オカメインコ 震える。 【鳥の飼い方・生活】愛鳥オカメの威嚇が悲しい・・|とりっち

オカメインコの病気にいち早く気づこう!下痢は病気のサイン

オカメインコ 震える

ケージの網が横に走っているものがベスト あと、 ケージ選びで注意をしておきたい点は、色付き(塗装してある)のケージです。 インコさんはかじるのが仕事なので、ケージの塗装をかじってしまいます。 かじると体内に入ってしまい中毒などの病気になる可能性もありますので、無塗装のケージを選んであげましょうね。 ケージの中はできるだけシンプルに かわいい我が子のためにケージの中にオモチャをいろいろ入れてあげたくなりますよね 笑。 私も市販のカラフルなオモチャをみると、ついつい買ってしまいます。 買ってきたオモチャで遊んでる姿を見るのは嬉しいですが、与えるのは少しにしてあげてください。 オカメインコさんはパニックを起こしやすい鳥さんなので、ケージの中にいろんなものが入りすぎていると、それに引っかかって羽根を折ったりする事故が起こります。 羽根を折った時、すぐに気づいてあげればいいですが、留守にしている時パニックになり、羽根を折って出血してしまうことも無きにしもあらずです。 小さな身体の鳥さんにとって出血多量は命取りです。 ケージ内はシンプルにするのがベストです。 快適なケージの置き場所 ケージの置き場所は、人が快適に過ごせる空間ならオカメインコさんも快適に過ごせます。 リビングなど、人がいつもいてコミュニケーションが取れれば、鳥さんも安心。 逆にケージの置き場所にダメなところをあげてみますね。 玄関など薄暗いところ• キッチンのそば• 日当たりが良すぎる窓際• エアコンの風が直接当たる場所• テレビのすぐ横など電化製品の近く 特にキッチンは、火がありますしテフロン加工のフライパンを使うと、鳥さんには毒性のあるガスが発生して危険です。 寝室は私たち人間の健康上おすすめしません。 うちのオットはチョコ太郎が来てからアレルギーを発症しました…。 鳥さんのケージはリビングルームの一角にオカメインコさん専用の棚を置いてあげると、お互い安心ですね。 ケージを丸洗い!掃除の仕方 ケージの掃除は毎日下に敷いてある新聞紙と飲水を替えて、餌の残量を確認します。 そして週に1回、全部分解してケージの大そうじをします。 消毒の方法には3種類あると病院の先生に聞きました。 日光消毒• 熱湯消毒• 塩素系漂白剤 消毒は熱湯消毒が一番効果があると聞いたんですが、金網と止まり木以外はすべてプラスチックなので、熱湯をかけると変形してしまいました。 塩素系漂白剤は、たいていのお家ならあるキッチンハイターのことです。 薄めて使いますが、かなりゆすいでもニオイがなかなか取れず、そのうちやめてしまいました。 なので、スポンジやヘラなどでキレイに洗ってからベランダなどで日光消毒が一番安全で手軽です。 時間は30分くらいかな。 飼い鳥さんにとって一番長くいる場所がケージです。 放鳥時間を楽しみに待っていますが、ケージは鳥さんにとって自分のお城。 ケージの中で安心して過ごせるように、また、万一のときに怪我のないように選んであげてくださいね。

次の

オカメインコの羽根がが常に小刻みに震えています。症状に心当たりあ...

オカメインコ 震える

うさぎが震える原因には何がある? うさぎが震える原因には次のようなことが考えられます。 怖がっている・怒っている• 心拍数が上がっている• 病気や体調不良 それぞれ説明していきますので、心当たりがないかチェックしてみてくださいね。 怖がっている・怒っている うさぎは怖がっているときや怒っているときに震えることがあります。 飼い始め、家にお迎えした直後などは環境の変化に怯えて震えがみられることがあります。 また、気に入らないことがあって「足ダン」する際、興奮して体が震えるうさぎも珍しくないようです。 このような場合は震えていても体調が悪いわけではないので気にしすぎる必要はありません。 うさぎに精神的なストレスがかかりすぎないよう、気を付けてあげてくださいね。 心拍数が上がっている うさぎは運動などで心拍数が上がると、体が落ち着くまで震えるようなしぐさを見せることがあります。 生理現象なのであまり心配する必要はありませんが、震えが長く続くようであればうさぎの体に負担がかかっているとも考えられます。 また、部屋の温度が高いときに運動すると心拍数が上がりすぎてしまうことがあるようです。 運動させすぎない工夫や、運動させるときは部屋の温度を下げるなどの対応も大切です。 病気や体調不良 うさぎが震えているとき、一番心配なのは病気や体調不良の可能性ですよね。 うさぎは病気やケガで痛みを感じていても、外見からは分からないように隠そうとする習性があります。 普段と同じ環境にもかかわらず震えが止まらない場合、早めに原因を突き止め、病気の場合は一刻も早く治療する必要があります。 詳しくは次で説明していきますので、心当たりがないかしっかりチェックしましょう。 うさぎが震えるときに考えられる病気は? うさぎが震えるときに考えられる病気には、以下のようなものがあります。 これらが全てではありませんので、心配な場合はきちんと診断を受けるようにしてくださいね。 毛球症• 不正咬合• 熱中症• 神経系の異常 それぞれもう少し詳しく見ていきます。 毛球症 何らかの理由でおなかに毛の塊がたまってしまう病気です。 うさぎが震えているときは、毛球症による痛みやおなかの違和感を我慢しているのかもしれません。 毛球症は手遅れになると死んでしまうこともあります。 もし、便の様子が普段と違うなど他の症状も見られる場合は毛球症の可能性があるので、早めに診察を受けて治療しましょう。 不正咬合 歯の噛み合わせが悪かったり、伸びすぎたりすると不正咬合という歯の病気になることがあります。 不正咬合は歯が口の中に食い込んだりして強い痛みを伴うことも多いもの。 また、進行すると眼球など他の部位にも影響が出るなど、深刻な病気です。 うさぎは痛みを我慢して震えることがありますので、震えるときは不正咬合の疑いも持っておくべきかもしれません。 熱中症 うさぎは暑さに弱い動物です。 「ブルブル震えていると思ったら、熱中症だった」という話はよくあります。 クーラーの効いた部屋でも油断しないよう、普段からうさぎの適温を保ってあげるよう気を付けてくださいね。 神経系の異常 震えが痙攣のように見えるときは、神経に異常をきたしている可能性があります。 うさぎが神経系の病気になると、一刻も早く治療しないと命を落とす危険があります。 助かっても後遺症が残ることも少なくないので、神経系の病気には常に注意して、少しでもサインがあればすぐに行動できるようにしておくことが大切です。 大事に至る前に飼い主ができること うさぎが震えているときに考えられる病気を紹介しましたが、なんだか怖いものが多いですよね。 でも、うさぎが震えるのは必ずしも上記の病気によるものとは限りません。 説明したとおり、うさぎは体に何かしら痛みや違和感があるときにそれを我慢して震えることがあります。 「震えが止まらないのを獣医師に相談したら、口内炎だった」というケースもあり、震えているだけではどこが悪いのか飼い主にはなかなか判断できないものです。 すぐにおさまらない震えや、頻繁な震えがあるときは、早めに獣医師に相談するのが鉄則。 また、飼い主の初動がうさぎの快復に大きく影響することは多いです。 熱中症など原因になりそうなことが分かる場合は、診断を受ける前でも、できるかぎりの応急処置や対応を行ってくださいね。 まとめ うさぎが震える原因と考えられる病気について紹介しました。 震えるという行為は隠れている病気を見つける一つのサインなので、「たいしたことではないかも」と決めつけないことが大切です。 一方、うさぎは謎が多い動物でもあります。 子どもころのうさぎは何も異常がなくても震えることがありますが、成長するにつれて震えなくなることも多いようです。 また、紹介したとおり一時的な恐怖や怒り・興奮などで震えることも。 病気かそうでないかの判断は飼い主だけでは難しいので、「震えているうさぎへの対処の自己判断はしない」「おかしいと思ったら早めに行動する」ことを心がけてくださいね。

次の

うさぎが震える原因は?考えられる病気と飼い主ができること

オカメインコ 震える

タグ アルビノ いつから インコ うずら うるさい オカメインコ オス おすすめ おもちゃ カラー キュー グーグー くちばし ケージ コザクラインコ コツ ジージー ジジジジ しつけ方 しゃべる セキセイインコ そのう炎 パクパク ヒーター ピッ ヒナ ペット ペレット ポイント マメルリハインコ メス やけど やり方 ルチノー レア レインボー 一人暮らし 乾かす 予防法 仕草 代用 体 体重 保存 保温 保護 値段 出血 切り替え 卵 卵詰まり 原因 受診の目安 口 吐く 噛む 変 夏 大きさ 嫌がる 孵化 寒さ 対処 対処法 対策 寿命 平均 平均寿命 必要 必要な量 性別 性格 意味 愛情表現 懐く 成鳥 手作り 挿し餌 換羽 文鳥 方法 旅行 時間 暴れる 気持ち 水 水っぽい 水浴び 注意点 温めない 漢字 爪切り 特徴 理由 産卵 留守番 病気 症状 発情 目 目安 相場 種類 簡単 糞 置き場所 羽 習性 肥満 育て方 見分け方 費用 遊ばない 選び方 野良猫 量 長い 長生き 雛 震える 頻度 飼い方 飼育 餌 餌の量 鳥 鳴き声 飼われているオカメインコもなら餌に困ることもなく外敵に襲われる心配もないはずですが、 寿命が短くなるのは間違えた飼育の方法や人間と一緒の生活ならではの事故などが原因です。 オカメインコに少しでも長生きしてもらうためには、飼育方法をしっかり学び、事故に注意することがポイントでもあります。 ペットのオカメインコの平均寿命は12~20年ですが、20年以上生きているオカメインコもたくさんいます。 長寿のオカメインコの年齢は30才のようです。 オカメインコが30年生きるということは、生まれたばかりの赤ちゃんが30才になるということです。 30年は稀だとしても、25年は生きることを考えておく必要はあるということです。 オカメインコの寿命は短いようで長くもある、また、飼い主の飼い方次第でもあるということをしっかり心にとめておきましょう。 オカメインコの寿命を短くしてしまう理由3つ オカメインコの寿命は15~20年。 人と一緒に暮らしているオカメインコの場合は本来の寿命ほど生きられないケースが多いです。 安全で過ごしやすい環境であるはずなのに、オカメインコを短命にしてしまう原因も理解しておきましょう。 事故に気をつける 安全なはずの家の中で起こる事故は飼い主のうっかりが原因である場合が多いです。 オカメインコがいることを常に忘れないでおくことで防ぐことができますよ。 オカメインコは床を歩くこともあります。 それも大好きな飼い主のあとを追いかけて走ってくることもあります。 ドアの上にとまっていることもありますので、ドアを閉める前に確認するのはもちろん、風でドアが動かないようにすることも必要です。 窓を開けたタイミングで、オカメインコが飼い主の側に飛んできて、そのまま外に出てしまったというケースもあります。 飼い主によくなついてくれるからこその事故でもあります。 人間の食べ物を与えない 人間の食べ物のなかにはオカメインコにとって有害なものもたくさんあります。 特に注意したいのがチョコレートとアボカドです。 ほんの少量でも中毒症状を起こす危険な食べ物です。 チョコレートの場合は食べかすがテーブルや床の上に落ちることに気をつけ、出しっぱなしにしないことも大切です。 アボカドもしまっておき、興味を持ったオカメインコが噛じることがないようにしましょう。 ネギ類やにんにく、コーヒーやアルコールもオカメインコにとっては危険な食べ物です。 食べ物ではありませんが、切り花や観葉植物の中にも毒性の強いものがたくさんあります。 病気に早く気がつく 病気に早く気がつくことで、症状が重くならないうちに治療をはじめて助かることもあります。 そのためには毎日の健康チェックも大切です。 便の状態や食欲、元気があるかどうかなどを気をつけて見るようにし、わずかな異常にも気づくことができるようになってください。 オカメインコの場合も早期発見、早期治療が重要です。 オカメインコの寿命をのばすための大切な飼育ポイント 飼育環境はとても大切です。 ケージの置き場所はオカメインコが落ち着けることを一番に考えてください。 寂しい思いをしないように人が一番多く過ごすリビングが良いですが、出入りが多いドア付近や外の気温の影響が出やすい窓の側、冷暖房器具のすぐ近くは避けるようにしましょう。 他のペットを飼っていたり小さな子どもがいる場合は床の上などは避け、ペットや子どもの手が届かない高さであることも必要です。 温度管理もしっかり行いましょう。 寒さに弱いので気温が低い時期は保温が必要ですが、暑すぎるのも体に負担を与えてしまいます。 一年中快適な温度で過ごせるのは理想的ですが、オカメインコが健康である場合に限り季節感を感じられる温度管理をおすすめします。 オカメインコのケージはできるだけ毎日掃除をして、清潔に保つようにしましょう。 ケージの底だけでなく、止まり木やおもちゃなども汚れている場合は洗ってしっかり乾燥させてから取り付けてください。 餌が殻ばかりになっていたり水が汚れていることがないようこまめにチェックすることも大切です。 病気を防ぐためにも不衛生な環境に注意し、栄養管理もしっかり行ってください。 ペットのオカメインコはずっと家に中にいます。 時には太陽の日差しを直接浴びて、日光浴をさせてください。 暖かく晴れた気持ちの良い日はケージごと外に出して、30分ほど一緒に過ごすことで日光浴ができます。 丈夫な骨を作るためにも必要なことです。 オカメインコの性格を知って毎日を楽しく過ごそう オカメインコを長生きさせるためには、オカメインコの性格や習性を理解して、愛情をいっぱい注いでお世話をすることも大切です。 人懐っこくて少し臆病なオカメインコはひとりでいることが苦手でもあります。 オカメインコを飼うと決めたのなら、毎日一緒に過ごす時間を作ってください。 ケージに入れたままにしていたり、長時間のお留守番はオカメインコのストレスになります。 毎日ケージから出して運動をさせ、一緒に楽しく遊びましょう。 オカメインコが楽しいと思える時間を作るのも飼い主の役目です。 オカメインコはおしゃべりはあまり上手ではなくても、歌は得意です。 よく耳にする音楽なら勝手に覚えて歌うこともありますが、お気に入りの曲を覚えてもらうと心地よいBGMにすることができますよ。 勝手にアレンジを加えてくれるのも楽しみのひとつです。 オカメインコを飼う上で覚えておきたいのがオカメパニックです。 オカメインコは臆病な性格なため、聞き慣れない音や見慣れない物などに不安を感じてパニックになることがあります。 驚いていきなり飛びまわるため、その勢いから怪我をすることも少なくありません。 地震のときや大きな音が聞こえた時はすぐにオカメインコの側に駆けつけてください。 毎日の健康チェックも忘れないで オカメインコが毎日を健康に過ごすためには、体調がすぐれないことにすぐに気がついて対処することも大切です。 オカメインコは体調が良くないことを隠すところがあります。 飼い主ならそれを見抜く力もつけたいところですが、こまめに状態を確認することも大切です。 毎日の健康チェック• 便の状態• 食欲と水の減り具合• 羽を膨らませていたり、異常がないかどうか• 鼻水やくしゃみ、咳• 呼吸音が聞こえたり、呼吸が荒い様子がないかどうか• 嘔吐をしている、又は餌が散らばっているなど嘔吐をした形跡.

次の