医療秘書 資格 講座。 医療秘書と医療事務の違い

費用|医療秘書資格講座|通信教育講座・資格のキャリカレ

医療秘書 資格 講座

病院に勤める勤務医(ドクター)の実労働時間は平均61. 3時間であり、休みなしで換算した場合、 1日あたり8. 75時間も働いていることになります。 医師の労働時間は社会的にも深刻な問題であり、その負担軽減が現在の医療現場で課題となっています。 医師が少しでも医療に向き合える時間をサポートするために、現在少しずつニーズが高まっている人気の職業が 医療秘書です。 ここでは、医療現場で医師や看護婦を全面的にバックアップする新しい働き方として関心を引き付けている医療秘書について、 業務内容や 給料・ 資格取得するメリットなどを詳しくご紹介します。 さらに、全6種類の資格を徹底比較して、あなたにピッタリの通信・通学講座をご紹介します。 ちょっと本気になってきたわね。 その調子よ! 資格取得のメリット 本当に需要はあるの? 医師不足が深刻化している現在。 少しでも勤務医の軽減を負担させることが重要な課題となっている日本では、 医療秘書の需要・ニーズが高まっています。 厚生労働省が正式に発表しているでは、医療秘書と係わった医師のほとんどが労働時間が減り「業務が楽になった」「医療に専念できる」と回答しています。 医療事務の求人を検索すれば、 医療秘書を求めている医療機関が増えていることが一目瞭然です。 しかし、医療秘書の資格は取得しにくいのが現状 医療秘書の資格を取得するメインルートとなるのが、専門学校や大学・短期大学の教育課程で学んだ後に試験を受けるというものが一般的です。 ほとんどの医療秘書の資格は、養成機関を約2年間経てから試験を受けられるのです。 しかしこれでは、主婦や働くママには資格取得自体が難しいのです。 そこでここでは、王道の資格から、 取得しやすい資格、難易度の易しい資格まで幅広く医療秘書の資格をご紹介します。 一生涯役に立つ資格を取得して、安定した仕事を求めてみませんか? 医療秘書の主な6つの資格 医療秘書として最もメジャーな6つの資格をご紹介します。 資格名称が非常に似ているため、混乱を招きますが異なる資格です。 ご注意ください。 それぞれの特徴を比較して、あなたのライフスタイルや難易度に合う資格を選んでくださいね。 医療秘書技能検定試験 試験データ 正式名称 医療秘書技能検定試験 受講者数 1級:39人 準1級:826人 2級:2,529人 3級:3,881人 合格率 1級:25. 2級医療秘書実務能力認定試験 試験データ 正式名称 2級医療秘書実務能力認定試験 受講者数 1,096名 合格率 73. 3% 受験料 一般受験:7,500円 団体受験:7,000円 難易度 易しい 取得目標期間 6ヶ月 受験形態 会場受験 受験資格 誰でも受験できる 試験時間 90分(学科30分・実技60分) 実施期間 年3回(3月・6月・11月) 申込期間 試験月の約2ヶ月前 主催団体 問合せ先 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル4F 通信教育 ピックアップポイント!• 最も取得しやすく、難易度も易しい資格• 唯一、 通信教育で学べる医療秘書の資格! 年間約2,000人が受講している人気の資格です。 未経験者や入門者がトライするには、理想の資格です。 最大の特徴としては、養成機関(学校)を経ずに試験を受講でき、 通信教育を通じて専門知識やスキルを学べることです。 子育てママやワンオペママは、自宅でリラックスしながら学べる通信教育で学びたいと考えている方が多くいらっしゃいます。 それを実現するにであれば、この資格でしか叶えることができません。 学習スタイル比較 資格名称 学習方法 学習時間 通学 2年程度 通信 6ヶ月程度 通学 1年程度 通学 2年程度 通学 1年程度 通学(学生のみ) 2年程度 通常、短大や専門学校の指定機関を経てから試験を受けることが一般的な医療秘書の資格です。 しかし、2級医療秘書実務能力認定試験であれば、在宅で勉強が可能となります。 最低でも1年以上の勉強時間が必要なのね。

次の

秘書検定資格取得講座|通信教育講座なら生涯学習のユーキャン

医療秘書 資格 講座

医療秘書とは 医療秘書とは、病院などの医療機関に勤務し、医学や医療の知識、事務管理の知識や技能などを備えた秘書のことをいいます。 また、病院の取引先やマスコミの人たちとも仕事をする機会があります。 医療秘書と医療事務の違い どちらも医療機関で仕事をする職業ですが、医療事務は病院の受付や会計、カルテ整理などを行います。 患者と接する仕事が多いため接客業としての面もあります。 医療事務の仕事に就くにあたって、診療報酬請求事務能力検定(レセプト)の資格を取得することが多いのが特徴です。 それに対し医療秘書の仕事は、主に医療スタッフのサポートなど裏方の仕事をしているため、患者と接する機会が少なくなります。 また、医療秘書は医療秘書検定の資格取得を目指す人が多いのが特徴です。 資格や学歴は必要? パソコンや電話対応、来客対応の際のマナー、コミュニュケーション能力は医療秘書として働く上で重要といえます。 しかし、特定の学歴は必要ありません。 医療秘書は医療行為に関わることがないため、学歴や資格がなくても働くことが可能なのです。 資格を必要としない中でも、医療秘書として働くために必要なスキルを身につけるには医療秘書科や医療事務・医療秘書コースなどがある民間の専門学校へ通うという方法があります。 最長2年の履修期間があり、提携している病院で実習を行うことができます。 病院での実習は仕事のイメージがつきやすく、医療秘書として即戦力になるように学ぶことができるのです。 学校に通うことで求人情報も多く、就職先を探しやすくなることもメリットといえるでしょう。 医療秘書の就職に有利な資格 医療秘書になるために資格は必要ありませんが、取得していることで就職に有利になる場合もあります。 また、面接の時に大きなアピールポイントにもつながるでしょう。 診療報酬請求事務能力認定試験 診療報酬明細書(レセプト)の作成能力があることを示すことができ、難易度の高い資格です。 医療事務にとってレセプトの作成は最も重要な業務の一つです。 受験資格に制限はなく、誰でも受験することが可能です。 試験は 「医科」「歯科」の2種類に分かれており、受験者がどちらかを選択します。 学科試験と実技試験があり、学科試験はマークシート方式になります。 実技試験は診療録から手書き方式でレセプトを作成するものになります。 試験会場へは、携帯やパソコンなどの電子通信機器の持ち込みは禁止されていますが、診療報酬点数表などの 資料は持ち込み自由です。 試験時間は合わせて3時間と決められています。 年に2回全国各地で実施されています。 診療報酬請求事務能力認定試験は、主に医療事務として働く人が取得を目指すことの多い資格です。 医療秘書が診療報酬請求事務能力認定試験に合格していることで、仕事の幅が広がり必要とされる現場が増えるでしょう。 参考:• 医療秘書技能検定の勉強方法と合格率 医療秘書技能検定とは、医療秘書教育全国協議会が医療秘書として必要な専門知識や技能があることを認定している資格です。 医療関係の事務職を目指す人におすすめの試験で、年に2回検定が行われています。 受験資格は特に設定されておらず誰でも挑戦できることから、学生から主婦まで幅広い世代が受験しています。 3級・2級・準1級・1級と分かれおり、難易度は1級が一番高いです。 受験料も級により異なります。 試験内容は医療関連の法規に関する知識、医療事務、病気、人体に関する知識などの問題が多いようです。 合格率は 3級・2級が50%以上、 準1級が31%、 1級25%となっています。 また、検定の合格発表は試験から1ヶ月半後に合格通知が発送されます。 資格の取得方法とは 独学で勉強をする場合は、「医療秘書検定テキスト」や「医療秘書検定問題集」などの本を読むことで学べます。 また、以下のような方法で学ぶことも可能です。 参考:• 専門学校で学ぶ 資格取得のために専門学校に通いながら資格取得のために学ぶ方法もあります。• 通信教育で学ぶ 他の職業に就いている人や、子育て中の人のために通信教育でも学ぶことができます。 専門知識を効率よく学び、資格取得をすることができるため人気講座の一つです。 医療秘書は転職や再就職に人気! 医療系の事務職は、正社員だけではなくパートや派遣社員などさまざまな働き方ができます。 そのため、ライフスタイルに合わせやすく人気の職業です。 結婚や妊娠、育児や介護など生活スタイルに変化の多い女性にとって、働き方が選べることは魅力的と言えるでしょう。 また、医学の知識や病院内のことに詳しくなければ仕事をすることが難しいです。 一般的な事務職に比べると、専門性の高い医療秘書は経験を積むことで、再就職がしやすくなるでしょう。 医療秘書の仕事内容が気になる! 秘書のように裏でスタッフを支える業務 一般企業のような秘書業務に加え、カルテの管理や患者への対応、診療報酬請求明細書(レセプト)作成などの医療機関特有の業務などを行います。 また、医師の補佐、医療関連事務、患者、医師、看護師、臨床検査技師、医療ソーシャルワーカーなど、医療関係のスタッフ間の橋渡しなども医療秘書の仕事なのです。 医療秘書は医療スタッフが医療行為に集中できる環境作りを行うことが求められます。 院長や看護部長など医療機関の中で責任ある立場の人を個人的にサポートするのが「 個人医療秘書」です。 また、医局全体をサポートするのが「 医局秘書」です。 学会への同行や資料作成の手伝い 医療の現場で働く医師たちは、学会で最新の研究発表を報告します。 1年の中で頻繁に学会や勉強会が行われており、その機会を大切にしている医師たちは多いです。 そのため、学会に提出する資料の準備などを手伝うこともあります。 研究データの入力や論文検索などを行うことで、質の高い論文へと繋がります。 そのため、優秀な医療秘書を求める医療機関もあるようです。 また、学会や勉強会の際は同行し、宿やタクシーの手配なども行います。 手術や予約管理 医師の手術や予約の管理も医療秘書が行います。 医学や医療の現場に接することで、知識を吸収しスムーズに進行できるよう調整しなければいけません。 医療秘書のやりがい 医療スタッフは忙しく、なかなか休むことができない病院も多くあります。 その中での医療秘書は重要であり、医師や看護師のサポートに必要不可欠な存在です。 医療秘書が来客の対応やスケジュール管理など行うことで、医師や看護師が診察に集中することができるのです。 補佐的業務が多く、周囲から指示されることが増えます。 そのため的確な指示だけではなく、振り回されてしまうことも多々あります。 また、医療秘書は一人での仕事が多く、悩みなどを共有する相手がいないこともあるでしょう。 しかし、医療スタッフが医療の現場に集中しスムーズに仕事ができるような環境作りができたときや、スタッフからの感謝の言葉や労いの言葉をかけられた時は、大きなやりがいを感じられるのではないでしょうか。 医療秘書の給料はどのくらいなの? 経営が安定している総合病院で正社員として働く場合、 月収15~25万円程度で 年に2回のボーナスがあるのが一般的です。 住宅手当や保養所を使うことができたり、提携施設での優待サービスなど、福利厚生が充実している病院もあります。 学会準備や研修などで残業や休日出勤が多くなった場合、年収300万円以上稼ぐ医療秘書もいるようです。 非正規雇用の派遣社員や契約社員の場合、月収は15万円弱のところが多いようです。 アルバイトやパートの平均的な時給は800~1,000円程度です。 医療秘書の求人状況が知りたい! 医療秘書の求人は総合病院が一般的ですが、病院以外にも薬局や製薬会社、健康保険組合などがあります。 また、求人には医療秘書の職業名だけではなく、病棟クラーク、メディカルコンシェルジュ、メディカルアシスタント、アシスタント、院長補佐などという名前で募集している場合もあります。 求人内容をよく見て確認することをおすすめします。 また、アルバイトやパートなどの募集も多く、ライフスタイルに合わせて働くことができるのも医療秘書の特徴です。 医療系専門の人材派遣会社もあるので登録しておくのもいいでしょう。 残業や休日はどうなってる? 基本的に医療機関に合わせた働き方になります。 医療秘書は医療機関に複数人在籍していることが少ないため、代わりがいないときは休日出勤する場合もあります。 医療秘書はサポート役であるため、医師の研究発表や学会の手伝いをすることも多くあります。 そのため、通常業務の後に作業することが多く、残業する事が増えてしまうでしょう。 雇用形態により契約条件も異なりますので、面接の時などに確認することをおすすめします。 子育てしながらでも働ける? 医療系の事務職は女性が多く活躍している職場です。 その理由として、結婚や子育てなど自分のライフプランに合わせて働き方が選べる所が挙げられます。 派遣社員やパート、アルバイトなどの採用が多く、家事や育児をしながらでも働ける環境が整っているからです。 医療秘書とは医療機関で働く人々を支える縁の下の力持ち まだ歴史も浅く、認知度も高い職業とはいえない医療秘書ですが、医療現場での人材不足に大きな影響を与える仕事であると期待されています。 医療系の事務作業全般やさまざまなサポートをすることで、医師や看護師などは医療行為に集中して仕事をこなすことができます。 優秀な医療秘書が活躍することで、医療スタッフの過重労働を減らすことにつながるのです。 また、活躍の場も病院だけではなく製薬会社や医療機器メーカー、調剤薬局などさまざまあります。 秘書としてのスキルだけではなく、医学の専門知識の両方を活かせる仕事として今後もさらに活躍していく仕事になるでしょう。 医療秘書の仕事とは、医療スタッフが円滑に仕事をするために試行錯誤し、関わる人々の一歩二歩先を読んで行動することが大切になります。 決して目立つ仕事ではありませんが、医療現場にはいなくてはならない存在なのです。

次の

医療秘書の資格と通信講座を全6種類から徹底比較!

医療秘書 資格 講座

医療 と の仕事内容の違い と間違われやすい職業に「医療事務」という職業がありますが、医療秘書と医療事務の仕事には、どのような違いがあるのでしょうか? 医療現場で働く医療事務は、診察費の会計やカルテ整理など、患者への対応がメインです。 医療秘書の場合は、一緒に働くスタッフへのサポートをメインとしていますので、この点が医療事務と異なる点になります。 医療事務担当者が働く場所は、主に病院やクリニックの受付窓口や医事課になります。 窓口での医療事務は、まず来院した患者さんの保険証を確認してカルテを作成するために、患者さんの基本情報を登録したり、各診療科への案内をしたりする、患者さんと接する業務が主になります。 事務業務の主な仕事内容は、診療報酬の点数を計算し、明細書(レセプト)作成や診察費の受け取りなどです。 レセプトは専門知識が必要な専門事務と言え、これら医療事務の仕事により、 や が患者さんに円滑に治療を行えます。 一方、医療秘書は医療事務が行っている各種事務・保険請求業務よりも秘書業務や情報管理業務などを重点的に担っています。 医療秘書と医療事務のなる方法・資格の違い 医療秘書・医療事務として働くために必要となる資格は共にありません。 卒業しなければならない学校なども特にありませんので、実際に、医療秘書の経験や資格を問わずに、求人募集を出している病院やクリニックも多いようです。 しかし、どちらにも取得必須ではありませんが、専門知識を身につけられる資格がそれぞれいくつかあります。 どちらも国家資格ではなく民間資格であり、どちらかというと就職時には資格よりも経験が重視される傾向にあるようです。 実際に持っていたからといって就職時に大きく有利になったり、待遇面で優遇されたりといったことは少ないようですが、意欲やスキルや知識のレベルを客観的に示すにはあってじゃまになることはありません。 講習などを受けたり、試験を受験したりなどして認定資格や修了書を取得し、それらをいかして就職する方法もあります。 医療秘書と医療事務の資格・必要なスキルの違い 取得必須ではありませんが、医療秘書の専門知識を身につけられる資格もいくつかあります。 医療秘書の場合は、日本医師会が認定する「日本医師会認定医療秘書」、医療秘書教育全国協議会が認定する「医療秘書技能検定」が有名です。 合格すると、就職活動の際、医療機関側が医療秘書としての習得レベルを判断する1つの目安として役立ちます 一方、医療事務に関連する資格としては、技能認定振興協会が実施する「医療事務管理士技能試験」、公益財団法人日本医療保険事務協会が実施する「診療報酬請求事務能力認定試験」、全国医療福祉教育協会が認定する「医療事務認定実務者試験」などがあります。 この中で「診療報酬請求事務能力認定試験(公益財団法人日本医療保険事務協会」は厚生労働省が唯一認定した資格です。 医療秘書と医療事務の学校・学費の違い 医療秘書・医療事務の試験には基本的に受験のための年齢制限や特別な資格は必要ありません。 目指す資格が決定したら、独学で勉強を進めることが多いようです。 とはいえ、市販のテキストなどを買って勉強するのが難しいと感じる場合は、通信教育などの講座を受講することも検討してよいかもしれません。 専門学校に通って学ぶ 専門学校に通って学習する場合は、充実したカリキュラムで効率的に学ぶことができ、集中して勉強を進められます。 モチベーションも保ちやすく、しっかりと学習ペースを築くことが可能ですので、どうしても独学では勉強する習慣がつかないという人にはおすすめです。 ただし通学には費用も時間もかかり、講義の時間などに拘束があるため、時間的にも金銭的にも色々と制約が出てくる可能性があります。 学費はおおむね10万円前後といったところが多いようです。 医療秘書と医療事務の給料・待遇の違い これらふたつの職業では、業種間での待遇や給与の大きな差はあまりないと考えられます。 大きく待遇や給与に影響してくるのは、勤務先によることが多いのではないでしょうか。 例えば、医療秘書の仕事の月収は、フルタイムでおよそ15万円から25万円で、年収はおよそ200万円から300万円ほどとなりますが、医療事務に関してもほぼ同等とみなして間違いありません。 また、大手の民間病院で働く場合、年2回のボーナスが出ることもあり、年収は300万円以上となるケースもありますが、これらは地域によってもかなりばらつきがあります。 また、医療秘書や医療事務としてアルバイトやパートで働く場合は時給1000円ほどとなり、月収は15万円以下が多くなる傾向にあります。 医療秘書と医療事務はどっちがおすすめ? 「医療秘書」は、病院やクリニックで医療サービスの提供を裏から支える職種です。 医師や看護師などの医療従事者が円滑に業務をこなすために、さまざまなところからサポートをします。 医師や看護師の補佐やスケジュール管理、情報収集や他の診療科への情報共有から学術支援業務まで、秘書業務だけでなくあらゆる業務に携わります。 一方、「医療事務」は患者さんが入院や通院時に適切な診察や治療を受けるための役割を担っています。 受付窓口での患者さんの応対をはじめ、診療報酬請求に関わる事務手続きや入院時の病室手配などの事務・保険請求業務を主に行います。 診療報酬請求に関わる医療事務は専門事務職といってよく、高度な専門知識や常のアップデートなどが求められます。 事務があまり好きではない人には楽しいと思いにくい職種かもしれません。 より秘書的業務や幅広いサポートが好きな人は医療秘書を、専門事務職として数字を扱うことが得意な人は医療事務を志望するのがひとつの目安になります。

次の