フラット 35 不正。 「フラット35」の不正利用、住宅機構が全件調査へ

「フラット35不正融資被害者対策本部」設置

フラット 35 不正

住宅ローン融資を手がけるは7日、固定金利の住宅ローン「フラット35」をめぐる審査を厳格化したと発表した。 2019年春から、新規に案件を仲介する不動産会社に対して業者と直接面談して顧客を管理する体制などを確認するようにしたほか、同年初頭からフラット35を手掛ける住宅金融支援機構と組んで融資の調査に乗り出した。 フラット35をめぐっては、顧客が自ら住むための資金を得る住宅ローンとして融資を受けながら、不動産投資用物件の取得資金に転用した事例があったという疑いが出ている。 アルヒは、住宅金融支援機構と民間企業が提携して提供するフラット35を通じた住宅ローン融資では最大手。 不正な融資申請がないかを改めて調べるほか、さらに対策をする必要があると判断した。 新規に取引をする不動産会社との面談では、企業の運営実態を営業部門が直接確認。 投資用不動産と住宅ローンの顧客を分けられる体制が整っているかどうかを調べる。 情報共有なども強化しているという。 融資の調査では、アルヒが住宅金融支援機構と連携して不正な融資の申請を見逃した事例がないかどうかを調べる。 同社では19年初めから調査に着手。 現時点では同社が主体となって関与する案件で不正は見つかっていないという。 投資用不動産への融資をめぐっては、18年からで、審査書類の改ざんなど不正の横行が表面化。 不動産会社が顧客を誘導する形で不正に関与、主導した事例が多いとされる。 金融機関側でも、顧客の不正を防ぐ対策の強化が不可欠な状態になっている。

次の

フラット35「不正利用」した人はどうなるのか

フラット 35 不正

こんにちは。 の高橋愛子です。 昨年、お客様からいただいたバラの鉢植え。 町を歩くと色々なところでバラが咲いていてついつい足を止めてしまいます。 バラは年2回咲くので本当に楽しめますね。 朝起きた時の癒しのひと時です。 さて、先日ブログでも書きましたが、 フラット35の不動産投資不正融資問題。 本来認めていない投資目的の利用を排除するため審査などの融資実行前の対策を強化する。 自己の居住用か投資用なのか判別しにくい場合も予想され、対策の課題になりそうだ。 長期の固定金利で資金を借りられるフラット35は、本人や親族が住む住宅の購入資金を機構と提携した金融機関が融資する。 第三者に貸す投資用物件の購入資金に充てることは認めていない。 こうした不正利用が疑われる融資は約100件にのぼる。 機構は借り手が実際に住んでいるのかどうかなどの調査を始めた。 今回発覚した事例は特定の不動産会社が関与しているとみられているが、機構は5月中にもすべての融資案件から疑いのある例を抽出する作業を始める。 フラット35は2017年度末で約68万件、15兆円の残高がある。 全件調査で抽出した不正が疑われる事例でも、居住の有無や投資目的の認識があったかどうかを確認していく方針だ。 機構は再発防止策として、過去の不正事例を参考にした審査の強化や、申し込み時点で投資用に使えないことを周知徹底する対策に着手した。 ただ、例えば住宅を買った後に転勤になった借り手が第三者に貸し出すことは認めている。 居住用と投資用を厳しく線引きする「水際」の防止策が機能するのか疑問視する見方もある。 融資件数も膨大で、現地に出向いて居住の有無を確認するのは現実的ではない。 不正疑惑を巡っては、フラット35の取り扱いで最大手のアルヒで投資物件への流用が疑われる案件が見つかり、同社が調査している。 アルヒの浜田宏社長は14日「不正の疑いがある案件は過去に手がけてきた十数万件のうちで0. 全件調査となると莫大な調査料とコストもかかることでしょうが、 公的な金融機関としては、そんなコストよりも事実確認と防止策の方に力を入れていくでしょう。 不動産投資目的で住宅ローンを組むことは、最初から資金使途違反ですから、 今後厳しく追及されていくことになるでしょう。 多分、相当な数の融資が発覚すると予測されます。 問題は、本当にやむを得ない事情で賃貸に出さざるを得なかった人です。 そういった人達も一色単に見られてしまい、一括請求を求められてしまうような事態にならないよう、 案件別にしっかりと調査してもらいたいと願います。 また、今後このような問題のせいで、本当に家を買いたい人達の融資条件が厳しくなることでしょう。 本当に買いたい人の支障になることが無いよう、健全な審査基準となって欲しいです。 スルガ銀行の不正融資問題もそうですが、問題の根源は、不動産業者のモラルの問題だと思います。 顧客の利益優先ではなく、不正を働いて迄も自己の利益中心に考えて仕事をしていること。 そこが根本から改善されない限り、今後もこのような問題は無くならないでしょう。 こういったモラルの低い一部の業者のために、業界全体のイメージが悪くなってしまうことが残念ですが、 そういった人たちは、自然に淘汰されていくものです。 損得より、善悪。 常にお客様の利益を優先に考え、仕事をしていきたいです。

次の

フラット35「不正利用」した人はどうなるのか

フラット 35 不正

こんにちは。 の高橋愛子です。 昨年、お客様からいただいたバラの鉢植え。 町を歩くと色々なところでバラが咲いていてついつい足を止めてしまいます。 バラは年2回咲くので本当に楽しめますね。 朝起きた時の癒しのひと時です。 さて、先日ブログでも書きましたが、 フラット35の不動産投資不正融資問題。 本来認めていない投資目的の利用を排除するため審査などの融資実行前の対策を強化する。 自己の居住用か投資用なのか判別しにくい場合も予想され、対策の課題になりそうだ。 長期の固定金利で資金を借りられるフラット35は、本人や親族が住む住宅の購入資金を機構と提携した金融機関が融資する。 第三者に貸す投資用物件の購入資金に充てることは認めていない。 こうした不正利用が疑われる融資は約100件にのぼる。 機構は借り手が実際に住んでいるのかどうかなどの調査を始めた。 今回発覚した事例は特定の不動産会社が関与しているとみられているが、機構は5月中にもすべての融資案件から疑いのある例を抽出する作業を始める。 フラット35は2017年度末で約68万件、15兆円の残高がある。 全件調査で抽出した不正が疑われる事例でも、居住の有無や投資目的の認識があったかどうかを確認していく方針だ。 機構は再発防止策として、過去の不正事例を参考にした審査の強化や、申し込み時点で投資用に使えないことを周知徹底する対策に着手した。 ただ、例えば住宅を買った後に転勤になった借り手が第三者に貸し出すことは認めている。 居住用と投資用を厳しく線引きする「水際」の防止策が機能するのか疑問視する見方もある。 融資件数も膨大で、現地に出向いて居住の有無を確認するのは現実的ではない。 不正疑惑を巡っては、フラット35の取り扱いで最大手のアルヒで投資物件への流用が疑われる案件が見つかり、同社が調査している。 アルヒの浜田宏社長は14日「不正の疑いがある案件は過去に手がけてきた十数万件のうちで0. 全件調査となると莫大な調査料とコストもかかることでしょうが、 公的な金融機関としては、そんなコストよりも事実確認と防止策の方に力を入れていくでしょう。 不動産投資目的で住宅ローンを組むことは、最初から資金使途違反ですから、 今後厳しく追及されていくことになるでしょう。 多分、相当な数の融資が発覚すると予測されます。 問題は、本当にやむを得ない事情で賃貸に出さざるを得なかった人です。 そういった人達も一色単に見られてしまい、一括請求を求められてしまうような事態にならないよう、 案件別にしっかりと調査してもらいたいと願います。 また、今後このような問題のせいで、本当に家を買いたい人達の融資条件が厳しくなることでしょう。 本当に買いたい人の支障になることが無いよう、健全な審査基準となって欲しいです。 スルガ銀行の不正融資問題もそうですが、問題の根源は、不動産業者のモラルの問題だと思います。 顧客の利益優先ではなく、不正を働いて迄も自己の利益中心に考えて仕事をしていること。 そこが根本から改善されない限り、今後もこのような問題は無くならないでしょう。 こういったモラルの低い一部の業者のために、業界全体のイメージが悪くなってしまうことが残念ですが、 そういった人たちは、自然に淘汰されていくものです。 損得より、善悪。 常にお客様の利益を優先に考え、仕事をしていきたいです。

次の