毛糸 洗い。 アクロン (洗剤)

可愛いアクリルたわしの編み方・無料編み図10選!北欧や花のデザインも

毛糸 洗い

アクリルが再注目されている理由• 洗剤を使わず綺麗にすることができるためエコである• 洗濯して繰り返し使用することができる• 様々なデザインがあり編み物を楽しめる• 材料が手に入りやすい• 初心者でも簡単に編むことが出来る アクリルたわしが再注目されている一番の理由は、洗剤を使わずに綺麗に掃除が出来ることです。 洗剤を使わないため手に負担がかかりにくく、手荒れを防ぐことができます。 またアクリルたわしは食器や鍋だけでなく、シンクや浴槽、更には窓拭きなど様々な場所の汚れを簡単に落としてくれます。 最近では100円ショップでもアクリル100%の毛糸が販売されていたり、手芸用品店ではアクリルたわし専用の毛糸も販売されています。 またアクリルたわしの編み方だけを掲載した本が発売されたり、テレビ番組や雑誌で特集が組まれるほど人気となっています。 アクリルたわしを編むのに必要なもの アクリルたわしの編み方1つ目は、円編みのアクリルたわしです。 増し目をしながら円を編んでいくだけなので初心者の方にもおすすめの編み方です。 1色で編んでも可愛いですが、途中で色を変えてみてもオリジナリティが出て可愛いですね。 また写真のように顔を縫うことで様々なキャラクターを表現することもできますよ。 円編みのアクリルたわしの編み方• 11段目:鎖編み4目を編んで引き抜き編みをし、糸端を絞って輪のつくり目にする。 22段目:鎖編み1目につき細編みを2目編みいれ増やし目をする。 5とじ針で閉じ、糸をハサミで切って糸始末をします。 6顔を作る場合はとじ針や縫い針で縫い付けたら完成です。 スクエア型も基本的な編み方のみで編むことができます。 2色の毛糸で色を変えて編めばボーダー柄のアクリルたわしを編むこともできます。 スクエア型アクリルたわしの編み方• 11段目:鎖編みを10目編む。 22段目:鎖編み1目で立ち上がって、鎖編み1目につき1目ずつ細編みを編む。 この時中長編みは2目、長編みは3目で立ち上がる。 33段目~:鎖編みで立ち上がったら編地をひっくり返し、増やし目をせず編んでいく。 5とじ針で閉じ、糸をハサミで切って糸始末をしたら完成です。 初心者でもお子様でも時間を掛けずに簡単に編むことができ、洗剤も使わずにエコなお掃除ができるアクリルたわしを生活に取り入れて、ぜひ編み物ライフとエコライフを楽しんでみてくださいね! 最後に、こちらにも初心者向けのアクリルたわしのご紹介をした記事がありますので、合わせてご覧になって様々な編み方に挑戦してみてくださいね。

次の

ウール・カシミヤのニット:洗濯方法

毛糸 洗い

お洗濯の前に2つのチェック お洗濯を始める前に、まずはお洗濯できるのか? ということを確認しなくてはなりません。 そもそもニットやセーターってなんのこと? ニット?セーター?カーディガン?マフラー? ニットってそもそもなんのことなんだろう…、なんて悩んでしまうこと、ありませんか? 私自身ちょっと分からなくなってしまったので、調べてみました。 どうやらニットというのは、編み物の総称のことらしいのです。 ニットの特徴は、1本の糸でループを作りながら編んでいくこと。 ニットがいい感じに伸びたり、暖かかったりするのはそのループのおかげなのですね。 洗濯表示チェック お持ちのニットやセーターが洗えるものであるかどうかは、洗濯表示をチェックしたら分かります。 たらいの中に数字が書いてあったり、手の絵が書いてあったりしたらお洗濯できます。 ただし、たらいにバツがついている、つまり「水洗い不可」の場合でも、自分でお洗濯できることがあります。 次のチェックポイントをみてください。 自分でお洗濯は諦めて、クリーニング店に持っていきましょう。 全部「いいえ」でなんとか自分でお洗濯できそうなあなたは、次のステップへ。 でも、水洗い不可なのにお洗濯するわけですから、もしかしたら失敗してしまうかも知れません。 本当に申し訳ないのですが、自己責任でお願いします! お気に入りのニットはクリーニング屋さんにお任せするのが安心です。 洗濯表示などで弾かれるとは思うのですが、大まかにいうとスパンコール付きや革(いかにも水に弱そうですね)、動物の毛を使ったニットはプロに任せた方がよいです。 なお、洗濯表示マークが分からない・合っているか不安だという方は、こちらの記事で確認してみてください。 洗濯表示のマークが変わったのはご存知ですか?知らない方は要チェックですよ。 白い布で洗剤をつけた部分を叩く 洗剤をつけた状態で5分ほど待ちます。 時間が経ったら、白い布で叩きます。 布に色が移ってしまったら、そのニットやセーターは色落ちする可能性大!自宅でのお洗濯は諦めましょう。 ニット・セーターの洗い方は2通り ニットやセーターを洗う時は、2通りのやり方があります。 それぞれ解説します。 その1. 手洗い その名のとおり、洗濯機を使わずに手で洗う方法です。 優しく洗うことができるので、 大切なニット・セーターほど手洗いがおすすめ。 水洗い不可だけど自分で洗っちゃえってときは、手洗いの方が安心ですね。 その2. 洗濯機 洗濯機で洗うときのメリットは、なにより、楽なことと時間がかからないこと。 しかし、洗濯機は洗濯槽を回転させて汚れを落とそうとするので、繊細なニットには刺激が強いです。 手洗いよりも縮みやすいので、注意が必要。 失敗しても諦めがつくようなものなら、洗濯機にお任せしてもよいかもしれません。 シミがあるときは ニットやセーターのシミは、酸素系漂白剤で落としましょう。 塩素系漂白剤と違って、酸素系なら色柄物にも使えますし、ニットのシミ落としにも使えるんです。 規定量の酸素系漂白剤を溶かしたら、ニットを入れて2時間ほどつけ置きをします。 そのあとは、お洗濯をしてもいいですし、そのまま水ですすいで乾かしてもよし。 ニット・セーターを洗濯するときの注意点 ニットやセーターを洗濯する前に、お洗濯するときの注意点を知っておく必要があります。 自分でお洗濯した時に起こりがちなハプニングは2つ。 縮み ニット・セーターを洗濯する時、一番気をつけなければならないのが縮み。 原因 なぜニットやセーターは洗濯すると縮んでしまうのか…?気になる…。 実は、原因は繊維の性質にあったんです。 人の髪のキューティクルと同じイメージです。 それによって、洋服全体が縮んでしまいます。 乾かすと繊維の太さは元に戻りますが、歪んだ形は元には戻りません。 そのため、レーヨンの水洗いは厳禁です。 また、レーヨンに似た素材としてキュプラがあります。 キュプラはレーヨンよりは強い繊維ですが、小じわがつきやすかったり、毛羽立ちやすかったりといった欠点があります。 レーヨンと同様、キュプラの水洗いもおすすめできません。 そのほかの繊維でも、水・温度・摩擦にはあまり強くないので注意しましょう。 ちぢみを防ぐために ちぢみを防ぐためには、やさしく洗うことがポイント。 自宅で洗濯するなら水に濡れてしまうのは仕方がないことです。 できるだけ摩擦をおこさないように、やさしく洗うようにしましょう。 毛玉 ニット・セーターを洗濯するときに注意すること2つめは毛玉です。 原因 ニットやセーターって着ていたらわかりますが、毛玉ができやすいですよね。 洗うときは、衣類同士が擦れ合うので、さらに毛玉ができやすくなります。 毛玉を防ぐために 毛玉を防ぐためにも、ニット・セーターは優しく洗うようにしましょう。 洗濯機を使う時は、サイズのあった洗濯ネットを使うのもポイントですよ! 洗濯機でニット・セーターを洗おう 洗濯機でニットやセーターを洗う方法を紹介します。 洗濯機に入れるだけでお洗濯が完了するので手間がかからずとっても楽チンです。 平干しができない場合には、ハンガーを2本使って、裾や袖を持ち上げて干しましょう。 接地しないように平べったく浮かせられるのが一番よいのですが、窓を開けるなど部屋を風通しよくしてビーズクッションやソファに置く形でも大丈夫です。 備えがない場合仕方なく、ですが! 直射日光にあてて洗濯物を干すと、ニットやセーターが変色する可能性があります。 風通しがよい日陰にニット・セーターを干すようにしましょう。 ニット・セーターのシワを伸ばそう ニットやセーターはシワになりやすいという欠点があります。 シワが気になるときはやはりアイロンをかけたくなりますよね。 アイロンをしっかり押し付けてしまうと、ニットやセーター独特のふわふわ感が台無しです。 アイロンをかけるときには、スチームをたっぷり出しながら、すこし 浮かせてかけるようにしましょう。 縮んでしまった場合にも、アイロンを使って繊維をのばすことができます!しかし、ニットやセーターはもともと熱に弱いことが多いです。 アイロンを使う際には十分注意しましょう。 着たあとのお手入れ ニット・セーターを大切に長く着続けるためには、普段のお手入れが必要です。 着たら1日休ませる 着続けると、ニット・セーターも疲れてしまいます。 連続して着るのは避けましょう。 ブラッシングをする 着たあとのニットやセーターは、繊維が少し絡まっている状態。 そのまま放っておくと、さらに絡まって毛玉になってしまいます。 毛玉は、見た目も悪いですし、ニット・セーターの劣化の証です。 着たあとのブラッシングで、ニットやセーターを長く大切に使ってあげましょう。 縮んだセーターを元に戻すには? 縮んでしまったセーターは、アイロンを使って元に戻すことができます。 セーターが縮むのは、 繊維同士の絡まりあいが原因。 このとき、スチームでセーターが熱くなっていますのでやけどに気をつけて下さい この後、2と3のステップをセーターが元に戻るまで繰り返していきます! スチームアイロンではなく、スチームの出ないアイロンしかない場合は、霧吹きでセーターを湿らせてから、あて布をしてアイロンを当てる方法でも大丈夫ですよ! おわりに ここまで、ニット・セーターの洗濯、お手入れ方法をご紹介しました! 干すときは必ず平干しすること、ブラッシングが必要なことなど、意外と知られていないことも多かったのではないでしょうか? でも、一番だいじなことは「やさしく」。 大事なニット・セーターは手洗い、洗濯機で洗うときはやさしいモードで。 ふわふわでデリケートなニット。 傷つけないようにやさしく洗いましょう。 また、大切なもの、絶対に型崩れさせたくないものは、クリーニング屋さんにお願いしてもいいかもしれませんね!.

次の

ニットのご家庭での洗濯方法(手洗い方法) | 無印良品

毛糸 洗い

アクリルが再注目されている理由• 洗剤を使わず綺麗にすることができるためエコである• 洗濯して繰り返し使用することができる• 様々なデザインがあり編み物を楽しめる• 材料が手に入りやすい• 初心者でも簡単に編むことが出来る アクリルたわしが再注目されている一番の理由は、洗剤を使わずに綺麗に掃除が出来ることです。 洗剤を使わないため手に負担がかかりにくく、手荒れを防ぐことができます。 またアクリルたわしは食器や鍋だけでなく、シンクや浴槽、更には窓拭きなど様々な場所の汚れを簡単に落としてくれます。 最近では100円ショップでもアクリル100%の毛糸が販売されていたり、手芸用品店ではアクリルたわし専用の毛糸も販売されています。 またアクリルたわしの編み方だけを掲載した本が発売されたり、テレビ番組や雑誌で特集が組まれるほど人気となっています。 アクリルたわしを編むのに必要なもの アクリルたわしの編み方1つ目は、円編みのアクリルたわしです。 増し目をしながら円を編んでいくだけなので初心者の方にもおすすめの編み方です。 1色で編んでも可愛いですが、途中で色を変えてみてもオリジナリティが出て可愛いですね。 また写真のように顔を縫うことで様々なキャラクターを表現することもできますよ。 円編みのアクリルたわしの編み方• 11段目:鎖編み4目を編んで引き抜き編みをし、糸端を絞って輪のつくり目にする。 22段目:鎖編み1目につき細編みを2目編みいれ増やし目をする。 5とじ針で閉じ、糸をハサミで切って糸始末をします。 6顔を作る場合はとじ針や縫い針で縫い付けたら完成です。 スクエア型も基本的な編み方のみで編むことができます。 2色の毛糸で色を変えて編めばボーダー柄のアクリルたわしを編むこともできます。 スクエア型アクリルたわしの編み方• 11段目:鎖編みを10目編む。 22段目:鎖編み1目で立ち上がって、鎖編み1目につき1目ずつ細編みを編む。 この時中長編みは2目、長編みは3目で立ち上がる。 33段目~:鎖編みで立ち上がったら編地をひっくり返し、増やし目をせず編んでいく。 5とじ針で閉じ、糸をハサミで切って糸始末をしたら完成です。 初心者でもお子様でも時間を掛けずに簡単に編むことができ、洗剤も使わずにエコなお掃除ができるアクリルたわしを生活に取り入れて、ぜひ編み物ライフとエコライフを楽しんでみてくださいね! 最後に、こちらにも初心者向けのアクリルたわしのご紹介をした記事がありますので、合わせてご覧になって様々な編み方に挑戦してみてくださいね。

次の