ポケモン 剣 盾 ウインディ。 【ポケモン剣盾】「ウインディ」という犬コロがめちゃくちゃ威嚇してくる件について【種族値と育成論】

【ダブル】ウインディの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 ウインディ

この4体に足りない要素として• ダイマックス技を除いてS操作できる技がない• 相手のウインディを倒しにくい• 袋叩きコンボに対しての対応策がない などが挙げられた。 GACTとは GACTとは、アローラダブルで流行った ガブリアス(Garchomp)ウインディ(Arcanine)テッカグヤ(Celesteela)カプ・コケコ(Tapu koko)の頭文字をとってGACTと名付けられ、その相性補完の良さや単体性能の高さから多くのプレイヤーから親しまれていました。 ガラルダブルでは、 トリトドン(Gastrodon)ウインディ(Arcanine)アーマーガア (Corviknight)バンギラス(Tyranitar)の頭文字をとってGACTとし、前回同様、恵まれた種族値と相性補完の良さから注目の構築になっています。 (ちなみに 某S氏が2017年に流行らそうとしたらしい) 個別解説 実数値 H A B C D S 195 x 100 158 96 166 252 36 188 4 28 136 x 105 141 95 168 4 252 252 207 199 131 x 123 84 252 212 4 20 20 191 x 109 124 101 155 204 68 28 4 204 205 108 134 x 140 88 252 4 68 180 4 208 x 132 114 111 60 172 252 12 68 4 ドラパルト こだわりメガネ(特性:クリアボディ) 技:りゅうせいぐん シャドーボール ハイドロポンプ おにび 配分:ひかえめH252D36C188D4S28 ハイドロポンプでウインディを倒せる高速アタッカー ウオッシュロトムとの違いはウインディより速いため、袋叩きのウインディを比較的安全に倒すことができます。 また、ダイマックスすることで相手のドラパルトの攻撃を耐えれるようになるため、素早さよりも耐久に振った育成となっています。 エルフーン きあいのタスキ(特性:いたずらごころ) 技:我武者羅 ムーンフォース なやみのたね おいかぜ 配分:ひかえめH4C252S252 追い風による素早さの操作ができ、またなやみのたねによる様々なギミックを対策できます。 またがむしゃらはうまく決めれば相手のポケモンの体力を大幅に削るため、ピンチをチャンスに変える技となっています。 バンギラス じゃくてんほけん(特性:すなおこし) 技:いわなだれ かみくだく りゅうのまい まもる 配分:いじっぱり H252A212B4D20S20 天候を変えることができ、雨や晴れに強く出れる上に、高い種族値からダイマックスをすれば大抵の攻撃を耐えることができ、返しの攻撃で倒すことが可能となっています。 追い風下でリザードンを抜き去る素早さも持っているので終盤には全抜きできるエース性能も持っています。 ウインディ オボンのみ(特性:いかく) 技:もえつきる バークアウト おにび まもる 配分:おくびょうH204B68C28D4S204 鬼火とバークアウトによりサポート役として抜群の役割ができます。 また鋼耐性やフェアリー耐性も持つため他のポケモンの受け出し先として優秀で、アーマーガア などの鋼タイプに打点を持つこともできます。 アーマーガア フィラのみ(特性:ミラーアーマー) 技:ブレイブバード アイアンヘッド はねやすめ ビルドアップ 配分:しんちょうH252A68B4D180S4 ドリュウズに打点を持たれない上にフェアリーに対して打点を持てるため優秀なポケモンです。 また耐久もある程度あるので読み外して、ウインディのフレアドライブなどを受けてしまっても耐えることができます。 トリトドン たべのこし(特性:よびみず) 技:じこさいせい だいちのちから たくわえる こごえるかぜ 配分:ずぶとい H172B252C12D68S4 現環境で抜群をつけるポケモンが少ないため、たくわえるを使うことにより難攻不落の要塞となれるポケモンです。 また耐性も優秀なため電気技のクッションになったりと便利なポケモンです。 選出 基本選出 先発 後発 ウインディでサポートしつつ、柔軟にポケモンを入れ替えていきましょう。 対ドラパキッス 先発 後発 ウインディでサポートしつつ隙を見てバンギラスを積ませましょう。

次の

【ポケモン剣盾】ウインディの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン 剣 盾 ウインディ

第8世代からは、特性『きもったま』『せいしんりょく』『どんかん』『マイペース』の相手には無効。 『ほのお』タイプの技のダメージや効果を受けず、以後自分の『ほのお』タイプの技の威力が1. 5倍になる。 /『ほのお』タイプの野生のポケモンと出会いやすくなる 第8世代から。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 自分が『ほのお』タイプではない時は失敗する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 第8世代からは、音系の技。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 10 USUM〜BW2 ,ガーディ:Lv. 相手が『ゴースト』タイプの時、『ノーマル』『かくとう』タイプの技が当たるようになる。 [ガーディ:Lv. 31 BW ,ガーディ:Lv. 『フェアリー』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 手持ちのポケモンと入れ替わる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。

次の

【ダブル】ウインディの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 ウインディ

この4体に足りない要素として• ダイマックス技を除いてS操作できる技がない• 相手のウインディを倒しにくい• 袋叩きコンボに対しての対応策がない などが挙げられた。 GACTとは GACTとは、アローラダブルで流行った ガブリアス(Garchomp)ウインディ(Arcanine)テッカグヤ(Celesteela)カプ・コケコ(Tapu koko)の頭文字をとってGACTと名付けられ、その相性補完の良さや単体性能の高さから多くのプレイヤーから親しまれていました。 ガラルダブルでは、 トリトドン(Gastrodon)ウインディ(Arcanine)アーマーガア (Corviknight)バンギラス(Tyranitar)の頭文字をとってGACTとし、前回同様、恵まれた種族値と相性補完の良さから注目の構築になっています。 (ちなみに 某S氏が2017年に流行らそうとしたらしい) 個別解説 実数値 H A B C D S 195 x 100 158 96 166 252 36 188 4 28 136 x 105 141 95 168 4 252 252 207 199 131 x 123 84 252 212 4 20 20 191 x 109 124 101 155 204 68 28 4 204 205 108 134 x 140 88 252 4 68 180 4 208 x 132 114 111 60 172 252 12 68 4 ドラパルト こだわりメガネ(特性:クリアボディ) 技:りゅうせいぐん シャドーボール ハイドロポンプ おにび 配分:ひかえめH252D36C188D4S28 ハイドロポンプでウインディを倒せる高速アタッカー ウオッシュロトムとの違いはウインディより速いため、袋叩きのウインディを比較的安全に倒すことができます。 また、ダイマックスすることで相手のドラパルトの攻撃を耐えれるようになるため、素早さよりも耐久に振った育成となっています。 エルフーン きあいのタスキ(特性:いたずらごころ) 技:我武者羅 ムーンフォース なやみのたね おいかぜ 配分:ひかえめH4C252S252 追い風による素早さの操作ができ、またなやみのたねによる様々なギミックを対策できます。 またがむしゃらはうまく決めれば相手のポケモンの体力を大幅に削るため、ピンチをチャンスに変える技となっています。 バンギラス じゃくてんほけん(特性:すなおこし) 技:いわなだれ かみくだく りゅうのまい まもる 配分:いじっぱり H252A212B4D20S20 天候を変えることができ、雨や晴れに強く出れる上に、高い種族値からダイマックスをすれば大抵の攻撃を耐えることができ、返しの攻撃で倒すことが可能となっています。 追い風下でリザードンを抜き去る素早さも持っているので終盤には全抜きできるエース性能も持っています。 ウインディ オボンのみ(特性:いかく) 技:もえつきる バークアウト おにび まもる 配分:おくびょうH204B68C28D4S204 鬼火とバークアウトによりサポート役として抜群の役割ができます。 また鋼耐性やフェアリー耐性も持つため他のポケモンの受け出し先として優秀で、アーマーガア などの鋼タイプに打点を持つこともできます。 アーマーガア フィラのみ(特性:ミラーアーマー) 技:ブレイブバード アイアンヘッド はねやすめ ビルドアップ 配分:しんちょうH252A68B4D180S4 ドリュウズに打点を持たれない上にフェアリーに対して打点を持てるため優秀なポケモンです。 また耐久もある程度あるので読み外して、ウインディのフレアドライブなどを受けてしまっても耐えることができます。 トリトドン たべのこし(特性:よびみず) 技:じこさいせい だいちのちから たくわえる こごえるかぜ 配分:ずぶとい H172B252C12D68S4 現環境で抜群をつけるポケモンが少ないため、たくわえるを使うことにより難攻不落の要塞となれるポケモンです。 また耐性も優秀なため電気技のクッションになったりと便利なポケモンです。 選出 基本選出 先発 後発 ウインディでサポートしつつ、柔軟にポケモンを入れ替えていきましょう。 対ドラパキッス 先発 後発 ウインディでサポートしつつ隙を見てバンギラスを積ませましょう。

次の