鬼 滅 の 刃 夢 小説 嫌 われ。 【吾峠呼世晴】鬼滅の刃ネタバレスレ237

勘違いもほどほどに【鬼滅の刃】

鬼 滅 の 刃 夢 小説 嫌 われ

「俺 もしかして嫌われてるのかな」 獅子色の髪の少年、錆兎が 口を大きく開けたまま 横目を使って義勇を見た。 師匠に言われた通り、もぐもぐもぐと米粒をよく噛んでから飲み込む。 「どうしてそう思うんだ?義勇」 「先生が最近、俺に冷たい気がするん」 「それはない」 ぴしゃりと言い切った錆兎に驚いて 今度は義勇が目を大きく見開いた。 「鱗滝さんはいつも俺たちのことを気に掛けてくれる優しい人だ。 まぁ、稽古中は情け容赦の欠片もないかもしれないが。 だからと言って、鱗滝さんが義勇を嫌ってるだなんてそんなことは絶対にない。 冷たくされていると、お前は勘違いしているんじゃないか」 言葉の語尾に耳垂れの記号は見えなかった。 疑問でもなく、疑念でもない。 断言できるのは、自分たちの師匠を信じきっているからだ。 特に錆兎は 今まで共に稽古を重ねてきた鱗滝の子供たちの中でも、一等彼に対しての憧れが強かった。 鋭い視線で真っ直ぐ見据えたまま、眉を中央に寄せる。 天狗の面の向こうで師匠もしているであろう面持ちだった。 義勇は思わず息を呑んだ。 「それに、人は必ず誰かしらには嫌われているんじゃないかと俺は思ってる」 そう言うと、寄せていた眉を返した。 「最も強い剣士だって、大金持ちの商人だって、才能の無い剣士だって、貧しい百姓だって、必ず誰かに嫌われている。 でも、誰かを嫌い続けながら生きていくのは絶対に無理なことだ。 嫌いと思うその反面、心のどこかでは良点も見つけているんだよ」 「そうかもな。 ありがとう、錆兎」 錆兎は 義勇の背中に手を伸ばし、幾度か軽く叩いた後、優しく笑った。 義勇にとって錆兎の教えは、これからの人生にある多くの暗闇を照らしてくれることになる。 また、錆兎にとってもそれは同じこと。 「錆兎はとても強い剣士になれるよ、きっと」 「そうか?お前も絶対に良い剣士になれると思うぞ。 誰よりも努力できる奴だからな!」 少年たちの無垢な笑い声は狭霧山に響き渡っていた。 [newpage] 「ねぇ、冨岡さん。 先程、伊黒さんや不死川さんも言っていたでしょう?あなたのそのつんけんした態度がどうも気に入らないって。 確かに私もそう思うんですよね。 何か思う事があるならば言ってみたらどうです?ねぇねぇ。 」 「あれれ、無視ですか?聞いてますか? 思わせぶりな態度はいけないと思いますよ。 簡単に人の気持ちを察することは出来ないので、やめて頂きたいのですが。 そんなだからみんなに嫌われるんですよ?」 「俺は嫌われてない」 「俺 もしかして嫌われてるのかな」 獅子色の髪の少年、錆兎が 口を大きく開けたまま 横目を使って義勇を見た。 師匠に言われた通り、もぐもぐもぐと米粒をよく噛んでから飲み込む。 「どうしてそう思うんだ?義勇」 「先生が最近、俺に冷たい気がするん」 「それはない」 ぴしゃりと言い切った錆兎に驚いて 今度は義勇が目を大きく見開いた。 「鱗滝さんはいつも俺たちのことを気に掛けてくれる優しい人だ。 まぁ、稽古中は情け容赦の欠片もないかもしれないが。 だからと言って、鱗滝さんが義勇を嫌ってるだなんてそんなことは絶対にない。 冷たくされていると、お前は勘違いしているんじゃないか」 言葉の語尾に耳垂れの記号は見えなかった。 疑問でもなく、疑念でもない。 断言できるのは、自分たちの師匠を信じきっているからだ。 特に錆兎は 今まで共に稽古を重ねてきた鱗滝の子供たちの中でも、一等彼に対しての憧れが強かった。 鋭い視線で真っ直ぐ見据えたまま、眉を中央に寄せる。 天狗の面の向こうで師匠もしているであろう面持ちだった。 義勇は思わず息を呑んだ。 「それに、人は必ず誰かしらには嫌われているんじゃないかと俺は思ってる」 そう言うと、寄せていた眉を返した。 「最も強い剣士だって、大金持ちの商人だって、才能の無い剣士だって、貧しい百姓だって、必ず誰かに嫌われている。 でも、誰かを嫌い続けながら生きていくのは絶対に無理なことだ。 嫌いと思うその反面、心のどこかでは良点も見つけているんだよ」 「そうかもな。 ありがとう、錆兎」 錆兎は 義勇の背中に手を伸ばし、幾度か軽く叩いた後、優しく笑った。 義勇にとって錆兎の教えは、これからの人生にある多くの暗闇を照らしてくれることになる。 また、錆兎にとってもそれは同じこと。 「錆兎はとても強い剣士になれるよ、きっと」 「そうか?お前も絶対に良い剣士になれると思うぞ。 誰よりも努力できる奴だからな!」 少年たちの無垢な笑い声は狭霧山に響き渡っていた。 [newpage] 「ねぇ、冨岡さん。 先程、伊黒さんや不死川さんも言っていたでしょう?あなたのそのつんけんした態度がどうも気に入らないって。 確かに私もそう思うんですよね。 何か思う事があるならば言ってみたらどうです?ねぇねぇ。 」 「あれれ、無視ですか?聞いてますか? 思わせぶりな態度はいけないと思いますよ。 簡単に人の気持ちを察することは出来ないので、やめて頂きたいのですが。 そんなだからみんなに嫌われるんですよ?」 「俺は嫌われてない」.

次の

或るろくでなしの死 / 平山 夢明【著】

鬼 滅 の 刃 夢 小説 嫌 われ

どうやらこの世界は私の事が嫌いなようだ。 いや、消えて欲しいのだろう。 [newpage] わたしは普通の子どもだった お腹が空けば泣いて乳をもらい あやしてもらえば笑顔で笑い 体力はそこそこあるようでよくかけっこをしてた ただ話すのが少し苦手なだけだった 近所の子どもと喧嘩をして仲直りをしてさらに友情を深めたし、年相応だったと思う とても普通の子どもだった そこらの人と変わらないわたし ごく普通の家族 だが、それがなぜ私が世界から嫌われる事になると思うだろう それは私が9歳の誕生日を迎えた日に起こった。 一緒に綺麗なお花探そう!」 と言いつつ、誕生日を気にしてもらえるのが嬉しかった。 「だーめ!主役は大人しくしてなきゃ!」 莉子ちゃんは両手いっぱいに花を持っており籠に詰め込んでいく。 「わかったわかった。 あんまり無茶しないでね!」 はいはい。 と莉子ちゃんは笑いながらあっちこっちに駆けて行く。 今日はとっても素敵な日だなぁと呑気に空を見つめた。 花がいっぱいになった籠を持って莉子ちゃんが戻ってきた 「みて!紗希!お花がこんなにたくさん!日も沈んで来たし早く帰ろっか」 わたしは幸せな思いにふけっていた腰をあげ莉子ちゃんとご馳走が並んでいるであろう我が家に手を繋いで帰えることにした。 わたしも玄関から家族を呼ぶ 「お母さん、お父さん、にいに、ただいま!」 返事がない。 玄関は暗く中が見えない。 人なのだろうか。 立つことができない。 無理はない目の前で家族を殺され、ここまで必死に逃げてきたのだから。 この子は助かったんですから、急いで蝶屋敷につれていきましょう」 あとは隠の方に任せて というと煉獄さんは優しい声で やっぱりお前は救いが似合う女だといってくれた。 救いはない 後光はある とても胸くそになるかもしれましぇん 彼女の理解者は桃が好きな男の子だけです のちのちかきますっ 夢ヒロインは煉獄杏寿郎推しです オリ主は前世の記憶はあるけど人格はまだ本人のままみたいなかんじです HAPPYENDはありません BADENDの予定です! [newpage] 所々ガバなんですけど設定です 夢ヒロイン 17歳 だれか名前考えてっ! 救柱 救の呼吸 すくいばしら すくい チート転生者 10人中10人が振り返る美貌 彼女の周りは必ず自分を好きになると言う転生特典付き。 ごく稀に効かない場合もある 主要キャラが生きていればモブは死んでもいい 逆ハー狙い オリ主とは前世で関係がある模様 オリ主に対してこいつぁ使えると思い、救済をしていた錆兎と義勇と真菰に頼み鱗滝左近次の所に送ったが呼吸が合わず雷一門へ引き渡される 予想外だった為、獪岳とエンカウントできなかった おかけでオリ主にはたった1人の理解者になる 炭治郎が来る前に呼吸を取得したオリ主に少し安心 だって関わって私のこと見てくれないなんていやだもん 継子にしてなんやかんや使いっ走りにし、最後に追い詰めて殺してやろうと思っている悪女 なおかまぼこ隊にはバレる模様 助けたいが柱に邪魔をされる オリ主 伊弉 紗希 いざな さき 9歳 家族と親友を鬼に食い殺されてしまったショックで、前世の記憶を少しづつ思い出す おかけで年齢の割にはとても落ち着いている 鬼を切ってくれた夢ヒロインには感謝したが 汚い餓鬼と言われ、こいつとは折り合わないと察した なぜか嫌な顔をした水の一門に連れていかれ 夢ヒロインにいろいろ吹き込まれてます 鱗滝左近次と会う。 彼はとても優しくしてくれたが、呼吸が合わず雷一門へ だが雷も合わず派生させた 壱ノ型がつかえない獪岳と雷の呼吸自体つかえないオリ主は意気投合し、お互いによき理解者となります 夢ヒロインのことは少し記憶に出てきましたが まだ完全ではないのでわかりません 記憶を思い出したら一体どうなるんでしょう 楽しみですね.

次の

楽天ブックス: われは歌えどもやぶれかぶれ

鬼 滅 の 刃 夢 小説 嫌 われ

どうやらこの世界は私の事が嫌いなようだ。 いや、消えて欲しいのだろう。 [newpage] わたしは普通の子どもだった お腹が空けば泣いて乳をもらい あやしてもらえば笑顔で笑い 体力はそこそこあるようでよくかけっこをしてた ただ話すのが少し苦手なだけだった 近所の子どもと喧嘩をして仲直りをしてさらに友情を深めたし、年相応だったと思う とても普通の子どもだった そこらの人と変わらないわたし ごく普通の家族 だが、それがなぜ私が世界から嫌われる事になると思うだろう それは私が9歳の誕生日を迎えた日に起こった。 一緒に綺麗なお花探そう!」 と言いつつ、誕生日を気にしてもらえるのが嬉しかった。 「だーめ!主役は大人しくしてなきゃ!」 莉子ちゃんは両手いっぱいに花を持っており籠に詰め込んでいく。 「わかったわかった。 あんまり無茶しないでね!」 はいはい。 と莉子ちゃんは笑いながらあっちこっちに駆けて行く。 今日はとっても素敵な日だなぁと呑気に空を見つめた。 花がいっぱいになった籠を持って莉子ちゃんが戻ってきた 「みて!紗希!お花がこんなにたくさん!日も沈んで来たし早く帰ろっか」 わたしは幸せな思いにふけっていた腰をあげ莉子ちゃんとご馳走が並んでいるであろう我が家に手を繋いで帰えることにした。 わたしも玄関から家族を呼ぶ 「お母さん、お父さん、にいに、ただいま!」 返事がない。 玄関は暗く中が見えない。 人なのだろうか。 立つことができない。 無理はない目の前で家族を殺され、ここまで必死に逃げてきたのだから。 この子は助かったんですから、急いで蝶屋敷につれていきましょう」 あとは隠の方に任せて というと煉獄さんは優しい声で やっぱりお前は救いが似合う女だといってくれた。 救いはない 後光はある とても胸くそになるかもしれましぇん 彼女の理解者は桃が好きな男の子だけです のちのちかきますっ 夢ヒロインは煉獄杏寿郎推しです オリ主は前世の記憶はあるけど人格はまだ本人のままみたいなかんじです HAPPYENDはありません BADENDの予定です! [newpage] 所々ガバなんですけど設定です 夢ヒロイン 17歳 だれか名前考えてっ! 救柱 救の呼吸 すくいばしら すくい チート転生者 10人中10人が振り返る美貌 彼女の周りは必ず自分を好きになると言う転生特典付き。 ごく稀に効かない場合もある 主要キャラが生きていればモブは死んでもいい 逆ハー狙い オリ主とは前世で関係がある模様 オリ主に対してこいつぁ使えると思い、救済をしていた錆兎と義勇と真菰に頼み鱗滝左近次の所に送ったが呼吸が合わず雷一門へ引き渡される 予想外だった為、獪岳とエンカウントできなかった おかけでオリ主にはたった1人の理解者になる 炭治郎が来る前に呼吸を取得したオリ主に少し安心 だって関わって私のこと見てくれないなんていやだもん 継子にしてなんやかんや使いっ走りにし、最後に追い詰めて殺してやろうと思っている悪女 なおかまぼこ隊にはバレる模様 助けたいが柱に邪魔をされる オリ主 伊弉 紗希 いざな さき 9歳 家族と親友を鬼に食い殺されてしまったショックで、前世の記憶を少しづつ思い出す おかけで年齢の割にはとても落ち着いている 鬼を切ってくれた夢ヒロインには感謝したが 汚い餓鬼と言われ、こいつとは折り合わないと察した なぜか嫌な顔をした水の一門に連れていかれ 夢ヒロインにいろいろ吹き込まれてます 鱗滝左近次と会う。 彼はとても優しくしてくれたが、呼吸が合わず雷一門へ だが雷も合わず派生させた 壱ノ型がつかえない獪岳と雷の呼吸自体つかえないオリ主は意気投合し、お互いによき理解者となります 夢ヒロインのことは少し記憶に出てきましたが まだ完全ではないのでわかりません 記憶を思い出したら一体どうなるんでしょう 楽しみですね.

次の