ち 首 が 痛い 更年期。 更年期障害で首が痛いですって?

【意外と知らない!】更年期障害による関節痛症状の原因と対策

ち 首 が 痛い 更年期

日本人女性の更年期障害の症状で、首が痛いと感じる人が非常に多い 更年期の女性はエストロゲンの減少が原因で、様々な悪影響が出ますが、 実はエストロゲンの減少が血液の流れも悪化させ、それが原因で様々な不調に繋がります。 血液の流れが悪化するということは、全身に酸素と栄養が行き渡らずに、二酸化炭素や老廃物などをうまく排出できない状態に。 それがきっかけになり、 首や肩などの筋肉にも酸素や栄養が行き渡らずに固くなってしまい、肩こりや首の痛みの原因になります。 元々首には、頭を支えるという大きな役割があり、日々6〜8キロもある頭を支え、上下左右に動かしたり、回転させたりと様々な動きを支えている状態。 そこに 加齢に伴う筋力低下+血流の悪化による酸素と栄養不足が起こり、首が痛いとか肩こりがひどい状態になってしまいます。 そしてその状態が悪化すると、頚椎がすり減ったり、椎間板の変形が起こったり、慢性的な首の痛みや手足のしびれのような症状を引き起こしてしまう可能性も。 全身の不調が起こり、悪化しやすい更年期だからこそ、首が痛い状態を放置するのではなく、 早期に改善し、症状を悪化させないことが大切です。 首が痛い状態を放置することで起こる副作用や弊害とは? 首が痛い状態は慢性的な肩こりの影響だと考えてしまう人も多いですが、先ほども紹介したように更年期障害の症状のひとつである可能性が高いんです。 そしてその首を支えている頚椎の中央には、脊髄と呼ばれる神経幹が通っており、脊髄から枝分かれして、肩や腕につながっている状態。 その為に頚椎のダメージが悪化すると、首が痛いだけではなく、 肩の痛みや吐き気、手足のしびれなどの症状が出ることも。 さらにその状態が悪化すると、排尿障害まで起こる可能性もあるんです。 ここまで悪化してしまうと、首が痛いというだけでは済まなくなり、 手術が必要なったり、その治療に中長期の時間を費やす必要が出てくる場合も。 本人が辛くなるだけですので、そこまで症状が悪化する前に、早めに症状を改善してあげることが必要です。 更年期に首が痛いのは、足に問題があるのかも。 これは首の痛みの治療の第一人者であるという、笠原巖先生が発言している内容です。 更年期障害の症状が強く出る人は、 自律神経失調症の傾向があり、それにより不定愁訴が起こることが問題なのだとか。 更年期障害が一般的な症状なら、個人差は起こりにくく、症状が気にならない人がいることから沿い即されることだそうです。 更年期障害で起こる症状の多くが、自律神経失調症状や甲状腺疾患症状で起こる症状に類似し、それらの 原因の7割が足と首に原因があると考えられるのだとか。 外反母趾や指上げ足の状態だと足裏が不安定になり、それが原因で免震機能が低下し、歩く度に破壊エネルギーが首に衝撃を蓄積し、頚椎にダメージを与えます。 頚椎と頭蓋骨の接続部分に変形や細微な疲労骨折が起こることで、自律神経の誤作動を起こすことに。 実際に笠原巖先生が更年期障害を実感している人の足裏をチェックしたところ、 ほとんどの足裏に異常があり、それが原因で首が痛い、首がこっている、首がだるいなどの症状があったそうです。 更年期に首が痛い場合には、運動やストレッチをしよう! 更年期になるとエストロゲンの減少で血流が悪化したり、運動不足で首の筋力が低下したり、首が痛い状態が続くことばかり。 特にここ数年は、パソコンやスマホ、タブレットなどを操作する際に、同じ姿勢を維持していたり、悪い姿勢で首の痛みの原因を自ら作っていることも。 だから 最も簡単な方法は、首を動かしたり、良い姿勢を維持すること。 特に顎を前に突き出した状態で画面を見ていると、首が後ろに反り、頚椎や首の筋肉を緊張させる原因になるので、そういった姿勢をしないことは基本。 20〜30分に一度は歩いたり、ストレッチをするなど、同じ姿勢を維持しないように注意しましょう。 誰でもできる簡単な首のストレッチ方法とは?• 首を左右にゆっくり倒す(片側5秒ほどかけて、左右5回ずつ)• 顔を左右にゆっくり向ける(首の筋が少し出るくらいまで、5秒ほどかけて、左右5回ずつ)• 肩をゆっくりまわす(前後ともに5回ずつ、肩甲骨を動かすイメージで)• 両腕を上にあげてブルブル震わせる(下げて震わせるのもセットだと尚可) すごく簡単な動作ばかりですが、これを日に数回行うのと、行わないのとでは、首の痛みやコリが全く違います。 全部行っても2〜3分で済みますので、作業の合間の気分転換も含め、できるだけ多く行うようにしましょう。 女性ホルモン補充療法は首の痛みにはそこまで効果的ではない 更年期障害の症状を病院で改善しようと考えている多くの人が、女性ホルモン補充療法を年頭においていると思います。 更年期障害で一番多いほてりやホットフラッシュのような症状には、女性ホルモン補充療法が非常に効果的で、8〜9割もの人が症状を改善できると言われています。 しかし 肩こりや首の痛みには4割ほどの人しかその効果を実感できず、そこまで効果的というわけではありません。 問題が起こっている部位を温めたり、軽い運動やストレッチで血流を改善することが最も効果的な回線方法であり、治療法です。 だから女性ホルモン補充療法も更年期障害の治療法ですが、それよりも 血液をどう循環させるのか?とうことをより意識した対処法を実践することが大切。 そういった意味では、女性ホルモン補充療法よりもビタミンEを積極的に摂取することで、血流に足して直接的な作用を実感した方が良いのかもしれません。 更年期に首が痛い状態を放置することは、自律神経のさらなる悪化を招き、うつ病や自律神経失調症のきっかけになることもありますので、しっかり改善するようにしましょう。

次の

【意外と知らない!】更年期障害による関節痛症状の原因と対策

ち 首 が 痛い 更年期

更年期の手のこわばり、関節痛の原因は? 朝起きたら、手の指がこわばって曲げ伸ばしがつらい、ものがつかみにくい、関節がミシミシとした感じになる。 こんな更年期の症状は、やはり 女性ホルモンの減少が大きな原因です。 女性の体内で大切な働きをしている女性ホルモン「エストロゲン」は、骨や関節にも影響を与えています。 エストロゲンの減少は、関節をスムーズに動かす働きをするコラーゲンにも影響を与え、コラーゲンの機能低下を招きます。 更年期に入ってエストロゲンの分泌量が急激に低下すると、コラーゲンの量も減少します。 また、関節を支える筋力の低下などが、更年期の手のこわばりや関節の痛みが起こる原因になります。 エストロゲンが減少してくると、皮膚が乾燥したり、薄くなってきたりということが起こり、特に手足などの末梢部のしびれ、こわばりなどの原因になり得るそうです。 つまり、手足のこわばりや痛みといった症状は、関節や腱に炎症やむくみが起こりやすくなっているということなんですね。 また、体の冷えや疲れによって、関節やその周りの血流が悪くなり、痛みやこわばりが出ることもあります。 その原因には 普段の生活習慣が関係しています。 姿勢が悪かったり、運動不足で血行が悪くなっている。 老眼やドライアイによる目の疲れ、食生活の乱れなどが背景にあるとされています。 そういった冷えや体の疲れによって血流が悪くなり手のこわばりやしびれを起こすこともあります。 <関節リウマチの症状> ・左右対称に関節の腫れ、痛みがある ・朝のこわばりが1時間以上続く ・微熱や倦怠感 このような症状があるときや、痛みやしびれが長引く場合は、早めに医療機関を受診しましょう。 また、関節リウマチ以外にも似たような症状で間違えやすい病気もあるようなので何か気になることがあればすぐに受診しましょう。 日常生活における手のこわばり、関節痛の対処法 深刻な病気ではなくても、こわばりや関節の痛みはつらいものです。 手先を使う作業など、毎日の生活にも影響してきますね。 手のこわばりや関節の痛みが少しでも和らぐように、日常生活でできるケアの方法をご紹介します。 適度な運動やマッサージ 運動やマッサージを取り入れて血液の循環をよくしましょう。 運動は ウォーキング、 ストレッチ、 ラジオ体操などの 全身運動がおすすめ。 マッサージは、症状の出やすい手足を中心に、やさしくさするようにしてあげると効果的です。 朝、起き上がる前に布団の中で手を「ぐーぱーぐーぱー」させたり足首を回したりすると、症状が緩和され動きがスムーズになります。 「ぐーぱー」の動きは、血流をよくするようにやさしく握り、開くという運動を数回行います。 ゆっくり「ぐーぱー」をすると全身の血行促進に役立ち、たちまちこわばりが楽になります。 仕事や家事の合間や入浴中などでも気が付いたら「ぐーぱー」をやってみましょう。 体を温めてリラックスする 体が冷えるとこわばりや痛みは増すものです。 なるべくお湯にゆっくりとつかる時間を取り入れ、体を温め血行をよくしましょう。 ぬるめのお湯にゆっくりつかりながら、痛む部分のマッサージをするのもいいでしょう。 更年期のこわばりや関節痛は血行を促してあげることによって緩和されるはずです。 また、ハーブやアロマの入浴剤を入れて リラックスすることによってホルモンバランスを整えることもおすすめです。 食生活で関節に必要なものをバランスよく摂る 食事で意識するのは、骨、筋肉、軟骨を考えた栄養素をバランスよく摂取することです。 骨粗しょう症や骨折などのトラブルを避けるためにも、骨を強くしたいものです。 牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品や、大豆製品、小魚などの カルシウムを多く含む食事はとても重要です。 それに加えて、さけ、うなぎ、青魚などのビタミンDや、納豆、小松菜、ほうれん草などのビタミンKを多く含む食事を一緒に摂るとカルシウムの吸収がよくなります。 関節を支える筋肉を作るために、タンパク質も摂りましょう。 タンパク質の分解合成には、ビタミンB6が必要なので合わせて摂ることが大切です。 軟骨のためには、グルコサミンやコンドロイチンを摂りたいところですが、これらは普段の食事からは摂りにくいので、うまく サプリメントを活用しましょう。 冬美の場合 特に朝起きてすぐの時は手の指が「カキーン」という感じにこわばっています。 曲げ伸ばしがうまくいかず力も入らないので、瓶やボトルなどのの蓋が開けれなかったり包丁が使いづらかったり・・ 足首の関節が痛く、歩きづらいこともあります。 とにかくいつもやっていることは手の「ぐーぱーぐーぱー」です。 数回するだけであっという間にこわばりは緩和されます。 特に効果的な「ぐーぱー」のやり方は、両腕をだらーんと下ろして力を抜きます。 その状態で「ぐーぱー」を数回した後、手首を「きらきらきらー」と回します。 その動作を何セットか繰り返すと、とてもスッキリしますよ。 また、足首を回すのもおすすめ。 びっくりするほど体が軽くなって気持ちいいです。 ぜひ、やってみてください。 まとめ 更年期の症状は気にしすぎると悪化する傾向がありますが、 手のこわばりや関節の痛みも更年期の症状のひとつだと知っておくだけでも、不安は軽減されるのではないのでしょうか。 更年期の年代は気持ちも沈みがちになりますが、何もしないで寝ていたり家にこもっていたりという状態はなるべく避けましょう。 趣味や気晴らしなど、自分が楽しめることを見つけて外に目を向けるように心がけていると症状緩和につながるかもしれません。 自分が喜ぶことを、積極的に見つけていきましょう。 それでは どうぞお元気でお過ごしください。

次の

更年期障害:首の痛みを伴うことがある

ち 首 が 痛い 更年期

肩こりを更年期障害だと、考えていませんか? 更年期障害で肩こりを訴える人は多いのですが、更年期障害の治療で症状が緩和しない人も多いのです 「肩こりがひどいんです。 やはりこれは、更年期障害が原因でしょうか?」と、更年期障害を訴える40代女性が来院されます。 しかし、その多くは更年期障害ではなく、また、そのほとんどは更年期障害が原因でおこる肩こりではありません。 では、なぜ彼女たちは、肩こりを更年期障害だと思っているのでしょうか? 今回は、更年期障害と肩こりの思い込みについてお話しします。 更年期障害とは まずは、日本産婦人科学会が定義する更年期障害をご紹介しましょう。 「閉経の前後5年を更年期という。 この期間に多種多様な症状の中で、気質的変化に起因しない症状を更年期症状と呼ぶ。 これらの中で日常生活に支障をきたす病態を更年期障害と定義する。 」とあります。 日本人女性の平均閉経年齢は、50歳です。 更年期とは、50歳前後の女性が過ごす、人生の一定期間を示す言葉です。 ですから平均的な更年期は、約45歳~55歳すべての日本人女性に訪れます。 一方、更年期障害の診断基準は、日常生活に支障がでるほどの更年期症状に悩む状態です。 日本人女性では、2人に1人しか発症しません。 ちょっと汗をかく、ちょっと疲れやすくなった、少し睡眠時間が短くなったかな、など、軽く気になる程度の症状は、そもそも更年期障害ではありません。 更年期障害の症状と肩こり 日本人女性が悩む更年期障害の症状は、次の通りです。 肩こり• 疲れやすい• のぼせ• 汗をかく• イライラ• 皮膚乾燥感• 気分が沈む• めまい• 胃のもたれ• 膣乾燥感 日本人女性の訴える更年期障害症状の第1位は、肩こりです。 そして、欧米に多いといわれる「のぼせ」や「ほてり」が少ないことが特徴です。 なぜ更年期で肩こりがおこるの? 更年期障害が原因で肩こりが起こる機序は、次のように考えられています。 閉経間近になってくると、女性ホルモンのエストロゲンが減少します。 エストロゲンの欠乏は、筋肉や局所の血液循環に悪影響を与えます。 血流が低下した筋肉は酸素不足や栄養低下によって硬くなり、肩こりを感じます。 その肩こり、本当に更年期障害が原因? 肩こりは、厚生労働省が調査する国民生活基礎調査において、日本人女性が悩む症状の第1位です。 まさに肩こりは、日本人女性の国民病と言えるでしょう。 しかし、更年期におこる肩こりは、本当に更年期障害の症状なのでしょうか? 若いころから慣れ親しんだ肩こりが、更年期にさしかかって症状が悪化したから更年期障害だ、と決めつけているのではないでしょうか? 肩こりの原因については深く考えず、みんなが通る道である更年期のせいにしているのではないでしょうか? あなたが悩む肩こりは、女性ホルモンの減少が原因なのでしょうか? 更年期障害治療の女性ホルモン補充でも肩こり改善は40%のみ 更年期障害に特徴的な症状は、• ほてり(ホットフラッシュ)• 発汗異常• 不眠 だと言われています。 これら3つの主要症状がなく、腰痛や動悸、疲れやすさ、胃のもたれなどが主な症状である場合には、更年期障害以外の疾患を考慮すべきでしょう。 特に、日本人女性が多く訴える肩こりは、更年期障害特有の症状ではありません。 更年期障害治療として女性ホルモン補充療法を行っても、肩こり改善は40%ほどに留まるのです。 肩こりには、うつ病や整形外科疾患、心理的ストレス、神経科疾患など、さまざまな原因があります。 ですから、更年期障害症状を緩和する目的で、女性ホルモン補充療法が行われるのです。 しかし、安井らの研究(文献2)によると、女性ホルモン補充療法は、更年期障害に特徴的な症状であるほてりには80~90%の効果があるものの、肩こりに対しては40%しか効果を認めない、と報告しています。 すなわち、女性ホルモンの減少が原因でなければ、いくら女性ホルモンを補充しても、つらい症状は改善しないといえるでしょう。 更年期障害のメイン症状、例えば発汗異常やほてりがなく、肩こりだけが症状の場合、それは更年期障害ではなく、あくまで肩こりです。 肩こりを更年期障害の一言で片付けて、その症状を悪化させてはいけません。 つらい肩こりを治すためには、肩こりの原因となる病気を治療することが大切です。 産婦の実際59:433-439,2010.

次の