ゴールデン ハムスター でかい。 ハムスターの値段は?人気おすすめ6種の性格・特徴・価格まとめ!

ハムスターの金玉が大き過ぎるのは病気?色が黒いのは汚れ?

ゴールデン ハムスター でかい

この記事でまとめたこと• キンクマハムスター、歴史は? キンクマハムスターはゴールデンハムスターの人工改良により生まれたため、野生にはいない種類です。 ゴールデンハムスターと人間との歴史は、約200年とまだ浅いです。 ゴールデンハムスターは1839年のイギリスで学者ジョージ・ロバート・ウォーターハウス氏によって初めて博物館に展示されました。 日本へ渡ってきたのは、1939年頃です。 キンクマハムスター、性格は? キンクマハムスターはハムスターの中でも温厚な性格をしています。 人に懐きやすく、初心者にもおすすめです。 オスは臆病でおとなしい性格の子が多い反面、メスは気が強く攻撃的な子性格が多いです。 キンクマハムスター、多頭飼いには向かない? キンクマハムスターは警戒心と縄張り意識が強く、ストレスや怪我につながるため、多頭飼いには向いていません。 1匹ずつケージに入れて飼育することをおすすめしますよ。 キンクマハムスター、特徴は? キンクマハムスターの体長は18~19cmで、ゴールデンハムスターよりもやや大きくなるのが特徴です。 体重はオスが130g~200g、メスが150g~200gとオスよりもメスの方が大きくなる傾向にあります。 被毛は主にアプリコットのような可愛らしい色をしています。 キンクマハムスター、値段は? キンクマハムスターを飼うために必要なもの• ケージ• トイレ• 回し車• 餌入れ• 給水ボトル• ヒーター ケージ ケージは大きめのものを選ぶようにしてくださいね。 金網タイプよりも水槽の方が大きいものが多いためおすすめですよ。 床材 床材は木くずや紙でできたものをおすすめします。 柔らかく、アレルギーの心配がないためです。 巣箱 巣箱はハムスターが寝るための場所であり、出産や子育てのためにも必要なアイテムです。 成長する体の2~3倍の大きさのものが好ましいですよ。 木材や陶器でできた巣箱はかじっても誤飲の心配がないのでおすすめです。 トイレ トイレは中に砂を入れるハムスター専用のものを使用すると良いですよ。 誤飲しないために固まらないタイプの砂をおすすめします。 回し車 回し車は運動不足を解消するために必要なアイテムです。 ゴールデンハムスターサイズのものを用意することをおすすめします。 餌入れ 餌入れは、ひっくり返す心配がない陶器のものを使用すると良いです。 家庭にある小鉢でも代用することができますよ。 給水ボトル 給水ボトルは、衛生的にもケージに取り付けるタイプのものがおすすめですよ。 中の水は毎日取り換えることが大切ですよ。 冬眠をすると体力を消耗してしまうので、体調を崩したり、冬眠で眠ったまま命を落としてしまうこともあります。 何回も冬眠をさせないように、ケージや巣箱の下にヒーターを敷いて暖かくしてあげてくださいね。 キンクマハムスター、寿命は? キンクマハムスターの平均寿命• 小型のハムスターよりも体が大きいため長生きできますよ。 中には4年近く生きるハムスターもいます。 キンクマハムスター、何を食べさせる?与え方は? キンクマハムスターには、栄養バランスが良いハムスター専用の餌を主食として与えることをおすすめしますよ。 ひまわりの種やナッツ類は好物ですが、与えすぎると肥満になります。 野菜や果物は少量を補助的に与えてくださいね。 キンクマハムスター、トイレを覚える? キンクマハムスターは賢いのでトイレを覚えることができます。 1度覚えた場所からトイレを移動させると混乱するので、同じ場所に設置してくださいね。 もしトイレではない場所でおしっこを目撃した場合、そこではないことを教えるために、正しいトイレの位置に連れて行くことをおすすめします。 目撃したらすぐに連れて行くことがポイントです。 キンクマハムスター、おすすめ商品1:「ferplast」のデュナマルティ.

次の

ゴールデンハムスターのケージの大きさ!普通のサイズじゃNG?

ゴールデン ハムスター でかい

ゴールデンハムスターとキンクマの違いはこれだけ! まず、 ゴールデンハムスターと キンクマハムスターの違いは、 ほとんどありません。 どちらも「ゴールデンハムスター」 の種類の1つなので、 大きく変わるところはないのです。 ですが、まったく同じかといえば そうではなく、 1つだけ 違いがあります。 ここでは、ゴールデンハムスターと キンクマハムスターの違いを 詳しくご紹介していきます。 毛色 まず、 1つ目の違いは 毛色についてです。 ノーマルのゴールデンハムスターは 白とオレンジっぽい茶色の 2色に分かれています。 一般的に、ペットショップなどで 見かけるゴールデンハムスターは この毛色が多いでしょう。 一方で、キンクマハムスターは、 薄いオレンジっぽい色で、 耳の部分が少し黒っぽく なっています。 毛色は薄いオレンジといわれたり 最近ではアプリコット色と いわれることもあるでしょう。 性格 ゴールデンハムスターと キンクマハムスターは性格が 違うと言われることもあるようです ですが、キンクマハムスターも ゴールデンハムスターの一種 なので、基本的に性格に 変わりはありません。 ゴールデンハムスターは、 ジャンガリアンなど他の ハムスターと比べて、 おっとりとしていておおらかで、 臆病なところがあると 言われています。 ただ、 性格はその固体によって まったく違うことも多いので一概に 「ゴールデンハムスターだから こんな性格!」とはいえないでしょう。 こちらでは、ゴールデンハムスター の種類別に性格を比較しています。 どんな性格なのかを知りたい 人はぜひご覧ください! ゴールデンハムスターとキンクマのそれぞれのメリットデメリット! ゴールデンハムスターと キンクマハムスターの違いを ここまでご紹介してきました。 では、ゴールデンハムスターと キンクマハムスターには、 それぞれどんなメリットと デメリットがあるのでしょうか。 どちらがいいのか決められない! という人のために、 メリットとデメリットを ご紹介していきます。 あまり違いはありませんが、 選ぶ際の参考にしてみてくださいね。 ゴールデンハムスターのメリット ゴールデンハムスターの メリットは2つあります。 1つ目はトイレを覚えてくれる子が 多いということです。 ゴールデンハムスターは、 トイレの場所を1箇所に決める 習性があるので、 トイレの場所さえ しつけてしまえば掃除が とても楽になります。 ジャンガリアンハムスターは、 2箇所以上トイレを作る子も多く、 掃除に手間がかかってしまう と感じる人も多いでしょう。 2つ目は 優しくて人になれやすい ということです。 ゴールデンハムスターは、 性格が穏やかなだけではなく 頭もいいので、優しくしてくれる 飼い主にはとてもなつきやすく 初心者でも比較的簡単に 飼うことができます。 ゴールデンハムスターのデメリット ゴールデンハムスターの デメリットは2つです。 1つ目は、 縄張り意識が 強いということです。 縄張りを巡回するために ケージの外に出たいと騒ぐ ケージをかじる 子も多く、 定期的な散歩を必要とします。 2つ目は 多頭飼いが できないということです。 ゴールデンハムスターは、 多頭飼いをしてしまうと ケンカをしてしまいます。 怪我をするだけでなく、 最悪の場合共食いをしてしまうなど、 悲惨なことになってしまうので 絶対に1匹で飼うようにしましょう。 キンクマのメリット キンクマハムスターのメリットを 2つご紹介していきます。 キンクマハムスターは ゴールデンハムスターの 種類の1つなので、 ノーマルなゴールデンハムスターと メリットはかぶってしまいますが、 わかりやすいようにもっと 詳しく説明していきましょう! 1つ目のメリットは、 他の種類のハムスターと比べて 臭いが少ないことです。 これは、トイレの場所を1箇所に 固定してしまうからで、 他の場所 ハウスの中やチップなど が 清潔に保たれるためです。 もちろん、汚れた部分は毎日 掃除をしますが、 臭いが少ないというのは それだけで嬉しいですよね。 2つ目のメリットは 表情がわかりやすいということです キンクマハムスターに限らず、 ゴールデンハムスターは サイズが大きめなので、 表情豊かで1つ1つのしぐさが 可愛らしく見えます。 キンクマのデメリット キンクマハムスターの デメリットは2つあります。 1つ目のデメリットは 飼うためのスペースが広い ということです。 ハムスターの中でも体が大きいので ケージも大きなものになります。 さらに、好奇心が旺盛なので 定期的な散歩も必要になり、 散歩のスペースを確保しなければ いけなくなるでしょう。 2つ目は 音が響くということです。 回し車の音や、ケージをかじる音は、 他の種類のハムスターよりも 大きいといえます。 寝ているときに回し車の音や ケージをかじる音が響いて 眠れない・・・・・・という人も いるようです。 まとめ ここでは、ゴールデンハムスターと キンクマハムスターの違いを ご紹介していきました。 キンクマハムスターは ゴールデンハムスターの 種類の中の1つなので、 基本的に性格には違いがありません ただ、1つだけ大きな違いがあり、 見た目が違うということになります。 ノーマルなゴールデンハムスターは 白とオレンジっぽい茶色で、 キンクマハムスターは アプリコット色・薄いオレンジ クリーム色などといわれています。 どちらもなつきやすく、 おおらかな性格なので、 ハムスター初心者や 小さなお子さんがいる家庭に おすすめできます。

次の

ハムスターの種類!基本4種の特徴|ペットの飼い方【ペットシイク】

ゴールデン ハムスター でかい

ゴールデンハムスターのケージは少し大きめがBEST! ゴールデンハムスターのケージは、 普通のサイズよりも少し大きめの ものを選ぶようにすると いいでしょう。 「あ!このケージ安い!」と 思っても、 すぐに購入はせず、 サイズを見てみてください。 もしかしたら、それは ドワーフハムスター用の小さめの ケージかもしれません。 ゴールデンハムスターは、 固体にもよりますが意外と 大きく育ちます。 大きく育つことを見越して、 ケージも少し大きめのものを 選んで購入しましょう。 人間だって、狭すぎる部屋の中で 生活をするのは気がめいって しまうでしょう。 ハムスターだって同じです。 狭いケージではストレスが 溜まってしまい、寿命が縮んでしまう ことだってあります。 ハムスターに快適に生活をして もらうためにも、大きめの ケージを選んであげてくださいね。 ゴールデンハムスターのサイズ ゴールデンハムスターはハムスターの 中では大きめで、大人になると 手のひらから少し出るくらいまで 成長します。 15~20cm程度になり、基本的に メスよりもオスの方が若干 大きく育つことが多いでしょう。 オスの方が大きいと言っても 「若干」なので、飼う際には そこまでサイズの違いを気にする 程ではありません。 ゴールデンハムスターの体重 体重は固体にもよりますが、 90~150g程度です。 ドワーフハムスター 小さめのハムスター である ジャンガリアンハムスターで 平均30~50gだといわれています 体重を比べてみるだけでも、 ゴールデンハムスターが 大きいことがわかりますね。 最近やせてきている?と 不安な人も、1度読んで みてくださいね! ゴールデンハムスターのケージで代用できるものって何? ゴールデンハムスターのケージを 何かで代用できないかな?と 考えている人はいますか? 大きめのケージを購入しても もちろんいいのですが、 ゴールデンハムスターは 身近にある代用品でも 飼うことができます。 ここではゴールデンハムスターの ケージで代用できるものには どんなものがあるのか ということを紹介していきましょう。 衣装ケース まず、1つ目の代用品は 衣装ケースです。 衣装ケースは大きいので、 ゴールデンハムスターでも 十分のびのびと生活をする ことができます。 衣装ケースはホームセンターなどで 1000円程度で販売しているので、 金銭的にもそこまで負担になる ことはありません。 ただ、衣装ケースをケージの 代用品にする場合、 衣装ケースのフタに十分に 穴を開けて、空気穴を 作らなければいけません。 空気穴を作らないと、 ハムスターが窒息してしまいます。 衣装ケースで自作してみようかな? と考えている人は ぜひご覧ください! 大き目のプラスチックケース 2つ目の代用品は、 大きめのプラスチックケースです。 収納ボックスなどが自宅にある場合は それを使ってもいいでしょう。 プラスチックケースを ゴールデンハムスターのケージに する場合も、 先ほどの衣装ケース同様、 空気穴を作ることを 忘れないでくださいね。 ガラス製の水槽 3つ目の代用品は、 ガラス製の水槽です。 ガラス製の水槽は、 脱走しにくかったり、 怪我をしにくかったりと メリットが多いケージになるでしょう ただ、水槽飼育は湿気がたまりやすく 水槽内の気温も上がりやすいので 夏は注意が必要です。 また、値段も高いので、 飼育用品は安く済ませたいという人 にはおすすめできません。 水槽の上部にも、空気穴つきの ふたをして脱走を 防止してくださいね。 ゴールデンハムスターにおすすめのケージはこれ! 結局ゴールデンハムスターに おすすめのケージはどれなの?と 疑問に思っている人もいるでしょう。 最もおすすめなのは、 ゴールデンハムスター用飼育セット と記載があるものです。 例えばこちらですが、 元々ゴールデンハムスター用の 記載があり大きさも十分にあります また、回し車や寝床も ついているので初めて ゴールデンハムスターを 飼う人にはありがたい セット内容になっています。 全て通販で購入できるので 忙しい人にもおすすめです。 まとめ ここでは、ゴールデンハムスターに 適切なケージの大きさについて 詳しくお話をしていきました。 ゴールデンハムスターの ケージは、普通のケージより 少し大きめにしましょう。 また、ケージとして販売 されているものでなくても、 衣装ケースやプラスチックケース ガラス製の水槽を使ってもOKです その場合 、しっかりと空気穴を 作って窒息しないように してください。 また、ゴールデンハムスターの場合 トンネルがついているタイプの ケージはあまりおすすめできません 私が飼っていたハムスターは 大きくなりすぎてトンネルに はまってしまうという 事件がありました・・・ 1番のおすすめは 「ゴールデンハムスター用」の 記載があるものです。 かわいいハムスターに ぴったりのケージが 見つかるといいですね。 掃除のやり方や頻度も 紹介しているので ぜひ参考にしてみてください。

次の