エヴァ アスカ 内臓。 EVA3号機 (えゔぁさんごうき)とは【ピクシブ百科事典】

THE END OF EVANGELION シナリオ

エヴァ アスカ 内臓

衛星軌道上に隔離されたシンジを奪還しようとアスカはミサトにずっと提案してきたと考えられます。 そして、そのたびにミサトに言われてきたのでしょう「人ひとりに大げさね。 もうそんな事に反応してる暇なんてないのよ。 この世界には」と。 次に「悲しみ」とはなんでしょう。 「怒り」と同様、シンジに関することと考えられます。 「新劇場版:破」のシンジはTV版や旧劇場版と違って、積極的に行動し綾波レイを救うという、成長した姿が描かれています。 破のクライマックスで綾波レイを救うところをアスカは見ていませんが、サードインパクトの話と共に聞かされていると考えるのが妥当でしょう。 「バカシンジ」とバカにしていたシンジが自分の知らない間に男らしく成長したんだと思っていたはずです。 結果としてサードインパクトを起こしてしまったが女の子を救うための男らしい行動なので、それ自体を責めるつもりは無いと想像出来ます。

次の

EVA3号機 (えゔぁさんごうき)とは【ピクシブ百科事典】

エヴァ アスカ 内臓

とある事情からに想いを寄せていくようになる。 父親は水没した旧東京の干拓作業員、母親は雑誌編集者。 名前の由来は、から。 外見は、意図的にとの中間になるようにデザインされている。 特殊な過去があったりするアニメ本編のキャラと比べ、ある意味 常識的で、正統派ともいえる。 ゲーム「鋼鉄のガールフレンド」では… 謎のロボットの襲撃事件の翌日、達のクラスに転入してくる。 そのタイミングと何故か転校初日からに積極的なうえ、についての質問もしたためにには昨日の騒ぎに関わっていて、へのスパイではないかと疑われる。 その後、謎のロボットの正体が脱走したから脱走したロボットと判明するなど、事態が進んで行く中で段々とシンジとの関係も親密になっていき、へデートに行くほどの関係へとなって行くが、彼女の謎の行動NERVやアスカからの疑いの目も強まっていき… この先ゲームの注意 正体はアスカやNERVの危惧した通り、戦略自衛隊から送り込まれたスパイ。 最初はターゲットとして碇シンジに接触したが、逆に彼に惚れ込んでしまう。 スパイとして送り込まれる前は謎のロボットのだったが、本機の操縦性の欠陥から内臓を壊しパイロットを降ろされる。 この事を踏まえ、この操縦性の欠陥を克服するために目をつけられたのがとの激しい戦闘を行っているエヴァンゲリオンの機密情報だった。 このエヴァンゲリオンの機密情報を得るために、ちょうどと年齢が同じだった彼女に白羽の矢がたつことになる。 しかし彼女はトライデントの脱走も手引きしており、このことが戦略自衛隊にばれ、既にスパイだという事を知っていた達の手であっさり戦略自衛隊に連れ去られてしまう。 結局、彼女はトライデントのパイロットを降伏させる人質に使われる事になるが、降伏どころか逆にトライデントのパイロットに連れ去られてしまう。 をのせた戦略自衛隊の戦闘機が近づく中、碇シンジは彼女を救出しトライデントを制止するために出撃することになる。 補足 「」「」などの外伝にのみ登場するキャラクターである。 一部では、何故に出さなかったなどの声もあるなど、ゲームなどのみのキャラながら一定数の根強い人気もあるキャラである。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

なぜ、シンジはアスカの首を絞めたのか?【エヴァンゲリオンFANさいと】

エヴァ アスカ 内臓

もくじ• 式波・アスカ・ラングレーとは? アスカについて、少しご紹介します! とりあえずさっきのエヴァQのアスカみつけた。 旧テレビアニメ版では、惣流・アスカ・ラングレーでした。 新劇場版では、エヴァ破からの登場となります。 エヴァ破では、シンジ達との触れ合いもあったので、孤独な少女から、少し和らいだイメージもありました。 しかし、3号機のテストパイロットに選ばれ、使徒に汚染されることで、病院送りになってしまいました。 そこから、エヴァQの14年後、エヴァパイロットとして復帰をとげていました。 この言葉から、 アスカが使徒と融合した説があります。 リリンが降りれない場所に、アスカはいれることなので、人間ではなくなったことが予想されます。 そして、その使徒を制御するために、眼帯をつけているのだと考えられます。 そのため、片方の眼帯は旧劇場版のアスカと繋がっていると考えられます。 今まで、旧作との区別をしっかりしてきたので、この説は少し無理があるかなと思っています。 いずれも、シンジのこれからを考えての発言だったと思われます。 14歳で止まってしまった思考を、早く成長させて欲しいという思いやりが、あべこべになっているのだと考えられます。 また、 レイのために世界を壊そうとしたのも嫉妬があると思います。 アスカは、ヤシマ作戦を見ていないので詳細は謎ですが、「私を助けてくれないの?」とシンジにラストで伝えていました。 レイは助けて、自分には何もしてくれないことに、ジェラシーがあるので、変な態度になっているのだと考えられます。 ただ、シンジは14歳の思考、アスカは28歳なので、ウジウジしているのを怒ることは、なんとなく納得がいきます。 エヴァの呪縛とは? エヴァの呪縛について考察します! 【エヴァの呪縛】 ・肉体が14歳のままである。 現在、明らかになっているエヴァの呪縛は、 肉体が14歳のままであることです。 アスカもマリもシンジも、エヴァパイロットは、14歳の肉体でした。 エヴァQのレイは、おそらく、コピーなので一旦は除けておきます。 この肉体が14歳のままであることを考えると、人間ではなくなったことが考えられます。 人間は年齢と共に肉体も老化していくので、人の特徴から逸脱しました。 そのため、 エヴァの呪縛は「人の使徒化?」か「人の神化?」に当たると思っています。 そして、その鍵になるのが、おそらく、マリではないかと思います! マリの正体は未だ明かにされてなく、マリが登場した新劇場版から呪縛が発生するようになりました。 エヴァにのるかなんかなんて、そんな事で悩む奴もいるんだ。 なら早く逃げちゃえばいいのに。 ほら、手伝うからさ…。 精神年齢が離れてしまったことや、綾波レイばかり気にするシンジに嫉妬しているのだと思われます。 その証拠に、最後は見捨てないで、シンジを連れている様子でした。

次の