ファンクション キー 切り替え。 Windows10でファンクションキーの設定を変更し機能を切り替える方法

hpノートPCのF1~F12の設定を変更してファンクションキーとして使う方法

ファンクション キー 切り替え

DellのPCのファンクションキー マルチメディアキーボードが搭載されているDellのノートパソコンでは、ファンクションキー(F1からF12までのキー)を押したときに、音量調整や画面の明るさ変更、キーボードバックライトの切り替えなどが行われるようになっています。 しかし、F5キーを押してページの再読み込みをするなど、通常のファンクションキーに割り当てられている機能を使いたいときには、「Fnキー」を同時に押す必要があり、そのような機能を多用する際には不便なことがあります。 ファンクションキーを押したときの動作は、変更することができるので、その方法について紹介します。 ファンクションキーの動作を変更する方法 パソコンをシャットダウンする まずはじめに、パソコンをシャットダウンします。 スタートメニューを開き、電源マーク、シャットダウンの順にクリックします。 BIOSを起動する つぎに、BIOSを起動します。 パソコンが完全にシャットダウンしたことを確認してから電源ボタンを押し、DELLのロゴが表示された瞬間に「F2」キーを連打します。 少し待つとBIOSが起動し、このように表示されます。 BIOSが起動したら、左側のメニューの中から「POST Behavior」という項目を探し、左側にある「+」をクリックして展開します。 つぎに、「Fn Lock Options」という項目をクリックします。 右側に、ファンクションキーを押したときの動作を変更するための設定項目が表示されます。 設定が完了したら、画面右下の「Exit」ボタンをクリックします。 ボタンをクリックすると、パソコンが再起動されます。 補足事項 では、BIOSからだけでなく、「Windowsモビリティーセンター」から設定を変更する方法も紹介されていましたが、Inspiron 14 7000(7472)のモビリティーセンターには、ファンクションキーに関する設定項目が存在しませんでした。

次の

意外と知らない「ファンクションキー(F1~F12キー)」の使い方。ノートPC派は使わないともったいない!?

ファンクション キー 切り替え

ファンクションキーのロックを「FnLk」で解除 ファンクションキーのロックを解除するには FnLkというキーを押します。 「 FnLkなんてキーはキーボードのどこにもないよ~」と思うかもしれませんが、キーボードの左上の Escに注目してみてください。 すぐ近くに次のようなマークがあると思います。 これが FnLkです。 Fnを押しながら、 Escを押すことで FnLkが機能し、ファンクションキーのロックが解除されます。 その他のWindowsのショートカットキーについて知りたい方は、ぜひ次の記事をご覧ください。 よく使う便利なショートカットキーを一覧にし、pdfファイルとしてまとめ、無料で配布しています。 僕のPCの場合は、 F2に割り振られた機能が「音量を下げる」から「名前を変更する」に変わりました。 余談ですが、この音量の上げ下げやメディアの再生を行うためのキーボードを 「マルチメディアキーボード」と言います。 今回の記事で何度も書いている 「ファンクションキーのロックを解除する」とは、 「マルチメディアキーボードにおけるファンクションキーの挙動を、従来のキーボードにおけるファンクションキーの挙動に戻す」ことを意味します。 ファンクションキーが正常に反応しなくなったと思ったら、まずは FnLkを疑ってみましょう。 ファンクションキーのロックをBIOSから解除 ファンクションキーのロックは、BIOSから切り替えることもできます。 BIOSを起動するには、一旦パソコンの電源を落とし、再度電源を入れます。 DELLのロゴ画面が表示されたらすぐに、 F2を数回押しBIOS画面を表示させます。 DELL製 PCの場合、【Function Key Behavior】を【Function Key】に設定することでファンクションキーのロックが解除されます。 こちらの設定は、お使いのPCのメーカーによって異なるので注意してください。 まとめ 今回の記事で学んだことをまとめておきますね。

次の

Acerのノートパソコンでファンクションキーが使えない問題を解決する方法

ファンクション キー 切り替え

どうも、私です。 皆さんはF1~F12の ファンクションキーをどれくらいの頻度で使っていますか? 私はメチャメチャ使ってます。 特にF1、F2、F3、F5はマインクラフトで鬼のように酷使していますし、全角で打っちゃった英字をF10で半角にするのもちょくちょくやってます。 ところが、初期設定でファンクションキーが音量操作や明るさ調整などのショートカットキーとして配置されていることってありますよね。 ノートPCあるあるだと思うんですけど。 そういう場合、ファンクションキーとして機能させるにはFnキーを押しながらファンクションキーを押す必要があります。 「それがデフォルトだから正しいんだ」って話も分かりますが、いかんせんマイクラやるのに不便で不便で・・・。 今回はそんな不便さを解消すべく、 Fnキーを押しながらファンクションキーを押した時にショートカットキーとして機能させる方法を2つご紹介。 デフォルトの逆パターンになるわけですが、この方がしっくり来る人、多いと思います! 目次• FnLkキーで切り替える 多分一番簡単な方法は、FnLkキーを使うこと。 私のキーボードはEscキーの所に「カギのマークにFnと書かれたアイコン」があり、これがFnLkキー。 PCによってはFnLkと書かれていたり、そもそも存在しなかったりするようです。 Fnキーを押しながらEscキーを押すことでFnLkキーが発動し、晴れてFnキーの役割が切り替わります。 FnLockなので常時Fnキーが押しっぱなしになるイメージ。 見た目的には何の変化も無いしディスプレイに何かが表示されるわけでもないので、とっても分かりにくいですけどね・・・。 ちなみに私は F1キーを押そうと思い、Fnキーを押しながら誤ってEscキーを押したことでこの機能を発見しました。 裏返せば、ひょんなことからFnLkキーを押してしまう可能性があるので、「あれ?Fnキーの役割切り替わった?」と思ったらFnLkキーを疑ってみましょう。 BIOSの設定画面から切り替える BIOSの設定画面から切り替えることもできます。 PC起動した時にF2とかF8とか押して入る画面ですね。 そこで設定を変えるんですけどPCによって文言が大きく異なるようです。 DELLなら Function Key Behaviorを Function Keyにする• HPなら Action Keys Modeを Disabledにする といった具合。 小技も取り扱っていきますよ、このブログは。 役に立つと思っていますから。

次の