昭和 同人。 院展 公式ホームページ 同人一覧(院展、春の院展)

続・絶対デビュー!昭和同人編、スタートです。

昭和 同人

カテゴリ一覧• 137• 1,991• 700• 3 カテゴリ• 137• 1,991• 700• 3 今月になってもう何回目なんだろう 気にしないフリなんて限界なんだよ黄緑のカーテン、コーヒーカップ、カサにサンダル選んだのはきっと君じゃない そうだろ? 時々探るように何気なく聞いてもそ知らぬ顔をされるのはもうイヤなんだ僕と出会う前に ここでどんな奴と笑っててもそう匂わせるのは なんだか点がいかないそろそろ思うことを言ったって僕らはもう壊れない! …そう言い聞かせても強気な言葉が見つからない 男は過去を探る生物なんだってさそうだな、僕もまた探りつづけてる現在確かに君は僕のそばにいる未来もこのままきっと続くだろうなのにただ一つだけつまらない過去だけがどうにもならないよ もう辛いんだそうだ! 何よりイヤなのは君の思い出になること言ってみれば僕は選ばれた人なんだから今はとにかく出来るだけ君のことを想えばいい僕が輝くならまぶしくてアトは見えなくなる…そう言ってみたものの、また気になりだしてるキミドリ 2020.

次の

純愛同人

昭和 同人

概要 [ ] はの中で窮乏する農村救済を元学友のに訴え、1933年に時事問題懇談会を主催する後藤事務所を創設し、とともに組織の綱領をつくる。 そして、12月27日にこの会を「昭和研究会」と命名して「の範囲内の改革」「既成政党反対」を掲げた。 当初は近衛を囲む政治・経済・社会に関する私的勉強会の色合いが強く組織と呼べるような形態にはなっていなかった。 1936年に入って近衛が候補として浮上してくると、正式な団体としての結成が行われ、11月に設立趣意書が発表された。 その事業要綱には「非常時局を円滑に収拾し、わが国力の充実発展を期するため、外交、国防、経済、社会、教育、行政等の各分野にわたり、刷新の方策を調査研究する」ことを謳った。 常任委員及びこれを補佐する委員の下に部会(最盛期で10あった)が設置され、各部会ごとに専門委員会や研究会が組織されて各界のメンバーが調査研究にあたった。 これは近衛文麿(後に)に答申された他、一般向けの書籍の形でも公開された。 や促進などを会の主張として掲げ、後の近衛による「」・「」に大きな影響を与えることとなるが、同時になどを掲げる政治家・官僚・右翼から「アカ」などの批判・攻撃となって現れるようになる。 また、新体制運動などに対しても会員間で意見の相違(大政翼賛会を「政事結社」とするか「公事結社」とするか)が現れるようになった。 このため、大政翼賛会に発展的に解消するという名目によって11月に解散した。 戦後 [ ] 昭和研究会のメンバーが同会から発展する形で独自に結成した「昭和同人会」や「昭和塾」は研究会解散後も活動を継続したが、ので昭和塾の幹部である尾崎秀実が逮捕されたことによって解散されることになった。 なお、「昭和同人会」は戦後に後藤らによって再建されることとなる。 経緯 [ ] 前身 [ ] 期からや問題に取り組んでいたはの中で窮乏する農村救済を元学友のに訴えていく過程の中でその信任を得ていくことになる。 近衛と後藤は後の激変する内外の情勢に対応する為の政策研究団体の必要性を感じて構想作りに入る。 1932年(昭和7年)6月、後藤は欧米視察に出発、ベルリンでの演説を聞き、モスクワでは廟上のの銅像の数歩近くまで近づくことができた。 またアメリカでは大統領のとに感銘を受ける。 欧米各国歴訪から帰還した5月、のから国内の情勢を聞き、親友近衛をサポートするべく、国策全般についての研究組織を立ち上げる決意を固める。 同年、後藤は新団体の母体となる時事問題懇談会を主催する個人事務所である後藤事務所を青山の邸の隣に創設する。 後藤とが組織の綱領作りにあたった。 近衛文麿を中心にで会合が開かれ、海軍から、陸軍から、社会大衆党から・亀井、などを招いた。 12月27日に発起人会を霞山会館で開いた。 集まったのは、、、、、、、である。 これらの人々の推薦で、、、、、田沢義鋪、田辺加多丸、、を加えることが決まった。 そして、この会を「 昭和研究会」と命名した。 蝋山が「昭和国策要綱」草案をまとめ、この要綱審議と同時にが「経済参謀本部論」、・石橋湛山・が「統制経済について」、が「満州問題」をまとめた。 またアメリカから帰国したからニューディール政策について講話を受けた。 1935年(昭和10年)3月5日に移転を決定、国策研究所の創立について後藤隆之助、蝋山、大蔵、井川、酒井、松井が集まり協議して、「 1 現行憲法の範囲内で国内改革をする、 2 既成政党を排撃する、 3 ファシズムに反対する」の3点を根本方針とした。 次の会合には、上記メンバーにと高橋亀吉が加わり、蝋山とともに高橋が週に2、3回出勤し、政治・経済両部門の柱を持つに至る。 蝋山の紹介で、高橋の紹介での2人が入所。 昭和11年(1936年)には佐々の紹介でが入所した。 発足 [ ] 1936年(昭和11年)の後の11月に昭和研究会設立趣意書が発表された。 その事業要綱には「非常時局を円滑に収拾し、わが国力の充実発展を期するため、外交、国防、経済、社会、教育、行政等の各分野にわたり、刷新の方策を調査研究する」ことを謳った。 このときの常任委員は・・・・・・・・・・・・・で、委員が、、、、、、、、、、らである。 1937年(昭和12年)6月、が成立。 その直後にが起こると、10月に後藤隆之助と酒井は朝鮮、満州、北支の視察に出かけた。 満ソ国境第1線の東寧に部隊長を訪ね、佐々弘雄の紹介でのとのに会う。 では満鉄のとにも会い、北京で同盟通信社のと対支政策の根本問題について意見を交わす。 展開 [ ] その後、、、が常任委員として加わる。 また、、朝日新聞から、、、などが委員として参加し、新たな会員を増やしていくことになる。 次第に専門研究会が増加し、1938年には世界政策研究会、政治動向研究会、政治機構研究会、経済情勢研究会、増税研究会、財政金融研究会、予算編成に関する研究会、貿易研究会、農業団体統制研究会、農業政策研究会、労働問題研究会((国体の衣を着けたる共産主義者))、東亜ブロック経済研究会、支那問題研究会、外交問題研究会、文化研究会、教育問題研究会があった。 また、1934年6月7日から七日会が開催されており、1938年4月には唐沢、、松井春生、、橋本清之助を幹事とする、これと同様の若手グループによる、佐々弘雄と平貞蔵による、全国的な地方組織の結成を目指す壮年団期成同盟、昭和11年末の、、平井羊三、林広告らを指導者とする若者たちのなど、会の発達と並行して関連団体が発足していく。 大政翼賛会へ [ ] や促進などを会の主張として掲げ、後の近衛による「」・「」に大きな影響を与えることとなる。 同時になどを掲げる政治家・官僚・右翼から「アカ」として批判・攻撃されるようになり、経済政策も財界から反対にあう。 また、大政翼賛会を「政事結社」とするか「公事結社」とするかなど、新体制運動などに対しても会員間で意見が対立するようになった。 こういったことから、大政翼賛会に発展的に解消するという名目によって11月に解散した。 大政翼賛会議会局をつくり、そこに解党した各党の議員らを全部押し込めるかたちになったので、議員らの不満がつのり、翼賛会の予算審議で議員らの不満が爆発した。 たとえば、は後藤隆之介が皇軍を批判し、に同調しているとして非難した。 組織 [ ] 政治部門 [ ] 昭和12年3月、政治機構改革研究会が第1回の会合を開き、委員は、唐沢、佐々、松井、、蝋山などであった。 その後、会合を重ねるうちに、亀井貫一郎、、、関口泰、長谷川如是閑、、船田中、前田多門らが委員に加わった。 昭和13年7月に「貴族院改革要項」、8月に「内閣制度改革要項」を発表。 昭和15年(1940年)6月、「政治機構改新大綱」を発表する。 経済部門 [ ] 経済情勢研究会、財政金融研究会、東亜ブロック経済研究会、労働問題研究会、農村問題研究会を設立する。 昭和12年12月、「民間経済中枢機関試案」を発表。 昭和13年2月、「臨時経済調整庁案要綱」を発表。 同年12月「東亜ブロック経済研究覚書」を配布。 昭和14年、「東亜経済ブロックの特質とその世界史的意義」を発表。 昭和15年(1940年)8月にを中心に執筆した「日本経済再編成試案」を公表し、財界に衝撃を与え反対にあう。 世界部門 [ ] 昭和11年6月に支那問題委員会の第1回会合が開かれ、当初の委員は、伊沢道雄、、、、、、、、吉岡文六、大蔵公望、風見章、後藤隆之助、、那須皓である。 酒井らは若手の下部組織による上級委員会の主導を考え、風見章を委員長に、支那問題研究会をつくった。 委員は、尾崎秀実、、、、、、、、、大山岩雄、酒井三郎である。 勃発後の昭和12年10月には、後藤隆之助と酒井が朝鮮、満州、北支を視察する。 同年12月、支那事変収拾第次案を政府に建言する。 文化部門 [ ] 昭和12年、世界政策研究会を設置。 委員は、、、、、後藤文夫、大蔵公望、蝋山政道、佐々弘雄、、、芦田均、伊藤正徳、有田八郎、松井春生、那須皓、後藤隆之助である。 三木清が『中央公論』(昭和12年1月号)に書いた「日本の現実」という支那事変の文化史的意義についての評論に触発され、毎月1回「七日会」という勉強会を開き、三木清の講義を聞いた。 「支那事変の世界史的意義」という講話では、「日本の世界史的使命は、リベラリズム、ファシズムを止揚し、コミュニズムに対抗する根本理念」を把握することであり、これを空間的に言えば「東亜の統一」であり、時間的に言えば「資本主義社会の是正」であった。 こうした三木の思想に感銘を受けた会員たちは文化研究会を設けることを決定し、三木清が委員長になった。 委員は、、、、、、福井康順、船山信一らで、のちに佐々弘雄、笠信太郎、矢部貞治が随時加わり、「新日本の思想原理」、「協同主義の哲学的基礎」を作成・発表した。 また経済再編成研究会の協力を得て「協同主義の経済倫理」をまとめ昭和15年9月に発表した。 参加者 [ ] 常務委員 [ ]• 風戸俊雄• 酒井鼎• 菅沢秀助• 堀江邑一• 溝口勇夫• 山崎和勝• 北田孝幸 後援者 [ ]• 略年表 [ ]• 1933年5月、後藤隆之助が欧米視察から帰国、国策研究会の設立を決意。 1933年10月、青山に後藤隆之助事務所を設立、蝋山政道を中心に研究を開始。 1933年12月、「昭和研究会」の呼称決定。 1934年4月、「」の審議終了。 1934年8月、が発足。 1935年3月、丸の内四号館に移転。 1936年11月、「昭和研究会設立趣意書」を発表。 1936年12月、「教育制度改革案」を発表。 1937年7月、「北支事変対策草案」を作成。 1937年9月、「人事行政刷新要綱案」の発表。 1938年1月、事務所拡大。 専門研究会を増設。 「教育行政機構改革案」決定。 1938年2月、「臨時経済調整庁案要綱」発表。 1938年4月、が発足。 1938年7月、「貴族院改革要項」を発表。 1938年9月、「農業団体統制試案」を発表。 を開設。 1939年1月、「新日本の思想原理」を発表。 1939年6月、「東亜新秩序建設の基調」を作成。 1940年2月、「の大綱」を発表。 1940年6月、「政治機構改新大綱」を発表。 1940年8月、「日本経済再編成試案」を発表。 「新体制要項」を作成。 1940年10月、「農業改革大綱」を発表。 1940年11月、解散。 評価 [ ] 昭和研究会にはに代表される既成勢力が立ちはだかったが、昭和研究会は軍部との妥協や軍部の意向を先取り・先棒を担ぐことにより、影響力を行使を図った。 によれば、マイルズ・フレッチャー(教授)は以下のように評している。 蝋山や笠、三木といった昭和研究会の指導者は、戦前期に起こった出来事の単なる犠牲者ではなかったし、また抵抗者でもなかった。 1930年代半ばには、かれら知識人たちは影響力を行使したいと望んだからこそ、改革戦略を実行するのに好都合な選択として国家に向かったのである。 (中略)かれら知識人たちは、経済の国家統制を強化し、アジアの盟主になるという日本人の使命感を肯定した。 振り返ってみると、昭和戦前期は暗い時代だったが、かれらにとっては輝かしい新しい社会という希望を与えてくれる時代だったのである。 — 『知識人とファシズム-近衛新体制と昭和研究会』 参考文献 [ ]• 『昭和研究会 ある知識人集団の軌跡』(、1979年。 、1985年。 、1992年)• マイルス・フレッチャー『知識人とファシズム と昭和研究会』(ほか訳、、2011年)• Tomohide Ito: Militarismus des Zivilen in Japan 1937—1940: Diskurse und ihre Auswirkungen auf politische Entscheidungsprozesse, Reihe zur Geschichte Asiens; Bd. 本書は、国策研究会と比較しながら昭和研究会の思考様式、政治行動を分析している。 また、国策研究会との関係を社会ネットワーク分析を用いながら定量的に捉えている。 分析対象としている政治行動は、電力国家管理法の成立過程(1937-38年)、国民健康保険法の成立過程(1937-38年)、大政翼賛会設立のための準備過程(1940年)における昭研のそれである。 関連項目 [ ]• :近衛のブレインとなった人々がかつて属した集団。 脚注 [ ].

次の

院展 公式ホームページ 同人一覧(院展、春の院展)

昭和 同人

歴史 [ ] 戦前 [ ]• (30年)に社員柳原極堂がで創刊。 雑誌名は正岡の俳号「子規」にちなんだもので、創刊時はひらがなで『ほとゝぎす』。 子規、、、らが選者であった。 (明治31年)10月 場所をに移して虚子が継承する。 (明治34年)10月 雑誌名を『ホトヽギス』とする。 (明治35年) 子規没。 (明治37年)10月 選者となる。 (明治38年)1月 漱石『吾輩は猫である』連載開始、大好評を博す。 10月 『団栗』掲載。 このころより虚子小説に傾倒、碧梧桐新傾向色を強める。 (明治39年)1月 『』。 4月 漱石『坊っちゃん』。 5月 『千鳥』。 8月より碧梧桐第一回全国行脚。 9月 『海のほとり』。 (明治40年)1月 漱石『』。 2月 『縁』。 11月 『佐渡が島』。 このころ、が挿絵を描いている。 (明治41年)10月 漱石『文鳥』(ただし他誌からの転載)、選者となる。 (明治42年)から、らの批評が連載される。 4月より碧梧桐第二回全国行脚。 7月をもって雑詠欄廃止。 (明治43年)4、6月 『社会の柱』。 9月号発禁処分。 (明治44年)4月 『狐火』、『御殿女中』。 10月 雑誌名を『ホトトギス』とする。 碧梧桐編集より離れる。 (明治45年)7月 虚子選雑詠欄復活。 挿絵を描くようになる。 (2年)3月 『南国』、虚子俳壇復帰。 5月 『椿の花』。 6月 『菎蒻本』。 7月 『臆病者』。 8月 虚子がに編集の一切を任せることを表明。 10月 『護持院原の敵討』。 11月 『悪魔の弟子』。 (大正3年)4月 『青草』。 、課題選者となる。 (大正4年)1月 、が雑詠欄巻頭を飾る。 7月 『藪陰』。 、課題選者となる。 (大正5年)4月以降東洋城ホトトギスより離脱。 漱石没。 (大正6年)1月 の句掲載。 ホトトギス社を退社。 (大正8年)8月 の句掲載。 9月 神陵俳句会(翌年より京大三高俳句会)結成。 (大正9年)2月 嶋田青峰ホトトギス社を退社、編集から退く。 (大正10年)4月 の句掲載。 (大正11年)4月 、ら結成(帝大俳句会の再興)。 (大正12年)1月 発行所をへ移転。 8月 水原秋桜子『海辺にて』。 (大正13年)1月 『山の手から』。 8月 『風懐を養うこと』。 (大正14年)10月 、ら九大俳句会結成。 (大正15年)1月 山口誓子『我が小さき芸術観』。 ら雑詠句評会に参加。 (2年)、表紙、裏表紙を描くようになる。 (昭和3年)7月 東大俳句会機関誌を「馬酔木」と改題、水原秋桜子が主宰。 (昭和4年)3月 が雑詠欄巻頭を飾る。 (昭和5年)6月 により姉妹誌『玉藻』創刊。 7月 『生き物三つ』• (昭和6年)4月 星野立子『どんぐりの芽』• (昭和8年)12月- 川端茅舎『花鳥巡礼』。 (昭和10年)表紙を描くようになる。 (昭和11年)1月 ら『余生病院』。 10月 日野草城、吉岡禅寺洞、杉田久女をホトトギス同人より除名。 フランスを中心に海外詩人による俳句が掲載されるようになる。 (昭和12年)碧梧桐没。 4月より外国俳句座談会連載、虚子の句のフランス語訳の試み。 、表紙、裏表紙を描くようになる。 (昭和13年)3月 『最も痛烈に感じた』。 4月 『現代徒然草』。 裏表紙を描くようになる。 (昭和14年)6月 『蓄音機』。 『砲車』ベストセラーに。 表紙を描くようになる。 -(昭和15-18年)。 (昭和18年)6月 が雑詠欄巻頭を飾る。 (昭和20年)6-9月 休刊。 戦後 [ ]• (昭和21年)12月 通巻600号。 が雑詠巻頭欄を飾る。 (昭和22年)9月 ホトトギス社が代表の合資会社となる。 (昭和24年)、史上最年少で同人に推挙される。 (昭和54年)10月 が主宰となる。 (25年)8月 通巻1400号。 2013年(平成25年)10月 が主宰となる。 現況 [ ] 現在のホトトギス社主宰は高浜虚子の曽孫である稲畑廣太郎が務めている。 1979年から2013年まで主宰を務めた稲畑汀子はその母で高浜虚子の孫。 ホトトギス社はホトトギス誌以外に書籍も編集・発行しているが、発売元はホトトギス社のものと他の版元のものがある。 例えばは、虚子編「新歳時記」やホトトギス編「ホトトギス新歳時記」をが発売している。 虚子編「新歳時記」は基本的に高濱虚子が編集したものだが、ホトトギス編「ホトトギス新歳時記」は、全国の俳人からホトトギス誌に寄せられた句を元に編集したもの。 ホトトギス社は長年、に入居していたが、丸ビルの建て替えのため、に移った。 脚注 [ ].

次の