エンテイ。 【ポケモンGO】エンテイの色違いとおすすめ技&弱点

エンテイ

エンテイ

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 能力変化 技のダメージを与えた際に発生するダメージ以外の効果 名前 ゲージ数 威力 DPS 硬直時間 発生時間 84 38. 18 2. 2 1. 5 168 40. 00 4. 2 3. 1 192 48. 00 4 2. 6 60 31. 58 1. 9 1. 00 0. 7 0. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 名前 威力 DPE エネルギー 能力変化 確率 108 1. 96 55 - 168 2. 10 80 - 156 2. 相手の防御種族値は100と仮定して計算。 エンテイの対策ポケモン.

次の

【ポケモンGO】エンテイの色違いとおすすめ技&弱点

エンテイ

伝説のポケモンなどストーリーで 1体しか捕まえられないポケモン達・・・ そんなポケモン達をWi-fi対戦で使う際、マスターやハイパーなどでは味気ない・・・ 折角ならポケモンの色に合ったボールに入れて他の人に自慢したい、と思うこともあるでしょう。 そんな方に個人的に合うボールを紹介しよう。 という自己満記事になります。 基準はBW・BW2で入手出来、かつWi-fi対戦で使えるポケモン・ボール・エフェクト。 一部過去作・配布などの特別なポケモン・ボールを交えて紹介。 ボールの名前・詳細なエフェクトは省略します。 ボールエフェクト集がニコニコ動画の方に上がっていたと思うので参考にしてみるのもいいと思います。 直リンクは割愛、『ボール エフェクト』で探せば出てくると思います。 ただHG・SSで作ってもらえるガンテツさんのボールにはBW2でエフェクトは付きません。 その中で今までのボールにはなかったエフェクトやカラーが付与されてきました。 そして伝説のポケモン達も増え、もちろんカラーに対応。 そこでそのポケモンの色に合わせた カラーや エフェクトのある ボールで捕獲して、対戦で出したときの 演出をよりカッコイイものにしよう! 簡単に言えば色・エフェクトの合ったボールに入れてやろう!ということです。 以下から紹介。 ちなみに上で味気ないと書いていましたがハイパー・スーパーも候補としてあげています。 3闘 3鹿 編 コバルオン 通常色・色違いとも青をベースとしたボディなので青いエフェクトのある ダイブが最も似合うと思われる。 それぞれ ネストと ヒールでほぼ決まった感じがあるので、あまり何ボールにしようか迷うことは少なそうである。 ネストの中央から広がるエフェクト、ヒールの星の広がるエフェクトともに申し分ない。 通常色・・・ネスト 色違い・・・ヒール テラキオン 通常色は黒とネズミ色、色違いは赤が目立つ。 テラキオン自体に重厚なイメージがあるので ゴージャスがよい考える。 黒色も見えるので ダークも候補へ。 色違いには赤色があるので プレミアに入れるのも一興。 青ベースなので ダイブ・ スーパー、色違いなら紫色が入るので マスター、色が濃くなるので ゴージャスもよさげ。 だがこちらのベースは緑なので ネストが最も合うだろう。 だが基本的に色が濃いので緑色の ボールであるダークもおもしろい。 どちらも茶色ベースなので ゴージャスがよさげ。 赤ベースなので プレミアも合うんじゃなかろうか。 色違いには橙・黄色っぽいので リピートかなと思われる。 エフェクトも黄色、黒の広がりがいいかも。 ボールの色合いだけ見れば タイマーも候補になるだろう。 ゴージャスが1番合いそう。 色違いなら色が濃いので ダークも候補へ。 というわけで ダイブがベストだと思われる。 色違いは青緑とまた微妙な感じ、どっちかというと緑が色合い的に強そうなので ネストか。 通常色は ダイブ・スーパーがよさげ。 エフェクトも ダイブの泡がいい感じ。 色違いなら黄色エフェクトがある ゴージャス・クイックが似合いそう。 両方に共通して ヒールが似合いそう。 通常色なら マスター、色違いなら ゴージャスも候補に入れて良さそう。 これは ゴージャス意外に候補は少なそう。 通常色はほぼ ダイブ一択。 色違いは迷いどころだがベースにも書いた緑の ネスト。 ただ、ガンテツボールが使えるSS・HGでもラティが手に入ることから是非とも ムーンも候補に入れたい。 ただエフェクトがないのが残念。 どちらとも ヒールは第一候補に上がるだろう。 赤の放射状エフェクトのある プレミアは通常色、黄色エフェクトのある ゴージャスは色違いの候補になるだろう。 こちらもSS・HGでガンテツボールの ラブラブには1度入れてみたい。 ビリジオン同様に通常色・色違いでベースがわかりやすく変わってくるポケモン。 通常色は ヒール、色違いは ダイブ以外の候補はないといっても良さそう。 通常色・色違い共に ゴージャスが似合いそう。 通常色は暗い色がベースなので ダークも候補に入るだろう。 色違いなら明るい赤エフェクトの プレミア、 リピートも候補か。 後は ネットだが・・・オシャレボールには入らないと考えられる。 ネタにする分にはいいかも。 通常色の方には ヒール・マスターも候補の1つに挙げておきたい。 色違いのが若干濃い色になっているか。 ゴージャスが両者に似合うだろう。 ただHG・SSで手に入るガンテツボールの候補がいくつか挙げられる。 BW2でエフェクトを残すとなると ゴージャスであろう。 色違いなら リピートの黒と黄色のエフェクトもいいかも知れない。 ガンテツボールの スピードもオシャレ。 エンテイ同様BW2までエフェクトを残すなら ゴージャスか ハイパーか リピートに入れたいところ。 このボールからでてきた場合特別な技を持っている可能性が非常に高い。 ボールからそのようなことが探れることがあるので出て来るボールには注意して見ておきたい。 3鳥編 HG・SSで捕獲可能 フリーザー 通常色・色違い共に青色がベース。 なので ダイブに落ち着きそう。 同様に青色エフェクトの スーパーも良いかも知れない。 後はボールの色で見れば ヘビーや ムーンも合いそう。 こちらもエフェクトを残したいのなら ダイブか スーパーで落ち着きそう。 黄色なら ゴージャスが落ち着くだろう。 通常色なら薄めの黄色なので ハイパーも良く似合いそう。 色違いなら プレミアのエフェクトも合うかもしれない。 そして スピードも候補の1つへ。 エフェクトを残したいのなら ゴージャス・ハイパー・プレミアで。 通常色は体が黄色、色違いは体がピンク色と特徴的である。 通常色には安定の ゴージャス、 ハイパー、 プレミア。 色違いならばピンクを活かした ヒールが似合いそう。 ボールの色だけでいくなら ラブラブに入れてみたい。 長くなってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。 BW2のWi-fi対戦で出会う伝説のポケモンは大体網羅したと思います。 伝説のポケモンを捕まえる際に1つの参考程度にしていただけたら幸いです。 めざせオシャボ勢。 また通常ポケモン編もやろうかな・・・.

次の

【ポケモンGO】エンテイのステータスと捕獲場所情報

エンテイ

エンテイ かざんポケモン ぜんこくNo. 244 高さ 2. 1m 重さ• 198. 0kg• けたぐり威力100 タイプ• 英語名• Entei タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ なし 共通の入手方法• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• 『』に出現 ウルトラムーンのみ 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• /レベルの高い野生のポケモンと出会いやすくなる。 なお、技『きあいパンチ』には影響しない。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 第6世代は命中率:90 Lv. 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 最大102。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. ダブルバトル用。 『ほのお』タイプには無効。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 USUM New! USUM New! 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。

次の