サザンドラ 育成論 oras。 サザンドラ : ラム身代わり搭載型サザンドラ|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

【ORAS】サザンドラ(特殊アタッカー型)についての育成論

サザンドラ 育成論 oras

ページ:• 投稿者:orca• コメント 32 みんなの評価 :• 投稿者:ピュア• コメント 42 みんなの評価 :• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:けーき• コメント 26 みんなの評価 :• 投稿者:エグゾディア• コメント 14 みんなの評価 :• 投稿者:Raru• コメント 23 みんなの評価 :• 投稿者:クロート• コメント 31 みんなの評価 :• 投稿者:タカフミ• コメント 24 みんなの評価 :.

次の

こだわりスカーフひかえめサザンドラ育成論【ORAS】

サザンドラ 育成論 oras

はじめに• 全て理想個体を前提とします。 HABCS等一部略称を使わせていただきます。 ピカチュウについて 初めまして、エドと申します。 今回は電気玉ピカチュウの育成論を投稿させていただきます。 既にORASの電気玉ピカチュウの育成論が提出されていますが今回はそのフォークとして私がフリーで使っているサブウェポンに特殊技を採用したピカチュウを投稿します。 初投稿ですがよろしくお願いいたします。 不要という声が多ければ削除します。 ピカチュウは初代からのポケットモンスターの主役ともいえるポケモンで、非常に有名ですが、対戦面では進化前のため種族値が足りておらず、専用アイテムの「でんきだま」がありますが鉢巻や眼鏡ライチュウと大差ない火力に過ぎません。 今回は補完の意味を兼ねて電気玉による高火力と小回りの利きやすさを活かし、物理寄りの両刀型を紹介したいと思います。 採用理由 愛。 いくら工夫を凝らしてもやはり種族値ゆえの限界は存在します。 持ち物 電気玉で確定。 ひらいしん ピカチュウが安定して後出しを行うことを可能にする特性。 物理一本に絞るなら陽気で。 後述する技構成により変わります。 めざ氷搭載個体:hAbCDS• めざ氷非搭載個体:6V A252, C6, S252 A:全振り。 ボルテッカーの威力確保。 S:準速100族や最速85族を抜くために最速。 C:余り。 実数値は例として個体値hAbCDS個体なら110-107-60-71-63-156です。 44 で求められます。 覚えておくと試合中でもダメ計をツールを使わず電卓でできるので便利です。 互いのポケモンがどの程度の火力指数を出せるのか、どの程度の耐久なのかを知っておくといちいちダメ計しなくとも「あ、これは引いたほうがいいな」といった判断ができます。 確定技 ボルテッカー 指数38520。 ピカチュウの物理最高火力。 この型の主軸。 H252振りファイアローに116. 主に襷つぶしに。 またピカチュウよりも速い高速紙耐久ポケモンの多くは等倍ボルテッカーが確二圏内です。 両立もあり。 目安としてはA182無補正ガブリアスの逆鱗を乱数耐え調整をしているポケモンを猫騙し+ボルテッカーで確定で落とせる程度と考えて頂いて結構です。 A182ガブリアスの逆鱗の火力指数は32760でピカチュウのボルテッカーの指数38520が勝り、猫騙し+ボルテッカーでH振りニンフィアが確定、H振り程度のWロトム程度で乱数です。 概ね物理耐久指数17000程度以下で確定、20000程までが乱数です。 大体の目安として言えば無振りで種族値がH90-B90以下の相手なら確定圏内です。 電気技が通らない地面やドラゴンに。 ダメ計はめざ氷のみ。 H4振りガブリアスに67. D252振りでチョッキだと84. 選択技 上ほど優先度が高いです。 攻撃技を入れて範囲を広くするのか、補助技を採用するのかはパーティーと要相談。 攻撃技 はたき落とす 指数13910。 止まりやすいピカチュウが交代読みで打つことで後続に繋げることができます。 瓦割り 指数16050。 受けに来たバンギラス等、めざ氷2倍の相手に刺さります。 H252振りバンギラスに90. H252振りキリキザンに118. 攻撃範囲の狭いピカチュウはとにかく相手の起点とされやすいです。 その防止として。 避雷針と相性がよく、電気技を打ってきた相手を流すことができます。 ただし90と微妙なSのためライチュウよりは決まりにくいです。 ほっぺすりすり 交代読みで打つことで麻痺を撒きつつ襷やマルチスケイルを潰せたり、速攻アタッカーを機能停止させられるので電磁波よりも役に立つ機会は多いです。 挑発にかかわらず打てるのも評価できます(ピカチュウに挑発を打つ人は殆どいませんが・・・)。 地面タイプの無償降臨に注意。 身代わり 相手の補助技読みで。 読み次第で起点としようとした相手に勝てる。 ボルテッカーとアンチシナジーな上にピカチュウ自体の流し性能が高くなく、交代読みで身代わりを貼ってもガブが出てくる(めざ氷でも前述の通り確2)、といったことになりがちなので補助技を入れるなら無理に身代わりを貼るよりもアンコやほっぺすりすりで後続に繋げたほうが無難です。 被ダメ• 物理耐久 耐久指数6600 A252無補正メガルカリオのバレットパンチで45. 特殊耐久 耐久指数7700 C252無補正メガルカリオの真空波で76. 役割範囲としては自分より遅い電気弱点の受けポケモンや中耐久の等倍相手です。 例えばB特化ブルンゲルならばA182ガブリアスの逆鱗で44. 電気技を誘うポケモンと共に選出すれば、避雷針を活かして無償降臨しアンコールで流すことができます。 ライチュウよりも素早さで劣ることがデメリットですが、こちらはメインの戦法がボルテッカーなので器用さにつながります。 また対電気性能にも貢献し、読みの負担を減らすことができます。 基本的にはダメージを食らったら落ちる、という認識で運用しましょう。 最後に 初投稿で至らぬ点など多々あると思いますが最後まで読んでいただきありがとうございます。 運用的に1発も喰らわないような動かし方をしたいのはわかったのですが、 そうすると先発対面がほぼ確実に猫だましのみで引かざるを得ず、明らかに不利なサイクルが進行すると思うのですが、どうお考えでしょうか? 先発運用するのであれば、初手で突っ張れる相手を幾つか上げていただきたく。 ちなみに、マリルリのアクジェは耐えるので、一応対面なら最悪相打ちにはできますね。 火力で差別化ができないのであれば電気球ピカチュウは、襷や風船ライチュウの壁を超えることができません。 なぜ物理なのか?仮想敵は誰なのか?それが無ければただの物理ピカチュウのまとめです。 ほっぺすりすりも電気球型としての採用ならあり得ない技だと思いますし。 草結びのところでドサイドンが確1とありますが、約半数がチョッキ持ちです。 耐久無振りのチョッキで乱1 37. まぁチョッキ持たせるなら、大体の方がHDにある程度割くと思うんで、他の耐久調整のついでに確定耐えされそうな気がします。 まぁ、そんなこと言い出したらキリがないと思うので、せめて無振りチョッキが乱1という事だけでも書いてあった方が親切かなと思います。 目安としてはA182無補正ガブリアスの逆鱗を乱数耐え調整をしているポケモンを猫騙し+ボルテッカーで確定で落とせる程度と考えて頂いて結構です。 A182ガブリアスの逆鱗の火力指数は32760でピカチュウのボルテッカーの指数38520が勝り、猫騙し+ボルテッカーでH振りニンフィアが確定、H振り程度のWロトム程度で乱数です。 概ね物理耐久指数17000程度以下で確定、20000程までが乱数です。 大体の目安として言えば無振りで種族値がH90-B90以下の相手なら確定圏内です。 役割範囲としては自分より遅い電気弱点の受けポケモンや中耐久の等倍相手です。 例えばB特化ブルンゲルならばA182ガブリアスの逆鱗で44. あさん 個人的にはトレース意識ではどっちもどっちです。 味方が麻痺するリスクもありますので。 電気統一だったら静電気一択ですが。 ぶーにゃんさん 指摘ありがとうございます。 追加しておきます。 マイナー使いさん のいか鉄さんへの返信である程度ピカチュウの役割について言及しました。 まとめての回答、申し訳ありません。 私です。 精進していますね。 ピカチュウ、かわいいですよね。 使いたくなる気持ちわかります。 成長の速度がとても早く将来大物になる予感がします。 ボルテッカーかなりの火力ですね。 参考になります。 このまま邁進していってください。 アイアンテールは命中不安かつ電気技との補完があまりない、かわらわりは火力不足でフルアタにして役割を増やそうとするよりも裏に繋げたほうがよい、さらにはピカチュウ自体の中途半端な素早さを考えて交代読み次第では自分より早い相手に少なくとも1発ボルテッカーを当てられるほっぺすりすりを第1候補としました。 特殊ピカチュウの育成論、拝見致しました。 その育成論の劣化という誹りを覚悟で反論させていただきますと、仮に耐久振りをしたとしても水への繰り出しは安定しないことからこれは全てのピカチュウ共通の問題と認識しています。 また攻撃を外せば一撃死してしまうおピカチュウにおいては技の命中は重要なポイントだと考えています。 これはタイマン性能や地面への繰り出しを重視した襷および風船ライチュウとの差別化でもあります。 また冒頭で鉢巻や眼鏡に火力が劣る、と書きましたが命の珠ライチュウよりは火力は上です。 H振りバンギが中乱数(猫騙し込で高乱数)、キリキザンを確定で倒せます。 壁も割れます。 個人的にはほっぺすりすりを切ってフルアタにしてもいいぐらいだと感じました。 運用ではほっぺすりすりは交換読みで撃つとのことですが、実際には地面や電気に交換されることが多いと思います。 威力が珠ライチュウより高いのは解りますが紙耐久ではただのお荷物です。 自分もピカチュウ使ってましたが、珠バンギの地震で逝きましたし。 一貫性があり受けに来たきせきポリ2やサマヨに刺さり、クレセに対する最高打点で、交代先の最速グライオンにも有効です。 グライのの2,3割は陽気個体 ピカチュウはボルテッカーを活かした定型的な紙耐久速攻アタッカーです。 少しsは足りませんがね… 「やられる前にやる」のが基本となります。 一方、確かにライチュウはピカチュウより耐久はありますが、紙耐久なことには変わりありません。 ライチュウでも球バンギの地震で落ちます。 それに、ライチュウは避雷針風アンコールなどピカチュウと変わった型の方が多いため差別化は気にしなくて良いと思います。 他でも言われてますが。 ホッペ入れるなら電気球じゃなくていいので襷我武者羅型とかで使う方がいいです。 あと特殊技入りの二刀なら、避雷針が優先されそうですがどうなんでしょう? ちなみにピカチュウでもアンコ避雷針型は存在しますよ?と言うかアンコは火力アップや受け潰しの為に優先度高いハズなんですけどね。 その辺はプレイングにもよりますが。 私の避雷針アンコールのところは避雷針風船アンコールでした。 すみません。 それと、私もさんやさんの言う通り特性は避雷針の方がいいと思いますね。 サイクルカット出来るのは魅力ですし、ボルトロス相手も気合玉さえなければ勝てそうですし、アンコールとのシナジーや電磁波読みで繰り出せる点を捨てるのはもったいないですし、ポリ2のトレース対策とか言ってますが、そもそもポリ2は叩き搭載しない限りピカチュウで突っ走るべきではありません。 搭載してもトラアタ持っている場合は交換読みをしない限り危険です。 トレースサーナイトに刺さるのは魅力ですがそれだけで静電気にするのはいかがかと思います。 実用性の低い静電気はないと思います。 名前なんてないさん, あさん フォークの範囲を逸脱する、都の判断からライチュウやお着替えピカチュウは考慮しないこととさせていただきます。 その結論として、 1. 静電気及びほっぺすりすりが有用なのは私のいつものパーティーが鈍足多め(ノクタス、アブソル、ルカリオ等)であることが主な原因であり、ある程度ギャラドスやアローなど電気を呼ぶポケと入れ替えてみたところ避雷針が役に立つ機会は予想外に多かったこと。 削りをする上ではより範囲を広げたほうが交代読みの選択が広がること、さらにはA252が生きること。 から特性を避雷針へと変更、さらに選択技を大幅に入れ替えました。 私のピカチュウはHGSSからのものでつい静電気に固執していました。 フリー用であることやピカチュウというポケモンの立ち位置からあさんの意見には完全には同意できませんが静電気は私のエゴだったと思います。 ただ、そういったポケモンには素直にボルテッカーを打つこと、ほっぺすりすりを打つのが交代読みでカイリューのマルスケを剥がしたり速攻ポケを機能停止に追い込んだりすることがメインなので、電磁波よりも有用な場面が多い、と判断しほっぺすりすりを採用しました。 例えば、鮫肌ならガブリアスは電気技無効、クリムガンはもともと遅いため麻痺にする旨味が少ない、サメハダーはボルテッカーで済む(A252鉢巻アクジェで乱数1発なのが辛いところですが・・・)のであまり電磁波による不利益はないかと思われます。 ただわざわざ「上位互換」と言い切るのもどうかと思うので「電磁波よりもこちらが有用な機会が多い」と変更します。 指摘ありがとうございました。 ほっぺすりすりの説明を修正しました。

次の

サザンドラの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略モバイル

サザンドラ 育成論 oras

攻撃技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考 アタッカー型の主力技。 耐久型のメインウェポン。 デメリットがないため使いやすい。 ちいさくなる対策。 ラッキーに強い。 スカーフ型などで使うと怯み効果が活かせる。 炎対策。 サポート技としても有効で、自分が最速だと、最速130族まで抜かせるようになる。 ギルガルドに有効だが、勝てない。 タスキ潰し。 変化技 タイプ 命中 備考 耐久型必須。 先制の時はじしんや格闘技に注意。 サイクル戦を意識して使用。 ステルスロックと組み合わせることで、浮いていてもいなくても大ダメージ 上記二つと相性が良い。 耐久型同士の時のダメージソース。 耐久型対策その2。 積み防止にも。 素早さをあげれば抜き性能も上がる。 流し際に。 耐久型の積み技。 素早さが下がることで、はねやすめを後攻でできる。 がんじょうで確実に耐え、ブレイブバードで退場。 物理受け型 特性:がんじょう 性格:わんぱく 努力値:H252・B244・ADS4 持ち物:ゴツゴツメット 技 技1:ドリルくちばし 技2:はねやすめ 技3:選択1 技4:選択2 選択技:ステルスロック、ふきとばし、のろい、どくどく 相性の良いポケモン 、、ラッキー 物理アタッカーに対してはねやすめで時間を稼ぎ、ゴツゴツメットで倒す型。 突破される要因としては、積まれるか特殊アタッカーに交代されることなので、ふきとばしやステルスロックなどで対策しよう。 ローブシンやドサイドンなどの鈍足アタッカーは、「はねやすめ」で受けきれないのでこれらを考慮するなら「のろい」が必要になる。 がんじょうアタッカー型 特性:がんじょう 性格:ようきorいじっぱり 努力値:A252・S252・H4 持ち物:こだわりスカーフ 技 技1:ブレイブバードorドリルくちばし 技2:いわなだれ 技3:アイアンヘッド 技4:選択 選択技:ステルスロック、どくどく、つじぎり、ねごと アタッカー型。 「がんじょう」とスカーフにより、耐久型が苦手な炎にも十分戦えるようになる。 ブレイブバードは「がんじょう」と相性が悪いが、火力不足なため基本推奨。 いわなだれやアイアンヘッドで怯みを狙えるので、殴りあいになるとかなり有利になる。 鋼タイプには全く有効打がない。 他のポケモンでカバーしよう。 ループ型 特性:がんじょう 性格:ずぶとい 努力値:H252・B252・D4 持ち物:ゴツゴツメットorたべのこし 技 技1:ふきとばし 技2:ステルスロック 技3:みがわり 技4:はねやすめorどくどく 有利な相手の時にみがわりを作り、相手が炎タイプのポケモンなどに替えてきたら、「みがわり」を盾にして「ふきとばし」をする。 これを繰り返す。 相手のパーティでこちらのエアームドを突破できるポケモンが1体ならこのループが成り立ち、事前に「ステルスロック」や「どくどく」を撒いておけば、回復技がないポケモンはスリップダメージで勝手に倒れる。 ボルトロスなどの「ちょうはつ」には注意。 攻撃技がないため、わるあがきしかできなくなる。 持ち物が「たべのこし」の場合は長いターンの間ループできるが、ゴツゴツメットの場合は長続きしないので、ある程度ダメージを与えたら他のポケモンに交代して、1発で倒してもらおう。 くだけるよろいアタッカー型 特性:がんじょう 性格:いじっぱり 努力値:A252・S調整・残りH 持ち物:こだわりハチマキ、いのちのたま 技 技1:ブレイブバード 技2:いわなだれ 技3:アイアンヘッド 技4:選択 選択技:つじぎり、ねごと、どくどく、フェイント 物理アタッカーに対して交代で繰り出し、くだけるよろいで素早さ関係を逆転させて攻撃する。 そのため持ち物はこだわりハチマキなどの火力アップアイテムが良い。 がんじょうアタッカー型と技構成が似ているが、こちらは耐久を犠牲に火力を重視している。 「ブレイブバード」を主力技にしているため、 と使用感が似ている。 こちらは鋼タイプを持つため、岩タイプに強いのが利点。 格闘タイプ相手に繰り出せるといい動きができるが、現在は格闘タイプはバシャーモかヘラクロスくらいしか流行っていないのが難点。

次の