ぶり 大根 簡単。 基本の「ぶり大根」のレシピ!下ごしらえや煮込む時のコツは?

切り身で簡単★本格ぶり大根 レシピ・作り方 by さくぱん|楽天レシピ

ぶり 大根 簡単

ぶり大根のぶりアラの下ごしらえ 魚臭くないぶり大根を作るには、ぶりのアラの下処理がいちばん大切。 はじめにあらをバットなどに並べ、 全体に塩(750gのアラで塩小さじ1強ほど)をふって、15分おきます。 アラをボウルに移して熱湯をまわしかけ、箸でひと混ぜしたらすぐに水を流し入れて冷まします。 霜降りしたアラは流水にあてながら、 皮のぬめりや残ったウロコ、血合いの汚れなどを洗い落します。 大根は皮を厚くむいて、2〜3cm幅の半月切り(細ければ輪切りでもOK)にします。 そこにまず 酒200mlを入れ、続けて水600mlほどを加えて、具材の8割ほどの高さまで水分を加えます。 また、完全に具材が浸るまで水分を加えると煮詰める時間が長くかかりすぎるのでNGです。 8割ほどの高さでも落し蓋をすれば十分火は通ります。 鍋を強火にかけ、煮汁が沸いてくるとアクが出てくるので取り除きます(アクが取りづらければ鍋を傾けてアクを取るなどするとよいです)。 アクをしっかり取り除いてから、 落し蓋をして煮汁がぐつぐつ煮立つ火加減を保って20分炊きます(火加減は中火~中火を少しだけ弱くしたくらい)。 まずはじめに加えるのは砂糖大さじ4です。 砂糖を全体にまんべんなくふり入れ、鍋を動かして煮汁をいきわたらせて砂糖を溶かします。 再び落し蓋をして 火加減はそのままでさらに5分煮ます。 次に醤油大さじ5を加えます。 醤油を加えたら、砂糖の時と同じように鍋を動かして煮汁と混ぜ合わせ、再び落し蓋をして 火加減そのままでさらに5分煮ます。 5分経ったら落し蓋をはずして煮汁をさらに煮詰めます。 目安としては5~8分ほど。 火を止めたときに鍋底いちめんに汁気がうっすら残るくらいまで煮詰めます。 汁気がなくなるまで煮詰めすぎないように注意しながら煮てください。 もし黄柚子があれば、柚子の皮の千切りを好みで添えても美味しいです。

次の

基本の「ぶり大根」のレシピ!下ごしらえや煮込む時のコツは?

ぶり 大根 簡単

1 ぶりの両面に塩(分量外)を少し振って置いておく。 2 大根は厚めに皮をむいて、7~8mm厚さの半月切りにして、耐熱容器に入れ電子レンジ500Wで5分ぐらいチンする。 3 ぶりの水気をキッチンペーパーで挟んでしっかりと取って、半分に切る。 (血合いの部分があればきれいに拭き取っておく)• 4 手順2が終わったら、フライパンにごま油を熱し、大根、ぶりを中火で焼く。 (一度に並べられなければ、ぶりを先に焼いて一旦お皿に取り出し、大根を焼く)• 5 ぶりと大根の両面にうっすら焼き色が付くぐらいまで焼いたら、水を入れ、沸騰させる。 6 沸騰したら、砂糖、みりん、酒、しょうゆ、生姜を加えてもう一煮立ちさせる。 7 アルミホイルなどで落とし蓋をして、弱火で5~10分煮込む。 その後、火を止め、食べるときにもう一度温めて出来上がり!.

次の

ぶり大根に合うおかずの献立21選|副菜・付け合わせ・もう一品の料理も

ぶり 大根 簡単

1 【大根の下処理】 1. 5~2cm程度の厚さに輪切りし、やや厚め(3~4mm程度)に皮をむく。 きんぴらや漬物に使えます。 2 切り口の角を削るように、包丁で円周をくるりとむき取る。 両面とも行う。 本レシピは煮時間が短めなので省略も可。 3 2等分に切り、半円状にする。 (半月切り) それぞれ中央に深さ1cm弱程の十字の切り目を入れる。 4 隠し包丁をした面を下にして鍋に入れ、かぶるくらいまで冷たい水を入れる。 5 炊飯前の米を洗わずそのまま振り入れる。 代わりに、「4」で米のとぎ汁を入れてもOKです。 6 中火にかけ、柔らかくなるまで15分程煮る。 7 【その間に、ぶりの下処理】 別の鍋に湯を沸かす。 ボウルにたっぷりの冷水も用意する。 8 ぶりを大き目の一口大(3~4cm程度)に切る。 9 しゃぶしゃぶのように、さっと湯に通す。 ぶりをざるに乗せ、上から熱湯をかけてもよいです。 10 表面の色が白っぽく変わったら、すぐに冷水に入れて、残っている血合いやうろこ、汚れを落とす。 11 【仕上げ】 大根が柔らかくなったら、ざるに上げてさっと洗い、水気を切っておく。 しょうがは皮をむき、2~3mm幅に千切りする。 12 鍋に水、しょうゆ、酒、砂糖を入れて煮立てて中火にし、ぶりを入れる。 アクが出てきたら取り、しょうがと大根を加え、落とし蓋をして15分程煮て出来上がり。 鍋より一回り小さく切り、蒸気を逃がすための穴を1~数個開けます。 (続く)• 14 (続き) 浮いてしまう時は割り箸等を重石にします。 落とし蓋により荷崩れを防ぎ、また少ない煮汁でも全体に回りまんべんなく味を含ませることができます。

次の