オイル ランプ 自作。 UCOのキャンドルランタンを自作オイルランタンにDIY 燃料代節約&愛着度もUP (1/2)

簡易オイルランプの作り方。五分でつくれる明かり。ーロウソクのない時にー

オイル ランプ 自作

100均の材料で作るキャンドルランタンの使い道の3つ目は、部屋に飾るインテリアです。 手作りキャンドルランタンの良いところのひとつは、あなたの部屋の雰囲気に合わせて、あなた好みにアレンジできるところですよね。 こちらの記事もキャンドルランタンの作り方を参考に、あなたらしさをプラスしてください。 ただし、室内で使用する際にはろうそくでは火事などが心配ですので、アロマキャンドルの形をしたLEDライトがおすすめです。 キャンドル型のLEDライトも100均で購入できます。 アンティーク風のおしゃれなデザインのキャンドルタンタンがほぼ100均の材料で作れます。 こちらのタイプは瓶を使用したで空気が入らないデザインですので、ろうそくではなくLEDライトを入れて使用してください。 このキャンドルランタンは火を使わないデザインなので、空気の入れ方などを考えることなくデザイン重視で作れます。 初心者の方におすすめの作り方ですのでぜひ作ってみてください。 キャンドルランタン風インテリアの詳しい作り方は、以下の手順と動画を参考にしてください。 キャンドルランタン風インテリアの材料• キャニスターバーレルまたは密閉瓶(ライト部分)• ココット皿小(トップ部分)• ココット皿大(土台部分)• シェルボウルまたは深めの皿(カサの部分)• ワイヤー• 引き出し用のつまみ• スプレー塗料• LEDライト キャンドルランタン風インテリアの作り方• シェルボウルのサイドに穴を開けて、ワイヤーが通せるようにします。 瓶以外のパーツにスプレー塗料で色を塗ります。 アクリルスプレーで仕上げると色落ちしにくいのでおすすめです。 パーツをボンドで接着します。 トップ部分のココット小には新聞を丸めたものなど詰めておくと接着しやすくなります。 ワイヤーを使用して持ち手を作ります。 全てのパーツを接着して乾燥させ、中にLEDライトを入れたら出来上がり! 100均の材料キャンドルランタンの作り方の2つ目は、コカコーラキャンドルランタンです。 コカコーラの瓶を使用して作ったおしゃれなデザインのキャンドルランタンなります。 コカコーラの瓶以外の材料はほぼ100均で揃えることができます。 コカコーラの瓶はランタンのカバー部分に使用します。 こちらのキャンドルランタンの作り方で一番難しいのは、瓶をカットするところです。 ガラスをカットする為には普通の糸鋸ではなくダイヤモンドコーティングの糸鋸を使用します。 カット面はダイヤモンドやすりで整え、怪我をしないように仕上げましょう。 キャンドルを置く土台部分は木材を使用します。 ろうそくの煤が回らないように、トップ部分にはアルミシートでフードを作ります。 アルミホイルなどで代用し、汚れたら簡単に交換できるようにアレンジしてもいいでしょう。 コカコーラキャンドルランタンの詳しい作り方は、以下のリンクをご覧ください。 材料はすべてダイソーで購入できます。 材料費があまりかからないと気軽にチャレンジできるので嬉しいですね! ダイソーで購入できるワイヤーネット用のカゴを本体に使用しています。 動画の作り方では円柱タイプですが、四角デザインのものも販売されているのでお好みで選んでください。 ポイントは、塗料スプレーでカラーリングして色を揃えることです。 キャンドルランタンのトップ部分には、吊り下げられるようにスマホリングを使用しています。 こちらもカラーリングして仕上げましょう。 ダイソーの材料で作るキャンドルランタンの詳しい作り方は、以下の動画を参考にしてください。 100均の材料で作る上級者向け自作キャンドルランタンの作り方の2つ目は、UVレジンで作るキャンドルランタンです。 写真の100均で購入できるエアープランツホルダーを使用して作ります。 小さめで上からろうそくを入れるのは難しいので、ワイヤーをカットして入れ口を作りましょう。 枠1つ分にマスキングテープを裏から貼って、UVレジンを流し込み硬化します。 ろうそくの入れ口以外、すべての隙間にレジン加工しましょう。 内側にもレジンを塗って折り紙などで装飾を施します。 ラメなどを入れ込んでもキレイですのでお試しください。 UVレジンで作るキャンドルランタンの詳しい作り方は、以下の動画をご覧ください。 UVレジンも100均で購入できます。 UVレジンの詳しい使い方を知りたいという方は、以下の記事も併せてご覧ください。 100均の材料で作る上級者向け自作キャンドルランタンの作り方の3つ目は、おしゃれデザインキャンドルランタンです。 100均の材料を使用して作るアイデアをご紹介します。 こちらでご紹介するデザインのキャンドルランタンはデザイン重視ですのでろうそくは使用できません。 LEDライトを中に入れて灯りを楽しんでください。 引き出し用のつまみを使用するアイデアはもちろん、灰皿や瓶の王冠、ゼリーの型、スパースボックス、バケツなどを使用した、おしゃれなデザインがたくさんあります。 100均に行って材料をチョイスしながらアレコレ考えるのも楽しそうですね! こちらのアイデアを参考にして、あなたのお部屋にピッタリのおしゃれなキャンドルランタン作りにチャレンジしてみてください。 おしゃれデザインキャンドルランタンの詳細は、以下の動画をご覧ください。 100均の材料で作る上級者向け自作キャンドルランタンの作り方の4つ目は、レトロなデザインのキャンドルランタンです。 こちらは、わざと使い古したような仕上がりにしてレトロな感じを出したおしゃれなキャンドルランタンです。 100均で購入できるアンティーク風のパーツを多く活用しましょう。 レトロデザインに仕上げるコツはカラーリングにあります。 スプレータイプの塗料ではなく、あえて刷毛で塗るタイプの塗料をチョイスしましょう。 黒の塗料で塗った後ゴールドを重ねて塗ると金古美風に仕上がります。 また好みの色で塗った後にサンドペーパーで軽くこすることで使い古した感じを出せます。 もう一度塗料を塗って、塗りなおした感を出してもレトロな雰囲気になるのでぜひお試しください。 レトロなデザインのキャンドルランタンの詳しい作り方は、以下の動画を参考にしてください。

次の

オイルランタン自作編!野に灯りを灯そう!

オイル ランプ 自作

長い間お休みをいただきました、ブログを再開します。 お休みの間、一時ページが表示されていないこともありご心配をおかけしました。 長い間の読者となって下さっている方に、自然消滅かとがっかりさせては申し訳ないと気になっていました。 友人や家族、親戚、旧友や恩師のいる今の日本の状況を胸に、痛みととともに祈りながら、これからもメッセージを送り続けてゆきたいとおもいます。 どうぞよろしくお願いします。 photo: オイルランプ。 奥の素焼きは古代ギリシャのオイルランプの、レプリカです。 クレタ島時代に購入して、いまでも愛用しています。 日本へ帰国して、一週間ほど前にまたフランスに戻りました。 日本を発ったのは三月八日のことで、こちらの家についたのは九日でした。 地震の二日前のことでした。 つい数日前まで日本に居たのに、変わり果てた様子をインターネットのTVライブ放送などで見て、言葉になりません。 今日のブログの再開は、ただただ、ささやかながら、以下のことを停電で不自由しているすべての人へ届けば、とおもいたちました。 ろうそくは消費が早く、危険で、入手も困難です。 中東やギリシャで使われるオイルランプの方法で、商品として芯があるのですが、簡単にすぐに手作りできないかと考えました。 ティッシュをこよりにして芯にする方法は私の案ではなく、私が小さい時に母につれていってもらった、災害時の炊き出し用のオイルコンロの作り方の講習を受けた時にならったことを、ふと昨夜思い出しました。 試してみたらとてもうまくゆきました。 そして油と水。 大抵は二枚重ねのティシュー。 これを一枚にします。 指をすこししめらせ、こよりにします。 かたくしっかり、よります。 長い芯ができます。 半分くらいをつかいました。 太い芯は大きな火になります、消費する油は多くなります。 (火の大きさは、芯の出具合でも調整できます。 ) コルクを切ります。 芯を短くきります。 コルクの真ん中にはさみの先など尖ったもので穴をあけます(芯がスムーズに通り、滑り落ちない大きさに)。 コルクが焦げないようにアルミ箔でつつみます。 穴のあいたところにも、すこしアルミ箔が入り込むようにします。 芯をコルクに通します。 芯をコルクの上にたくさん出せば大きな火に、短ければ小さな火になります。 二つ作って、一つをとても小さな火にして種火にしておくとマッチやライターが不要になります。 グラスに水をいれ、あとから油を注ぎます。 きれいに二層にわかれます。 油の上につくったものを浮かべて、ティッシューに油がしみ込むまで数秒待ち、火をつけます。 (水をいれることで油がなくなって消えるときも安全になり、水のところを持てばあつくないので持ち運べ、また光が反射する体積が増えあかるくなります。 中東やギリシャでは油のみで燃やすので、水をいれる方法はデンマークの友人のバイオダイナミック農場にステイしたときに教わりました。 ) 特にオリーブオイルは明るい光で、すすも出ず、においもありません。 明るく、炎の揺れのない安定した祈りの光です。 私も日常で食するオイルはオリーブオイルですが、大きな瓶の中で、空気にふれてすこし酸化してしまった油をこうして使いきります。 災害時は、どんな使いさしの油でも、よごれた油でも見つかれば、あかりになります。 サラダ油でも十分です。 東電によればこれから定期的な停電が始まるとのこと。 気になることは、寒さも当然ながら、病院ではどうなってしまうのか、透析の人は、お産の人は、治療中の人は、、、信号も、電車もとまってしまうの??と、気掛かりです。 電気の供給に、命がかかっている人がいるはず。 電線の配線が、病院等には別のルートなるものが、考えられるべきだったのではと皆が感じているのではないでしょうか。。 一方で、原子力発電所のニュースから、目が離せません。 ここで毎分ニュースを確かめ嘆くより、祈っていようと努めています。 皆の祈りが形を、どうか、とっていってくれますように。 被害が最小限に食い止められますように。 オリーブの光を灯し、皆の無事を祈っています。 ここで今いわれていること。 チェルノブイリの事故は当時の杜撰さとロシアという国だからと、各国へ反省を促さなかったが、いまは、技術も知識も管理もずっとしっかりしているあの日本でおこっている。 日本であり得ることは、どの国でも起こりうると、現在の原子力発電事情について世界が深く反省する時となっているといわれています。 いま、ドイツなどを筆頭に各国がもし次々と、古い原発の稼動を停止する宣言をし、安全で平和な未来のために大きな決断をし公表しはじめたら、物事の風向きが、かわる。 そんな気がする私です。 まりさん、ご無事でしたか ! よかった。。 そうなんですいろいろあって、急の帰国で。 今回は、ほとんどの皆さんお会いできなかったのですよー、でもまた時々帰るとおもいます! まだまだ安心できず、本当に心配だけでも心も体も参ってしまいますね、眠れない夜を過ごされて無理もないとおもいます。。 まりさんは、意識も実践もすでに皆のお手本のようなライフスタイル。 もっともっと日々の暮らしや何気ない考え、つぶやきをたくさんの人に紹介していただきたいとおもっている貴重なお一人です。 物事の風向きが変わるとき。。 世界と同じようにフランスでも、誇り高い日本人の精神を世界にみせつけられていると、本当に多くの人が、感動した、心を打たれた、素晴らしいレッスンをありがとう、私たちは目覚めなければ、と、メッセージをいただいています。 そのメッセージ達も、後日アップしますね。 ゆっくり眠れますように。。 元気に愉しく会える日を、楽しみに想い描いています。 ファナゆうこ• 最初は、MAPコーニングを調べていて行き着きました。 私は絵本作家で、ゆうこ様の暮らしぶりの中の出来事やお写真の美しさに、とても刺激を受けていました。 コメントさせていただきたいと思いながら、もうその時には新しいブログを書かれていない時だったのですが、2017年にクイックしたところ、ブログが見れなくなっていたのには、本当にショックを受け、残念な思いをして、たまに検索していました。 ところが、今年、数日前に検索しましたら、 このブログが復活!。 心から嬉しく思います。 本当にありがとうございます。 現在私は、図書館の館長もしており、このオイルランプの作り方を、図書館の展示でシェアさせていただきたいと思いますが、よろしいですか?(非表示のコメント欄があると助かります) どうぞ、よろしくお願いします。 もし、またブログを更新して書いていただけたら、本当に嬉しく思います。 *感謝*• アリール• 1 recent comment• 簡易オイルランプの作り方。 五分でつくれる明かり。 簡易オイルランプの作り方。 五分でつくれる明かり。 簡易オイルランプの作り方。 五分でつくれる明かり。 いろいろな道の選び方。 職業仕事、進路。

次の

UCOのキャンドルランタンを自作オイルランタンにDIY 燃料代節約&愛着度もUP (1/2)

オイル ランプ 自作

(1)専用のキャンドルを使うよりも燃料費が安く抑えられる (2)せっかくの雰囲気あるランタンを溶けたキャンドルで汚さずに済む しかし筆者が思うに、以上のような理由がありつつも、この改造を施している多くの方たちは、「DIYでお気に入りのグッズにさらに愛着が湧くから」という理由も多分にあるのではないかと想像しています。 何より筆者自身がそうですしね!それでは具体的なDIYの手順をご説明いたしましょう! オイルランタンの自作は簡単! 栄養ドリンクの空き瓶を活用した作り方を紹介 ポイントはランプの芯 案外世の中この改造を施している人は多く、ネットで検索しますと様々な方法が開示されています。 その中でも筆者は栄養ドリンクの瓶を使う方法を採ることにしました。 これが最も身近で材料が手に入りやすく、加工も安易なのではないか?と思ってのことです。 栄養ドリンクは今回、「チオビタゴールド」の30mlのものを使いましたが、瓶の大きさはある程度規格化されていると思いますので、同じような大きさであれば銘柄は何でも構わないかと思います。 ただしこのボルトは、通常のホームセンターなどではあまり見かけないうえ、結構高価です(1本¥300~¥500)ので、今回の「身近で安価に手に入る材料で制作」という点から少々外れてしまいます。 【オイルランタン自作の方法】(2)市販のボルトに穴あけ加工する 次に(2)ですが、この場合はもうちょっとハードルが上がります。 自身が金属加工の技術や設備を持っているか、そういう友人に制作してもらえる環境にあるかどちらかが条件になってくるからです。 万力とドリルがあっても、ネジに真っ直ぐに穴を開けるのはそれなりの技術が必要です。 今回は、金属加工の仕事をしている友人が好意で作ってくれましたが、あまり現実的ではありませんね。 さて、このアンカーボルトを使う方法は、上記の中空ボルトを使うよりももう一つメリットがあります。 中空ボルトを使う場合は、ボルトの頭が固定されているため、蓋の上への突出し量が決まってしまいます。 もしも突出しが多い場合は、切断するか、蓋の裏側(ボルトの頭側)にナットを追加して調整してやるしかありません。 ナットはそれなりに厚みがありますので、一つ追加する毎に突出する量が大きく変わってしまい「微調整」とはとてもいきません。 そこへいきますと、アンカーボルトはボルトの頭が固定されていませんので、任意の位置に回してやればかなり細かく調整が可能になります。 この辺は文章では伝わりにくいと思いますので下の略図をご参照ください。

次の