悪玉 コレステロール。 悪玉コレステロール値が高いのはなぜ?上がる原因と下げる方法

悪玉(LDL)コレステロール下げるためには!食事・運動・食品は?

悪玉 コレステロール

体内には一定量のコレステロールが必要 そもそも、コレステロールとは、一体どんなものなのでしょうか? コレステロールは生命の維持になくてはならない、体の中にある脂質の一種です。 細胞の働きの調節や栄養素の吸収などに関わっており、全身の細胞膜(細胞への物質の出入りを調節する)の成分となります。 また、コレステロールは数種類のホルモンとビタミンDの生成を助け、脂肪の消化を助ける胆汁酸をつくり出す際にも役立つため、 体内には一定量のコレステロールが保たれていなければなりません。 コレステロールが生まれる場所ですが、体外から取り入れるもの(食事)と、体内(主に肝臓)で合成されるものの2つに大別ができ、前者がコレステロール全体の3分の1、後者が3分の2を占めるといわれています(今回は、体内でつくり出されるコレステロールを取り上げます)。 「善玉」と「悪玉」の違い ここで、よく耳にする「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」について説明します。 名前が異なるので2種類のコレステロールが存在すると思われがちですが、体内における役割の違いで善玉と悪玉に分けられているだけで、 コレステロールは1つ、です。 コレステロールは血液に乗って必要な体の各所に運ばれますが、コレステロールは脂質であり血液に溶けにくいため、「リボたんぱく質」という成分と結合する必要があります。 例えるなら、リボたんぱく質はコレステロール(船員)を乗せる船です。 リボたんぱく質は2種類あり、 分子量(サイズ)の大きいものが「HDL(善玉)」、分子量が小さいものが「LDL(悪玉)」と呼ばれます。 LDLコレステロールはなぜ「悪玉」と呼ばれるのか 「善玉」のHDLコレステロールは、血管にある余分なコレステロールを肝臓に戻す「回収係」の役割を持っています。 HDLコレステロールがコレステロール回収してくれることで、動脈硬化の防止につながります。 一方、「悪玉」のLDLコレステロールは肝臓から全身の細胞にコレステロールを届ける役割を果たしていますが、細胞に必要以上にコレステロールが増えてしまうと、使われずに残った血液の中にある過剰なコレステロールが動脈の壁に次々と入り込み、動脈硬化を引き起こします。 これが、LDLコレステロールが「悪玉」と呼ばれる理由です。 人間が健康を保つためには、コレステロールが過剰にならないよう、HDLとLDLがバランス良く機能していることが大切です。 中性脂肪は、糖質と並んで重要なエネルギー源となるものですが、エネルギーとして使われなかった中性脂肪は皮下や内臓周辺に貯蔵されてしまいます。 中性脂肪が増え過ぎるとLDL(悪玉)コレステロールが増え、HDL(善玉)コレステロールが減りやすくなることがわかっているため、中性脂肪が増加しないよう、注意を払う必要があるでしょう。 なお、Non-HDLコレステロールとは、総コレステロールからHDLコレステロールを引いた値で、動脈硬化のリスクを総合的に管理できる指標です。 コレステロールが高くなる原因 コレステロールが高くなる背景には、遺伝的要素や食習慣、運動不足、肥満などが挙げられます。 遺伝的要素の代表が、「家族性高コレステロール血症」です。 これは、遺伝的にLDLコレステロールが高くなってしまう病気のことで、日本では200~500人に1人の割合で存在します。 この病気で問題なのは、子どもの頃からコレステロールの高い状態が長く続くことで、早いうちから適切な治療を開始することが必要です。 LDL(悪玉)コレステロールは、正常の量であれば全く問題ありませんが、 増え過ぎには注意が必要です。 LDL(悪玉)コレステロールの増加は 「飽和脂肪酸」の取り過ぎが原因の一つにあります。 飽和脂肪酸はバター、生クリームなどの乳製品やラード、肉の脂身などに多く含まれているので、伝統的な日本食を主食にするなど、定期的に食習慣を見直すようにしましょう。 運動不足はHDL(善玉)コレステロールを減らす原因ですが、逆に有酸素運動をすれば、HDL(善玉)コレステロールは増やせます。 適度に運動を日常生活に取り入れることが重要です。 肥満者が中性脂肪やコレステロールを多く含む食品を取り過ぎると肝臓が中性脂肪の合成を促進し、脂質代謝に異常が生じやすくなりなります。 中性脂肪はアルコールや甘いもの(糖分)で増える傾向があるので、お酒をよく飲む人やケーキなどをよく食べる人は、注意が必要です。 LDL(悪玉)コレステロールが血液中に増え過ぎると 血液中にLDL(悪玉)コレステロールが増え過ぎるとコレステロールが血管壁にたまり、血管壁がふくれ上がって血管の内腔(内側の空洞部分)が狭くなり、血管壁が硬くなって、もろくなります。 これが俗にいう 「動脈硬化」で、この動脈硬化が脳の血管で起きると「脳梗塞」、心臓の血管で起きると「心筋梗塞」になります。 「脳梗塞」は、血栓ができることによって血管が詰まってしまい、酸素が脳に行きわたらなくなることで起こる病気で、突然、発症します。 放置すると、まひや感覚障害など、生活に支障をきたす重大な後遺症を残すことがあり、最悪の場合、生命に危険を及ぼすため、初期症状を把握することがとても重要です。 「心筋梗塞」は冠動脈(心臓に酸素と栄養を送るための血管)が完全にふさがり、心筋に血液が流れなくなった状態を指します。 心筋梗塞になると心筋が壊死し、重症の場合は死に至ることもあります。

次の

善玉・悪玉コレステロール数値表|あなたのLDLは高い?低い?

悪玉 コレステロール

病院で血液検査をして、コレステロール値に異常が見られた場合、薬を処方されることがあります。 コレステロール値が高すぎるので、正常値に戻すための薬です。 こういった薬を処方されてしまうと、もしかして一生飲み続けなければいけないのかな?と不安になってしまう人もいるのですが、決して飲み続けなければいけないものではありません。 もちろんコレステロール値が正常に近づいていけば、薬をやめることもできるようになります。 それでは、具体的にコレステロールの薬の作用や、副作用、どのくらい飲み続けるのかなどをご紹介していきたいと思います。 コレステロールの薬の作用 コレステロールというのは、夜間に作られやすいという特性があるので、基本的には「夕食後」に服用する薬が多いです。 しかし、1日中効果が持続する薬なども出ていますので、「朝食後」に服用する薬も、たくさんあります。 ですから、処方された薬の種類によって、飲むタイミングは異なっていますので、指示された通りに飲み進めていきましょう。 コレステロールを下げる薬というのは、体の中でコレステロールの生成を抑制する作用があります。 普通であれば、食事をしたらコレステロールが体内で生成されるのですが、その作業ができないように阻害をするのが、薬の作用です。 これにより、コレステロールの量を下げるという効果が表れるのです。 それから、合成されたコレステロールは吸収されて分解されて、また再吸収されるケースがあります。 その再吸収が抑制できる薬もあります。 つまり、コレステロールの薬は、コレステロールの合成を抑制する働きがあるものと、再吸収を抑制する働きがあるものと、種類がいくつか用意されています。 (参考) コレステロールの薬の副作用 コレステロールを下げる薬を服用すると、場合によっては副作用が出てくる人もいます。 主な副作用は、下記の通りです。 吐き気• 食欲不振• 胃もたれ• 肝機能障害 主に多いのが、胃の症状や便秘や下痢などの症状です。 これらは、薬を服用し始めたころに起こることが、多いです。 服用をして副作用を感じるようになった場合は、医師に相談をしてください。 きちんと副作用を伝えていくことで、重篤な副作用が起こるのを防ぐことができます。 ちなみに、コレステロールを下げる薬は、長期的に服用することを最初から考えて作られているので、基本的には安全な薬だといわれています。 一生飲み続けなければいけないの? ここで気になるのが、コレステロールを下げる薬を飲み始めたら、一生飲み続けなければいけないのか?ということです。 結論からいえば、一生飲み続けることがないように、生活習慣などを改善していく努力をする必要があります。 コレステロールを下げるためには、食生活や生活習慣を見直して、自分で努力をしていかなければいけません。 努力をする上で、今現在のコレステロール値が高いので、それ以上高くならないようにほかの症状がでてこないように、現状をとどめるという意味で薬を飲みます。 ですから、薬だけでコレステロールを正常値に戻すというのではなく、あくまでもサポート要員だということを覚えておきましょう。 もちろん努力の末に、コレステロール値が正常になれば、薬を飲む必要はありません。 (参考).

次の

悪玉コレステロールが高い原因|病気・症状チェック

悪玉 コレステロール

もくじ• 以前の記事で、 中性脂肪は低いのにLDLコレステロール値が高い人は 通常の高コレステロールの人とはコレステロールの下げ方が違うと書きました。 そこで自分の記事通りにやってみたのですが。。。 バタバタ。 で、ご飯を食べてる時にやっとゆっくり見られました。 ちなみにこれが過去4年のLDLコレステロール値です。 ! 去年は中性脂肪が半分に下がったので、なんとか総コレステロール値はセーフになったものの…年々上がってる… LH比と総コレステロールについては、こちらの記事の「5、LH比と総コレステロール値」に詳しく書いてます。 計算法も載せてます。 でも要注意は抜けたし、総コレステロール値も正常だ!よかった~!! (ただしLH比は2. 1…むむむ) あれー? それにしてもなんで急に下がったんだろー? 食事療法は挫折してから意識してないのに…! 野菜もそんなに多くないし… 一年経って当たり前になってたのですっかり忘れてましたが、 この一年続けていたのでもしかしたらこれのおかげかな?という 4つの事をご紹介させて頂きます!! (前フリながっ) 3、LDLコレステロールが下がった4つの食べ物 それでは本題に参りましょう! まず一つ目は、 3-1 毎日ゴボウを食べた 一年前の診断結果の時、先生に 「食物繊維はコレステロールを絡め取って便として排出させる」と聞いたので 手っ取り早く ゴボウを毎日食べるようにしてみたのです! でもゴボウは硬くて切るのが大変、火が通るまで時間もかかる… 実は以前もゴボウにチャレンジしたのですが、続かなかったんですよねー。 それが今回、一年間ずっと続けられたのは これのおかげでした! (汚くてすみません;) コレでゴボウをスライスして毎日味噌汁に入れているのです~!(笑) これだと力が要らずに切れるしすぐ火が通る~ 歯医者に通ってて硬い物が食べられなかったのもあり、とても救われました~(笑) ものぐささんにはオススメです! (他にも味噌汁には、人参、キノコ、ワカメ、豆腐、ほうれん草や大根など、五種類以上を入れて毎日食べてます。 キノコやワカメにも食物繊維が多いのでそれも良かったのかもしれません) 3-2 バタートーストをキッパリやめた 夫と話し合い、心当たりのあるコレステロールの上がってそうなものをやめることに。 思いついたのはただ一つ、 バタートーストでした! 夫がバターが大好きで、パンやお芋に海のように乗せて食べていまして、 ちょうど2017年くらいからハマリ出したんですよね。 私もその影響で週3回はバターたっぷりで、気付くとトースト2枚食べてました… そらコレステロール上がるわ! (1枚だったバタートーストが2枚になったせいか、2018年だけ例年より4kgも体重が増えました…;今年は元に戻りましたが;糖質制限無視したバツや~) 今は毎日ご飯で、トーストはこの一年一度も食べてません。 豆腐、納豆、きな粉、豆乳は毎日で、 油揚げ、高野豆腐や豆乳ヨーグルトも時々食べます。 大豆製品も悪玉コレステロールを下げると知って、万能なんだと感じました。

次の