西川 貴教 asca。 西川貴教+ASCAコラボシングル「天秤

西川貴教+ASCAコラボシングル「天秤

西川 貴教 asca

NHKホールは無観客でしたが西川さんと共に、画面の向こうにいるみんなに全力の歌を届けました。 まだメラメラ燃えている。 ああ楽しかった。 司会の谷原章介さんが自粛中の様子を尋ねると、西川さんは「どうしてもストレス溜まりがちじゃないですか? そうするとこれ必要でしょやっぱり」と、「みんなで筋肉体操」(NHK総合)で腹筋を行う映像を紹介。 自粛生活でもトレーニングに余念が無い西川さんに、谷原さんが「また(筋肉が)大きくなっちゃいましたね?」と尋ねると、西川さんは一回り大きくなったことを明かしました。 また、西川さんは「僕、地元滋賀県なんですけど、地元には高齢の祖母だったりだとか、病気療養中の父もいますので、そうやって家族と会えないのが一番辛かったですね」とコメント。 そうした家族への想いをのせて、西川さんは尾崎紀世彦さんの名曲「また逢う日まで」を力強く歌い上げていました。 今回、アニメ「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」のオープニングテーマ曲にもなっている「天秤-Libra-」を披露。 西川貴教+ASCAは、アニメの世界観に合わせた白と黒の衣装で登場。 谷原さんはASCAさんに、西川さんとは26歳年齢が離れていることで、年齢差を感じることはあるのかと質問。 すると、ASCAさんは「全くないですね!」と即答。 また、ASCAさんは「私、本当に学生の頃からずっと憧れていた方でしたので」と西川さんは憧れの存在だったことを明かします。 この言葉を聞いた谷原さんが具体的にどこに憧れたのかを尋ねると、ASCAさんは「歌声にまず惹かれましたし。 今回はこうしてコラボさせていただけて本当に嬉しいです」と、西川さんとコラボできた喜びを語りました。 新型コロナウイルス感染拡大の影響でイベントが中止になったこともあり、2人が揃って生でパフォーマンスを披露するのは、今回の「うたコン」が初めて。 2人はソーシャルディスタンスを保ちつつ、NHKホールの観客席に座る谷原さんの前で、圧巻のパフォーマンスを見せます。 西川貴教+ASCAの見事なパフォーマンスを堪能した谷原さんは、「やっぱ生は最高だわ、コレね!」と感動を口にしていました。 今回の放送にはネット上で、「やべー西川貴教とASCAの生歌凄すぎて圧巻やっためちゃ良かった!二人とも声量おばけ」「うたコン、最高でした〜。 初パフォーマンスとは思えない位、息ピッタリ。 生歌は迫力があって、また一味違うっ」「やっと西川貴教+ASCA『天秤-Libra-』の全力パフォーマンスを観れた!!めちゃくちゃカッコ良かった!!!元気出た!!!26歳差にあまり見えないのが凄い(笑)やっぱライブは最高だなー!!早く生で聞きたい!!!」などのコメントが上がっています。 今回の放送は無観客でしたが、久々のNHKホールで披露した西川貴教+ASCAのパフォーマンスは最高だと感じた方が多かったようです。 また、家族想いな西川さんの言葉も素晴らしかったのではないでしょうか。 (文:かんだがわのぞみ).

次の

西川 貴教+ASCA|ヤマハミュージックデータショップ(YAMAHA MUSIC DATA SHOP)

西川 貴教 asca

」に出演します!もしかしてTVで「天秤-Libra-」初披露なんじゃない?どっちも聴いて観てね! — 西川貴教 TMR15 今回の『プレミアMelodiX』は、初のリモート収録。 司会の山里さん、ゲストの西川さんとASCAさんは、それぞれ別の場所から繋いでる中、西川さんは「しずちゃんはどこ?コレ」と南海キャンディーズ・山崎静代さんに質問します。 それに対し、茶色い皮製のソファーに座った山崎さんは「私は自宅です、自分の…」と返答。 すると西川さんは「え?大きいソーセージ…みたいな…何これ」といじります。 どうやら、山崎さんの背後に映るソファーの背もたれが気になっての最初の質問だったよう。 これに山里さんも「気をつけてよ。 収録でシャウエッセン2本持って来ないでよ」と便乗。 確かに画面越しで見ると、そのソファーはまさに日本ハムのウインナー、シャウエッセンそのもの。 山崎さんは「ちゃうちゃう、ソファーこれ」と訂正しますが、「おいしそう」と言って笑うASCAさんでした。 一方、ASCAさんも中学生の頃から西川さんに憧れていたそうで「オーディションとかを受けるときのプロフィールの尊敬する人の欄に西川さんを書いていたくらいだったので」と告白。 「へ~」と驚く山里さんに、「山ちゃん、ちゃんと見た?NSC(吉本総合芸能学院)だけじゃないんだよ、僕のこと尊敬してくれるのは」と訴える西川さん。 というのも、トークが達者である西川さんは、NSC出身という都市伝説があったり、お笑い芸人だと思われていたりすることが多いようで、山里さんは「吉本の養成所でも憧れの先輩に西川さんを書くってヤツがいる」と驚きの事実を明かしました。 それに先立ち、西川さんは「記念すべき初の歌番組での初のパフォーマンスが、テレ東ってことで、ちょっとまぁ…」と不満を漏らします。 この皮肉に山里さんは「ちょっと心の声デケェな」とツッコミますが、それでも「テレ東って観てる人いるのかな?」とえぐる西川さん。 山里さんは「いい加減にしろよ」と言いつつ「だいたいオンエア的にはですね、準備を始めたパン屋さんだけが見てるんで」と放送時間帯を自虐。 西川さんとASCAも思わず爆笑していました。 二人のパワフルな歌声の掛け合いに惚れ惚れしたファンが多かったようです。 歌はもちろんですが、西川さんと山里さんの抜群のワードセンスから、トークも楽しめたのではないでしょうか。 (文:ジョブリナ).

次の

西川 貴教+ASCA|ヤマハミュージックデータショップ(YAMAHA MUSIC DATA SHOP)

西川 貴教 asca

NHKホールは無観客でしたが西川さんと共に、画面の向こうにいるみんなに全力の歌を届けました。 まだメラメラ燃えている。 ああ楽しかった。 司会の谷原章介さんが自粛中の様子を尋ねると、西川さんは「どうしてもストレス溜まりがちじゃないですか? そうするとこれ必要でしょやっぱり」と、「みんなで筋肉体操」(NHK総合)で腹筋を行う映像を紹介。 自粛生活でもトレーニングに余念が無い西川さんに、谷原さんが「また(筋肉が)大きくなっちゃいましたね?」と尋ねると、西川さんは一回り大きくなったことを明かしました。 また、西川さんは「僕、地元滋賀県なんですけど、地元には高齢の祖母だったりだとか、病気療養中の父もいますので、そうやって家族と会えないのが一番辛かったですね」とコメント。 そうした家族への想いをのせて、西川さんは尾崎紀世彦さんの名曲「また逢う日まで」を力強く歌い上げていました。 今回、アニメ「白猫プロジェクト ZERO CHRONICLE」のオープニングテーマ曲にもなっている「天秤-Libra-」を披露。 西川貴教+ASCAは、アニメの世界観に合わせた白と黒の衣装で登場。 谷原さんはASCAさんに、西川さんとは26歳年齢が離れていることで、年齢差を感じることはあるのかと質問。 すると、ASCAさんは「全くないですね!」と即答。 また、ASCAさんは「私、本当に学生の頃からずっと憧れていた方でしたので」と西川さんは憧れの存在だったことを明かします。 この言葉を聞いた谷原さんが具体的にどこに憧れたのかを尋ねると、ASCAさんは「歌声にまず惹かれましたし。 今回はこうしてコラボさせていただけて本当に嬉しいです」と、西川さんとコラボできた喜びを語りました。 新型コロナウイルス感染拡大の影響でイベントが中止になったこともあり、2人が揃って生でパフォーマンスを披露するのは、今回の「うたコン」が初めて。 2人はソーシャルディスタンスを保ちつつ、NHKホールの観客席に座る谷原さんの前で、圧巻のパフォーマンスを見せます。 西川貴教+ASCAの見事なパフォーマンスを堪能した谷原さんは、「やっぱ生は最高だわ、コレね!」と感動を口にしていました。 今回の放送にはネット上で、「やべー西川貴教とASCAの生歌凄すぎて圧巻やっためちゃ良かった!二人とも声量おばけ」「うたコン、最高でした〜。 初パフォーマンスとは思えない位、息ピッタリ。 生歌は迫力があって、また一味違うっ」「やっと西川貴教+ASCA『天秤-Libra-』の全力パフォーマンスを観れた!!めちゃくちゃカッコ良かった!!!元気出た!!!26歳差にあまり見えないのが凄い(笑)やっぱライブは最高だなー!!早く生で聞きたい!!!」などのコメントが上がっています。 今回の放送は無観客でしたが、久々のNHKホールで披露した西川貴教+ASCAのパフォーマンスは最高だと感じた方が多かったようです。 また、家族想いな西川さんの言葉も素晴らしかったのではないでしょうか。 (文:かんだがわのぞみ).

次の