 少量ずつ毛束を取り、アイロンを縦に使って外巻きにする。 巻いたらほぐす。 仕上げにバームをつけてセミウェットに。 口元まで伸びてきたら…ひし形フォルムのフェザーバング 分け目付近の髪は立ち上げつつ、毛先を外へ流し、外側へ向けての動きを出したバング。 【How to】 (1)根元が立ち上がるように、ドライヤーの風を根元にいろいろな方向から当てる。 (2)分け目を8:2でつくる。 アイロンを使い、8のほうの前髪の毛先を内巻きにする (3)指で巻いた髪をほぐし、ワックスをなじませて束感を出す。 伸びすぎたぺたんこ前髪は…ふんわり分け目のニュアンスバング ぺたんこ感を軽減して華やかに!なびかせ立体バング! 【POINT】 ペタッと見えてしまうため、分け目がふわっとなるように横から分けて根元を立ち上げて。 毛先は外への動をつけながらこめかみは隠して、でこ広をカバー。 \How to/ (1)巻いた後に分け目を変えて、エアリーに。 センターパートで内巻きに。 まずは前髪を真ん中で分けてから、毛先をアイロンでワンカールの内巻きにする。 (2)横から分ける。 その後、分け目ジグザグのサイドパートに。 こうすると根元が立ち上がって、ふんわり。 伸ばしかけの前髪をうっとおしいと感じるのは、両目の間に髪があるから。 だから、中央部分の髪だけつまみ上げれば、ストレスがかなり軽減します! (2)つまみ上げた中央の前髪をねじっていく。 (1)でつまみ上げた前髪をねじります。 この時、毛束を真後ろに持っていくのではなく、トップの髪の毛流れに沿わせると、仕上がりが自然に見えます。 (3)ヘアピンを後ろから刺して留める。 (2)でねじった毛流れを止めるように、後ろからヘアピンを刺します。 これならヘアピン1本でしっかりと留まります。 (4)もみあげを残しながらサイドの髪を耳にかける。 前髪の中央がすっきりしたので、サイドの髪も耳にかけてすっきり感をUP。 もみあげを残すと女らしく見えると習ったので(笑)、髪を少しだけつまみ出しておきます。 丸みラインをつけてピン留め!8:2曲線バング 邪魔な前髪をピンで留めるときも、ピタッと留めるのではなくやわらかさを残せば可憐な雰囲気に。 【How to】 (1)髪をざっくり8:2に分ける。 8のほうの前髪を深めに取り、曲線になるように緩ませながら横でピン留めする (2)指でピンを押さえながら、前髪を引き出して丸みを整える。 (3)前髪が短い場合は、落ちてこないようにスプレーでしっかりキープする。 色っぽ上品な前髪ハーフ残しアレンジ 邪魔な前髪をピンで留めてすっきりしたいけれど、ラフさも残したい…そんなときにおすすめのアレンジがこちら。 【How to】 (1)前髪を手ぐしざっくり半分に分け、片方を上げる(残したほうの前髪の毛流れに沿わせるように)。 (2)上げた前髪を2〜3か所の毛束に分け、それぞれピンで緩めに留める。 (3)残したほうの前髪にハードワックスをつけ、流れるようにニュアンスをつける。 パーティーにもおすすめ!スタイリッシュなねじりポンパ 細ロープのようなイメージで「前髪をねじって留める」を繰り返せば、人とはかぶらない、スタイリッシュな前髪の完成。 \SIDE/ \TOP/ \How to/ (1)前髪を少量ずつトップと合わせて取る。 前髪を4束に分け、それぞれトップの髪を合わせて縦長に取る。 そうすることでねじりが浮かずにトップと一体化! (2)キュッときつめにねじりつつ上げてピン留め。 4つの毛束を、前髪を巻き込みつつ同じ方向にねじり上げピン留め。 両サイドの髪をひと束残し全体を緩く結ぶ。 (3)ねじりをくずさないよう、少しずつ髪をつまみ出す。 ねじりの束から1〜2か所ずつ髪を引き出し、ニュアンスをつける。 短い前髪が飛び出たらワックスでなじませて。 ピンで簡単!トリプルミニポンパ ピン数本で簡単に完成! おでこはすっきりしつつ、こなれ感のあるラフさが目を引くおしゃれポンパアレンジがこちら。 【How to】 (1)前髪でふたつ&トップでひとつ毛束を取る。 前髪・前髪・トップと、取る毛束の位置をズラしているのがポイント!こうすることで立体感のあるポンパドールに。 (2)毛束をそれぞれひとねじりしてピンで留める。 (3)3つそれぞれの毛束から髪を引き出す。 ピンを押さえつつ、髪を引き出す。 やりすぎかも? というくらい大胆に引き出すと動きが出て上級者な仕上がりに。 前髪は隠しピンで留めて落ちてこないようにするのがポイント。 【How to】 (1)トップとサイドの髪ごと、前髪を斜めに分ける。 ざっくり9:1に。 前髪と全体の髪がうまくなじまないときは、コームで毛束の毛先から軽く逆毛を立ててみて) (2)ひとつに結び、前髪を隠しピンで留める。 耳が半分程隠れるくらいサイドの髪をかぶせつつ、緩めにひとつに結ぶ。 前髪を留めるピンは毛束の下に隠して。 (3)ピンを押さえて前髪を少しずつつまみ出す。 ピンを指でしっかり固定しつつ、前髪を引き出す。 トップもサイドもふんわりさせるのが、こなれ感を出す秘訣! ねじり巻き込みでワンランクアップのひとつ結びに! 前髪にある程度長さがある場合は、前髪からサイドに自然につながるねじり巻き込みですっきりまとめつつ、ポニーテールのおしゃれ度をアップ! 【How to】 (1)センターで分けねじってサイドの髪とつなげる。 半分に分けた前髪を、片方ずつ毛先までねじる。 そのままサイドの髪と合流し、巻き込むようにねじり続ける。 (2)耳裏までねじり毛束をつまんで立体感を出す。 (3)ピン留めしてねじりを固定しひとつに結ぶ。 ピンは3本程使い左右から挿してねじりをしっかり固定。 全体をひとつにまとめ、結び目にスカーフを巻いて完成! リーゼント風アップでクール&女っぽく こちらも長めの伸ばしかけ前髪におすすめのアレンジ。 前髪をすっきり上げつつ、ラフなボリューム感を出してリーゼント風に。 【How to】 (1)前髪をラフにかきあげてゴムで結ぶ。 前髪全体を上げてトップで結びポンパドールに。 次のプロセスで髪を引き出すので、きつめに結びしっかり固定。 (2)ポンパドールの髪を思いきり良く引き出す。 結び目を指で押さえ、髪を上につまみ出す。 この量が少ないとボリューム不足になるので大胆に引き出してOK。 (3)全体をざっくりまとめてひとつに結ぶ。 顔周りの髪を少し残し、ポンパの毛先ごと全体をまとめて結ぶ。 サイドの髪も引き出して耳に緩くかぶせて。 前髪伸ばしかけのボブさんもこのアレンジですっきり! 邪魔な前髪をクラウン風にアレンジ 前髪をねじって留めてパールピンを添えて…花冠のようなフォルムが可愛いアレンジです。 【How to】 前髪をざっくりとセンター分けにする。 前髪やおでこの周りの毛を束で取って、左右それぞれ後ろへとねじっていきピン留めする。 ねじった毛束の所々にパールピンをランダムにあしらう。 外ハネが色っぽいかきあげ風アレンジ ちょっと長めの前髪は、目尻に少しかかる程度の外ハネにして、ほんのり色っぽいかきあげ風に。 【How to】 前髪を8:2に分け、根元が立ち上がるように、かきあげながらドライヤーの熱をしっかり当てる。 前髪の毛先が自然に外に向かって流れるように、太めのアイロン(38mm)でハーフカールさせながら滑らせる。 毛先のカールを指でこなれさせてから、根元と毛先にハードスプレーを軽く吹き付け、外ハネをキープさせる。 カチューシャアレンジで品よくまとめて サイドの髪を抑えたカチューシャアレンジ \アレンジ方法/ (1)トップの髪を後ろに流す 「カチューシャをつけやすいように、前髪を残してトップの髪をかき上げて後ろに流します。 手のひらにほんの少しヘアオイルを広げておくと、毛流れを動かしやすいですよ」(美的. com編集担当 鬼束真帆・以下「」内同) (2)カチューシャを頭頂部から差し込む 「カチューシャを、とめたい位置の真上から差し込みます。 前から髪を持ち上げるようにするのではなく、差し込むのが今っぽくなるコツです」 (3)毛先にオイルでツヤとまとまり感をプラス 「ダウンスタイルの時は毛先のパサつきも気になるので、オイルをなじませてツヤを出します。 毛先のまとまり感もよくなりますよ」 (4)トップの髪をつまみ出して縦ラインを作る 「カチューシャの後ろのトップの髪をつまんで高さを出します。 これで頭の形が縦長になり、丸顔もカバーできます」 【完成】 太めカチューシャでハリのボリュームを自然にカバーしつつ、トップはふんわりとしてすっきり縦長に。 大人っぽい雰囲気のカチューシャヘアの完成! タイトなひとつ結びにカチューシャでボリュームをプラス \アレンジ方法/ (1)膨らみやすいサイドはワックスでピタッと 「カチューシャを付ける時は、サイドがタイトな方が高バランス。 ワックスをなで付けるようにコームでとかします」(Fujiko PR 大谷奈央さん・以下「」内同) (2)耳下あたりの低い位置で髪をまとめる 「ターバン風のカチューシャはボリュームがあるので、後ろの髪はすっきりとひとまとめに。 耳下あたりの低い位置でまとめます」 「後ろの髪をヘアゴムでひとまとめにしたら、結び目を持って後頭部の髪をつまみ出します。 まず、パウダーを指先に取ります」 「次に、指先でトップをつまみ出しながらパウダーを塗布してトップをふんわりと。 指に取ってからなじませると、狙ったところにボリュームが出しやすくなります」 【完成!】 トップの髪がカチューシャの上から見えて今っぽい! 簡単お団子もカチューシャでスッキリキマる (1)前髪の生え際ラインにカチューシャをオン つけるとこんな感じ。 最後のひと結びは髪を通しきらずにお団子に。 毛先を結び目の下に持っていけば、丸っとしたいい感じのお団子になります」 (3)ハチ張りが目立たないように後頭部の髪をつまみ出す 「ハチが張っているので、後頭部のハチの内側だけ髪をつまみだしてルーズに。 サイドはすっきりさせたままの方が、ハチが目立ちません」 【完成!】 カチューシャとヘアゴムひとつで今っぽいヘアアレンジが簡単! ちなみにサイドから見ると….

次の

前髪の流し方は?短い・長い流し前髪の作り方や巻き方などを紹介

前髪 流す 長い

長い前髪を楽しみましょう! 最初に紹介したように、 長い前髪に関しては、 ・上手く流せない ・目にかかるから邪魔 ・崩れやすい など ネガティブな意見が多いんです。。 しかし、 長い前髪は短い前髪に比べて、 スタイリングのレパートリーが多く、前髪を変えるだけでヘアスタイルの印象も変わります! 同じヘアスタイルでも、 前髪の流し方を変えるだけで、いつもと違うヘアスタイルに見せることができるんですよ!! その日の気分やファッションに合わせて、 前髪を変えて色々なオシャレが楽しめます。 私は色々楽しめる長い前髪は女性にオススメです! 長い前髪の扱い方を覚えて 伸びた長い前髪を楽しみましょうー!! 今回はコテを使った長い前髪の流し方を紹介します 長い前髪の場合は コテ(カールアイロン)をつかって流す方法がオススメです! 長い前髪はストレートアイロンよりもコテの方が誰でも使いやすく簡単に流すことができます。 逆に短い前髪を流すときは、 ストレートアイロンを使う方法がオススメ! コテを使って前髪を斜めに流すことは 基本的なコテの使い方です。 コテを使った方法で、 うまく前髪を斜めに流すことができれば、 流すだけじゃなく巻くこともアレンジすることも簡単になりますよ。 前髪が長い方は、 まずコテでうまく斜めに流せるようになることから始めましょう! コテを使って前髪を流す前に・・ コテを使って前髪を斜めに流す前に、 準備することをご紹介します。 前髪にコテを使うときは、 準備もとても大切なことです。 準備をおろそかにしては キレイに前髪を流すことはできませんよ!! 前髪の分け目は消しておく 前髪にパッカーンと 変な分け目がついていると、 コテを使った方法をしても流したい方向に前髪を流すことはできません。 コテを使う前に、 まずキレイに分け目をなくしましょう! 特に多いのが 寝ぐせですね。 いちいち寝ぐせを直すのが、 めんどくさい気持ちもわかりますが、そこはオシャレのため! 一度濡らして分け目をつけずに乾かしてくださいね。 使うコテは32mmがオススメ 前髪を斜めに流すときに使うコテは、 32mmの太さがオススメです! 32mmの太さのコテは、 細すぎず太すぎないのでとても使い勝手が良い太さ。 もし濡れたままコテを使ってしまうと、 髪の毛の中で水分が蒸発して 髪の毛がボロボロに。 チリチリの前髪になってしまうこともあります! ヤケドをしてしまうこともあるので、 前髪はしっかり乾かしてからコテを使ってくださいね! くせ毛の人は前髪をストレートにしてコテを使いましょう 日本人に多い髪質が くせ毛。 特に前髪にくせやうねりがある人が多く、 そのままコテを使ってもキレイに斜めに流すことができません! くせの影響で変な方向に流れてしまうこともあります。 あらかじめ、 ドライヤーとクシやブラシを使って、 くせをナチュラルに伸ばしてからコテを使ってくださいね。 長い前髪を斜めに流す方法を紹介 では本題の 長い前髪をコテを使って斜めに流す方法をご紹介していきましょう! まずはこちらの動画をご覧ください!! 簡単に流せていたでしょ?笑 それでは手順にそって、 前髪の流し方を紹介していきます。 このとき あまり 前髪を上げすぎると、 流れすぎてしまいカーブがキツくなるので注意! 手に取った前髪を少し前に出すイメージで大丈夫です。 この時はさむ場所は、 前髪の 流したいところからはさむのがオススメ。 そのまま毛先の方向にコテをすべらせれば、 簡単に長い前髪を斜めに流せることができますよ! 難しそうに見えますが、簡単にできちゃいます。 ぜひやってみてください!! 前髪にコテを使うときのポイント 長い前髪を斜めに流す方法はわかっていただけたと思います! ここで 前髪にコテを使うときのポイントがいくつかあるので紹介いたします。 覚えておいてくださいね! コテの熱を当てすぎない コテを使うときは、 なるべく 一部分に熱を当てすぎないことがポイントです。 今回の方法でいうと、 前髪をはさんでからコテを半回転させて サッとすべらせてください。 時間をかければかけるほど、 髪の毛が熱によってダメージを受けてしまいます。 しかし、 正直髪の毛に そんな高温を使う必要はありません! むしろ髪の毛がダメージをうけて ボロボロになるだけです。 当然のことなんですが、 意外とおでこにコテをつけてヤケドしてしまう方が多いんです笑 コテを前髪に使うときに、 鏡に集中しすぎておでこにコテがついてしまうんですねー。 (私も経験者です笑) おでこをヤケドしてしまうと、 メイクするときも大変なんです。 コテを使うときは、 ちゃんとヤケドに注意して使ってくださいね! 鏡の見過ぎには気をつけて! 前髪をうまく流すようになるためには毎日続けること! 前髪をうまく流すためには、 毎日続けることがポイント! 最初やってみると、 上手くできずに諦めたという方も多いんですよ。 しかし、 最初からバッチリうまくできる人の方が少ないです! 前髪を上手く流せるようになるには、 毎日継続して コテを使い続けることが大切。 長い前髪を上手く流せるようになったときは、 それだけコテを上手に扱えている証拠! 上手に髪を巻くこともできますよ!! ワックスをベタッとつけるのはやめて! 濡れ髪スタイルやシースルーバングなど 前髪にしっかり スタイリング剤をつけるヘアスタイルが人気です! ですが、 あまりワックスのつけすぎは、 前髪がベタベタしてしまう原因になるので注意してください!! 前髪にワックスなどのスタイリング剤をつけるときは、薄く手に取り付けるか髪の毛全体につけ終わった後に、手に余ったワックスを前髪につけて整えるようにしましょう。 つけすぎてしまうと、 洗わなきゃいけなくなるので せっかくキレイに 斜めに流した前髪が台無しになってしまいます。。 長い前髪は分け方を変えると印象が変わります! 最初に説明したように、 前髪を変えることでヘアスタイルの印象が変わります。 分け目を変えることで、 同じヘアスタイルでも違った雰囲気を出すことができるんです! 今回は斜めに流す方法を紹介しましたが、 流すだけじゃなくて他の前髪のスタイリングの仕方を少し紹介します。 ぜひ参考にしてください! 顔の形をカバーできるセンター分け 前髪を真ん中で分けることで、 おでこを出して 顔の形をカバーすることができます。 丸顔やエラが気になる人には、オススメの前髪ですね! セットの仕方も簡単で、 ストレートアイロンを使うか、 コテで毛先を軽く巻くだけで簡単に前髪のスタイリングをすることが可能です! 誰にでも 似合いやすい万能の前髪のスタイリングです。 この動画では、 センター分けを含めたいくつかの前髪のスタイリング方法を紹介しています。 〈伸ばしかけの前髪のアレンジ方法4選!簡単なやり方教えちゃいます。 〉 自分の顔の形に合う髪型が知りたい人は、 こちらもチェックしてみてください! 大人っぽい雰囲気が出るかきあげ前髪 少し大人の雰囲気が出せるのが、 かきあげ前髪です! 前髪の根元にボリュームを出して、 後ろにバサッとかきあげることでナチュラルな大人っぽい前髪に。 長い前髪でも短い前髪でもできますよ! こちらで簡単にできる、 かきあげ前髪にする方法をご紹介してますのでぜひ見てみてください! 〈前髪をかきあげるやり方!ショートボブでも作り方は簡単だよ〉 前髪が邪魔という人はコレ!前髪編み込みスタイル 前髪が目にかかるのが気になるという方は、 前髪編み込みスタイルがオススメ! 前髪を含めて斜めに編み込むことで、 ガーリー感が出て髪の毛が落ちてくるのも気になりません! 前髪を流すのに飽きたら、 編み込みでちょっとイメチェンしましょう! 「編み込みが苦手・・」 という方はこちらの動画を参考にしてくださいね!! 〈前髪編み込みで簡単ヘアアレンジ!ロングヘアーでもピン1つでかわいい髪型にチェンジできるよ。 〉 〈伸ばしかけの前髪を自分で簡単にアレンジする方法!ハーフアップ〉 前髪パーマもオススメです! ずっと同じように前髪を斜めに流すという人は、 前髪にパーマをかけることもオススメです! 毎日コテを使うよりも、 ダメージを抑えることができ、 ドライヤーで乾かすだけで簡単に流れる前髪になります。 気になる方は一度美容師さんに相談してみるといいかも! 前髪のパーマについては こちらの記事でも紹介していますのでご覧ください! 前髪に関することなら4cmにお任せください! 今回は、 前髪の長い前髪を斜めに流すコテを使った方法をご紹介させていただきました! 長い前髪の方は、 実際にコテを使って紹介した流し方をやってみてください! 簡単にあなたの思い通りに、 前髪を流すことができますよ!! 今回いくつか前髪に関する動画を紹介いたしましたが、 では、 まだまだ 前髪に関する動画を紹介しています。 例えば 〈汗をかいても崩れない前髪セット方法!〉 ヘアアイロンじゃなくカラーを使った前髪の流し方も紹介してます! 〈マジックカーラーを使った簡単な前髪の流し方!長い前髪も簡単に斜めに流す〉 こんな面白動画も・・笑 〈前髪カット失敗!修正は美容院にお任せ!対処法は美容師に相談してね。 〉 可愛い子供ちゃんカット動画もあります! 〈子供の前髪カット!ラウンドバングは丸くてかわいいよ〉 この他にも、 スタイリングの方法や、 メイクの方法、商品レビューの動画も随時アップしています!! よかったら見てください!! 動画のリクエストもお待ちしてまーす!! 以上(長い前髪の流し方!長い前髪を斜めに流すコテを使った方法)でした!!.

次の

前髪ありなし診断5選!似合う顔と似合わない顔どっち?小顔の作り方も

前髪 流す 長い

画像引用元: まずは流し前髪の作り方の基本を覚えましょう。 ストレートアイロンを使うと長い前髪は流しやすいこの基本を知っておけば、アレンジ前髪に挑戦する時も役立ちます。 〝し〟の字カールになるようにしっかりくせづける 中央部分の前髪を片手でつかんで伸ばし、その根元をストレートアイロンで挟みます。 斜めにゆっくりと引っ張るように移動させながら毛先部分まで伸ばし、最後に回転させながら毛先を抜きましょう。 しの字のようなカールにするため、毛先に移動するまではまっすぐに、最後は回転を利かせて巻くのがポイントです。 〝し〟の字カール以外の毛は2~3パートに分け、アイロンで挟んでいく しの字にカールさせる以外のところは2~3のパートに分けます。 それぞれの部分をアイロンで挟み、流したい方向へ移動させることを繰り返しましょう。 ドライヤーを使った長い前髪の流し方 ドライヤーを使っても流し前髪を作ることができます。 その手順を見ていきましょう。 ナチュラルに長い前髪を流す まずは、ドライヤーを使って 長い前髪をナチュラルに流す方法です。 前髪の根元を湿らせた後、ドライヤーで8割ほど乾かす 前髪全体を束にし、霧吹きなどで根元を湿らせます。 その後ブラシで拡げるようにとかしたらドライヤーの温風を当て、前髪を斜めに流すように手ぐししながら乾かしていきます。 この時、 完全に乾かしてしまわず8割がた乾くくらいでOKです。 クシで前髪をしっかり梳かす ドライヤーを止め、 クシを使って前髪をしっかりとかしましょう。 手ぐし、クシで髪を整える しっかりクシでとかした後は、 手ぐしで髪を流すようにしながら形を整えて完了です。 立体感と緩やかカーブ 続いて、ヘアアイロンを使って 前髪に緩やかなカーブを付け、立体感をもたせる方法です。 ヘアアイロンで前髪全体を根元からしっかり伸ばし、内巻きに 前髪を持ち上げ、根元をヘアアイロンで挟んで、引っ張るようにしっかり伸ばしながらゆっくりと前の方へ動かしていきます。 毛先の方へ行くにしたがってアイロンをゆっくりと回転させ、内巻きにカールを付けましょう。 巻いた部分をクシでとかして髪を広げる ヘアアイロンでしっかりとついたカールを、クシで広げるようにとかしましょう。 ふんわりとした立体感が出ます。 その後、手で形を整えて完了です。 キープ力のあるスプレーを使うと前髪が長持ちします。 長い前髪・伸ばしかけ前髪のコテを使った流し方 長い前髪や中途半端の長さの伸ばしかけ前髪でも、コテを使って流せばアレンジも難しくありません。 その方法をお伝えします。 前髪なしスタイル まずは、コテを使って中途半端な前髪を流してしまい、前髪なしスタイルを作る方法を紹介します。 霧吹きで濡らし、ある程度乾かす コテを使う前に霧吹きで前髪全体を濡らします。 その後乾かしてから作業を行いますが、 完全に乾いてからではなくある程度乾く程度で大丈夫です。 根元の毛先からコテで巻く 片手で前髪を持って横にまっすぐ伸ばすようにし、その根元をコテで挟みます。 そのまま手前にゆっくりとまわして髪を巻き付け、毛先に向かってずらしながらコテを外しましょう。 これを2〜3回行います。 反対側も同様にコテで巻く 反対側も同様にします。 髪を片手で持ち横に伸ばすようにして根元を挟みます。 手前にゆっくり回して髪を巻き付けてアイロンをかけていきましょう。 こちらも2〜3回行います。 全体を見て髪を調節する 鏡で全体のバランスを見ながら、コテで調整していきましょう。 ワックスで整える ワックスを手に取り馴染ませてから髪に伸ばし、整えれば完了です。 アイロンを使うシースルーバング シースルーバングも、アイロンを使って簡単に作ることができます。 やり方をチェックしましょう! 毛束を少しずつ取り、外にカールがつくように巻く まずは前髪をクシでよくとかします。 その後毛先を少しずつ取り、ヘアアイロンで挟んでまっすぐ引っ張るようにして毛先の方へと移動します。 毛先部分は内巻きになるようにアイロンを回転させますが、 毛先を抜く前にサイドに向かって動かし、最後は外にカールが付くようにしてアイロンを抜きます。 巻いた後は前髪を程よくほぐす アイロンで巻いた後は 一度軽くクシで広げ、その後両手でほぐしていきます。 この時スタイリング剤を少し付けて行うことで、程よい束感を出すことができます。 全体的に整えたら完了です。 まとめ 前髪はヘアスタイルだけではなく、顔の印象まで決める重要なパーツです。 流し前髪の方法にもいろいろとあり、流し方が少し違うだけで全く違った雰囲気に変わるので、好きな雰囲気になれるよう色々と調整してみると良いでしょう。 前髪アレンジが初めての方は、スタイリング剤を使う事も忘れないように気を付けて下さい。

次の