ソフトバンク 機種 変更 必要 な もの。 ソフトバンク 機種変更に必要な書類(法人)|お役立ちガイド|法人携帯ドットコム

Softbankでの機種変更に必要なもの―保険証でOK?印鑑は?

ソフトバンク 機種 変更 必要 な もの

ソフトバンクで電話番号変更は可能? まず 電話番号の変更可否についてですが、 ソフトバンクでは電話番号を変更するための手続きが可能です。 使用している Eメールアドレスなどはそのまま使用することができますが、番号変更の案内などのサービスは用意されていませんので注意が必要です。 また他にも変更手続きの際、 事前に準備しておくべきことや 気を付けておくべき点などもあるので、手続きをスムーズに終わらすためにも順番に確認しておきましょう。 ソフトバンクで電話番号変更の際に必要なもの では ソフトバンクで電話番号変更を行う際に必要なものについて解説していきます。 きちんと把握した上で、実際に手続きを行う直前にも念のため確認しておきましょう。 受付場所 まず 電話番号変更の手続きを受け付けている場所についてですが、原則 「ソフトバンクショップ」での店頭受付のみとなっています。 というのも、携帯電話に挿入されている 「SIMカード」でが手続き上どうしても必要だからです。 実は電話番号の情報というのは 全てこの「SIMカード」に記録されているんです。 そのため、 カード内の情報を書き換える、もしくは カードごと交換しない限りは電話番号を変更することができないんです。 持ち物 続いて 電話番号変更時に必要な持ち物について解説しておきます。 分かりやすく一覧でまとめるとこんな感じです。 事務手数料: 3,000円 支払い方法については、 翌月の携帯電話料金に合算されて請求されますので当日に支払う必要はありません。 電話番号は指定できない 電話番号変更の手続きに際して、どうしても 考慮しておかなければいけないことがあります。 それが、 変更後の電話番号についてです。 ソフトバンクでは、 変更先の電話番号を指定することができません。 そのため、あまり好みではない数字になってしまう可能性もありますので注意が必要です。 まとめ 今回は、 ソフトバンクで電話番号を変更する方法や注意点などについて色々と情報をまとめてみました。 もし 電話番号を変更する予定のある方は、ご紹介した内容をきちんと確認した上で店舗に向かうようにしてくださいね。

次の

ソフトバンクで名義変更するのに必要なものとかかる費用・手続きの流れ

ソフトバンク 機種 変更 必要 な もの

機種変更の手続きには何が必要? 本人確認書類 まずは 本人を証明する書類が必要です。 ただ、証明書類といってもいろんな種類があり、 中には補助書類が別に必要なものもあるので注意が必要です。 免許証• マイナンバーカード• 日本国発行のパスポート 〇補助書類が別に必要!• 健康保険証 ~補助書類の一例~• 住民票• 電気・ガス・水道などの公共料金領収証 現在使用中の携帯・スマホ 現在使っているSIMカードを次の機種でそのまま使う場合があるため基本的には持参しましょう。 ただ、SIMカードの新規発行も可能なので、忘れたり紛失していて持っていけない場合はなくても問題はありません。 下取りなどのサービスを利用する場合には必ず持参しましょう。 委任状(契約名義人が自分ではない場合) お持ちの携帯電話の契約名義が本人ではない場合には委任状(+契約者の本人確認書類のコピー)が必要です。 特に、お子さんにケータイを持たせてらっしゃる方で、契約名義をそのお子さん自身にしている場合なども必ず委任状が必要となりますのでご注意ください。 委任状については必要事項さえ満たしていれば手書きでも問題ありませんが、に印刷用のテンプレートが用意されているので、基本的にはそちらを利用してください。 その他注意すべきことは? 印鑑について 機種変更を含め、各種手続きの際に印鑑がなくてもいいのか心配に思う方も多いかと思います。 公式サイトにも印鑑を持参するよう記載があるのですが、 印鑑の代わりに本人の署名でも確認が可能ですので基本的にはなくても問題ありません。 古い機種のデータについて 今まで使用していた端末内のデータ(電話帳や写真など)については、原則ショップスタッフは取り扱ってはいけないことになっています。 (たまに丁寧に教えてくれるスタッフさんもいらっしゃいますが・・・) もし下取りサービスの利用などで、古い機種を回収されてしまう場合は事前にアプリなどを使用してしっかりと自己責任でバックアップを取っておくことをお勧めします。 まとめ 今回はSoftbankでの機種変更の際に必要なものについてよくある疑問点なども交えてまとめてみました。 ざっとおさらいすると• 本人確認書類は必ず持っていく!• 古い機種はなくても問題なし!• 印鑑は自筆のサインで代用可能!• データ移行は自分でしましょう! ということで契約内容にもよりますが、「本人確認書類」さえ持っていればほとんどの場合大丈夫だということがわかりました! 印鑑なんかも実はいらなかったんですね。 ワクワクするけどちょっとめんどくさい機種変更手続きに、思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

次の

【流れも解説!ソフトバンクオンラインショップ機種変更のやり方】手順も詳しく解説!

ソフトバンク 機種 変更 必要 な もの

パターン別の名義変更の方法 ソフトバンクの携帯やスマートフォン、タブレットにWi-Fiルーターなど、ソフトバンクと契約しているものの名義を変更するには「ソフトバンクショップ」で手続きを行います。 店舗だけでなく、インターネット上で各種手続きが行える「My SoftBank」や電話窓口もありますが、家電量販店などでは行えないので注意しましょう。 ソフトバンクショップでの手続きには、現在の契約名義の人、新しい契約名義になる人、それぞれ提出する書類が必要になります。 事前にしっかり確認しておきましょう。 家族や他人に譲渡する場合 子どもに自分のスマホを譲りたい、親にガラケーを譲渡したいなどという他人に譲渡したい場合は、譲渡される新しい契約者が申請時に同席しなければ、名義変更手続きを行うことはできません。 譲渡する側の契約者の同席は必須ではありませんが、本人確認書類と委任状は必要です。 また新しい契約者となる人の書類では、新しい引き落とし先の通帳やキャッシュカード、クレジットカードが必要で、確認書類の一例として運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等が必要です。 なお、家族割引の権利を引き継ぐ場合の手数料は無料となりますが、引き継がない場合の手数料は3,000円かかり、手数料は変更後の契約者から請求されます。 以下の書類を持って、ソフトバンクショップで申請してください。 名義変更にかかる費用 ここまで名義変更について、手続き方法や必要書類について解説してきました。 次は名義変更で知っておきたいこととして「手数料」や「利用料」について解説していきます。 譲渡の手数料は3,000円 譲渡手続きを行うと手数料が3,000円発生します。 この手数料は後日、譲渡された人へ、初回請求に合算して請求されます。 この 譲渡手数料は家族であっても発生します。 例外として「家族割引に加入中の電話番号を家族名義に変更する」場合は発生しません。 もし家族割引に未加入の場合は、先に家族割引に加入を行い、その後で家族割引内での譲渡を行うようにするといいでしょう。 譲渡した場合の月額料金は日割り計算される 譲渡した場合、月額料金の請求先は「譲渡された側」になりますが、月途中での譲渡については「日割計算」を行い、譲渡元・譲渡先のそれぞれに請求がいきます。 日割り計算は下記のように請求されるようになっています。 ・譲渡を行った日までの分・・・譲渡元 ・譲渡の翌日から先の分・・・譲渡先 ただし、契約プランによっては日割り計算が行えないものもあります。 その場合は満額が譲渡先の新しい契約者の支払いとなります。 日割り計算が可能なプランについては、ソフトバンク公式サイトのFAQにまとまっていますので、気になる場合は一度チェックしてみるといいでしょう。 また「請求の締め日」の譲渡は日割り計算されず、譲渡の翌日 翌請求月 分から譲渡先へ料金の請求が行われます。 料金プランが引き継げない場合がある 譲渡を行った際、それまで利用中だった料金プランが引き継げない場合があります。 譲渡時点でソフトバンクとして「受付を終了している料金プラン・割引サービス」に加入していた場合がこれに該当し、その場合は現在申し込み可能な料金プラン・割引サービスへ変更を行わなければなりません。 譲渡理由は様々だと思いますが、例えば「利用者本人が手続きできるように」と譲渡を行い、請求先は自分のままにしたい場合など、譲渡が理由で月額料金が変わってしまう場合もありますので注意が必要です。 ソフトバンクで名義変更する際の注意点 ここからは、名義変更をする際の注意点についてご説明します。 あらかじめ注意点を知っておくことで、名義変更をスムーズに進めることができるでしょう。 ウェブ上では名義変更できない ソフトバンクには、「My SoftBank」という契約情報の確認だけでなくオンラインで契約内容の変更が行えるサービスがありますが、ウェブ上で名義変更の手続きをすることはできません。 名義変更の手続きを行うには、ソフトバンクショップに来店する必要があります。 なぜなら、本人確認書類の確認や、口座番号やクレジットカードの設定などの手続きが必要になるからです。 店舗なので待ち時間がかかる 名義変更時にはソフトバンクショップに行く必要がありますが、ショップでの対応には、待ち時間がかかります。 平日なら比較的すいていますが、土日や祝日は、混むことが予想されます。 とくに、新しい機種が発売されたばかりの時には混みやすく、順番待ちをしてもその日中に手続きが終わらないこともあります。 そこで、ソフトバンクショップに行く際には、予約をしておくことをおすすめします。 ショップに直接電話して予約しても良いですし、というウェブサービスを使っても良いでしょう。 かんたん来店予約の方法は以下の二つあります。 名義変更をすると違約金は発生するの? 名義変更をしても違約金は発生しません。 違約金とは、例えば2年縛りのスマホのプランを契約したのに、2年未満で契約解除した場合などに発生するもの。 名義変更の場合は解約したわけではないので、違約金は発生しません。 名義変更した場合の利用料金の請求はどうなるの? 名義変更した月のスマホなどの利用料金は、日割り計算されて、変更前と変更後の契約者にそれぞれ請求されます。 その月の名義変更した日までの利用料金を変更前の契約者に、変更した日以降の利用料金は変更後の契約者に、それぞれ請求されるのです。 また、名義変更した際に発生する利用料金は、変更後の契約者から請求されます。 名義変更後に料金プランは引き継がれるの? 料金プランなど、契約者の個人情報を除いたすべての情報が引き継がれます。 したがって、変更前の契約者が指定した料金プランが、そのまま変更後の契約者にも適用されることになりますので、前の契約者の料金プランやオプションを変えたい場合は、別途変更手続きを行ってください。 未成年者への名義変更はできるの? 未成年者に名義変更はできますが、契約者を未成年者にする場合は親権者同意書が必要です。 親権者同意書は、からダウンロードできます。 親権者同意書とは、契約者となる未成年者の親権を持つ人が同意したことを示す書類ですので、親権者に記入してもらう必要があります。 もし、未成年者本人が勝手に記入して提出した場合など、親権者が以外の人が記入していると、手続きを受け付けることができません。

次の