せックス後 出血 妊娠初期。 妊娠初期の出血はなぜ起こる? 起こったらどうする?|たまひよ

処女でエッチした後の「血」に関する疑問や悩み解決します

せックス後 出血 妊娠初期

[目次]• 性行為後の出血の原因と考えられる病気とは 性行為後に出血した場合、どのような病気が考えられるのでしょうか。 可能性として考えられる• 子宮膣部びらん• 子宮頸管ポリープ• 子宮頸がん• 子宮体がん について見てみましょう。 もっとも多いのは子宮膣部びらん 性行為の後の出血の原因として、 もっとも多いのは子宮膣部(ちつぶ)びらんです。 子宮膣部とは、子宮の最下部の腟内に突き出た部分のことで、びらんとはただれている状態のことを指します。 しかし、子宮膣部びらんで実際にただれているケースは稀で、多くの場合は粘膜が赤くなって、ただれているように見えるだけです。 また、子宮膣部びらんには女性ホルモンの分泌が関与しているとされ、 若い女性の多くに見られる生理現象なので、特に心配はありません。 しかし、びらん部分は、刺激や細菌に対する抵抗力が弱くなっているので、 挿入時に摩擦によって出血し、血液の混じったおりものが出ることがあります。 また、子宮頸がんやクラミジアなどの性病でもびらんが見られることがあります。 子宮膣部びらんの治療法 病気ではないので、特に治療の必要はありませんが、出血をくり返したり、おりものが多い場合は、 膣を洗浄したり、 抗生物質を含む膣剤を投与したりすることがあります。 また、さらに症状がひどい場合は、電気メスでびらんを焼く、または凍らせて切除したりすることもあります(現在ではめったに行われません)。 茶褐色のおりものが出ることもある子宮頸管ポリープ 子宮頸管ポリープとは、 子宮頸部(子宮から膣につながる細い部分)の粘膜が増殖し、ポリープ(腫瘍)になった状態のことです。 痛みや違和感などは感じませんが、ポリープはやわらかくて充血しやすいので、 性行為やスポーツの後に出血し、血液の混じった茶褐色のおりものが出ることがあります。 ただし、子宮頸部ポリープのほとんどは良性で、 妊娠や出産にも影響しないといわれています。 子宮頸管ポリープの治療法 経過観察の場合もありますが、自然に治癒することはないので、出血をくり返すなら切除をおすすめします。 その場合は、膣から器具を挿入してポリープを根元からねじり取りますが、 簡単な処置なので痛みはほとんどありません。 出血も数日でお落ち着きます。 子宮がんの疑いがある場合は要注意 性行為後の出血で、もっとも気をつけたいのが子宮がんです。 子宮がんには、• 子宮頸部に発生する子宮頸がん• 子宮体部(子宮の上3分の2を占める部分)に発生する子宮体がん の2種類あります。 進行すると不正出血などが見られる子宮頸がん 子宮頸がんの発生には、性行為で感染する ヒトパピローマウイルスが大きく関わっていることがわかっています。 発症しても、 初期には自覚症状がほとんどありませんが、進行すると、• 性行為後の出血• 不正出血(月経以外の性器からの出血)• おりものに血が混じって量も増える• 月経の量が増えたり長引いたりする といった症状が現れます。 子宮頸がんの治療法 初期の段階なら、お腹を切らずに膣から子宮頸部の病巣だけ切除し、子宮を残すことが可能です。 しかし、がんが進行している場合は、子宮や卵巣、膣の一部、リンパ節などを摘出する手術や抗がん剤治療、放射線治療が、がんのステージや年齢、合併症に応じて行われます。 進行すると下腹部痛が起こることもある子宮体がん 子宮体がんの原因には、 女性ホルモンのエストロゲンが関係していると考えられています。 子宮体がんは早い段階から不正出血が見られることが多く、進行すると• 水っぽいおりもの• 血の混じったおりもの• 膿が混じって悪臭がするおりもの が出るようになって、量も増えたり、激しい下腹部痛が起こったりすることもあります。 子宮体がんは40代以降増えてきます。 子宮体がんの治療法 卵巣にも転移しやすいので、子宮と卵巣、卵管を摘出するのが基本ですが、妊娠を希望していて、がんが初期の段階なら、子宮内膜をかき出す子宮内膜掻爬(そうは)とホルモン療法の併用で、子宮と卵巣を残します。 また、がんのステージや広がり具合に応じて化学療法や放射線治療、ホルモン治療などを組み合わせて治療が行われます。 出血がおさまらない、痛みがあるときは早めに婦人科へ 性行為後に出血があっても、子宮膣部びらんによるものが多いといわれており、それほど心配する必要はありません。 しかし、子宮がんの可能性もあるため、 子宮がん検診は定期的に受けるようにしてください。 また、 出血がすぐに治まらない、痛みがあるなどのときは早めに婦人科を 受診しましょう。

次の

7割が妊娠中にも性行為します!どこまでOKなのか、何がNGなのかまとめてみた

せックス後 出血 妊娠初期

問題ないこともありますが、一方で、トラブルのサインであるケースも。 少量でも出血が見られたら、自己判断は禁物。 医師に相談の上、受診するようにしましょう。 初期の出血の部位と原因 出血がどこで起きているのかによって、注意度は変わります。 子宮の中で起きる出血には、妊娠経過にほとんど影響のないものもありますが、妊娠初期であれば流産につながる可能性があるケースもあり、注意が必要です。 子宮内ではなく、腟内や子宮頸管(しきゅうけいかん)から出血が起こっている場合は、注意度は下がりますが、どの部位から出血しているかは診察してみないとわかりません。 自己判断せず、出血が見られたら産院に連絡を。 妊娠初期に起こる、あまり心配のない出血 【月経様出血(着床時出血)】 ・どこからの出血? 子宮の中 ・症状は? 本来の月経予定日である妊娠4週ごろ、月経時のような出血をすることがあります。 月経時と比べて出血量は少なく、2〜3日で治ります。 【子宮腟部びらん】 ・どこからの出血? 腟部 ・症状は? 腟(ちつ)の奥深く、子宮の入り口がただれている状態。 妊婦さんに限らず、若い女性の不正出血の原因としても多く見られます。 内診やセックスの刺激で出血することも。 おなかの痛みや張りはなく、少量の出血があったり、おりものに血が混じったりすることも。 生理的なものなので心配ありませんが、自己判断せず、まずは産院に連絡を。 【子宮頸管ポリープ】 ・どこからの出血? 子宮頸管部 ・症状は? 子宮頸部(しきゅうけいぶ)にできる良性のポリープ。 ポリープから出血することはありますが、痛みはなくほぼ無症状。 ポリープの大きさや位置、状態によって違いますが、必要なら妊娠中に切除することもあります。 切除すればほぼ問題ありません。 【内診やセックス後の出血】 ・どこからの出血? 腟部 ・症状は? 内診やセックス時の挿入の摩擦や刺激により、少量、出血することがあります。 子宮腟部びらんや子宮頸管ポリープがあると、さらに出血しやすい傾向が。 注意してみていく出血 【絨毛膜下血腫】 ・どこからの出血? 子宮の中 ・症状は? 子宮を包む絨毛膜(じゅうもうまく)という膜の外側に血液がたまっている状態で、切迫流産(せっぱくりゅうざん)の症状の一つでもあります。 自覚症状がない場合もありますが、出血や下腹部の痛みを伴うことも。 通常は血腫は子宮内で吸収されますが、出血量によっては安静を指示されます。 胎盤が完成される妊娠4、5カ月には症状が治まることが多いでしょう。 【切迫流産】 ・どこからの出血? 子宮の中 ・症状は? 妊娠22週未満に出血や下腹部痛といった流産と同じ症状がある状態のこと。 出血やおなかの張り、痛みなどの症状は早期流産と変わりませんが、決定的な違いは、妊娠が継続していることです。 妊娠経過が順調であれば、特別な治療はしませんが、安静にすることが大切です。 症状が改善し、妊娠経過が正常に進めば、赤ちゃんには影響はありません。 トラブルによる出血 【胞状奇胎(ほうじょうきたい)】 ・症状は? 胎盤を形成するもととなる絨毛が病的に増殖し、ブドウのような水泡状の粒で子宮内を満たし、赤ちゃんを吸収してしまう病気です。 つわりの症状がひどいのが特徴で、茶色のおりものや少量の出血が続くことも。 確定した場合は、なるべく早く子宮内容除去手術を行います。 その後もしばらく通院して様子を見ます。 【異所性妊娠(子宮外妊娠)】 ・症状は? 受精卵が子宮の中ではないところに着床してしまうことで、その98%は卵管に着床します。 妊娠反応が陽性でも、子宮内に赤ちゃんが見えないことで異所性妊娠が疑われます。 また、卵管妊娠をほうっておくと卵管が破裂し、大量の出血や激痛、血圧低下などのショック症状に陥ることもあり、たいへん危険です。 異所性妊娠と診断された場合は、残念ながら赤ちゃんはあきらめることになります。 卵管破裂が起こった場合は、手術で着床(ちゃくしょう)部分を切除する必要があります。 もう1つの卵管に異常がなければ、次の妊娠も可能です。 【子宮頸がん】 ・症状は? 子宮頸部にできるがんで、自覚症状がないことも多いのですが、不正出血が見られたときは進行していることも。 妊娠初期の検査がきっかけで発見されることもあります。 妊娠中に発見される子宮頸がんの多くは、前がん状態(がんに向かっている状態)か初期のものです。 ごく初期のがんは子宮頸部を円すい状に部分切除することがありますが、前がん状態では、多くは細胞診を行いながら経過観察を続けて出産に臨みます。 がんが進行していてそのままでは命にかかわるケースでは、早めに帝王切開後、直ちに子宮摘出をすることもあります。 【早期流産】 ・症状は? 早期流産のほとんどは赤ちゃん側に原因があります。 症状は流産の状況によって違いますが、一般的には出血や下腹部の痛みや張りなどの症状があります。 流産が確定してしまったら、残念ながら赤ちゃんはあきらめることに。 流産の状況によっては手術をしないこともありますが、子宮内に赤ちゃんや胎盤などの組織が残っている場合は、できるだけ早い時期に手術を行います。 出血が少量でも、ひとまず連絡しましょう。 とくに切迫流産(せっぱくりゅうざん)と診断されている場合は、早めに受診し、医師に判断してもらうことが大切です。 あわてずに生理用ナプキンを当て、かかりつけ医に状況を的確に説明しましょう。 たとえ出血があっても、診察して赤ちゃんの心拍が確認できれば、まず心配はありません。 出血が起こったときに注意して見ておきたい色と量 出血の原因が何なのかは診察してみないとわかりませんが、産院に連絡するときに出血の色や量を伝えると、対応がスムーズに。 緊急度の高いものかどうかの目安にもなります。 緊急度の低いものから おりものに血が混じる 下着に少しつくくらい 500円玉くらいの量 生理2日目くらいの量 レバー状のかたまりが出る さらさらとした血液が流れ続ける 産院に連絡したとき伝えること 連絡する前に伝える内容をメモしておくと、あわてずに済みます。 中期以降は妊娠初期とは違う原因で出血が起こります。 妊婦健診をきちんと受け、日ごろからおりものの変化に気をつけましょう。 Q出血にちゃんと気がつけるか不安… A気がつかない程度の出血で、その後の妊婦健診でも問題がなかったのであれば、心配なかったと考えられます。 また部分が白く、出血やおりものの変化がわかりやすい下着を着用すれば、ひと目で確認できるので安心です。 まだ妊娠して間もない時期に、出血があると心配になってしまうものです。 正しい知識と対処法を知っていれば、あわてることはありませんね。

次の

産後に不正出血!原因は病気?悪露で鮮血が出るのは異常?

せックス後 出血 妊娠初期

この記事の目次• 性交による出血ってどんなもの? 性交時や性交終了後の数日間に出血の症状が出てしまう問題にはどの様な物があるのでしょうか? 性交時や、その直後に発生してしまう膣からの出血の症状についてどの様な物があるのか紹介していきます。 性交による出血について 生理の時以外に見られる出血を、量の多い少ないに関わらず「不正出血」といいます。 鮮血のように赤い血や茶色っぽいおりもの、ピンクっぽいおりものなども不正出血のひとつです。 性交による出血は多くの女性が経験します。 原因や体調にもよりますが、例として次のような状態が見受けられます。 性交後に出血に気づき、1日程度で治るもの• 生理まではまだ1週間くらいあるのにおりものに血が混じってきた• もともと不正出血があって、性交をきっかけに量が増えた• トイレに行くと、ティッシュに微量の血が付く 出血については、赤い鮮血、薄いピンク色、茶色いおりもの、などのように例えられます。 下腹部痛があったり、全く痛くないこともあります。 そのときの体調や生理周期の何日目かによっても症状が違い、原因もいろいろと考えられます。 また、 出血が多い少ないということだけでなく、生理以外で出血があることには注意が必要です。 性交時に出血しやすい場合 性交時や性交後に出血しやすい人や状態などがあります。 自分がこれらの状態に当てはまっている場合は、出血の原因が自分の体の状態にあった可能性があります。 当てはまる状態について確認していきましょう。 女性ホルモンが不安定 初経後〜10代は、粘膜が未発達であったり、 ホルモンのバランスが不安定で生理でなくても出血することがあります。 また、20~30代はホルモンの分泌が盛んで、 活発に活動しすぎてしまうことが不正出血の原因になることがあります。 また半陰陽などの男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが乱れがちで、男性ホルモンの量が慢性的に多く発生してしまう人については性交時以外でも不正出血の問題が多く発生しやすい傾向があります。 また睡眠時間や疲労の蓄積やストレスの影響でも女性ホルモンは乱れやすくなります。 これらの問題によって女性ホルモンのバランスが崩れてしまっていないか確認してみましょう。 更年期 閉経すると女性ホルモンが減少します。 性欲や体力が減り、粘膜の潤いがなくなるなど出血しやすくなるとされています。 この場合も女性ホルモンの影響ですが、特に40〜50代の女性や、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが乱れがちな若い世代でも引き起こりやすい傾向もあります。 初めての性交 最初の性交のときは、いわゆる 「処女膜」が破れ、約半数以上の女性が出血するといわれています。 自慰行為や激しい運動などを既に行っている場合には自然に処女膜が破れてしまうこともあり、既に処女膜が破れてしまっている場合は出血しない場合もあります。 性交に慣れていないとき 性交にあまり慣れていない人や久しぶりにするというときは、 摩擦や刺激が膣を傷つけてしまい、血が出ることがあります。 性交(セックス)回数が少なく、初めての性交の回数が1,2回程度でしばらく性交を行わなかった場合は処女膜がくっついてしまう場合もあり、再び性交の際に痛みや出血が発生する場合もあります。 激しい運動 子宮の粘膜や内膜は、そもそもがとても繊細でもろく、 激しいスポーツや運動などによっても簡単に出血することがあります。 運動ですら出血する可能性があるので、性交によって膣や子宮が直接刺激されると、より出血しやすいともいえます。 頻繁に性交を行っている 激しい性交や、頻度の高い回数で性交を行っている場合も出血が起きやすくなります。 膣内は粘膜になっているので度重なる性交を繰り返すと、粘膜は傷つき傷が回復するよりも前に性交による更なる刺激やダメージを負ってしまうため、出血の問題が発生します。 特に粘膜が傷つくことでの出血が発生しやすく性感染症にもなりやすくなります。 性交で出血する原因 性交によって出血する原因を、子宮の内側と外側に分けて見ていきましょう。 これは女性の半数、多くは8~9割がびらんになっているといわれています。 この「 子宮膣部びらん」は気にするほどのことではありません。 しかし、 性交で直接びらんを刺激してしまったり、 細菌に感染して炎症(膣炎)が起きた場合は、びらんのところから 出血しやすいのです。 びらんからは粘液が分泌されるので、びらんが広範囲になると粘液も増える傾向にあります。 透明なおりものが増えたと感じることがあるかもしれません。 膣部洗浄や抗菌薬の投与などの治療法で完治を目指すことが出来ます。 萎縮性膣炎や細菌性腟炎などの症状がありまう。 次のようなことに注意してください。 排尿や排便後に清潔にできていない• 通気性の悪い下着やストッキング、ズボン• 性交や性交後、不潔なままにしている• 汚れた下着やナプキンを長時間使う• 免疫力が下がっているとき(抗生物質の服用や風邪をひいているとき)• 膣の洗いすぎ 膣炎になってしまっている時は体の免疫力を高めることを意識すると自然に完治することも目指せます。 細菌性の膣炎の場合には原因となる最近に対して有効な成分の薬の投与や軟膏を塗って治癒力や殺菌などで治癒を補助する必要がある場合もあります。 子宮頸管ポリープと呼ばれるもので40代〜50代の女性に多く発生しやいです。 子宮頸管ポリープの症状には性交時の出血の他におりものの増加や普段の生活の中での不正出血などの症状があります。 月経の周期でいうと、28日周期の場合で13~15日目ごろにあたります。 この時期は 女性ホルモンが大きく変化するので、 子宮内膜も不安定になって少しだけ剥がれてしまうことがあります。 また、排卵するために卵巣の表面が破け、そこでも少量の出血があると場合があります。 排卵出血が毎回必ずあるわけではなく、量や時期も人それぞれで、下腹部の張りや排卵痛があったりなかったりと、症状も一定ではないことが多いです。 性交によって感染し、遺伝や体質に関係なく、がん化する可能性があります。 子宮頸がんは初期症状がほとんどないといわれています。 そのため、 生理に関係なく出血が見られたり、性交による出血が増えたり、おりものが増える、血が混じるなど、今まで全くなかった症状が少しでも現れたら、 必ず病院を受診しましょう。 子宮頸がん検診、子宮体がん検査、子宮がん検診について また、定期検診を受けていない場合も、なるべく早く病院に行って検査を受けてください。 子宮頸がん検査は検査自体の所要時間が5分〜10分ほどの短いもので子宮内膜の細胞を摂取するだけなので痛みは伴わない負担の少ない検査です。 粘膜などが傷ついている場合は採取の際に若干の痛みが発生する場合もありますが、基本的には痛みは少ないものになります。 あまりハードルの高くないものですので子宮頸がん検査をタイミングで受けるようにしましょう。 子宮頸がん検査も子宮体がん検査も3000円〜1万円ほどの金額で受けることが出来ます。 金額の差は病院ごとの値段設定や処置の種類でも変わってきますのであらかじめ病院に問い合わせてみましょう。 自治体によって無料で受けられたり、安値で受けられる割引制度などもありますのでそちらを利用してみるのもいいでしょう。 子宮は着床に向けて子宮内膜を厚くして準備していますが、 排卵が起こらないと内膜を維持するために必要なホルモンが分泌されないのです。 そうして子宮内膜が剥がれて出血がみられることがあります。 成人女性の4人に1人がかかるといわれています。 特に生理痛や経血の量が多く、レバーの塊のようなものが主な症状です。 そのため、慢性的に貧血気味になったり、動悸や身体のだるさなども現れることがあります。 性交によって筋腫部分が出血するとは限りませんが、圧迫や刺激によって不正出血が起こることも考えられます。 経膣エコーや場合によってはMRIで診断されます。 場所や大きさ、状態などをよく把握するためにも、躊躇せずに婦人科を受診しましょう。 また、定期的に検査を受けることで成長度合いなどもわかってきます。 性交による出血の対処方法 恋人やパートナー、夫婦で過ごす大切な時間をより良く過ごすためにも、一人で悩まず、お互いによくコミュニケーションを図っていくことが大切です。 性交による出血の問題は、自分の体の異常反応としても起こりますが相手の性交時の配慮が足りないことでも発生してしまうこともあります。 今後更なる出血の問題を起こさないためにもパートナーとの相談、コミュニケーションはしっかり行っていきましょう。 主に相談すべき要点や自分での予防対策方法については以下のようなものになります。 膣や子宮を傷つけないようにする 女性側にとって刺激が強すぎたり、圧迫や摩擦で怪我がないようにしてもらうように伝えてみましょう。 爪を整えたり、身体を清潔にしてから行為をすることも必要です。 また、性交後もシャワーを浴びたり、 身体を洗って清潔にしておきましょう。 特に相手の爪のケアは非常に重要になります。 性交時に膣内を相手が触れる機会も多いため爪を切るだけでなく、ヤスリなどで削るなどの処理を行ってもらうようにしてもらえれば問題に繋がることはなくなるでしょう。 免疫力を落とさない 人間はウイルスや細菌などに感染した場合、自己免疫力を発揮して細菌を退治し、身体を守っています。 しかし、体力が落ちたり身体が弱って風邪をひいたときなどは免疫力が下がっています。 過度なダイエットやストレス、冷え性なども体力や免疫力を奪います。 健康で元気に過ごすためにも、きちんと栄養の豊富な食事をとり、体温を上げて、老廃物を溜めないように、基本的な体調管理をきちんと行うことが大切です。 特に膣内の免疫力を落とさないためには、石鹸などの洗浄力の強いもので洗浄しすぎないことや、腸内の細菌を整えることなどが重要になります。 女性ホルモンを整える 女性は生理などの影響でホルモンのバランスが崩れやすくなっています。 女性ホルモンのバランスが特に崩れやすい生理周期2週間目〜4週間目にかけては何かしらの対策を行うことが問題を引き起こさないために重要になります。 この期間はPMS(月経前症候群)の症状もきつくなる時期でもあります。 有効な方法としては大豆から摂取できる大豆イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするので、このイソフラボンを生理周期2週間目から4週目までの間1日200mlずつ飲み続ける事が有効な方法としてあります。 また普段から睡眠や栄養補給をしっかりして体の調子を整えることでも女性ホルモンのバランスが整いやすくなります。 婦人科を受診する 性交による出血は、いつもあるわけではないし、痛みもなくて見過ごしがちです。 もしも出血の原因が病気によるものだとしたら、なるべく早く治療を始めるほうがいいので、一度検査を受けてください。 女性は特に結婚や出産といったイベントが控えています。 そのためにも自分の身体の健康や状態をよく知っておいて損はありません。 もし不正出血や性交時の出血などが続いているのに放置してしまっていると妊娠しづらくなる不妊症の問題につながってしまったり性感染症を性交を行った人全員に感染させてしまうこともあります。 出血の原因が自分で特定で居ない場合はしっかり病院での検査を行うことを習慣づけていきましょう。 まとめ 性交の出血について、原因や対処法などを中心にまとめました。 いかがでしたでしょうか。 たまに出血してしまう場合や出血の回数が1回の場合、また出血の原因が自分でも明らかな場合は特に心配しなくても良いものになりますが、頻繁に出血を繰り返す場合や、原因が不明な場合についてはなんの病気や症状の問題が起こっているのかわからないのでしっかり検査をすることが重要になります。 病気や炎症が進行してしまうと、治療に時間もお金もかかる問題に発展してしまうので注意しましょう。 ・性交の出血は多くの女性に経験があります。 ・子宮はもともと出血しやすい場所です。 ・女性ホルモンのバランスが崩れていると出血しやすいです。 ・性交時や性交後は、手や身体を清潔にしましょう。 ・通気性の悪い下着やズボンを長時間身につけないようにしましょう。 特にこれらの事には注意していきたいですね、 婦人科は女性特有の病気全般を診ているので、高齢の方から若い人まで様々な人が受診しています。 恥ずかしい気持ちもあって、つい後回しにしてしまいがちですが、検査だけでも受けておきましょう。 女性の医師がいる病院を選んでもいいでしょう。 定期的に通うこともあるでしょうから、話しがしやすい先生や通院しやすい病院というのもポイントになります。 関連記事として、 ・ ・ ・ ・ ・ これらの記事も合わせてお読みください!.

次の