ロコンド 田中。 靴通販「ロコンド」急成長でも株価急落のワケ

ロコンド田中、某社からテレビ局への圧力&忖度に疑問を呈し、宮迫円満解決への道をぶっ壊す

ロコンド 田中

東証マザーズ上場の、靴通販サイト「LOCONDO. jp」を運営するロコンドだ。 靴の需要が低迷する懸念が高まり2月~3月に大きく落ち込んだロコンドの株価は、4月に入って急回復。 その後は年初来高値を更新し、6月2日には一時1456円にまで上昇、直近1年間で最高値を付けた。 2010年に創業したロコンドは、「自宅で試着」をコンセプトに掲げ、靴の返品やサイズ交換を無料で受け付けるサービスを武器に成長。 主力のLOCONDO. jpは婦人靴とアパレルを中心に2000ブランド超を取り扱い、2020年2月期の商品取扱高は年間115億円 前期比26%増 に達した。 取扱高の拡大と積極的なM&Aにより、ロコンドの2020年2月期売上高は85億円 前期比27%増 に拡大。 一方で、2018~2019年に集中投下したテレビCMの費用がかさみ、営業損益は8300万円の赤字 前期は9. 8億円の赤字 と、2期連続の赤字に沈んだ。 コラボ企画がヒット 足元では、新型コロナ影響による外出自粛で、売り上げの約7割を占める靴の需要が落ち込む懸念がある。 ロコンドは2021年2月期について、「ネガティブサイドと、 ECの利用が増える ポジティブサイドの影響がともに大きく、合理的予測が困難」であることを理由に、業績予想を非開示とした。 不透明な状況にもかかわらず、株価が急回復したのはなぜなのか。 きっかけは、ユーチューバーとのコラボ企画のヒットにあった。 ロコンドは4月2日、約400万人のチャンネル登録者を抱える人気ユーチューバーのヒカルとコラボしたスニーカー 1万2800円 とサンダル 9800円 をLOCONDO. jpで限定販売。 すると、サーバーが一時的にダウンするほど注文が殺到した。 発売から1週間で約6億円分の売り上げを記録。 ヒカルとのコラボ商品だけで、LOCONDO. jpの年間商品取扱高の約5%をわずか1週間で稼いだ形となった。 ロコンドの田中裕輔社長は「想定以上の売れ行きだった。 新型コロナで靴の需要が落ち込んだ影響を取り戻す以上の効果があった」と語る。 従来LOCONDO. jpは30~40代の女性客の利用が中心だったが、コラボ企画商品では男性客の購買が急増したという。 ヒットの裏にあったのが、単なる商品紹介に止まらない巧みなプロモーション戦略だ。 LOCONDO. jpでの発売と前後して、ヒカルのYoutubeチャンネルでは、田中社長にコラボ商品の企画を申し込む様子や、商品の素材や仕様が決まる過程を記録した動画を続々と投稿。 動画内のやりとりでは、海外の高級ブランドでも使われている環境配慮型の新素材を活用したことや履き心地の良さなど、コラボ商品のアピールポイントもわかりやすく盛り込んだ。 単発の企画で終らせない さらに最初に投稿した動画でヒカルは、「コラボ商品が爆発的に売れたら、自分と友人のタレントが出演するCMを放映してほしい」と田中社長に直談判。 その後のヒットを受け、実際に、テレビ東京で両者が出演するロコンドのCMが急きょ放映される展開に。 そのCMの制作風景も、動画で配信した。 発売に至る経緯からヒット後の意外な展開まで、ストーリー性を持たせて連続的に発信したことで、コラボ企画は視聴者の共感を生み、SNS上で大きな話題になった。 ヒカルのファン以外の幅広い層にも動画が拡散され、商品に興味を持った多くの視聴者が購買するに至った。 今回のヒットを踏まえ、田中社長は「単発で終わらせず、持続性のある企画につなげていきたい」と意気込む。 ロコンドでは今後、ヒカルとのコラボでパンプスなど他商品の投入を予定するほか、他のユーチューバーとも動画を活用したコラボ商品企画を検討中だという。 実はここ数年、ロコンドを取り巻く経営環境は決して順調ではなかった。 2017年に株式上場を果たし、安定的な利益を稼ぎ出した矢先の2018年4月、田中社長は認知度向上のためテレビCMを2年間集中投下する方針を表明。 年間最大で10億円超のCM費用を見込んで営業赤字に転落する見通しを発表したところ、一部の株主から批判が殺到し、田中社長のTwitterが炎上するなどの事態も発生した。 批判を受けながらも、デヴィ夫人が出演するテレビCMを全国で放映。 2018年は認知の広まりとともにLOCONDO. jpの取扱高も拡大したが、2019年に入って以降はCMの押し上げ効果も徐々に薄れだした。 その結果、2020年2月の会社全体の商品取扱高は、中期経営計画で掲げていた目標値を下回る結果となった。 オリジナル商品の企画・開発を本格化 CM訴求力の問題だけでなく、2010年代半ばから急激に伸びた衣料品や靴の国内EC市場の拡大スピードが2019年頃から鈍化したことも背景にあった。 「市場が以前ほど伸びなくなると、さらなる成長を目指す上では他のECモールとの差別化がカギとなる。 単なる値下げ販促や返品無料などのサービスは他社に真似されやすく、商品面での差別化が不可欠になった」 田中社長。 そこでロコンドは2019年後半からテレビCMを減らし、オリジナル商品の企画・開発を本格化させる方向に転換。 幅広い世代への影響力の大きさから、インスタグラムとYoutubeを活用した発信を軸に考えた末、人気ユーチューバーであるヒカルなどとのコラボ企画としてオリジナル商品を投入することを決断した。 EC事業者であるロコンドは、社内に靴の企画・開発に関するノウハウがほとんどなかったが、2018年10月に婦人靴卸の三鈴商事を子会社化。 2020年3月には同社を吸収合併し、三鈴が持つ企画開発力や、工場や素材メーカーなどとの取引ルートを自社に取り込んだ。 今回のヒカルとコラボした靴も、こうした三鈴のノウハウをフル活用した。 緊急事態宣言下で多くの実店舗が一時休業し、ECを利用する消費者が増えたことで、今後ECでの購買は一段と広がる可能性も指摘されている。 そうした期待感とともに、時代の流れに合致した独自性の高いマーケティング手法が、ロコンドに対する株式市場の再評価につながったようだ。 ロコンドは2020年4月に千葉県八千代市の新倉庫に物流拠点を移転・拡張し、入庫作業を自動化する設備も導入した。 足元では、コロナ禍でECの重要性を再認識した多くの靴ブランドから商品在庫が集まってきているという。 今後、取り扱う商品の数量が急増した場合にも効率的に対応できる体制を整えている。 熾烈な競争が待ち受けている さらに5月1日には田中社長自らがYoutube上にチャンネルを設けて、ユーチューバーとしてデビューした。 田中社長の生い立ちから社長に就任するまでの変遷を語ったり、ヒカルとのコラボ企画でテレビCMを制作した際の裏話を明かしたりしている。 自身のユーチューバーデビューについて、田中社長は「念入りな計画はなく多少の思いつきで始めた」としながらも、「これからはECモールでも『体験を売る』価値が求められる時代が来る。 Youtubeでのロコンドの存在感を高めていきたい」と強調する。 国内のファッションECでは、「ゾゾタウン」を運営するZOZOが2019年にZホールディングスの傘下に入り、ヤフーや「ペイペイモール」との連携を強化する。 楽天も、ファッション専門サイトを昨年秋にリニューアル。 こういった大手プレーヤーの攻勢が強まり、出店ブランドや顧客の囲い込みでは熾烈な競争が待ち受ける。 動画を駆使した消費者との「つながり」や、社長自らもユーチューバーになって発信力を高める「意外性」を武器に、成長を維持できるのか。 今後も持続性のある企画を生み出し、独自路線を貫けるかが、ロコンド飛躍のカギを握る。

次の

破綻寸前からロコンドはなぜV字回復できたのか? どん底からはい上がった信念の経営

ロコンド 田中

j-cast. html 生年月日:1980年12月5日 年齢:39歳 出身:大阪府吹田市 中学:桐朋中学校 高校:桐朋高等学校 大学:一橋大学 経済学部 職歴 マッキンゼー・アンド・カンパニー 田中裕輔さんは、大阪府出身の今年40歳となるロコンドの代表取締役社長です。 出身は大阪府ですが、 中学は東京都国立市にある中高一貫校の私立男子校・桐朋中学校に通っているため、東京で育ったようですね。 桐朋中学校は偏差値61、桐朋高校は偏差値71とかなりのトップレベルの進学校だったようです。 そして、 国立の一橋大学経済学部に入学し、偏差値67. 5〜72. 5の中で経済を学んでいます。 田中社長の地元は、中学から大学まで過ごした 東京都国立市のようです。 それにしても、中学から大学まで徒歩5分圏内の近さで終わらせるとは驚きですね(笑) 大学卒業後は マッキンゼー・アンド・カンパニーというアメリカが本社の大手コンサルタント会社に就職します。 一橋大学で3年時に受けていた商学部の授業で、マッキンゼーの役員であった若松茂美氏の授業を受講したことをきっかけで入社を決めたそうです。 ちなみにマッキンゼーは入社が難しい難関企業と言われており、 平均年収は800万もあります。 かなりの激務で、離職率も高いようです。 しかし 向上心を持って働けば、若くして年収5000万〜1億も狙えるエリートに。 マッキンゼー出身の有名人や社長は多く、勝間和代さんやmixiの元社長、日本交通の社長、ブックオフの社長、慶應大学、早稲田大学の教授や一橋大学の名誉教授、元住友銀行の専務やJリーグの常任理事、衆議院議員など枚挙にいとまがありません。 マッキンゼーに入ってから企業する方も多くいるようですね。 今回の田中社長もその1人です。 マッキンゼー入社後も順調にキャリアを重ね、26歳という若さで最年少でマネージャーに昇進し、29歳の時にはカリフォルニア大学経営大学院に留学しMBAを取得。 この留学をきっかけに企業することを目指したようですね。 田中社長は著書も出しており、「なぜマッキンゼーの人は年俸1億でも辞めるのか」などすでに3冊出版しているようです。 多忙でも仕事も楽しそうに対応していく田中社長は、 結婚よりも仕事なのかもしれませんね! 性格も、社長で偉そうな印象は全くなく、 面白いことをやっていこうという前向きで明るい印象を受けます。 最高の二人と最高の仕事ができて幸せです。 そもそも、田中社長とヒカルさんは、 KuToo(クートゥー)運動というの動画の企画で男性物のパンプスを用意する際に、接点を持ったそうです。 そのKuToo企画はなくなったそうですが、その後ヒカルさんがアパレルブランド「ReZARD(リザード)」を立ち上げた際にヒカルさんの担当者が田中社長に連絡を取り、 田中社長は 靴を作るのかな?と思いつつ 「なにかしてみましょう」と軽い気持ちで企画の出演を決めました。 そして、ヒカルさんの1回目の交渉で、 靴の作成のお願いと、 完売したらCM出演という提案を受けることとなります。 社長自身もかなり悩んだようですが、 ヒカルさんの交渉術と影響力を物語る靴の完売に、 面白い企画になりそうだとCM出演を承諾したようです。 1回目に出した白スニーカー・サンダルは、 3日で2億円という売上を叩き出し、ロコンドの株価も上昇させるほどでした。 000042991. html ロコンドって大企業なのでは?と調べてみたところ、 従業員は100名ほどで2010年に設立した新しい会社でした。 locondo. nikkei. それもヒカルさんの大きすぎる影響力と柔軟に対応できるロコンドの田中社長が最高のタッグを組んだから実現できたことだと思います。 このCMをきっかけにして、ますますネット業界が注目を集めるようになりそうですね! テレビ業界の衰退は現実となっていくのでしょうか? これからも様々な人が作る面白いコンテンツが増え、楽しい時間を提供してくれることを楽しみにしていきたいと思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

ロコンド / 田中裕輔 インタビュー「世の中にインパクトを与える」

ロコンド 田中

アメリカや世界に「インパクト」を与えようという強い志に感銘を受けた 簡単に現在行われている事業について説明していただけますか? ロコンドは一言で言えば「買ってから選ぶ。 」ファッション通販サイトです。 今までのファション通販サイトだと、試着ができないため、なかなか買いにくいという方が多かったと思います。 そんなお客様の不安を払拭するため、ロコンドは「送料無料、99日間返品無料(返送料も無料)」というサービスを日本で初めて開始しました。 また、それ以外にもロコンドの「おもてなし」サービスとして、何でも相談できるコンシェルジュや無料の翌日お届け便などを提供しており、全てのお客様に「安心して楽しくお買い物ができる」ことを心掛けています。 現在は靴を中心にやっていますが、鞄も徐々に増えていて、売上の15%を占める程になりました。 アパレルに関しても試験的に今年の9月から始めましたが、来年には更に拡大する予定です。 起業するまでの経緯を説明していただけますか? 大学を卒業してから、選択したのがマッキンゼーという経営コンサルティング会社です。 マッキンゼーに入社したのが2003年ですが、そこから4年ほど、小売や消費財を中心に経営コンサルタントをやりました。 その後、2007年にマネージャーという職位になり、その翌月にMBA取得のためUCバークレーに行きました。 シリコンバレーに近い場所だったのですが、アメリカに行く前は、あまり起業は意識していませんでした。 しかし、知り合う起業家達がすごく熱いものを持っていて、お金を稼ぐだけではなくて、本当にアメリカや世界に「インパクト」を与えようという強い志をもっていました。 それに感銘を受け、僕の考え方も徐々に変わっていったんです。 そんな経験を経て、僕自身、一度、アメリカで起業をしました。 ソーシャル・アプリを作って、数十万人の会員を集めたのですが、その中で起業の難しさと、一方で楽しさというものを経験でき、モノを世に出していくという楽しさを味わいました。 ただやはり、一番の難しさは「資金繰り」にあると感じました。 お金の問題もあって、卒業後は一旦、マッキンゼーに帰るつもりでしたが、当時はリーマンショックの影響もあり、あまりマッキンゼーにも仕事があるような状況ではありませんでした。 そのため、MBA1年生の時からインターンシップをしていた「DeNA Global」というDeNAのアメリカ支社に頼み込んで、マッキンゼーに所属しながら、半年間限定の「レンタル移籍」の正社員という形で雇っていただきました。 その後、マッキンゼーのコンサルタントとして復帰してから1年後、改めて起業の道に進みたいと思っている時に出会ったのが「ロケット・インターネット」というドイツのベンチャーキャピタルです。 一緒にやらないかという話があって、当時の創業メンバーと一緒にロコンドを始めたという感じです。 ロコンドの強みと、今後の改善点を聞かせていただけますか? 強みでいくと、まず1つ目が最高の「おもてなし」サービスでしょう。 ロコンドのおもてなしを通じて、全てのお客様に「ほっこり」して欲しい。 この真の「お客様志向」が会社全体に根付いており、マニュアルやルールに頼ることなく、全社員がお客様の目線で考え、実行していることがロコンドの強みだと思います。 二つ目は、これをやろうという時の「スピード感」は、他社と比べても圧倒的に早いと思います。 「最高のおもてなしを通じてお客様に『ほっこり』して頂く」。 この価値観が基盤にあるからこそ、判断に迷うことなくスピーディーに物事を決めて実行できるわけです。 三つ目は、お客様だけでなく、ブランド様やメーカー様、卸問屋様とも「誠意のあるコミュニケーション」を心掛けてきたからこそ、特に、靴の品揃えは「日本最大級」と言える程、かなり充実して来ました。 ロコンドの倉庫には現在、約15万個の靴とバッグが入庫されていますので、10代から60代まで幅広いお客様の需要に応えられる品揃えになっていると自負しています。 一方で、今後の改善点で言えば、まだまだ知名度を上げていかなければなりません。 当初はテレビCMなども実施しましたが、基本的には僕たちのビジネスモデルは「広告費用を最小に抑え、その浮いた費用を「買ってから選ぶ。 」送料無料・99日間返品無料サービスや、何でも相談できるコンシェルジュなどの『サービス』に充て、口コミでファンを増やしていく」形なので、他社と比較すると知名度はまだまだです。 ですが、無理に焦ることなく、僕たちは僕たちのやり方で地道にお客様のファンを作っていければと思います。

次の