インスタ ストーリー リポスト やり方。 インスタグラムの「リポスト」って?今さら聞けないやり方教えます

インスタでリツイートするやり方2018年版(リポスト・リグラム)

インスタ ストーリー リポスト やり方

簡単に言うと、他者又は自分の投稿を自分のフィードに再投稿するすることです。 例えば、綺麗な花の写真を見つけたから自分のフォロワーにも教えたいときにリポストします。 写真や動画、キャプションを引用して投稿するので、ツイッターのリツイートやフェイスブックのシェアのイメージです。 リポストをすると、自身の投稿と同様に、プロフィールページの投稿に反映されます。 なお、リポストはリグラムとも呼ばれ、リポストとリグラムは同じ機能です。 むやみやたらに、他人の投稿をリポストしたいと考える人はいないですから。 では、どんな時にリポストしたいと考えられるでしょう? 1 良い写真や投稿を見つけたとき 自身の投稿一覧に良い写真や有益な情報を投稿したいと考えますよね。 その一つとして、リポスト投稿を行うことができます。 2 まとめサイト的に使う 例えば、美味しそうな料理の写真投稿を集めてまとめサイト的なインスタアカウントを作成することができます。 美味しそう、豪華そうな料理投稿を集めれば、食べスタグラムのようなアカウントが簡単に出来上がりますね。 また、ビジネスのインスタ集客で使うなら、そのジャンルの投稿をまとめることも一つの手です。 これにより、インスタグラムからLINE公式アカウントに集客したり、ご自身の店舗やサービスに集客したりすることができます。 3 効率的にアカウントを育てる 自身のインスタアカウントを育てる際に、自分で投稿するのが基本ですが、自身で良い投稿をし続けるのは大変と考える人もいるでしょう。 そんな時に、例えば、半分は自身の写真や動画、キャプションをアップし、半分は他の人の投稿をリポストしてアカウントの投稿を増やしていくということができます。 リポストは、基本的には写真も動画もキャプション 説明文 もハッシュタグも考える必要がないため、時間短縮してアカウントを育てることができ、投稿しているので、フォロワー増加にもつながります。 そのため、何の考えもなく行うことはお勧めできません。 特に、インスタグラムで集客したい場合は、リポストする目的を決めて、その目的に向けてリポストするようにします。 しかし、インスタグラムアプリの機能としては、他の人の投稿を自身の投稿欄にシェアするリポスト機能は存在しません。 そのため、次の2つの方法からリポストします。 1 リポストアプリを使う 専用のリポストアプリを使ってリポストする方法です。 このやり方が、よく使われているリポストやリグラムのやり方です。 リポストアプリは色々ありますが、2019年11月現在も使えるリポストアプリを例に、リポストの方法をお伝えします。 ここでは、iphoneアプリの「Repost for Instagram Instasave」を使います。 AppStoreで 「Repost for Instagram Instasave」をインストール こちらからインストール 2. 「Repost for Instagram Instasave」を立ち上げる 3. 「instagramを開く」をタップ 4. リポストしたい投稿を選択して、右上の「・・・」をタップ 5. 「リンクをコピー」をタップ 6. 左上の「Repost」をタップしてリポストアプリに戻る 7. 下の赤枠のリポストボタンをタップ 8. リポストする写真を選択して「次へ」をタップ 10. 「次へ」をタップ 11. キャプションがコピーされているので「ペースト」して文章を貼り付け、「OK」をタップ 12. 投稿するアカウントを選択して「シェア」をタップして投稿する 13. リポスト投稿したアカウントに投稿されていることを確認して完了 以上がリポストアプリを使ったリポスト方法になります。 なお、誰かの投稿をリポストする場合、「リポストすると足跡が付く?」「リポストしたことが相手に通知される?バレる?」という質問をいただきますが、足跡はつかないし、通知もされないので安心してください。 2 ストーリーからリポストする こちらは本来の使い方ではありませんが、リポストと近い結果になるので、ストーリーを使ったリポストのやり方をお伝えします。 リポストしたい投稿を選択して、下の紙飛行機マークをタップ 2. 「ストーリーズに投稿を追加」をタップ 3. 「ストーリーズ」をタップ 4. 「もっと見る」をタップ 5. 「投稿としてシェア」をタップ 6. 投稿画面が開くので「次へ」をタップ 7. 「タグ付けする」をタップ 8. 写真の左下部をタップして引用元のアカウントをタグ付けして「完了」をタップ 9. キャプション欄にリポストである旨と引用元アカウントを記載して、 投稿内容を入力して「OK」をタップ 10. リポスト投稿するアカウントをオンにして「シェア」をタップ 11. 自身のプロフィールページにリポスト投稿されているか確認して完了 ストーリーズを使うリポストは、インスタグラムアプリでは元投稿のキャプション 説明文 をコピーできないという欠点があります。 その点、リポストアプリよりも少し手間がかかると言えます。 そのため、それまで使えた機能が使えなくなったり、新しい機能が追加されたりと目まぐるしく変化します。 その流れの一環で、上のリポストのやり方 1 の多くのリポストアプリが使えなくなっています。 流れから見ると、インスタグラムのアカウントにログインするアプリが使えなくなった傾向があります。 アカウントにログインさせて、本来の目的と違う不正な利用をするアプリが存在することも事実なので、その対応策としてインスタにログインが必要なアプリを排除したのかもしれません。 ちなみに、上の例に挙げた 1 のリポストアプリを使う方法は現在も使えます。 また、 2 のストーリーからリポストする方法も使えますが、これもいずれインスタグラム運営側が、投稿のシェア機能やストーリーズのシェア機能を削除すれば使えなくなる可能性があります。 複数枚の場合は2枚目以降の写真や動画は反映されないので、1枚目だけで内容がわかるものを選択してリポストするようにしましょう。 ですが、無断で引用をしているとも言えるので、リポスト投稿する際はマナーとして次のことを行うようにお勧めします。 1 リポスト元の写真や動画、キャプション文面を変更しないこと 2 リポストと分かるようにすること 3 キャプション欄に「 Repost」又は「Repost」のようにリポストであるとわかる表示と「 リポスト元のユーザーネーム」を記載して、引用元の投稿に飛べるようにしておくこと あとは、リポストアプリを利用した場合は、写真にリポスト元が表示されるので、より良いでしょう。 明確な目的をもって行うことと、マナーを守って活用するようにしましょう。

次の

インスタグラムでリポスト(Repost)する方法【instagram】

インスタ ストーリー リポスト やり方

Instagramに投稿されているほかのユーザーの写真を、自社のInstagramアカウントでシェアしたいと思ったことはありませんか? Instagramで投稿をシェアすることを「リポスト」または「リグラム」と呼びますが、じつはInstagram自体にはリポストする機能はありません。 そこで使われているのがリポスト専用アプリ。 この専用アプリを使えば簡単にリポストができるようになっています。 人気の企業アカウントも使っているリポストをマスターして、より魅力的なアカウントを目指しましょう。 リポスト(リグラム)とは• リポスト(リグラム)する方法• リポスト(リグラム)に使うならどのアプリがいい?• リポスト(リグラム)するときのマナー・注意点• まとめ 1. リポスト(リグラム)とは TwitterのリツイートやFacebookのシェアと同じように、Instagramでほかの人の投稿を自分のアカウントでシェアすることを「リポスト」といいます。 Instagramのアプリにはリポストの機能はついていませんが、専用アプリを使えば簡単にリポストすることができます。 画像内にリポストマークが付いていることがほとんど — 2017 8月 22 7:40午前 PDT 2. リポスト(リグラム)する方法 リポスト(リグラム)には専用のアプリが必要 リポストするには、まず専用アプリをダウンロードします。 「Repost for Instagram」などが代表的ですが、Apple storeやGoogle Playで「Instagram repost」と検索すると色々なアプリが出てきますので、その中から好きなものを選んでダウンロードします。 「Repost for Instagram」のダウンロードURL iOS: Android: アプリを使ってリポスト(リグラム)する手順 手順1: 「Repost for Instagram」をインストールして、Instagramのアプリを開く 手順2:リポストしたい投稿の右上の「…」をクリックし、「リンクをコピー」を選ぶ 手順 3 :「Repost for Instagram」のアプリを開いて、先ほどコピーした投稿を選んで次へ進む 手順 4 :写真内に表示されるリポストのラベルの位置と色を選ぶ 手順 5 :「Repost」をクリックする 手順 6 :「Copy to Instagram」をクリックする 手順 7 :Instagramのアプリに戻るので、通常の投稿と同じようにフィルター加工や編集を行う 手順 8 :キャプションを書いて、投稿する 元の投稿の文章をコピーしたい場合は、キャプションの所で長押しし、「ペースト」を押すと貼り付けできます。 リポスト(リグラム)した投稿の表示のされ方 実際にシェアしたものは、以下のように写真内にリポストマークが表示された状態で投稿されます。 キャプションもコピーした場合は、投稿元の文章がそのまま使われています。 リポストに絶対のルールはありませんが、マナー的には元のキャプションも残したほうがいいでしょう。 リポスト(リグラム)に使うならどのアプリがいい? リポスト専用アプリはさまざまなものがあります。 基本的には今回ご紹介した「Repost for Instagram」のように、Instagramでシェアしたいと思った投稿のURLをコピーしてから専用アプリで開く方法と、以下「Repost」のように専用アプリ内で自分のInstagramのフィードやいいね!した投稿を見ることができ、そこからリポストする方法があります。 後者の場合、InstagramでURLをコピーする手間が省くことができます。 もしリポストマークを写真内に表示したくない場合は、アプリによって無料でできるものと課金が必要な場合がありますので注意しましょう。 たとえば、今回ご紹介した「Repost for Instagram」は、リポストマークを外すにはPRO版への変更が必要となり、600円かかります。 一方「Repost」では無料でリポストマークを外すことができます。 ただし、写真からリポストマークを外す場合は、ユーザー間のトラブルを防ぐために、必ずキャプションにリポストであることを明記してください。 キャプションに何も書かず、画像のリポストマークを外してしまったら、ただのパクリ投稿です。 Instagramを楽しく使うためにも、最低限のルールは守りましょう。 リポスト(リグラム)するときのマナー・注意点 リポストの明記や、ユーザーへの感謝を忘れずに リポストする前に コメントなどで投稿者に許可をとりましょう。 特に顔が写っているものや個人情報に関わるものは注意してください。 まず キャプションやハッシュタグなどでリポストであることを明記しましょう。 アプリを使った時にデフォルトでつくハッシュタグなどは、そのまま使うのが基本です。 また画像内のリポストマークは、 画像の世界観を損ねない程度に見やすく表示しましょう。 次に、リポストしたい投稿についているキャプションも、基本的にはリポストに掲載しましょう。 最後に、 リポスト元のユーザーに対して感謝しましょう。 リポスト投稿では 「当ブランドの新作バッグを素敵なコーデに合わせていただきました!」など、感謝やリスペクトの気持ちをキャプションに織り交ぜて投稿すると丁寧です。 まとめ Instagramには、おしゃれでクオリティの高いコンテンツが日々投稿されています。 企業アカウントを開設してみたものの、魅力的なコンテンツを継続して発信していくのが大変という方は、まずは、自社の商品やサービスにちなんだ投稿をハッシュタグで検索して、リポストするところから始めてみてはいかがでしょうか。 企業アカウントのコンテンツをより魅力的に充実させることができるのはもちろん、自社のお客様と繋がるきっかけにもなります。 まさに、リポストは企業アカウントにとって一石二鳥のスペシャル技!ぜひ活用してみてください。

次の

インスタグラムでリポスト(シェア)する一番簡単なやり方!

インスタ ストーリー リポスト やり方

インスタグラムを利用していて気になる投稿を見つけたら、その投稿を他の人に見せて情報を共有したくなることがあるかと思います。 ツイッターではリツイート、フェイスブックではシェアをすることによって情報を拡散することができますが、インスタグラムではこのことを「リポスト」や「リグラム」といいます。 実はインスタグラムでリポストする場合には、スマホアプリが必要です。 この記事ではインスタグラムのリポストとはなにか、リポストアプリにはどんなものがあるか、リポストする手順を分かりやすく解説します。 ワンクリックでできる形ではないものの、リポストアプリを使わずにInstagramの投稿をシェアできる方法を紹介していますので、併せてご覧ください。 たとえばiPhoneの場合はAPP Storeでリポスト用のアプリを探しましょう。 APPストアで「リポスト」と検索すると、リポスト用のアプリを簡単に探すことが可能です。 リポスト用のアプリは基本的には無料なので、手軽に活用することが可能です。 インスタグラムのリポスト用アプリをご紹介 インスタグラムのリポスト用アプリで、手軽に使えて人気のあるものを紹介します。 いずれも基本無料で利用可能ですので、自由にダウンロードして使いやすさを試してみましょう。 操作方法がシンプルで簡単な上、自身のアカウントの分析もできる機能も搭載されています。 こちらのアプリもTwitterとも連携ができるので、Twitterで見つけたお気に入りの画像をInstagramでシェアすることができます。 無料版だと広告表示が多いのが難点ですが、手軽に活用できるアプリとして人気です。 インスタグラムのリポストの手順 インスタグラムのリポストの方法を、今回は上記で紹介した「PhotoAround」というアプリで実践いたします。 リポストする手順は以下の4ステップ。 リポストしたいお気に入りの画像を表示する• リポストマークをタップ• リポストタグの位置と色を決める• リポスト完了 直観的に操作できるので非常に簡単です。 順を追って説明していきましょう。 まずはアプリを立ち上げ、自身のもっているInstagramアカウントでログインしましょう。 そうすると、Instagramと同じようにタイムライン表示や検索をすることができます。 リポストしたいお気に入りの画像を表示させたら、画像の下に2つの矢印が回転している「リポストマーク」がありますので、それをタップします。 ちなみに、複数画像の投稿はリポストできません(リポストマークが表示されません)。 1枚の画像で投稿されているものを選びましょう。 リポストマークをタップすると以下の画面になります。 ここでは、リポストシールの位置指定、リポストシールの色変更、テキスト挿入ができます。 基本的にはデフォルトのままで問題ありません。 一通り完了したら、「キャプションをコピーしてRepost Instagram」ボタンをタップしましょう(テストとしてテキストを入力しています)。 編集した写真がカメラロールに保存されます。 その後に、Instagramのアプリを立ち上げるかの確認がされますので、「開く」を押しましょう。 ストーリーズに投稿するかフィード(タイムライン)に投稿するか選べるので、投稿したい場所を選びましょう。 この後はInstagram公式アプリで投稿する通常操作と同じとなります。 このように、簡単な操作でリポストすることができますので、気になる投稿を自由にリポストすることが可能です。 リポストする際のマナーと注意点 自分のInstagram投稿ではなく他のユーザーの投稿を再投稿するのがリポストです。 他の人画像を使わせて貰う訳ですので当然ながら注意点や守るべきマナーがあります。 リポストをする際の注意点をあらためてまとめておきましょう。 リポストさせていただいたお礼を述べる リポスト元のユーザーへ感謝の気持ちを伝えましょう。 コメント欄やダイレクトメッセージでお礼を述べると感謝の気持ちが伝わりやすくなります。 リポスト投稿であることを明記する 自分の投稿かリポストした他人の投稿なのかは明確に表示しましょう。 アプリを使う場合は画像にリポストシールが表示されますが、ハッシュタグ「 repost」をつけたり、リポストさせていただいた旨をキャプション(コメント)欄に記載するなどで表現しておくとより丁寧です。 リポスト元を明記する リポスト投稿であることを明記するのとあわせてリポスト元のアカウントもはっきりわかるよう明記しましょう。 リポストシールに表記されていますが(本記事の場合は「 instagram」)、キャプション(コメント)欄で「 +ユーザー名」を入力すると、他人のアカウントへのメンションリンクを貼ることができます。 著作権侵害に気を付ける(編集などはしない) Instagramでリポスト投稿した内容の著作権はリポスト元のユーザーにあります。 色変更やフィルタリング、文字の入力、トリミングなどの編集は行わず元の投稿の内容そのままにリポストしましょう。 まとめ インスタグラムの他人の投稿をフォロワーに閲覧させたい場合には、リポストという方法があります。 リポストをするにはリポスト用のアプリが必要ですが、無料でインストールすることが可能です。 いずれも使い方は簡単なので、いくつか試してみて使いやすいアプリを利用しましょう。 リポストの方法は、リポスト用アプリからインスタグラムにログインすると、あとはアプリの指示に従って順番に勧めていくだけなので、初心者でも迷うことなくリポストできるでしょう。 さっそくいくつかのアプリで実践されることをおすすめします。 現在、ワンクリックでシェアできる形ではないものの、リポストアプリなしでInstagramの投稿をシェアできるようになっています。 の記事にて紹介していますので、併せてご覧ください。 今話題のインスタグラムを活用してマーケティングをしよう!とは言ったものの、 思うようにフォロワーが伸びなかったり、売上につながらないという悩みを抱える企業は非常に多いのが現状です。 何から始めて良いのか分からないとお困りの企業担当者は、 「インスタグラム・マーケティング」の専門家にしっかりと相談しましょう。 インスタラボを運営するFind Model(ソーシャルワイヤー 株 )は、 ・ ナショナルクライアント様を中心とした 事例・実績は1500件以上 ・ インスタグラムに特化した 国内最大級メディア「インスタラボ」運営の豊富なナレッジ ・ 企業SNSマーケティングの戦略コンサルティングから公式アカウントの運用代行やSNS広告運用までワンストップサポート 豊富な事例やナレッジをベースに、貴社のマーケティング課題を解決します。 ぜひこの機会に インスタグラムを活用したマーケティングの実施を検討していきましょう。

次の