東京 オリンピック サッカー 日本 代表 メンバー。 オリンピックのサッカー競技・日本代表選手

【東京オリンピック】サッカーのメンバーは誰?メンバー決定の日程!

東京 オリンピック サッカー 日本 代表 メンバー

「2020東京オリンピック」 今誰しもが注目しているイベントが、すぐそこに迫ってきました!! 2020年7月24日に開会式を迎える 東京オリンピックですが、今回は 男子サッカーに関する情報をまとめたいと思います!! 前述したとおり、 東京オリンピックの開会式は7月24日に行われる予定となっていますが、 男子サッカーは開会式に先立ち、7月22日から始まります! オリンピックにおける男子サッカーは、国際主要大会であるFIFAワールドカップなどとは異なり、出場資格が23歳以下の選手となっています。 そこに、 各国3人までオーバーエイジの選手を加えることができるルールとなっています。 もちろんオーバーエイジを加えない編成でも、1人もしくは2人のオーバーエイジを加える編成でも構いません。 その為、近年では若手選手の活躍の場として注目され、大きな盛り上がりを見せています! オーバーエイジとして加える選手にどのような選手を加えるのかも、注目の一つとなっています。 過去の日本のオリンピックメンバーを振り返ると、 小野伸二や吉田麻也などがオーバーエイジとして参加しており、前回のリオデジャネイロ大会では、あの ネイマールが参加しています。 現在A代表を指揮している森保監督が、U-23日本代表の監督も兼任している事から、すでにA代表で活躍している選手を呼ぶことも考えられます! さらに、オリンピックメンバーに選ばれ活躍する事で、その後のA代表に繋がりやすいという利点も、兼任監督として見られます。 ワールドカップとは別の視点で楽しむことができるオリンピックについて、オーバーエイジも含めて予想していきたいと思います!!• ここでは、 「個人的に注目している」 選手や 「面白い!」と思う選手を数名挙げていきたいと思います。 【注目選手1】 板倉 滉 川崎フロンターレの下部組織を経て、2015年にトップチームに昇格。 川崎フロンターレでの出番こそ少なかったものの、 2018年にベガルタ仙台に期限付き移籍すると、 ポジションを本来のボランチから1列下げ、センターバックとして24試合に出場。 そして 2019年1月、突如 イングランド・プレミアリーグの名門、 「マンチェスターシティ」への完全移籍が発表されました。 同時にオランダ・フローニンヘンへのレンタル移籍も発表されたが、 名将グアルディオラが率い、今季4冠も夢ではないチームから声がかかった逸材なのです。 日本代表として、各年代の世代別代表に名を連ねており、チームの主軸となることは間違いありません。 2018年にはJリーグにおいて、 ベストヤングプレイヤー賞を受賞。 そして 現在は鹿島アントラーズの「背番号10」を背負う期待の選手です。 鹿島アントラーズの10番といえば、これまでにジーコ、ビスマルク、レオナルドとスーパースターが背負い、本山雅志、柴崎岳と引き継がれた伝統のある番号です! 生粋のドリブラーでありながら、171cmと大きくはない身体を張ってのプレーも魅力的です! 板倉選手同様に、要注目選手です!! U-20日本代表サバイバル…関川郁万も合宿に合流、安部裕葵「競争を楽しむ」 — ゲキサカ gekisaka 『この選手は面白い!』 中井 卓大 上記に挙げたメンバー候補には含めませんでしたが、とても面白い選手です! まだ15歳ということもあり、オリンピックのメンバーに割って入れるかは正直疑問な所です。 しかし 彼はレアルマドリードの下部組織に在籍し、圧巻のプレーを幾度となく披露している選手です。 オーバーエイジを使えばいいというわけではなく、 日本のウィークポイントに対して活用してもらいたいと思っています!! 現時点で、本田圭佑、長友佑都、武藤嘉紀がオーバーエイジに立候補しており、 森保監督もオーバーエイジの使用を明言していますので、使用なしはないでしょう! ではオーバーエイジはいったい誰が適しているのでしょうか。 私は現オリンピック代表メンバーの選手層から考え、GK1人、MF1人、FW1人が良いと思っています! MFは多く在籍していますが、ボランチの層が薄いと感じているからです。 そしてオーバーエイジに押す3人は、以下の3人としました。 またA代表が若返りを図る中で、「引っ張っていく選手」に変貌してきています。 ピッチの中で闘う姿で引っ張ることもでき、周りに多くをもたらすことができる選手です。 そしてなにより、 「東京オリンピック」という自国開催の観点から選考しました。 ロシアワールドカップ以降、日本代表から引退しましたが、国内での未だに絶大な人気を誇ります。 サッカー日本代表がどんな戦いを見せてくれるのか、今から楽しみで仕方ありません。 世界に目を向けてみると、多くのスター選手が日本にやってくることになります。 現在フランスのパリ・サンジェルマンで活躍し、フランス代表として世界王者に輝いた キリアン・ムバッペ選手。 ブラジル代表としてオリンピックの連覇を目指す ガブリエウ・ジェズス選手。 イタリアの若き守護神、 ジャンルイジ・ドンナルンマ選手。 他にも サンチョ選手、 デ・リフト選手など、す でに各国のA代表で活躍している選手が多くいます。 現時点では参加国は決まっていませんが、日本の各地で、世界で活躍しているスーパースターが見れるかもしれません。 スーパースターの凱旋で涌く中、日本代表にも国中を騒がす結果を残してもらいたいところです! 日本代表のメダル獲得に向け、皆さんで全力で応援していきましょう!! こんにちは! ブログ訪問ありがとうございます! WorldSportSatelite(ワールド・スポーツ・サテライト)では、日本プロ野球やメジャーリーグ、サッカー日本代表や海外リーグ、NBA、テニスといった、全世界のスポーツの情報を発信していきます! 各球団の熱狂的なファンが、各チームのサポーターが記事を執筆するため、ファン目線の濃い情報をお届け致します。 スポーツをいっしょに楽しみ盛り上げていけるメディアを作っていきますよ。 ファンしか知らないお得な情報、キャンプやシーズン中の気になる選手の情報をどんどん発信していきます! スポーツファンが作り上げるスポーツファンのサイトです! ぜひコメント残していって下さいね^^ Twitterもやってます! 最近の投稿• 最近のコメント カテゴリー•

次の

日本代表メンバー発表・予想・速報(東京オリンピック/サッカー)!久保/堂安/本田は選ばれるのか?前回大会メンバーも

東京 オリンピック サッカー 日本 代表 メンバー

2020年東京五輪男子サッカー開幕の7月23日までちょうど半 年。 タイで開催中のAFC U-23選手権2020では、韓国とサウジアラビアがファイナル に勝ち進んで本大会切符を獲得し、残り1枚をオーストラリアとウ ズベキスタンが争う構図となっている。 その傍らで、日本はご存じの通り、1勝もできずに1次リーグで敗 退するという歴史的惨敗を喫してしまった。 森保一監督の去就問題も取り沙汰されているが、いくら久保建英( マジョルカ)や堂安律(PSV)ら欧州組を呼べなかったからといっても 、この結果は受け入れがたい。 森保体制続投で五輪本番に向かうの であれば、残された強化期間はできる限り、ベストメンバーに近い 陣容で戦ってチーム力アップに努めるしかないだろう。 欧州メンバーはどこまで招集できるのか? 五輪期間の7~8月は欧州クラブにとって新シーズンの重要な準備 期間。 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)や欧州リーグ EL の予備戦参戦クラブなどは公式戦が始まっているかもしれな い。 となると、4年前の2016年リオデジャネイロ五輪直前に当 時所属のヤングボーイズから招集ストップがかかった久保裕也( シンシナティ)のように、 呼べなくなる選手が出ないとも限らない。 それはオーバーエージ枠 の3人も同様だ。 U-23世代の世界大会である五輪を欧州クラブ が重要視していないため、ギリギリまでリスクはつきまとうが、異 例の事態が起きない前提で現時点での最強メンバー18人を選んで みることにする。 まずU-23世代の海外組で森保監督が有力候補と位置付けている のは、守備陣だと富安健洋(ボローニャ)と板倉滉( フローニンゲン)、中山雄太(ズヴォレ)、菅原由勢(AZ)、 攻撃陣だと久保、堂安、三好康児(アントワープ)、食野亮太郎( ハーツ)、前田大然(マリティモ)の総勢9人。 前線のアタッカー 陣が多いため、三好、食野、前田の中から1人は絞られる可能性が 高い。 ただ、今回のAFC U-23選手権に出場した国内組が精彩を欠いたことから、大半は 本番のメンバーに名を連ねるだろう。 オーバーエージを3人使うとなれば、残されたU-23世代の国内 組は6~7人。 ポジションバランスを踏まえると2人はGKで、将 来のA代表正守護神と目される大迫敬介(広島)と統率力の高い小 島享介(新潟)が濃厚だ。 ただ、小島が今季J2で出番を得られず 、もう1人の候補者である谷晃生(湘南)がコンスタントに活躍す れば、立場逆転も考えられる。 湘南は昨季まで主力だった秋元陽太 が町田ゼルビアへ移籍し、GKが薄い状況になっているだけに、 十分チャンスはある。 彼らの動向を踏まえながら、 最終決断が下される模様だ。 ウイングバックも欧州組には菅原1人しかいないため、さらに2人 は必要だ。 昨年末のEAFF E-1選手権2019(釜山)と今回のAFC U-23選手権の働きを見ると、橋岡大樹(浦和)と相馬勇紀(名 古屋)が現状でのベストチョイスと言っていい。 橋岡は右ウイング バックとセンターバック(CB)の両方をこなせるし、4バックの 時にはサイドバックもできる選手。 五輪のように登録人数が少ない 大会だとそういうユーティリティーな選手は必要不可欠だ。 相馬の 方もドリブル突破という傑出した武器を前面に押し出せる貴重な戦 力。 左右どちらでもプレーできる万能性もある。 引かれた相手をこ じ開けるためには、思い切りのいい彼のようなタイプはいた方がい い。 残る2~3人はボランチとFWか。 ボランチは欧州組だと中山1人 しかいないため、どうしても国内組から抜擢しなければならない。 最有力候補と言われるのは田中碧(川崎)。 ただ、彼はAFC U-23選手権の最終戦・カタール戦で一発退場処分を受けていて 、その罰則が五輪本番の初戦に持ち越される可能性がある。 重要な ゲームに出られないことが決まってしまったら、森保監督も二の足 を踏むだろう。 代役としては、このところ急成長している田中駿汰 (札幌)や万能型の原輝綺(鳥栖)らが浮上するものの、ゲームメ ークと守備の両方をこなせる選手がほとんどいない。 オーバーエー ジで柴崎岳(ラコルーニャ)を使うのは確実だとしても、 手薄感は否めない。 強行で田中碧抜擢も考えられる。 そして1トップは上田綺世(鹿島)と小川航基(磐田)の争いだが 、上田は昨年前半までの輝きを失っていてやや厳しい情勢だ。 小川 もE-1選手権の香港戦でハットトリックを達成したものの、目立 った活躍はそれだけ。 今季復帰するジュビロ磐田でコンスタントに 出場する保証もない。 2人が揃って難しい状況であれば、欧州組の アタッカー陣の中から前田大然をゼロトップ気味に使う選択肢もあ る。 加えて言えば、オーバーエージ枠で大迫勇也(ブレーメン) を呼べれば、ターゲットマンタイプはいなくてもいい。 前線の構成 をどうするかは指揮官の思惑次第ということになる。 大迫、柴崎が有力のオーバーエージ、残る1人は? そのうえで、海外組のオーバーエージ枠3人を入れる形になるが、 前述の通り、大迫と柴崎の2枚はほぼ確定。 もう1人はリーダーシ ップのあるA代表キャプテン・吉田麻也(サウサンプトン) が有力視されている。 ただ、吉田は昨年11月から所属クラブで出 番を失っていて、1月の移籍期間に新天地を見出せなければこのま ま構想外に近い扱いをシーズン終了まで強いられる可能性もある。 そうなれば、コンディション面で不安を抱えながら大舞台に挑まな ければいけない。 吉田同様のリーダーシップを発揮できる昌子源( トゥールーズ)を使えればいいのだが、彼もまた今季はケガ続きで ほとんどピッチに立てていない。 いつ実践復帰するのか、パフォー マンスが上がってくるかにもよる。 「東京五輪に出る」という野望 に燃えている本田圭佑も所属クラブが決まらなければ候補にも入っ てこない状態だ。 宙ぶらりんな人材がオーバーエージ候補者に多い のは、森保監督にとっての悩みではないか。 「だったらオーバーエージを使わなければいい」という見方も関係 者の間で根強い。 が、東京五輪世代はコミュニケーション力が低く 、声を出してチームを鼓舞できる人材が少ない。 自国開催の異常な 重圧の中、メダルを目指そうと思うなら、やはり統率力やリーダー シップを発揮できるメンタルの強い人間が何人もいた方がいい。 となれば、ワールドカップを経験しているA代表組の存在は心強い。 森保監督自身が危うい状況にある今、オーバーエージを使わない という選択はできないはず。 やはり大迫、柴崎、 吉田を基本線に考えるしかない。 上記の分析をまとめると、本大会メンバー18人は次のような構成 になる。 それとも意 外な選手が急浮上しているのか。 期待を込めて見守りたい。 取材・文/元川悦子 長野県松本深志高等学校、千葉大学法経学部卒業後、日本海事新聞を経て1994年からフリー・ライターとなる。 日本代表に関しては特に精力的な取材を行っており、アウェー戦も全て現地取材している。 ワールドカップは1994年アメリカ大会から2014年ブラジル大会まで6大会連続で現地へ赴いている。

次の

サッカーの歴代オリンピック日本代表とオーバーエイジ枠一覧|【SPAIA】スパイア

東京 オリンピック サッカー 日本 代表 メンバー

Contents• 東京オリンピックのサッカー オリンピックでは、男子は23歳以下で行われます。 東京オリンピックの場合は、1997年1月1日以降に生まれた選手が原則。 本大会の年に23歳になる、あるいはそれ以下の年齢の選手です。 そしてオーバーエイジとして、各チーム3名を上限に年齢制限を超える選手は登録できます。 東京オリンピックへの出場国は、16。 開催国である日本と、世界6大陸の予選を勝ち抜いたチームで行われます。 そして1次ラウンドは出場16チームを4組に分けて1回総当たりのリーグ戦を行い、 そして各2位までの8チームでノックアウト方式の決勝トーナメントを行っています。 Sponsored Link 関連記事: 東京オリンピックの日本代表メンバー発表はいつ? 7月に行われる東京オリンピックのメンバー発表はまだ行われてません。 いつ発表になるのかも分かり次第追記していきます。

次の